開拓民が抱える現代の縮図

2016042901.jpg
Banished

 Steamの積みゲー(購入したのに遊んでいないゲーム)リストを漁っていたら、昨年11月に495円で購入した積みゲーを発見しました。 

 タイトルはBanished。
 追放者という意味ですかね?
 開拓民を導いて、街を繁栄させるゲームです。
『アクトレイザー(SFC)』のクリエイションモードをリアルにしたような、と言えば、わかる人にはわかるでしょうかね。

2016042902.jpg

 難易度にもよりますが、ゲームスタート時はわずかな家や資材の置いてある荷車、低難易度なら家畜が数頭いるだけの状態。
 ここから資材置場や薪割場など、生活必需品に関わる施設を建てていきます。

 プレイヤーに出来る事は指示だけなので、開拓民が少なければ大きな事も出来ないし、資材が無ければ家も建たない。
 そもそも食糧が無いと開拓民はバタバタ死んでいきます。

2016042903.jpg

 我々農耕民族は、
「それじゃあ畑を始めよう!」
 となりがちですが、それが原因で開拓民が全滅しそうになった指導者が私です。
 この食糧バランスがリアルで、やはり最初は狩りや採集、釣りをしないと、今すぐ必要な食糧が手に入らないのです。
 畑なんかは一定の収獲こそあれ、運営の多くの人材が必要となりますからね。
 
2016042904.jpg

 六角形の丸アイコンが、人材が足らずに稼働していない施設。
 一時停止の丸アイコンが、人材や資源が足らずに建造できない施設。

 このゲームの難易度の違いは最初に提供されるアイテムや施設だけなので、一番簡単にしても結構詰みます。

 限られた人材と資源で理想の計画を実行するのがいかに難しいか、これでおわかりでしょう。
 寿命で死ぬこともありますし、炭鉱などでは事故死もありますし。
 とにかく人が足りません。

 よく政治家が男女参画社会について性差別の発言をして話題になってますが、このゲームの中では私も、
「一家族で子供を3人産んでもらいたい。」
 とか思ってしまいます。

 多分、政治家には向いてないです。

2016042905.jpg

 外から移民を迎えた事で、人口減少問題が解決しました!
 しかし移民は疫病を持っている危険性があったり、住居や食糧が急激に不足したりと、別の問題も生まれます。
 
 ううむ、現代の問題と共通しているのは気のせいでしょうか。

 ちょっと古いゲームで高性能のPCでなくても動きますし、セール中だと安いので、当サイト的にはオススメです。
 ハマる人には時間泥棒になっちゃいますけどね。

スポンサーサイト
[ 2016/04/29 10:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/833-00b101db