アスリートはアスリートを知る

 ラグビー日本代表のキャプテン、リーチマイケル選手が「上達するコツ」についてインタビューを受けるたびに、
「頭を使い考えながら練習をする事。」
 というお答えされているのを見て、ちょっとした事を思い出しました。

 いつぞや、野球選手も同じ事を仰っていたのですよ。
「練習はただランニングやバッティングを延々とするものではない。どのような目的の為にどのような練習をするか、考えて行うべき。」

 また、サッカー選手も同じ事を仰っていました。
「同じ走るにしても長時間延々と走るのではなく、90分1試合をセットとし試合を想定して走るべし。」

 体育会系の部活と言えば同じ練習をセットで行うケースが多々ありますが、練習の際には目標を持ち練習の為の練習にならないように鍛錬するのが正しいのでしょう。
 どのスポーツでも自分で考えて行動する事はとても大切なのだと思います。
 同じ練習するにしても、その方がやる気も出るでしょうし。

 それこそ学校の体育の時間で教えるべき事なのじゃないかな?

スポンサーサイト
[ 2015/11/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/688-45709e3c