図工2の人間でも216円で楽しめるミニギャラリー

 部屋の掃除をしていたら、缶バッジが沢山出てきました。
 左からお友達から貰ったおそ松さんの同人バッジ、グランマサラーの缶バッジ、金糸雀(ローゼンメイデン)の缶バッジです。
 その他に数枚ほどあります。

2016050901.jpg

 何年か前まで、秋葉原で実施されていたアニメ作品とのコラボカフェでは、オマケアイテムに缶バッジというのは割と定番でした。
 金糸雀は先月閉店したアキバドラッグカフェのローゼンメイデンフェアのオマケでしたし、グランマサラーはスープカレーカムイさんのオマケです。
 カード(スマホゲーム等に使えるコードが入っているタイプも多い)や、コースター等が増えている今日でも、未だ缶バッジ界隈は元気にやっています。

 そういうわけでせっかくもらえるこのレアなアイテムを、今まで活用の場を設ける事が出来ませんでした。
 秋葉原では缶バッジをジャラジャラ付けている方を見かけますが、もう私もオジサンですしのう。
 でもしまっておくままというのももったいない。

 さて、どうしよう。

2016050902.jpg

 色々考えて、100円ショップで裸の磁石と瞬間接着剤と買ってきました。
 それからホームセンターで一番安くて小型のペンチも購入。
 
 服やカバンに取り付けず、家で飾れるように改造する作戦を開始します。

2016050903.jpg

 まずは安全ピンをペンチ的な物で切断します。
 綺麗に抜き取るのが面倒なので、ブッチンブッチンと切断。
 安全ピンそのものは細いので、工具も100円ショップの物で良いような気がします。

 切断したピンは跳ねる事があるので、気をつけてね。

2016050904.jpg

 あとは瞬間接着剤でマグネットを付けるだけ。
 中心からずれたところにくっついているのは御愛嬌。
 そしていつのまにか4つに増えているのも御愛嬌です。
(4個目は東京工業大学のマスコットキャラ、テックちゃんです。)

 100円ショップの接着剤は3g前後のものと、1gの物が複数入っているパターンがあるので、後者にしましょう。
 1gの接着剤1本で、缶バッジ10個分の磁石は付けられるので、大きな物を選ぶと残って無駄になります。

 このアイデア、元々グッドスマイルカフェ(現在のアニメイトカフェ)でやってもらったマグネットサービスの真似です。
 まどかマギカカフェの缶バッジを、100円位の追加料金で、マグネットを付けてもらえるものがありまして。
 自分でもできないかなとやってみたわけですが。
 図画工作の成績が2とかだった私でも、思ったより上手くいって満足しています。 
 
 今度中型のホワイトボードでも買ってきて、貼り付けてみましょうかね。
 冷蔵庫に付けるのも良いかもしれませんよ。

スポンサーサイト
[ 2016/05/09 22:30 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

いいね(*゚ー゚)ノ

花札缶バッチは痛バック需要で缶バッチにしたけど、長方形やし大きいからマグネットの方がしっくりくるねw
皆あれこれグッズを工夫して飾ってはってすごいなぁと思うわ(*゚ー゚)
[ 2016/05/11 01:51 ] [ 編集 ]

Re: いいね(*゚ー゚)ノ

お宝エリアに入っている缶バッジを見ながら、いつか活躍させてあげようと思ってたんだよね。
グッスマカフェでは最初から安全ピンの無い缶バッジを配布していたので、今思うとよく考えられたサービスだったと思う。

でもまだ探せば缶バッジがいろいろ出てきそうw
[ 2016/05/11 16:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/854-2e001b3d