What is Europe ?


『日本人が知らないヨーロッパ46ヵ国の国民性』

 来月に予定されている、人生初のヨーロッパ旅行の為の予習がしたかったので、こんな本を読んでみました。
『日本人が知らないヨーロッパ46ヵ国の国民性』という本です。

 まあ月並みな表現ですけど、ヨーロッパってこんなに国がありどの国も個性豊かなんですね。
 いわゆるウンチク本なのでややステレオタイプな部分もあるでしょうけど、真面目だったり明るかったり、他人に優しかったり、46ヵ国のどこも同じ国民性ではなく、みんな違ってみんな良いお国柄でした。

 さて、ここで気づいた事があります。
 ここまで違う国民性の国が集まる地域を説明する際、
「ヨーロッパでは〇〇である。」
 という説明は、果たしてどれほど正確な物なのでしょう。

 この本を基準にすると「欧米では」という表現は、47か国の国を示すわけですが。
 果たして47か国全部が共通して持っている性質なんてあるのでしょうか? 
 たまたま近い大陸に多くの国が固まっているだけで、ヨーロッパとひとまとめにしてしまうのは、いささか乱暴ではありませんかね?

「欧米では契約社会が当たり前で・・・・・。」

 本当? 契約に真面目な国もあれば、約束を守らない国もあるのよ。

「ヨーロッパではキリスト教の影響で社会福祉が・・・・・・。」

 本当? 北欧では過酷な環境での生きるため助け合いの精神で作られた制度もあるのよ。

 こう見直してみると、私自身も随分乱暴にヨーロッパを見ていた事がわかります。
 我ながら、まだまだ未熟ですね。

 ちなみにポーランドの国民性は、夜みんなで賑やかに遊ぶからか、寝不足の方が多いそうです。
 それから道路の整備状況が悪く、女性もしっかりとした靴を履くそうです。
 これらのデータは現地で答え合わせをしましょうか。

スポンサーサイト
[ 2016/08/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/948-d9b3008f