FC2ブログ










オオバン書店 C96「わりとメイドカフェ図鑑」サポートページ

わりとメイドカフェ図鑑

 この記事では、当サークルが出版した「わりとメイドカフェ図鑑」の追加情報やサポートを行います。

【通販】
 COMIC ZINさんの通販サイトでの取り扱いが開始されました。
 店頭でも販売されていますので、秋葉原へ行かれる方はそちらもご利用ください。

 COMIC ZIN 秋葉原店
 住所:東京都千代田区外神田1-11-7 高和秋葉原ビル
(一般向け評論系同人誌は2Fに陳列されている事が多いです)

【誤植】
[P044:猫耳メイド屋のエリア]
誤:東京
正:秋葉原

[P136:アキバ絶対領域 A.D.2045の住所]
誤:千代田外神田4-2-7 TIT秋葉原 2F
正:千代田区外神田4-2-7 TIT秋葉原 2F

 その他、情報が追加され次第更新致します。
スポンサーサイト



[ 2019/09/30 23:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

C96情報 11日(日) 西/あ-29a オオバン書店

オオバン書店/岩崎遥

 令和最初のコミックマーケットにサークル参加する事になりました。

2019081003A.jpg

 サークル:オオバン書店
 日程:8月11日(日)
 エリア:西2ホール
 スペース:あ-29a


 頒布される新刊は『わりとメイドカフェ図鑑』というタイトルの同人誌。
 今までの作品『メイドカフェABC』『MAIDEN SURVEY』『めどい通信』の再編集&加筆を行った作品です。

 といっても再利用したのは漫画などの素材くらいで、9割くらいは新規の文章になってしまっております。


 今回は場所が西側です。
 そしてなんと壁サークルです。
 多分、ジャンル的にたまたまだとは思いますけれども。

 追加情報や資料ができ次第、こちらのページで随時更新報告します。

 コミケ当日は是非とも遊びに来てください。

 なお、 POPは電車のステッカー型広告を参考に作成しました。
 前回は電車の中吊り広告を参考に作ったのでしたっけ。
 広告と言えば電車の広告しか思い浮かばない、貧しい教養です。

わりとメイドカフェ図鑑 目次見本

 目次はこんな感じです。
 戦術教本と、ゲームの攻略本と、コミック雑誌の目次を組み合わせたら、こんなキメラのような珍妙な目次が出来上がりました。

オオバン書店 C96お品書き

 当日使用が予定されているお品書きです。
 バックナンバーの在庫が少しあるから、出そうかな。

メイドカフェデータベース統計

 本書における新規&再録店舗数および、紹介店舗のエリア統計です。
 かなりテキトーに作りましたが、概ねこんなものだと思います。

わりとメイドカフェ図鑑 紹介店舗リスト

 メイドカフェデータベースに掲載されているお店のリストです。
 これで広報用に用意された資料は全部公開できましたでしょうか。

 割合関連で難しいのは、新規描き下ろしの再録店舗と、以前のイラストを流用した新規店舗が存在する事です。
 そこらへんは収録店舗数の数でゴリ押し……できませんかねえ?

 各コーナーの詳細はこちらで紹介されています。

*本記事は情報が追加され次第、随時更新される予定ですが、多分現状でほぼ出尽くしていると思います。





[ 2019/08/10 23:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

C96新刊 開発話 Part.3 当日について

 金曜日はコミケに関する告知を書くというのが定番なのですが。

 どうしよう。 
 もう伝えるべきことが無い。
 というわけで当日及びその後のお話について。

 毎回売り子さんを読んだりしないので、私一人でやります。
 サマンオサで偽物の王様をやってそうなやつです。

 コミケ会場は暑い上に体力が無いため、当日はとにかく無事にやり過ごすことを最優先で過ごします。
 その為同じメイドカフェ島を軽く散策するか、トイレくらいしか外出しないと思います。 
 何か用事があれば、用事が無くても遊びに来て頂ければいつでも歓迎できるはずです。

 購入した本はお好きなようにお楽しみください。
 可愛いイラストだけを見るのも良し、最初から最後まで全部読まれるのも良し、凶器(?)にするも良し。
 読み終えた後は胸のあたりに忍ばせていれば、カイザーフェニックスくらいなら反射できると思います。

 それから今回は同人誌ショップでの委託が予定されています。
 予定というかすでに見本誌を送り委託OKとなり、納品を済ませて新刊があちらに届いており、あとは発売日まで待っている状態です。
 コミケ暑いよー、という方はCOMIC ZINさんの通販をご利用ください。

 またこれはまだ抽選などが終わってないので確定ではありませんが、秋葉原の同人イベントへの参加を予定しております。
 当選しだい、こちらも追加で報告いたします。
 
 地獄のような国際展示場以外でも手に入る手段がありますよ、という事で。

[ 2019/08/09 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

C96新刊 開発話 Part.2 コーナーやご協力いただいた方々

 というわけで、金曜日はコミケ特集です。
 夏コミで頒布が予定されている、オオバン書店の『わりとメイドカフェ図鑑』
 主なコーナーやお手伝いをしてくださった方を紹介します。

2019080201.jpg

 まず表紙。
 今回は一段落の最終巻という事で、ルフィドニアの主人公の岩崎遥を起用しました。


 C93(2017年冬コミ)に頒布した『MAIDEN SURVEY』表紙のキャラクター、岩崎さゆりの娘となります。

 遥のイラストを担当してくださったのは、茶々丸さん。
 そして表紙のデザインを担当してくださったのは、フェレさんです。
 このお二人の組み合わせは『MAIDEN SURVEY』から始まり売れ行きが良かったため、その後はいわゆるゲン担ぎでお二人にお願いしています。

 今回も素敵な表紙になりましたよ。

2019080202.jpg

 それから、SDキャラクターと再録の漫画はたぬさんが担当してくださっています。
 
2019080203.jpg

 一応過去の同人誌の再録というテーマで作ったのに、気が付いたら半分以上が新規のお店となりまして。
 たぬさんには今回も多くの制服イラストを担当していただきました。

 SDイラストは、『めどい通信』でもお世話になった、なゆたろさんにも担当していただいております。
 お二人のイラストはどちらも違った魅力違った可愛さのある作品ですので、是非お楽しみください。

2019080204.jpg

 コラムは前回と同じものは一つも使わず、気が付いたら全部新規書き下ろしとなりました。
 テーマがメイドカフェの用語やグッズのものなので、わかりやすいようにカットも付いています。
 このカットを担当してくださったのは、たぬさんとれお太郎さんです。

 説明がものすごくわかりやすくなるイラストを描いてくださってますよ。

2019080205.jpg

 れお太郎さんには他にも、再収録となる4コマ『本当にあっためどい話』の2本と、新作『本当にあったメイドカフェの話』を4本担当してくださっています。
 私の代わりに玲真君が酷い目に遭うというお約束のパターンで、可愛く描いてくださっています。

2019080206.jpg

 そして今回は『褒めまくる本を書きたい』といコンセプトの元、メイドカフェのフードで歴史を語ったり、美味しいものを紹介するコーナーもあります。こういうページ調整用の1ページ記事は高校生くらいの頃から得意なので、今回も楽しく書きました。
 これは全編私一人で担当してます。

 それからキャラクター原案も、漫画のシナリオなどももちろん担当は私です。

 というわけで、一通りざっとお手伝いをしていただいた作家さんやコンテンツの紹介をしてみました。
 内容をまとめると、

・メイドカフェ&メイドリフレ講座
・可愛い制服のお店&メイドカフェ&メイドリフレ&閉店した思い出のお店の紹介ページ
・漫画(再録)
・4コマ漫画(新規・再録)
・メイドカフェ美味しい物アルバム
・絵で知るメイドカフェ辞典


 となります。 

 144ページもあり、あまりにコンテンツ量が多いので、今回は表紙に詳しく記載するのを止めました。
 あふれ出るメイドカフェ愛は、POPや立ち読みして頂く事で伝わればいいなと思います。 

[ 2019/08/02 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(2)

C96新刊 開発話 Part.1 新刊のコンセプト

オオバン書店/岩崎遥

 この時期、毎週金曜日は新刊の告知曜日としています。

わりとメイドカフェ図鑑

 新刊のタイトルは『ルフィドニアマガジン別冊 わりとメイドカフェ図鑑』になりました。
 別冊という事は本家があると思いきや、そもそもルフィドニアマガジンというものが存在しないという、ふざけているタイトルです。

 今週は『わりとメイドカフェ図鑑』のコンセプトについてお話をしましょう。
『わりとメイドカフェ図鑑』のコンセプトは「100年先(22世紀)の人々にメイドカフェを自慢しよう!」というものです。

 前回評価タイプの本を出して思いました。
 食べログのように評価するのも大切ですが、元々メイドカフェが好きな人間なのだから、褒めたっていいじゃないか。
 好きなお店を褒め、自慢しても良いじゃないか!

 というのが、本書のコンセプトです。
 よってどのお店も基本はオススメしています。
 褒める価値の無いお店は最初から掲載されてないので、その分は楽でした。
 
 外したお店については、追々語ります。

 というわけで、本書は100年先の人が見てわからないだろうなという用語辞典もいれてみました。
 最近メイドカフェの世界に入った方にとっても、お役に立てるコーナーかもしれません。
 反対に100年後にQRコードが存在するとは思えないので、お店の場所がわかるQRコードは廃止しました。
 そのかわり秋葉原エリアにおいては半分手作りの地図が用意されています。
 あくまでもゆるい制度ですが、大体のお店の場所がわかるのでそれなりには役に立つかなと。

[ 2019/07/26 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)