FC2ブログ










鉄の棺 最後の日本潜水艦

 夏もすっかり終わっているのに、軍事関連の本を読み続けています。
 特に手記的な作品はそれ自体が面白いのと、巻末に紹介されている本が面白いのとで、芋づる式に買い続けている確変状態。

2019111201x.jpg
鉄の棺 最後の日本潜水艦(齋藤寛)

 本日紹介するのはこの「鉄の棺」という作品。
 潜水艦に乗っていた方の手記(実話)です。

 作者の齋藤さんは軍医(軍艦の中で医療行為をするお医者さん)で、階級は海軍中尉。
 潜水艦の伊五十六潜(正式名称は伊号第五十六潜水艦)に搭乗されます。
 潜水艦は長い航海が続いたり潜水中の生活が続くと体調を崩す人も出てくるので、軍医を一緒に乗せるのです。

 伊五十六潜の就役は昭和19年の6月。
 すでに海軍は主力軍艦を次々に失い、敗北の道を歩んでいる時期です。
(実際、4か月後のレイテ沖海戦にて日本海軍は壊滅状態となります。)

 日本軍の潜水艦が移動できる距離が狭まる中、この伊五十六潜は昭和19年の10月に呉を出発。フィリピン方面へ向かいます。
 そこでアメリカの輸送艦隊(物資を運ぶ輸送船とそれを守る軍艦のグループ)や機動部隊などを発見。
 たった一隻の潜水艦で果敢にも魚雷を発射し、いくつかの船を沈めたりダメージを与えたりと大戦果を挙げました。

 ですが、潜水艦というのは相手に気が付かれずにひっそりと移動しひっそりと攻撃をするのが得意な反面、追いかけられた時に逃げるのが苦手です。
 水中に潜って逃げようとすると、1時間に2ノットが精いっぱい。
 しかもこの時期はアメリカの水上レーダーの性能も上がり、ちょっと海上に顔を出しただけの潜水艦を見つけられるようになってます。

 仮に半日潜ったまま逃げたとして、
「さあ安心だ!」
 と水上に上がってしまうと、あっという間にレーダーで見つかってしまい、駆逐艦なら沈んだ現場から30分程度で追いついてしまうのです。

 そうなると作戦としてはずっと水中に沈んでいるほかにありません。
 でも今とは違い昔の潜水艦ですから、艦内は徐々に酸素が無くなりますし、エアコンもないので気温が徐々に上がっていきます。

 このアメリカ駆逐艦とのやりとりは、これだけで映画にできそうな(後で調べたら映画化されてました)緊張したやりとり。
「潜水艦は生きて帰ってこられるのだろうか?」
 とちょっと心配すらしてしまいました。
 もっとも、作者が生きて帰ってこられたから本になったのですけれども。
 
 戦争に関する実録作品としては主に、

・軍人による軍隊での話
・民間人による民間での話

 の2種類が多い中、比較的民間人に近い軍医が軍隊に所属している話というのは珍しく、しかも内容も非常に面白い一冊でした。

スポンサーサイト



[ 2019/11/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

スーパーはでっかい宝島

 森井ユカさんの本をまたまた購入致しました。

2019110101x.jpg
地元スーパーのおいしいもの、旅をしながら見つけてきました。47都道府県!
(森井 ユカ)

 今回購入したのは、『地元スーパーのおいしいもの、旅をしながら見つけてきました。47都道府県!』という書籍。
 タイトルの通り、作者の森井さんが全国のローカルスーパーを巡ってご当地の美味しいものを紹介している作品です。

 作品中における各県の紹介は4ページ構成で、

・最初の2ページはモノクロで文章と、ご当地スーパーの関係者さんのコメントなどを紹介
・次の2ページは各アイテムをカラー写真で紹介


 という流れ。

2019110102x.jpg

 この帯のように、各県で購入したものを毎回プレートに収めて定食のように盛り付けている写真が必ず入っています。
 プレートの中身は主食だったりお菓子だったり様々で、これだけ見ていても心躍るものがあります。

 旅先の楽しみの一つに、現地のスーパー巡りがあるんですよ。
 関東の売り場では見つからないお惣菜から、ちょっとしたお土産まで割と掘り出し物が見つかるんです。
 台湾やポーランドでも、スーパー巡りは楽しかったですし。

 スーパー巡りが楽しい人はもちろん、そうでない方にとっても新たな楽しみが開拓できる一冊ではないでしょうか。 

[ 2019/11/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ネコアルクから初音ミクまで 後編

 土曜日に訪問したねんどろいど記念展の写真が沢山あるので、ここでバーンと紹介したいと思います。
 これでもまだ半分にも満たないのですけれども。
 東條希を除いては大体販売された順で撮影しているので、そのままヒットした作品を時代別になぞった感じになります。

2019111101.jpg

「ミルキィホームズ」から、エルキュール・バートン。
 前のサイトでもイラストを描いていただいたキャラです。

2019111102.jpg

 声優の田村ゆかりさん。 
 まさかの実在人物のねんどろいど化!

2019111103.jpg

「進撃の巨人」から、超大型巨人。
 こうなると、なんか可愛らしいですね。

2019111104.jpg

「艦隊これくしょん」から島風。
 日本海軍最速の駆逐艦であり、おそらく艦これ史上最も最初にブレイクしたキャラでしょう。

2019111105.jpg

「ご注文はうさぎですか」のチノ。
 喫茶店が舞台の作品なので、カフェとのコラボイベントではいつも美味しいものが食べられますね。

2019111106.jpg

「魔法少女まどかマギカ」の美樹さやか。
 前のサイトのトップページ用でも登場しましたね。

2019111107.jpg

「けものフレンズ」からアルパカ・スリ。
 山の中に住んでいるからか栃木風の訛りのあるキャラで、けものフレンズの中では一番好きなフレンズです。

2019111109.jpg

「ラブライブ」から東條希。
 μ'sの中ではメンバーを見守る、お母さん的なキャラです。
 2015年には紅白歌合戦にも出場しましたね。

2019111108.jpg

 そして記念すべき1000番目のねんどろいどは、「初音ミク」から雪ミク スノープリンセルバージョン。
 冬バージョンの初音ミク「雪ミク」はコンスタントに登場していて、1000種類ある中には「雪ミク」や春バージョンの「桜ミク」が数種類存在します。

 レーシングチームのスポンサーにもなっているので、深夜のレーシング番組を観ていると初音ミクが描かれた車が疾走していてちょっと面白かったりもしますね。

[ 2019/11/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ネコアルクから初音ミクまで 前編

2019111001.jpg

 話は昨日から続いております。 
 秋葉原で今日までねんどろいどの記念イベントが開催されています。 

「ねんどろいど」はグッドスマイルカンパニーが販売している二頭身のデフォルメフィギュアで、No1からはじまり今回1000番まで行ったので全部展示します!というのが、今回の記念イベントの内容です。

2019111002.jpg

 NO.1のキャラクターはネコアルク。
 現在はフェイトシリーズだけではなく、TYPE-MOONのマスコット的なキャラクターとなっています。  
 現在稼働中のスマホゲーム「FGO」には背景にちょっと写ってるみたいです。

 長く愛されているキャラクターですね。

2019111003.jpg

 ねんどろいどは基本アニメやゲームのキャラ(時には実写キャラも?)が、それも人気の作品から選ばれます。
 ですから、このねんどろいどの歴史は、そのまま日本でヒットしたコンテンツの歴史でもあるわけで。

 1番代からは、涼宮ハルヒやらきすたのメンバーが登場しています。

2019111004.jpg

 時代が進むとボーカロイドや進撃の巨人、ガールズ&パンツァー等が登場します。
 特にボカロ関連は出番が多く、1000種類ある中でもっとも登場しているのは初音ミクでしょう。
 1000番目も初音ミク(1つめの画像の)ですし。

2019111005.jpg

 私が好きな東條希(ラブライブ)は、1000種類ある中で2回登場してます。
 初代ラブライブチームは2回ほど出番があるので、μ's全メンバーで18種類あるわけです。

2019111006.jpg

 私の好きなディズニーアニメ「ファイアボール」のドロッセルお嬢様も、1期と2期で2種類が存在します。
 実はミッキーマウスやミニーマウスより早く、おそらくはディズニーキャラで初めてねんどろいど化されているのです。

 ディズニーだけではなく、マーベル(アイアンマン等)のキャラやDCコミック(ジョーカーやワンダーウーマン等)、はたまた声優の田村ゆかりさんなど、現在はかなり自由な構想で作られており、1000体ズラリと並んでいるのは壮観でした。

 せっかくなので、明日もねんどろいどを紹介しようかな。

[ 2019/11/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

接種の後はご褒美ラメーン

2019110901.jpg

 インフルエンザの予防接種へ。
 その後は、年賀状ソフトを買いに秋葉原へ行ってきました。
 毎年色々な年賀状ソフトができていて、ここ数年で随分安くなりました。

2019110903.jpg

 丁度ラブライブのスクフェスイベント中だったらしく、秋葉原駅の駅ビル「アトレ」ではラブライブ一色。
 自分の好きな東條希と津島善子が仲良くポーズをとっているので、なんだか得をした気分です。

2019110902.jpg

 お昼はブレイズさんで、チャーシューマシマシのラーメンをオーダー。
 秋葉原のタコス屋さんでラーメンを食べるという、ちょっとバグった文章みたいな話ですね。

[ 2019/11/09 17:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)