FC2ブログ










オオバン書店 C96「わりとメイドカフェ図鑑」サポートページ

わりとメイドカフェ図鑑

 この記事では、当サークルが出版した「わりとメイドカフェ図鑑」の追加情報やサポートを行います。

【通販】
 COMIC ZINさんの通販サイトでの取り扱いが開始されました。
 店頭でも販売されていますので、秋葉原へ行かれる方はそちらもご利用ください。

 COMIC ZIN 秋葉原店
 住所:東京都千代田区外神田1-11-7 高和秋葉原ビル
(一般向け評論系同人誌は2Fに陳列されている事が多いです)

【誤植】
[P044:猫耳メイド屋のエリア]
誤:東京
正:秋葉原

[P136:アキバ絶対領域 A.D.2045の住所]
誤:千代田外神田4-2-7 TIT秋葉原 2F
正:千代田区外神田4-2-7 TIT秋葉原 2F

 その他、情報が追加され次第更新致します。
スポンサーサイト



[ 2019/09/30 23:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

中の人との再会

2019082501.jpg

 秋葉原へ行ってきました。
 メイリッシュをはじめ、いくつかのカフェをまわったりコーヒー豆を買ったりと色々と用事をクリア。

2019082502.jpg

 この日の最後はモンスターパーティという、単眼(いわゆる一つ目)着ぐるみのコンセプトカフェへお邪魔しました。

 実は夏コミの際に近くのサークルさんに来た女性の方が、
「私はモンスターパーティの中の人やってるんです」
 と言って、御自身のお店のイラストが描かれた本を買って行かれていまして。

「私の本でも紹介していました」
 とお渡ししたら、ものすごく喜ばれました。

2019082503.jpg

 コミケにいらっしゃったのは、この色紙の左側の青い単眼メイドさんの中の方ですね。

 モンパさんはいわゆるもんむす系なので怖い店内と思いきや、のんびりできる良い空間のお店です。
 個人的にオススメなので、今度どなたかを案内したいなと思ってます。

[ 2019/08/25 10:50 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

週末雨漏り記

2019082401.jpg

 週末は国立国会図書館へ行ってきました。
 
 とはいっても私が利用するのは表玄関ではなく、裏口。
 職員さんなどが利用する入り口で、今回は夏コミの新刊『わりとメイドカフェ図鑑』を納本しに来たのでした。

 国立国会図書館は日本中のありとあらゆる本が収められています。
 そして本の形が整っているのであれば、どのような本でも納本する事が出来ます。
 我がサークル『オオバン書店』が過去に制作した本も、すべてこちらで保管されています。
 個人でも企業でも関係が無いわけですね。

 本は無事に納められたので、日本が滅びない限りは後書きに書いた、
「百年後の人々にメイドカフェという文化を伝えたい」
 という願いは、前提条件をクリアしたことになります。
 
 日本が滅びたり、未来の人が本を読まなくならない限り。

 若者よ、日本を頼んだぞ。
 君たちが本好きの子孫を育ててくれ。

 ……我ながら、なんという他力本願でしょう。

2019082402.jpg

 ただ気になる事があります。
 最近はちょっと雨が降ると、駅ではすぐにこういうビニール工作が見られるようになったのです。

 これは雨漏り対策です。
 ビニールでうまく誘導して、人が濡れないようにしているのですね。

 何が気になるって、この駅は田舎の無人駅とかではない事です。
 みなさんがニュースでご覧になっている、首相官邸のすぐ近くの駅なんです。
 
 ここに限らず、東京の駅(地上&地下のどちらも)では少し雨が降るとすぐに雨漏りがして、ビニール工作が施されます。
 確かに手先が器用な日本人らしい、巧みな雨漏り対策なのではありますが。

 ……都会の駅が雨漏りだらけというのは、経済大国の名が泣きませんかね。

 オリンピック以上にお金をかけないといけないところ、もうちょっとあるような気がしないでもないです。 

[ 2019/08/24 22:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

夏休みの友

 子供の頃、夏休みの午前中は子供向けのTV番組が観られていました。

 毎年のように放送されていたのは、『タッチ』。
 たまに流れるのが『仮面ライダーV3』や『グリッドマン』。
 実写のドラマ枠では『ぽっかぽか』や『天までとどけ』あたりが定番でした。
 ドラマは元からこの時間帯だったのかな?

 近年は子供の過ごし方が多様化し、この時間帯のお子様向け再放送は無くなりました。

 ですがそれはTVの話。
 動画サイトでは公式サイドが懐かしの番組を無料で放送しており、視聴数も多いようです。
 コメントを見る限り、お子様よりも大人の方が楽しんでいるような気がしますけれども。
 
 私の子供の頃は仮面ライダーV3の再放送が友達同士で流行りましたので、最近期間限定で公開されている劇場版を視聴。
 聖闘士星矢の時と同じく下にリンクを貼っておきますので、お時間のある方はお楽しみください。

 


 なお私からの楽しみ方というか、事前情報も記しておきます。
 お子様は初級編のみを、大人の方は上級編をお読みになって頂くとさらに面白くなると思います。

[事前情報 初級編]
・仮面ライダーV3の悪の秘密組織はデストロンと言います。
・仮面ライダーV3では数々の幹部が登場し、劇場版公開時はTVでも登場していたドクトルG(ゲー)が出演しています。
・仮面ライダーV3は瀕死の重傷を負ったところを、仮面ライダー1号と2号に改造してもらってライダーになりました。
・この頃は少年ライダー隊という子供たちの協力組織があったので、少年達も活躍します。


[事前情報 上級編(玄人向けのネタバレ有)]
・ドクトルGは「仮面ライダー」という単語を「仮面ラーイダ」と発音するのが特徴です。
・四国の観光地が協力している為、実在する乗り物やホテルの名前が割と無理矢理に登場します。
・火薬の使用量がハンパなく、爆発が大きすぎてロケ地の島の形が変わってしまい、色々な所から怒られたそうです。
・火薬を安全に持って帰るのが面倒だから用意した火薬を全部使ったところ、ご覧の有様となりました。
・復活した怪人は大抵弱いです。
・怪人レンズアリは頑張りすぎて戦闘中に左手がすっぽ抜けますが、撮影は続行されました。
・大体同士討ちです。


*本記事は無料公開が終了する2019/9/10以降に動画へのリンクを外します


[ 2019/08/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

科学で生み出す平和な社会

 話は昨日から続いています。

 今回紹介した本『ケーキの切れない非行少年たち』は、先週の夏コミお疲れ遠征旅行の途中で読んでいました。
 面白い本なので、自宅から空港へと、成田空港から関西空港への間で読了しました。

 ちょうどこの時間帯は、空港のテレビでは台風10号の他に指名手配になった煽り運転のニュースが報道されていました。

 さて、煽り運転です。
 今これだけ世間も厳しくなっており、警察もしっかり取り調べをし、ドライブレコーダーがありながら煽り運転が無くならないのか。
 これ、言うなれば本書でいう所の『認知機能の弱さ』と『感情統制の弱さ』が該当するのではないでしょうか。

 自分で感情のコントロールができず、さらに相手の考えが苦労が想像できない非行少年は結構いるようで、例えば自転車をすぐに盗む少年は相手がどれだけ苦労して自転車を買ったかという苦労も想像できなければ、法律違反をした場合の自分の未来も予測できず、
「帰りに歩くのが面倒くさいから自転車を盗んだ」
 という事を平然と言ってしまうそうです。

 また相手が少しこちらを見たとか、挨拶の返事が無いからと、
「俺を舐めているやつだ。許せない。」
 と暴力をふるう非行少年は、相手がたまたま視線が移動しただけとか、挨拶が聞こえなかったという想像をすることができません。

 これらの問題点は学校の試験でも反映されず(成績が悪い場合にはともかく)、大人になると調査できる機会が無くなってしまうので、認知機能に問題のある大人は世の中にかなりいると思います。非行少年達もいじめを原因に不登校になり、犯罪を犯し、少年院に入ってから、ようやく認知機能に問題があるのがわかるパターンも多いのですから、それの成人バージョンがあってもおかしくは無いでしょう。

 それでは非行少年が問題を指摘されず、たまたま少年院などに行かないまま大人になってしまったら?

 煽り運転をしてしまうようになる事は、想像に難しくないはずです。
 こういう軽度の障害を持つ人は人口の14%程度いる事が予想されているので、全国で煽り運転があってもおかしくない計算ですしね。
 
 科学の力で平和にというと、どうしても武器とかそういうイメージを持たれがちですけど、個人の認知機能を調べ改善するという事で、結果的に世の中を平和にすることができないものでしょうか。煽り運転だけでなく、例えばゴミ屋敷、猫屋敷、ストーカーの犯人なんかもそうでしょうし、虐待を受けて育った人が自身の子供に虐待をしてしまう、いわば人工的に作られた障害なども、適切なトレーニングで改善できれば、かなり世の中が平和になるはずです。

 何より問題なのは、現状のシステムだと刑務所で服役してもまったく改善されず、出所しても繰り返してしまう点です。
 この本によると大人になっても犯罪を繰り返し何度も刑務所に来てしまう人の中で『ケーキが切れない大人達』の割合も高いとか。人が話すこと、自分が話すこと、相手の考え、自身の行動による未来の予測がある程度正常に認識できない以上、いくら刑務所で刑務や再犯プログラムを受けても効果はありません。

 もう少しこの方面に国が力を入れてくれたら、もっと人が犯罪をしないで済む世界になるような気がするのですよね。
 国にとっても問題のある人を刑務所に入れるより、適切な教育や治療を提供して社会の一員として活躍してもらった方が、精神的にも金銭的にも良いに違いありませんから。

[ 2019/08/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)