踊る首相官邸

2016073001.jpg

 7月29日に封切された映画「シン・ゴジラ」を観に行ってきました。
 今日はネタバレを避けつつ、説明をしていこうと思います。

 世界観としては、ゴジラが最初からいる世界ではなく、
「現代社会にゴジラが出現したらどうなるか?」
 という設定の元シミュレーションされた物語になります。

 よって主人公はあくまでも日本人で、ゴジラは正義の味方でも意志を持つ動物でもなく、ただただ恐ろしい存在でした。
 立ち位置的には一番最初のゴジラに近いですね。 
(ゴジラの動きは野村萬斎さんの動きをモーションキャプチャーで取り込んだそうです。)

 パンフレットにも、
「実際に機能していた日本政府の災害対策を参考にした。」
 とあるように、人間側のドラマは非常にリアルで、着ぐるみ怪獣(今作はCGなので採用されず)以外にも日本らしさが表現されていると思います。
 怪獣同士、および怪獣VS人間のプロレスが目当ての方は物足りないかもしれませんが、人間ドラマが好きな方は楽しめる事でしょう。
 役者さんも非常に良い顔ぶれがそろっていましたし。
 柄本明さんは「ゴジラVSスペースゴジラ」でMOGERAのパイロットされてましたね。

 BGMはエヴァンゲリオンのものや、既存のゴジラのものが採用されていて、
「ここでこの曲を使うか!」
 と、鳥肌を立てた場面も。

 ううむ、なんか凄かったです。
 面白かったですよ。

2016073002.jpg

 年甲斐もなくワクワクドキドキしながらシアターを出たので、勢いでタオルと公式パンフレットまで買ってしまっただよ!

 ただ公平(?)に評価しないといけない部分もあるので、気になる点も書いておきましょう。

 まず、私はゴジラの猛烈なファンです。
 MOGERAの略称とか頭に叩き込まれているタイプの人間です。
 この映画はそういう人間あるいはエヴァファンが観るならともかく、そうでない方が楽しめる保証はできません。
 大人はまだしも、お子様が観て楽しいかどうかはさらにわかりません。

 それから世界観がキッチリ出来上がっているために、今後この映画が好評で続編が出る場合、小美人やGフォース、他の怪獣との絡みが挿入できるスペースの余裕は多分無いと思います。
 この世界でメカゴジラとか出てきたら浮きますよ、きっと。

 そんな感じですかねえ。
 
 あ、そうそう、この世界では女性もちゃんと登用されており、活躍の場が沢山用意されていましたよ。
 昔のゴジラはメカゴジラ(機龍)のパイロットだった釈由美子さんを除いたら、女性は母性や優しさを前面に押し出すタイプの方ばかりでした。
 それこそ小美人とか、ゴジラの子供と仲良くなる方とか、そういうメイン路線とは違う活躍ばかりです。
 それが今回は世界を救うために頑張る女性が複数登場したのです。
 時代が進むと、組織の人材も変わりますね。


スポンサーサイト
[ 2016/07/30 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/934-a556ed5f