その日彼らは思いだした

 今飼っている愛犬のさらの前に飼っていた愛犬の犬小屋を取り壊しました。

 元は親戚の犬がガンで死に、使わなくなった大型犬用の犬小屋を貰ってきたもの。
 我が家の愛犬が死んで、すぐに解体するのは愛犬に悪いかなと思っているうちに、12年以上放置してしまっていました。

 前の愛犬は自分が拾ってきて面倒を見た事もあって、最後まで責任をとろうとドライバー片手に解体開始。
 ところが、作業は粛々と行われるつもりだったのに、犬小屋内には住民が沢山いまして。
 アリっ子だの、クモっ子だの、ダンゴ虫っ子だのが、
「わーなんか家が崩れていくぞー!」
 的に大騒ぎ。

 一部の蜘蛛が私の腕を這い始めるという混乱ぶりでした。

 殺虫剤を撒くのも無粋なので、みんなまとめて箒でサッサ。
 へっへっへ、これが資本主義の厳しさなのだよ。   


スポンサーサイト
[ 2016/06/30 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/904-e84b44ac