FC2ブログ









少年時代の宝島 前編

2011022201.jpg

 今年の1月18日に東我孫子シティにあったゲームショップ『ファミコンハウス』が閉店しました。
 上の画像は携帯で撮影したもので、本当はデジカメで撮りたかったのがすでに改装工事が始まっていたところを通りかかり、急いで携帯で撮影したわけなのです。
 シャッターが開いているのは、すでに業者さんが作業をされておられた関係です。

 ファミコンハウスが開店したのは今から約19年前程。
 開店のニュースは私の通っていた小学校にも伝わり、実際に行ってきた友人達からは高い評価を受けていました。

 何故好評だったのかを説明する前に、当時のアビコシティにおけるゲーム流通事情を書き記しておきましょう。
 当時のアビコシティでは、ゲームソフトはどこも片手間で販売されていました。

【新品のみ】
 ハローマック(我が家のセガサターンを直してくれたおもちゃ屋さんで、10年以上前に閉店)
 トオヤマ(個人のおもちゃ屋さんで2009年12月頃に店主がお亡くなりになり閉店)
 ディスカウントストアホップ(主にゲームボーイのソフトを販売10年以上前に閉店)
 Dマート(我孫子駅前にあったダイエー系列のデパートで13年前に閉店)

【中古のみ】
 湖北村カスミの前で不定期で行われていた移動販売店舗(ファミコン時代に廃止)
 そのカスミの前のゲームセンター「スターメッセ」がつぶれた後に出来た中古店(気がついたら閉店)

【新品&中古複合】
 ツタヤ(レンタルビデオの一角で取り扱い、現在ではゲオのチェーン店となり営業中)
 
 この中で生き残っているのがゲオだけというのがなんとも田舎の寂しいお話ではありますが、それはさておき。
 見ていただければわかりますが、どこもオモチャ屋さんとか、お店の一角でゲームソフトを扱っていただけなのですね。
 従って品揃えは悪く、値段も高く、裸のソフトは裸のソフトのままだったのです。

 それに比べてファミコンハウスは店舗全部にゲームソフトが陳列され、お値段もアビコシティ内ならトップクラスの安さ。
 しかも裸ソフトの場合、コピーの説明書とお店オリジナルのプラスチックケースが付いてくるのです。
 どうです、明らかに小学生のテンションが上がるスペックでしょう?

 初めてここに来たのは、多分夏休みだったと思います。暑い中に自転車で駅単位の距離をかっとばし、冷房が効いた白くて清潔な店内にたどり着いた時は、ちょっとした宝島に出会った印象を受けたものでした。

 話は次回に続きます。



 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。


甲子園観戦記 1日目(8月6日)

 甲子園に我が母校である成田高校が出場する事になったので、微力ながら応援しに行ってまいりました。
 
 実を言うと学校のイベント以外で新幹線に乗るのは初めてなのですよ。
 何故ならば、親族一同東京で生まれ育っていますので、
「今日は生家に行くのよ」
 と言われても、新幹線どころか特急も利用せず、鈍行で1時間ちょっともあれば到着してしまいますし。
 
 それから、関西の地を踏むのも生まれて初めてです。
 中学の修学旅行の京都行きは体調不良で行けなかったので、それから一度も行った事が無いのですよ。
 
 ですから、大阪行き(甲子園球場は兵庫にありますけれども)となると、緊張してしまいます。

2010080701.png
「おおさか」に対する管理人のイメージ図

 私の脳内にある「おおさか」のイメージ画像は、上記の1点のみでありまして。
 とにかくステスロスが飛び交い、ピョンピョンとジャンプをしていて、主人公以外は一言も喋らないイメージなのですよ。
 しかも甲子園の試合日程が4日に決まったばかりで、準備や現地での予定も何にも考えていません。

 初めての地に、基礎知識無しでの散策。
 さてさて、どうなる事やら。

2010080702.jpg


 午前中の用事を済ませたら、いよいよ大阪へ出陣。
 本日お世話になるのは、新幹線のぞみ。
 2時間30分であっという間に新大阪に着いてしまう、高速列車でございやす。

 窓側が良いので指定席をオーダーしたら、平日の昼だから利用率が半分を切っていました。
 運賃は、15000円でお釣りが来た程度の金額。
 最初から新幹線の乗るのも目的の一つなので、こんなもので良いでしょう。

 乗り心地も、快適快適。
 新幹線って、こんなに快適なのですね。

2010080703.jpg

 品川を過ぎたあたりでお弁当を広げます。

 駅のホームなどで買うと高いし種類も少ないので、プロは地下にある大丸百貨店で買う。
 …と椎名誠さんの本であったので、私もそれに見習ってみます。

 椎名さんの発言に嘘は無く、大丸百貨店の地下はお弁当の宝庫でした。
 お店が10も20もあり、美味しそうなお弁当がありすぎて困ってしまいますね。

 迷いに迷い決めた本日のお昼はこちら、鳥牛蒡ご飯。
 これだけ揃っていて、なんと680円。
 駅弁でこれほど安いものはありませんよねぇ。

2010080704.jpg

 横浜を越えたあたりでアイスの移動販売がやってきたので、こちらも注文。
 今回は気が向いたまま好きなことを気が済むまでやる、という旅ですので、これもOKです。
 価格は280円くらい、いつもなら絶対に食べないグレードのアイスです。

 Mixiのニュースで、
「新幹線のアイスがやたらと硬いのは、美味しさを追求した結果空気の比率を下げたから」
 という記事があったので、試しに食べてみようかなと。
 これもむっちりと美味しかったです。

 そんなこんなで、静岡あたりで実物大ガンダムが見えたり、「727 COSMETICS」という看板をやたら見ながら新大阪へ。
「727」の方は、東京から新大阪まで漏れなく看板を見かけましたよ。
 通過する県すべての場所に看板を設置しているとは、凄まじいです。

2010080705.jpg

 あまりにも居心地の良い新幹線に揺られながら眠気と戦っているうちに、新大阪に到着しました。

 ここは「おおさか」です。

 ネイティヴの関西弁が飛び交っています。
 自販機のジュースがみんな安いです。(東京の自販機は定価売りが基本です)
 エスカレーターで急ぐ人は、左側を歩きます。

 どれも書物で知っていた事ばかりですけれども、実際に遭遇すると戸惑うばかり。
 我ながら、知識が書物に偏りすぎですなぁ。
 いや、でも、なんとかなりますよ、行き当たりばったりで、なんとか…、


 …ならず、なんばエリアで1時間も道に迷ってました。

 難波中二丁目のメイド喫茶を探すために、一丁目と三丁目をウロウロしているうちに1時間経過。
 ミニストップへ買物に行った時に地図を見せてもらったら、なんと駅の向こう側があるというオチ。
 水分補給をする喫茶店へ行くために、水分補給をするという、なんという非効率な…。

2010080706.jpg

 とはいえ、その後の道頓堀見学が面白かったので良しとしましょう。
 くいだおれ太郎さんにも初めてお会いできましたしね。

 とりわけ、適当に入った「合格や」さんという串カツ屋さんが、それはもう美味いのなんの。
 99円というお手軽価格の串カツや、お得な六種のセット、生牡蠣なども注文してしまいました。
 あ、いくら素人とはいえ二度漬けはしませんでしたよ。
 これはビール飲みにはたまらないでしょうなぁ。
 次はお腹を空かせて行きましょう。
 
 なお、この日の宿は新大阪駅から歩いて10分もかからないビジネスホテルでした。
 朝ごはんがセットで5000円くらい。
 ビジネスホテルを利用するのも初めてなんですけどね、思った以上に居心地は良かったです。

 では、明日に続きます。

 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。

谷中翁散策

 祖父の命日が近づいてきたので、お墓参りに行ってきました。
 
 なんて書くと信心深い人間のように思われますが、墓参のオマケである著名人墓地散策と散策後のメイド喫茶が目当てです。
 なので天国の祖父も苦々しい表情で迎えてくれているかと思います。
 
 さて、今回のお目当てのひとつが、渋沢栄一の御墓参りです。
 我が家系の墓地が谷中になければ渋沢栄一という人物を知る事すらなかったでしょう。
 そんなフシギな御縁の「好きな歴史上の人物」の一人である渋沢翁のお墓がここにあります。
 
 実は前回探しても見つからなかったのですよ。
 その理由は調べなおしてみて判明しました。
 我々がイメージする御墓ではなく、専用のスペースを作って塀で囲っているから見つからなかったのです。
 今回はそのエリアも調査済み。
 これで渋沢翁に出会えます。
 
2010012101.jpg


 さあ、ご覧下さい。
 ココが渋沢栄一の御墓………だと思われる場所です。
 
 てへっ、徳川慶喜のお墓と同じく、立ち入り禁止でした。
 ただこちらの方は近所のお花屋さんが鍵を管理されているらしく、申し出れば開けてもらえるようです。
 今度来るときは時間と電池に余裕を持っていこうと思います。
 
2010012102.jpg


 しかしまぁ、昔からある霊園らしく見事に都会部分から切り離されていますね。
 こうやって確認しなければビル群の中にあることすら忘れてしまうほどの落ち着きようです。
 ガイドブック片手に散歩をする方も多かったようですし。
 
 私は人が好きな性格ですが、特に死んだ人が大好きなのかもしれません。
 
2010012103.jpg


 そんな散歩から帰る道に、いきなり見つけたお墓を撮影してみました。
 
 東京日日新聞(現在の毎日新聞)の創設者の一人、条野伝平のお墓です。
 帰り道にばったり出くわしたにしてはなんだか物凄い出会いではありますが、こんな大新聞の創設者でも「谷中に眠る著名人リスト」に入ることができないというのは、実は結構とんでもないクラスのお話ではありますね。

 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。

ツンデレの神様

2009081201.jpg
ゼロの使い魔 17巻(ヤマグチノボル)

 遅くなりましたが、ゼロの使い魔の17巻を読了しました。
 
 今回は随分と展開がありました。
 大きなストーリーの流れと戦闘と、非常にバランスの良い構成だったとおもいます。
 
 ただし初期からのキャラの出番が段々と少なくなっていくのがちょっと気の毒です。
 キュルケは完全にメインから外れてしまいましたし、ティファニアも今回は空気でした。
 タバサは辛うじてメインストーリーになっているものの、今後はどうなるのでしょう。
 
 それと、ルイズとサイトの恋の展開が17巻目にもなると新鮮味が無くなることに気が付きました。
 喧嘩して離れ離れになっても、どうせ次の巻くらいにはまた仲良くなってチュッチュする展開が目に見えてますからねぇ。
 いつ最終回になるかわかりませんけど、どうせ最後にはサイトとルイズが正式に結ばれるのでしょう。
 でもそうなると、シエスタやタバサが完全にかませ犬扱いで終わってしまいますし。
 
 ただ戦闘シーンは相変わらずカッコいいですね。
 今のライバル系キャラはなかなかキャラが立っているようで、世が世なら良いレスラーになれるくらいです。

 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。


頑張ってください♪

 同人ソフト「ルセッティア」にハマる日々でございます。
「どうして今まで出てこなかったのだろう?」
 な、お店屋さんごっこができるゲームです。
 
 父親が作った莫大な借金を抱えることになった主人公のルセット。
 彼女は仕方なく、借金取りの妖精ティアと一緒にアイテム屋を開くことになります。
 果たしてルセットは、無事に借金を返す事ができるのでしょうか?
 
2008043001.jpg

 お店では市場やギルドで購入した商品をお店で並べることで売り上げを得る事ができますが、貴金属が高騰したり食品が暴落したりと、日頃変わる相場を気にしながらの営業が必要となります。
 窓側の商品は売れやすいとか、お客様の欲しい物をオススメするとか、販売する際にどれだけ割り増しして販売するかなど、常に頭を使うプレイがまた楽しいのですね。さらにお客さんの中にはお金が無いキャラからカモ(?)にできるキャラまで様々で、このキャラにはこの利益率で販売するのが良いのかも考えるわけです。
 
2008043002.jpg

 また、仲良くなった冒険者とダンジョンに行くことにより街では手に入らない素材アイテムを入手したり、素材アイテムをギルドで合成をしてさらに高価なアイテムにすることもできます。
 
 これは結構ハマりますよ。
 私も、ああもう1日、あと1日・・・とプレイしているうちに夜が明けそうになったくらいです。
 このクオリティの作品が2100円ちょっとで手に入るとは、最近の同人市場は本当に進化しましたね。
 
 個人的にちょっと興味深かったのが、粗利の感覚ですね。
 お店で仕入れるより、買取をしたほうが粗利が高くなるんですよ。
 この感覚は実際の中古市場でも同じで、例えば私のお世話になっている業界もそうです。
 ミョーにリアルに利益率が出てくるのが面白いです。
 そりゃあねぇ、新品商材だけでは・・・ゴホゴホ。
 
 あとは、高い絵を売りつけてくるキャラクターのエウリアが印象的かな・・・。
 某電気街で同じ台詞で高い絵を売りつけようとしてくる人に出会った経験があります故。
 
 ちなみにアドバイザー兼借金取立ての妖精ティアさんは、今流行のクーデレなのでしょうか?
 ルセット役の声優さんもティア役の声優さんもちょっと気になるところです。



 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。