FC2ブログ










C97情報 12月31日(火) 西/こ-23a オオバン書店

C97_2019123001.jpg

 2019年の冬コミ(コミックマーケット97)にサークル参加する事になりました。

C97_2019123002.jpg


 サークル:オオバン書店
 日程:12月31日(火)
 エリア:西2ホール
 スペース:こ-23a

 
 新刊は「魔王も覗いたポーランド ~ワルシャワ アウシュヴィッツ~」です。
 2016年のポーランド旅行を本にまとめたものとなります。

 すでに入稿しているので、落ちる心配はありません。

C97_2019123003.jpg

 前回の「魔王が覗いたウクライナ」同じく、右が文章、左がモノクロ写真。
 益々読みやすくなり、文字数も増えました。
(文字数は全部で原稿用紙70枚~80枚位です。)

 A5サイズ&72ページで、予定価格は800円です。

 なお前回に引き続き、編集をフェレさんが、作中の漫画をたぬさんが担当してくださいました。
 今回もカッコイイ表紙と、可愛い4コマが楽しめますよ。

C97_2019123004.jpg

 なお、スペースの場所はこちらです。
 このあたりは旅行系サークルが多く、楽しい本にたくさん出会えます。
 むしろうちのサークルはついでで良いので、遊びに来ていただければ幸いです。

*本ページは追加情報が出来次第、随時更新致します。

スポンサーサイト



[ 2019/12/30 23:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

おれたちをまたぐな! わしらは怪しい雑魚釣り隊

2019120501x.jpg
おれたちをまたぐな! わしらは怪しい雑魚釣り隊(椎名誠)

 椎名誠さんの本を読了したので、感想をちょこっと。

 旅好きな椎名さんが定期的に出版(連載ですけど)されている、雑魚釣り隊シリーズ。
 椎名さんが友達や後輩達と色々な場所へ行き、釣りをしながらキャンプを楽しむというものです。

 第六弾となった今作でも、やはりみんなでわいわいと釣りをし、キャンプをし、たまにはテントが無くなったり、釣れない釣れなかったりしています。

 椎名さんのファンである私も知らない人物が多く登場するので、おそらく椎名さんをあまりご存じない方には、
「少年の心をもあったおじさん達(椎名さん、もう70歳超えてるのですけどね)が楽しく遊んでいる本」
 くらいの認識ではないかなと思います。

 ただ、これがとても良いのですよ。

 今年の冬コミに頒布するポーランドの旅行本を作るにあたり、アウシュヴィッツの暗い歴史を学び直しておりまして。
 大切な事とはいえ、私にとってはこれが本当に気分が沈む作業だったのです。

 でもこうやっておじさん達(!)が楽しく釣竿を持って雑魚釣りに興じているのを読んでいると、
「良いなあ、平和って良いなあ。」
 としみじみ思うのです。

 本作は色々な登場人物が出てくるのですが、中にはまったく釣りをせずに集まってきてぼんやりしている人とか、釣ったものを食べに来るだけの人なんかもいて、こういう人達も迎え入れられて仲良くされている場面も多く、大人と少年の心のバランスがとれている椎名さんの寛容な姿勢が読み取れるように感じます。

 はっ。なんか重い感想を書いちゃいましたが、今回も面白かったです。
 椎名誠さんのファン、釣りやキャンプがゆるーい感じでお好きな方にはオススメですよ。

 この作品に出てくる発作的な料理を食べてみたいなあ。


[ 2019/12/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

お尻か倉庫か

2019120401x.jpg

 まんだらけの通販で、ものすごい価格で売られていた「ラブライブ」と「ラブライブサンシャイン」のバスタオルを買いました。

 1枚300円。
 普通のバスタオルと同じくらいの価格です。

 私が中古のキャラクターグッズを買うときは、まず実用性が最優先。
 使用目的が決まらないグッズは買わない方針です。

 今回購入した3枚のバスタオルの使用目的は、枕の上に乗せる為&椅子の上に乗せる為。

 肩凝り防止用枕はカバーが白く汚れやすいので、タオルを敷いて使用します。
 また椅子も座る部分に直に座るのが嫌いなので、タオルを敷いて座ってます。
 現在は枕カバーのさらにカバー用としてμ's3年生仕様のバスタオルを使用しているので、合計で4枚あれば洗濯のローテーションで回せるでしょう。

 オッサンの頭や尻に敷かれるという用途をプリントされているμ'sやAqoursのキャラクター達がどう思うかわかりませんが、少なくとも在庫として倉庫に眠っているより大切にしてあげているのではないかなと思うのですが、どうでしょうね?

[ 2019/12/04 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

モテ逃げっぷり×2

 NHKラジオの深夜で、たまに小説を朗読する番組があります。

 その日はたまたま眠れずに作業の合間に聴いていました。

 主人公は20代の女性。
 小学校の同窓会を憂鬱な気分で参加しています。

 彼女は小学生時代にクラスで出演した「30人31脚」でミスをして、それからずっと心にモヤモヤがありました。
 
 割と新人の女性教師がノリノリ(やりがいとか好きそうな感)で番組への参加を生徒に申し出た事ではじまった企画への参加。
 主人公の女性は残念ながら本番中に失敗し、当時隣で走っていた男の子に色々と思う所がありました。
 大人になった男の子も実は少し心に引っ掛かるところがあったらしく、二人の再会で無事にお互いのモヤモヤを解消します。

 ここから読者を裏切る二段構えの攻撃が始まります。

 まずこの企画を子供たちに持ち込んだ諸悪の根源(?)である女性教師は、早々に(確か番組のスタッフと)結婚し寿退社。
 この同窓会には来ていません。

 次にこの主人公の女性ですが、

「あーこれでモヤモヤが晴れた。 アメリカに牧場主をする事になる彼氏の所へ引っ越そう!」

 ……えッ?

 今までの文章では全く出てこなかった彼氏の話が最後の最後で急に登場。
「アメリカ人の彼氏が牧場主になる事になり今後どうしようか迷っていたのだけど、私も行く事にしました。」 
 なんて事を同窓会の元クラスメイト達(&読者)に急にぶちまけ、みんなにビックリされて終わります。

 自分はグズグズしている性格みたいな話をいままで続けていたのに、公私ともに恵まれた環境なのですのね。
 というか、多分小学校時代のモヤモヤより、そちらの悩みの方が大きいのでは? 

 なんでしょうね、この裏切られた感。

 一杯のかけそばを分けて食べる親子をテーマにした映画のラストが六本木ヒルズの自宅に帰る場面だったら、こんな複雑な気分になりそうです。

[ 2019/12/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

まんがタイムきららキャラット1月号

2019120201.jpg

 11月28日に発売された「まんがタイムきららキャラット 1月号」に、看板娘をデザインしてくださった青空ねこさんの漫画が掲載されています。

2019120202.jpg

 同人活動を頑張る女子高生達のお話です。
 魅力的な女の子が登場する可愛い作品ですので、御機会があれば是非。

[ 2019/12/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)