歩き考える葦

 東日本大震災の日。
 旧サイトの日記ではSDガンダムGジェネレーションスピリッツと言う、PS2のゲームについて書かれていました。
 当時は予約投稿というシステムは無く、どうせ平日で何もないだろうからゲームの感想をあらかじめ書いて更新していたのです。

 さすがに翌日からは数日間大震災の話題が続きますが、日頃地震の文献を多く読んでいて、
「災害は忘れた頃にやってくるのだぞ!」
 と言っていた私も、実際は気が緩んで災害を忘れていたという良い記録になりました。

 そんな震災から5年が経ちました。
 このように実際に起きた日に黙祷を行ったり、当時の思いを語りあうのを大切にされる方も多いでしょう。

 しかし、震災からちょうど1年、2年として、5年目になったからとて、急に物事が改善される事はありません。
 年月を過ぎたからとて自動的に物事が改善される事はなく、今日の復興は被災地の方やボランティアの方、協力的な日本国民の方々が日々活動され続けたおかげで存在しているものだと思います。
 残酷な話ですが、1日1日を歩かないと、何年経っても物事が良くなることはないのです。
 
 ただ我々人間は、その知恵や器用さ以上に諦めの悪さを持っております。
 どんな環境におかれても、どんな災害に見舞われても、その度に立ち直って乗り越えてしまう力もありまして。
 5年前の大震災からも、いつかは乗り越える事が出来る生き物ではないかなと信じています。 


 余談として。

 前にも書いた記憶がありますが、以前に世界中の災害についての本を読んだことがあります。
 災害の種類こそ違うものの、世界中の災害について共通する点としては、
「災害前の地域の状態を100とするならば、今後復興が進んでも100に達する事はない。」 
 災害を受けてしまうと、当時の状態まで復興が進むことはなく、人口の減少や、最悪の場合ゴーストタウンになる場合が多々あるという事です。

 ただし、世界でも珍しく例外もあります。
 それが東京で、関東大震災後は震災前を上回る都市となりました。
 あの頃は剛腕政治家が「みんなと話し合いをしない」事で、自分の信じた都市計画を実行に移し、成功させたわけですが。

 さて、今の日本にそれだけの政治家と、そんな政治家を支持する有権者はおりますでしょうかね。



スポンサーサイト
[ 2016/03/11 12:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/791-ba17d5f6