ライバル喫茶の栄光

2016051301.jpg
ねこきっさ(ととねみぎ)

 4巻まで買い続けその後手放していた4コマ漫画『ねこきっさ』が随分前に終了していたという話を知り、改めて1巻から6巻まで全巻を大人買いしました。
 調べてみたら、まんがタイムきららで2002年から2011年まで連載が続いていた長寿作品だったようです。
 元々私は同人ソフト『まわるめいどさんをねみぎ』で知ったんでしたっけ。

 懐かしさを覚えつつ、読了しました。
 今読んでも面白かったですね。

 でも気づいたことがいくつか。
 やっぱり、年長的な女性には謎の強さと年齢不詳な設定は定番なのかなあという事と。
 
 ・・・・・・オリハルコンの包丁というのも、この作品ですでにあったのか!

 そうか、うちも包丁がオリハルコンなんですよ。
 別に真似をしたわけじゃないんですけど、いかに個性的なお話を考えるのが難しいかという事はわかりました。

 なお、ねこきっさは猫のクゥがねこきっさで働く物語で、鬼族の店長と竜族の副店長(夫婦)、狼族とヴァンパイアの先輩、見習い同僚の猫と、可愛く個性的なキャラクターが登場する4コマ作品です。
 今読んでも結構面白いので、機会があれば是非オススメします。

スポンサーサイト
[ 2016/05/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/842-cb56985a