6皿の贅沢

 ばーちゃん宅へ顔を出しに行ってきました。
 なんかもう90歳を越えてなお私を気にして杖を手に見舞いへ来てくれた事もあって、二本足で歩いて会いに行くと喜んでくれました。
「毎日仏壇にお祈りしていたのだよ。」
 じーちゃんなんかすいません。
 もう死んで十三回忌も終わっているのに、貴方の孫は相変わらず迷惑をかけています。

 まあせっかく歩けるようになったので、快気祝いを兼ねてクルクル回るお寿司へ。
 ばーちゃんはなんだかんだで5皿とか6皿は食べていましたかね。
 エビアボカドとか海老天寿司とか、池袋生まれで私より江戸っ子なのに随分ハイカラな寿司を選んでいましたなあ。

 で、久しぶりに回転寿司へ行って気が付いた事があります。

 ・・・・・・なんか、シャリの量減ってません?

 ここ2~3年行ったか行ってないかの人間の発言なので統計などはとっておりませんが。
 3割4割位、シャリが減ってるように思えるのですよ。
 どれだけ少ないかと言うと、1貫分が大匙1杯強くらい。

 やっぱり1皿108円で続けていくには大変なのでしょうかね。
 それとも色々なネタを楽しんでもらおうという優しさなのでしょうか。

 ええ、12皿も食べた事を正当化するわけはありませんよ。

スポンサーサイト
[ 2016/05/04 21:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/838-b716baff