南へ。 準備編 Vol.4 修羅のメイド国 九州

 今度でかける九州旅行では、現地のメイドカフェ訪問も目的の1つです。
 そこでお目当てのお店を5店舗ほど見つけておき、旅のパンフレットを作る時に公式サイトを確認しました。
 もうスマホあるから、それほど力を入れて作らなくても良いんですけどね。

 で、5店舗のうち2店舗がもう無いってどういう事だと思います?

 1軒は公式サイトみたいなものもなく、何やら閉店している事は確実。

 またもう1軒は、
「木曜日は〇〇DAY」
 みたいな表示がスクロールで表示され、メニューもスタッフも紹介されているのに、ブログや画面下でひっそりと閉店挨拶があるの。

 紛らわしいんですよ。
 そして今日改めて残りの3店舗を調べてみると、そのうちの1軒が8月30日に閉店しているでやんの。

 なんなんだこの生存率の低さはッ!
 九州って修羅の国なのだなあ。

 仕方ないので別に探し直し、1軒追加。
 今回はメイドカフェ訪問数が少なくなりそうです。 


スポンサーサイト
[ 2015/09/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

閉店しましたってあんまりデカデカと見せたくないもんやろうしねぇ、気持ちはわからなくもないけども。でも不親切やよね。閉店してるって事前に気づけてよかった。
最近、メイドカフェに限らず街中を普通に歩いててもお店の閉店の案内を見ることが多くてちょっと寂しい感じ。
不景気ってやつなんかねぇ><
[ 2015/09/11 12:23 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

秋葉原ではラーメン屋やメイドカフェは3年持たないお店が多いかな。
どちらも競争率激しいからね。
メイドカフェの老舗は不況真っ只中に出来たお店がほとんどなので、閉店はおそらく経営や運の要素があったんじゃないかな?
ただ地方のメイドカフェはお店自体の回転率(メイドカフェが潰れた跡地にメイドカフェが出来る、みたいなケース)が悪そうなので、まだ行った事が無かったとはいえ、閉店すると残念だ。
[ 2015/09/12 16:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/634-fa21f2f0