FC2ブログ









御当地出身侍女之事

Fujihime_maid01.jpg

 何年かぶりに当店に娘(看板娘)が加わりました。

 新メンバーの名前は「藤姫(ふじひめ)」と言います。

 彼女は、いわゆるいわくつきの女の子です。

 というのもですね、この娘は元々手賀沼に伝わる妖怪をテーマにしたキャラクターなのです。
 モデルとなった妖怪の名前は、そのまま「藤姫」。
 去年紹介した「柏・我孫子のむかし話」に掲載されていたお話で、多分表紙の女の子がその藤姫なのでしょう。

 詳細は過去のブログに書いてありますので省きますが、簡単に説明を。
 藤姫は我孫子五郎という豪族の娘で、手賀沼を挟んだ向かいの青年と結婚する予定だったのが、継母がそれを気に入らずに青年と謀殺し、藤姫を穴をあけた船に乗せてこちらも殺害。死ぬ前に気付いた藤姫が大蛇に化けて継母に仕返しをします。
 その後は偉いお坊さんが大きな鰻を召喚し、彼女を手賀沼に押さえつけたそうです。
 手賀沼の鰻は昭和時代(日本一汚い湖沼だった時代があったのです)にいなくなった為に地上界へ出られるようになり、たまたま近くにあったルフィドニアにやってきたようですね。

 色々なキャラクターがいる私の世界(主にルフィドニア界隈)でちょっとした村おこしと言うか妖怪おこしというか、
「こういう妖怪が手賀沼にいるんですよ!」
 という、地域振興を兼ねてデザインがなされました。
 私も地元ネタをかなり消費してますし、たまには恩返しもしないとなあと。

2021031501.jpg

 元のデザインはこちら。
 着物の模様は藤の花で現代風にアレンジして下はカット、さらにオーバーニーソックスをはかせています。
 いわゆる和メイドとか、そういう扱いがされるスタイルです。

 デザイン当初は私の中で大正時代のファッションがブームだったのと、手賀沼に鰻が沢山いた当時の年代を考慮して、大正時代の少女をベースにデザインしました。
 結った髪を両端にグルグル巻く「ラジオ巻」は、実際に大正時代に流行した髪型ですね。

 昨今の(ウケを狙うことの多い)娘達としては珍しく可愛い系に重点を置いた女の子となりました。
 お客様には優しく可愛がってくだされば幸いです。

 なお藤姫のキャラクターデザインはtaoru様。
 メイドさんバージョンは夏時計様。
 お二人がそれぞれ担当して下さいました。
 ありがとうございました。

taoru様


スポンサーサイト



[ 2021/03/15 09:00 ] 看板娘資料 | TB(0) | CM(0)

悪魔娘の体育の秋

 久しぶりに、ケイティ・ラインロックのイメージイラストを制作していただきました。

20181130_katy_uniforms_s.jpg

 この娘が前回リアル等身で登場したのは、5年くらい前でしょうか?

 毎回自分設置したブーブークッションを踏んだり、道路に落書きして叱られたり、
「うろたえるな小娘ども!」
 で吹き飛ばされていたりと、散々な目に遭っていました。

 そもそもこの娘は、
「うちの娘でおっぱいの大きなキャラはみんな30代オーバーなので、若いおっぱいキャラを登場させよう!」
 という流れて登場したのに、その10歳児にしてナイスなボディを生かせないのはちょっとかわいそうだなあと。

 そこで小学生らしい、等身大バージョンのイラストが誕生することと相成りました。

 今回の作品は、真咲一砂さんに制作していただきました。

 年齢制限の必要なイラストではありませんが、おっぱいの大きな体操服の小学生が苦手な方もいらっしゃるでしょうから、閲覧に問題ない方のみ続きを押してご覧ください。
(なんで10歳児でスタイルが良いのかという理由は、過去に色々語っているので割愛します)

ブラウザーやアクセス手段によっては、最初から続きが出ている可能性があります。

[ 2018/11/30 09:00 ] 看板娘資料 | TB(0) | CM(0)

The first drawing card

nanami_20160901.jpg

 支店にて、今月から長谷川菜々美がリニューアルデビューしました。

 キャラクターそのものは20年以上前に誕生しました。
 イラスト化された当店の看板娘の中でもっとも古い、すべての看板娘の原点となる女の子です。

 90年代に生まれた事もあって、性格は当時の美少女ゲームの要素を多分に持っています。
 スポーツ万能、料理上手、優しくて、お兄ちゃん大好きな重度のブラコン。
 今となっては懐かしいブルマを吐いているのも特徴的です。

 ゴーストハンター界の学校はハーフパンツを採用しているので、このブルマはおそらく自前で買ってるんですよ。
 実際、90年代は高校生までブルマでしたから、この娘もそれに倣っているのでしょう。

 それにしても、あの時代は何で露出度の高いブルマなんて採用されていたのでしょうね。
 ズボンの流れからしたら、半分切ってあるようなハーフパンツの方が量産しやすい気がするのですけど。

 なお、菜々美のデザインはマツカセキ様が担当してくださいました。
 可愛い菜々美をデザインして頂き、ありがとうございました。


【マツカセキ様サイト】
 DIGDAG



[ 2016/09/01 09:00 ] 看板娘資料 | TB(0) | CM(0)