暑中お見舞いのお話も少しだけ

 支店主催の暑中お見舞い企画が開始しております。
 お客様が多くなった事で個人情報の管理の問題上、現在はサイト公開がメインなっております。
 あとはコミケでお会いする方に直接手渡しです。

 住所を教えても良いので、印刷された実物が欲しい!と言う方は、個別で連絡ください。
 今回は印刷会社に印刷を依頼する予定なので、出来栄えについては企画史上最高品質になる事でしょう。

2017newyear_yuina_honke.jpg

 なお、今回のモデルは我が娘の長谷川結菜。
 フェレさんが制作を担当してくださいます。

 今年の年賀状と同じキャラ&作家さんの組み合わせですね。

[ 2017/06/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

支店のお話を少しだけ

 今月で、支店ルフィドニアが開設7周年を迎えました。
 メイドカフェレポートを始めたのが2003年なので、メイドカフェレポートそのものは今年で連載14周年です。

 お祝いの言葉を頂き大変ありがたい反面、周りを見渡すとすっかり同志がいなくなってしまっている事に気づきます。
 2003年の頃に沢山存在した先輩格のレポートサイトは、現在はほぼすべて全滅。
 世界一有名な方のレポートサイトも、去年で更新が止まっています。

 今元気なのは広告収入のある情報サイトくらい。
 そちらは広告料を払わないお店は紹介されないので「メイド喫茶ランキング」のコーナーには老舗がまったく登場しない聴いたことの無いお店がランキングされるという有様です。

 個人でのメイドカフェレポートサイトの更新ペースが一番高いのは、おそらくうちの支店です。
 実際にGoogleでメイドカフェレポートサイトで検索して、更新日時順に検索結果を並べると、うちの支店が1位に来ます。
 トップクラスなんですよ! ・・・ライバルがほとんど誰もいないという意味も含めて。

 さあみなさん。
 何かで1位になりたいなら、メイドカフェレポートサイトが狙い目ですよ。
 なんといっても私がトップにいるくらいです。
 今すぐにサイトを開設してガンガン更新すれば、今から1位になるのも難しくありません。
 ご主人様として生まれたからには、テッペン目指してみませんか?

 なお、新サイト開設の折には相互リンクを交わして、うちとしても同志として仲良くやっていきたい次第でございます。


[ 2017/06/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

甘党の御馳走

2017062101.jpg

 京都のお友達から、お誕生日プレゼントが届きました。

 蕎麦ぼうろとか一乗寺の蜂蜜かすてらとか、狸のハンカチとか。
 私の大好きな物ばかりです。
 ダークホースだったのはマーマレードで、これは優しい甘さの名プレーヤー。
 最近朝はパン食が多いので、随分助かってます。

 それにしても京都は好きな物が沢山あって、困りますなあ。
 他にも生八ッ橋や阿闍梨餅とかもありますしなあ。

 今年もまた京都へ行きたいものです。

[ 2017/06/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

魔王生誕祭

2017062001.jpg

 本日は誕生日と言う事で、秋葉原へ行って参りました。
 平日の訪問は珍しいですね。

 まずはお誕生日サービスの予約を入れていたカフェメイリッシュへ。
 シュタインズゲートのメイリッシュニャンニャンのモデル店です。

2017062002.jpg

 限定メニューのしらす丼が美味しそうなので注文。

2017062003.jpg

 そしてこちらが私専用の、のんたんケーキプレート。

 予約時に、
「ラブライブの東條希が好きです。」
 と伝えたところ、メイドさんが希を描いてくださいました。

 続いて店内にハッピーバースデーの曲が流れ、メイドさんと店内のお客さん全員に祝っていただきまして。
 それはもうありがたいイベントになりました。

2017062004.jpg

 メイドさんから貰った、メイドさん手書きのバースデーカード。
 ちょっとしたカードだと思ったら、主だったメンバーがギッシリ書いたカードを頂きました。


 なんかメイリッシュすげえ。

2017062005.jpg

 その後はまた予約していたメイドカフェ(メイド私設図書館)のシャッツキステへ。
 今日はけものフレンズのコラボイベントを開催していました。

2017062006.jpg

 店内は吉崎観音先生のイラストや、有志で展示されているジャパリバス、ボス(ラッキービースト)の縫いぐるみの記念撮影などが楽しめます。
 実は同じイベントを去年開催したものの、アニメ放送も無くゲームの知名度が低かった事から、あまり話題にはならなかったそうで。
 アニメがヒットしてから開催した今回は、予約必須の超人気イベントになってます。
 私も平日だから予約が取れたようなものです。

2017062007.jpg

 シャッツキステが選ばれた理由は、実はけものフレンズのアルパカが経営しているカフェのモデルだからです。
 例えば作中で登場するカフェの半個室と長テーブルですが・・・・・・。

2017062008.jpg

 シャッツキステの半個室と長テーブルとまったく同じなのです。
 私の座席はこの長テーブルでした。

2017062009.jpg

 吉崎観音先生がプロデュースした限定メニュー、ジャパリバーガー。
 お店の隣のハンバーグ店牛舎さんのパティを使用しているので、超うめえです。

2017062010.jpg

 詳しくは支店で書くと思われるので、ざっとここまで。

 帰りにお土産としてサンドスターを頂きました。
 コラボメニュー以外に追加料金のかからないイベントなのに、随分ファンに優しいですね。

 あとは今週でおしまい(&予約はすでにいっぱい)じゃなかったら最高なのに。 
 このブログを見たお客さんが行ってみたくても無理と言うのは、やや残酷ではあります。

2017062011.jpg

 余談として。
 
 シャッツキステさんの書架には、私の同人誌が寄贈されています。
 オリジナルであるシャッツさんの書架にあるとすると、ジャパリカフェの書架にも私の同人誌があるかもしれません。

 あと制作者からのコメント、我ながら字がきったねえですね。



 ふうむ。今日はここ数年でもっとも充実度の高い、素晴らしいバースデーでありましたよ。

[ 2017/06/20 22:19 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

キミもらう性 ボクあげる性

2017061901.jpg
メスの流儀 オスの流儀(池田清彦)

 面白いタイトルの本を見かけたので、買ってみました。
『メスの流儀 オスの流儀』
 タイトルの通り、動物界におけるメスオスセキララ話です。

 全国の男子には残念なお知らせですが、基本的に動物界はメスの方が優位(貴重?)です。
 何故なら精子の数に比べて卵子の数が絶対的に不足しているからで、このせいでメスを巡ってオス同士が戦うケースが後を絶ちません。
 人間だってありますでしょう? 私の為に喧嘩はやめてーって。

 ただまだ我々ホモ・サピエンスのオスはまだ恵まれている方で、地上には人間ですらも涙を誘う悲しいオスの定めがある事を、この本で知るのです。

 メスに食われたり、メスに吸収されたり、メスに貢いだり。
 中にはメスになっちゃうオスなんかもして。

 こういう分野を学ぶといわゆる性的少数者の存在が「どんな動物にも存在しうる現象」である事に気が付くので、良い勉強にはなりますが、男女平等とか男尊女卑とか言われる中でも女性が大切に扱われている根拠を突き付けられているようで、オスとしてはちょっと悲しくもあり。

 この本には人間、いわゆるホモ・サピエンスについても紹介されており、
「ホモ・サピエンスのメスは他の動物と違い発情のサインを出さないので、オスは年中メスの気を引かないといけない。」
 という記述にはちょっとハッとしてしまいます。

 サルのように発情期がわかるとオスはその時にしかメスの気を引かなくなるので、発情期がわからない方がいつもプレゼントが貰えたりレストランで奢ってもらえる反面、メス本人ですら発情期がわからなくなってしまっているので、望んでなかったのに妊娠してしまうケースもあるとか。
 ただ婚前妊娠をきっかけに結婚した夫婦が上手くいっているケースもあるので、結果的に成功しているパターンもあるしなあ。
 調べれば調べる程、何か底なし沼にハマりそうな案件ですね。

 ちなみに、個人的にこの作品の中で一番関心を抱いたのが、ゴリラの話。
 どの動物もオスは基本子育てに参加しないケースが多いのですが、ゴリラのパパは乳離れした子供と遊んであげたり、ママゴリラが死んでしまった子ゴリラの面倒を見たり、一緒に寝てあげたりするそうです。
 子供のゴリラはそういうパパゴリラに対し、老いて衰えた後でも敬意を払って過ごすとか。

 やだ、ゴリラって超イケメン。

 ホモ・サピエンスのオスもゴリラから見習うべき点がありますね。
 少なくともゴリラは愛する子供を車に乗せたままパチンコへ行きませんし、虐待で殺す事も、いじめで自殺させることもないでしょうから。

[ 2017/06/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)