六連銭と蕎麦をめぐる小さな旅 Part.1 蕎麦欲

 足の怪我も良くなると、出かけたい欲求がむずむずと頭をもたげて参りまして。
 せっかくなので、美味しいものを食べたい。
 城や博物館も観たい。
 発作的に思い立ったことなので、日帰りが良い。

 と悩んだのが6月2日の夜。

2016060401.jpg

 そうして、6月4日の早朝には上野駅で北陸新幹線あさまを待っている自分がいました。

 上田へ行こう!
 大河ドラマの真田丸の舞台でもあるし。
 蕎麦も美味しいだろうし。

2016060402.jpg

 朝だから空いているかなとみどりの窓口へ行ったところ、指定席はすでに満席。
 グリーン席も通路側しかないという事で、その席にしました。

 蕎麦代、いきなり高くなっちゃいましたね。

2016060403.jpg

 千葉から長野までの電車は相性が良く、乗り換え回数は職場へのそれより少ないです。
 上野まで行き、上野から新幹線で上田まで行けるので、乗り換え回数はわずか1回なのです。

 上野から90分で、長野県上田市へ到着。
 あっという間ですね。

2016060404.jpg

 それでは早速改札口を出てすぐの駅そば屋さんへ向かいましょう。

 ここでは普通の蕎麦と特上生蕎麦の2種類のそばを用意しているちくまさん。
 店内にはロッチさんやキャイーンさんのサイン色紙があるので、有名なお店なのでしょうか。

 オーダーした特上きのこそばは470円。
 うーむ、これ普通のお蕎麦屋さんで出されても美味しいって言えるレベルだ。
 上等な朝ごはんになりました。

スポンサーサイト
[ 2016/06/04 22:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/878-11fa8f88