ネットでも書いて無かった事

 足を怪我して寝たきり初期状態になってた時に気づいた事を少々書きます。
 ネットには書いて無かったお話です。

 骨折をしたらベッドで寝て、血のめぐりを良くしなければなりません。
 血の巡りを良くして患部の炎症を取り除く為に同じ姿勢で寝るので、床擦れが置きます。
 寝たきりのご年配は、よくこの床擦れから体調を崩される方が多いとは聞きましたが、まさか自分がなるとは思いもしませんでした。
 
 具体的にはカカトの皮が薄くなり、ベッドで寝ているだけで痛みが出てきます。
 これを防ぐには、丸めたタオル等で台座を作り、足首を乗せるとカカトがベッドに接する事が無くなります。
 あとでリハビリの先生に聞いたら、私の方法は正解だったようです。

 次は身体の衛生面について。
 お風呂に入れない時に体を拭く用のウェットティッシュが便利ですが、アルコール等の除菌作用の無い物を選びましょう。
 知らずに除菌タイプを使っていたら皮膚の常在菌が激減したのか、皮膚がボロボロになってしまいました。
 寝たきりなら体も汚れませんし、皮膚に優しいのを数日に1回使用すればよいと思います。

 最後に男子トークを。
 私のリハビリを担当してくださる理学療法士さんは男性の方でした。
 物理的なリハビリだけでなく、雑談も面白く、良い気晴らしとなっています。

「どっちかっていえば、こういうのは女性の方が良いんじゃないの?」
 
 いいえ、違うんですよ。
 ほら、寝たきりで外の世界とは断絶しているでしょう。
 会う人は身内か病院関係者だけ。
 そうなると女性にマッサージをされるのは、かえって毒なんじゃないかなと思うのですよ。 
 特に太ももモミモミは刺激が強すぎます。
 
「ビッグ7の力、侮るなよ!」

 とかなんとか。

スポンサーサイト
[ 2016/04/12 20:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/816-481c2eb1