FC2ブログ









谷中の霊園 & ペルシャ&トルコ料理レストラン ザクロ

 祖父の墓参りに谷中の霊園へ。
 今年の親族の慶事や私にも良いことが続いたので、それの報告も兼ねて。
 
 墓参を終えたら今度は私の腹ごしらえです。
 日暮里界隈には色々と美味しいお店があります。昨日から考えた結果、今日は中東料理を食べに行きました。

2006121501.jpg

『ペルシャ&トルコ料理レストラン ザクロ』
 
 イランから来た名物店長がいらっしゃるというお店に入ると、雰囲気は急激に下町から中東へ。店内にはアラブ語(?)の衛星放送と、沢山のアラブ系の方々。日本人は私とウェイトレスさんだけのようですね。
 外が見えるいい席に案内され(椅子は無く、カーペットに座るタイプです。)メニューを渡されます。
 
「お腹ペコペココース 1000円」
「普通にお腹が空いているコース 600円」
 
「オススメは幸せコースといわれる、1000円のコースです。」
 とウェイトレスさんに言われたので、それにしました。
 正直なところ、エスニック料理は高いことが普通なので、ちょっとタカをくくって注文したわけですが・・・。
「それじゃあ、コース料理をテキトーに運んできますね。」

2006121502.jpg

 料理1:ナン(食べ放題)
 料理2:サフランライス(食べ放題)
 料理3:スープ(飲み放題 スプーンの入っているお皿)
 料理4:ザクロソース入りのカレー(写真の一番右上)
 料理5:中東風のソーセージの煮込み(写真の一番上)
 料理6:サラダ(写真の真ん中)
 料理7:小さ目のラザニア
 料理8:3色の和え物のようなもの(真ん中にあるの)
 料理9:マッシュポテトを丸くしてあげたもののチーズかけ
 料理10:チーズ、ピクルスなどの小鉢4種
 
 飲み物:シナモンティー?(飲み放題 写真左)
 
 デザート1:ザクロのシャーベット
 デザート2:ヨーグルトのザクロソースがけ
 デザート3:ミニクレープ
 デザート4:スコーンのようなもの

 
 ・・・無理です。完食できませんでした。
 最初の宣言どおり、本当にテキトーに運ばれた料理はとにかく食べ切れません。
「本当に食べきれないことが前提なので、残してもいいんですよ。」
 とはウェイトレスさんのコメント。
 
 基本的に現地の味に忠実なのか、日本人には慣れてない料理も多くあります。
 私の舌では、サフランライス、カレー、和え物がまだ慣れないようです。その他の料理は問題なく、ナン、スープ、サラダ、ソーセージ、ラザニア、ポテト、それからデザートすべてはかなり美味しかったです。料理はどれも辛すぎず、甘すぎずで、独特のスパイスさえ体になじめば多分病み付きになりそうです。1000円でこれなら安いですねえ。
 
 ただこのお店をもっと味わうならグループで行ったほうが良いですね。
 私が入店してからしばらくして10人ほどの御婦人の方々が入ってきたんですけど、店長がもう面白い方でサービスがいいんですよ。

「はーい、ナンでーす。喧嘩しながら食べてね~。」
「このお嬢さんにはこの衣装を着て食べてもらいます。ほら、花嫁さんみたい。」
「このお嬢さんにはドレスを羽織って。アラビアンナイトみたいでしょ~?」 

 と言いながらほとんど全員に色々な民族衣装を着てもらっているのを面白そうなので眺めていましたところ、突然店長さんが私に指名をかまします。
「はーい、そこの怪しい男も着てみなさ~い。」 
 なんと! お客さんの私に向かって怪しい男とは。・・・当たっていますけどね。
「あやしいおとこは金色のジャケットを着てもらいまーす。金持ちっぽくなるでしょー?」 
 というわけで、金色のジャケットを着て食べました。 
 私が着ると、アラビアンナイトっていうより踊るマハラジャですね。あとヒゲさえ生やせばパーフェクトです。
 
 ニュースや新聞でしかイランを知らない私は、どうしてもこの国の事を、
『悪の枢軸国』
『中東の危ない国』
『テロが関わる・・・』
 というマイナスイメージが払拭できないでいましたが、しばらくはこの名物店長の笑顔が頭から離れそうも無いです。
 政治の話は専門家にお任せするとして、私は食べ物から知らない国に触れていきたいと思います。


 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。


ひとりまおう 2004年8月13日

 コミックマーケット。通称コミケの日。
 並んで欲しいものは無いので正午あたり、のんびりしながら到着。
 早速コスプレ写真といくつか撮らせてもらいました。
 レトロゲーム「スパイVSスパイ」のコスプレイヤーさんまでいるのは驚き。

 その後モンスターメーカー系のスペースに移動し、オフシャルの新刊を買う。
 九月姫先生はスペースの後ろに待機して、新刊を買ったお客さんへサインをしまくっていたのがちょっと感激しました。
 いまどき同人作家さんだって全員分は書きません。アットホームな雰囲気がまたいいのだなあ。

 あとはレトロゲームヒロインの領域を巡り、2年ぶりに参加するオフ会の集合時間まで待つ。ひたすら待つ。
 その時間なんと2時間。
 ビッグサイトにあるのこぎりのオブジェで待ち合わせということで待っていたら、他のオフ会の人たちに声をかけられました。
 ここは目立つから集合場所にしている方々はきっと多いのでしょう。
 幸運なことにリンク先の方に出会えたので、オフ会の会場であるカラオケ店までは話題に事欠くことなく到着です。

 そうしている間に全員集合し、パセラ御茶ノ水店へ到着。地下の大型ルームにモンメカファンが40人集合。
 なんとここでモンメカの原作者である鈴木銀一郎先生とイラストレーターの九月姫先生がやってきました。
 鈴木先生にこう間近で見るのは初めてでした。やはりプチ感動。

 乾杯をしていると、自己紹介のノリになってきたので参加者全員にマイクが渡ることに。

「やきにくまおうですすきなモンメカキャラはディアーネですディアーネさいきょーディアーネいいですよねーじつはぼくとディアーネをおなじユニットにいれるとこうげきかいすうがふえるんですよせつげんにいてもいどうりょくアップでしかもさいごにダブルスターティアラがでるんですさらにセンタリングでひくいところにパスをしてくれるとなんとツインシュートもうてるんですようわはははうわあメガンテ!」

 とかましたかったですが、どう省略されたのか、

「焼肉魔王ですよろしくおねがいしますモンメカは特にファミコン版とゲームボーイ版が好きです。」
 で終わってしまいました。
 緊張していて駄目人間に。せめて、
「続編が出るというのでPCエンジンを買い、ホリーダガーが出るというのでサターンを買い、学園版が出るというのでパソコンを買いました。」
 くらいは言っておくべきでした。
 ……いや、今考えると言わなくて良かったです。

 パセラの美味しいフードをつついているとカラオケがはじまりました。
 40人も集まって誰も歌わなかったら音痴を披露する予定だったものの、終始マイクは誰かの手に持たれてましたね。
 沢山人数がいるとお笑い系の歌を歌ったり、純粋なカラオケを楽しんだり、僕がでしゃばらなくても誰かしら役割を演じてくれるので助かります。
 これだけの大人数の前で歌える勇気などありません。今日の僕は借りてきたネコバージョンなのです。

 そんなこんなで手拍子などしてウーロン茶を飲んでいるとなんと鈴木先生自らお歌いになられました。
 曲名は『青春時代』。
 しかもノリノリに踊って歌っていらっしゃる。
 うーん、子供の頃から好きだったゲームの原作者が目の前で歌っているなんてまるで夢のようでした。
 これだけでオフ会の料金分ゲットですよ。

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、徹夜カラオケのお誘いを辞退させていただき帰宅。
 それにしてもモンスターメーカーファンのみなさんってタフですねえ。
 
 疲れているので今日はココまで。また何か気がついたら書き足します。

 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。

ひとりまおう 2004年6月29日

 そんなわけで今日は朝6時おきで成田空港へ出撃。
 空港の入り口でパスポートを提示し、貨物ブロックへ行って参りました。
 もうスゴイです、成田空港。
 でかいのなんの。もう町ですね、あの規模は。

 エリアの中に飲食店やガソリンスタンドまであるんです。地図がないと迷います。
 一方通行ばかりな上に、フォークリフトがそこかしこに走り回っているので免許取り立ての方はオススメできません。
 JALカーゴの事務所へ行き、その後検疫所で登録、違う場所にあるJALカーゴの倉庫へ行き、ルイ君を受け取り、また検疫所で検査。
 その後検疫所の上にある関税所で関税を計算し、その上の階にある支払い場所で関税を支払い、その領収書を下の階の関税所で見せてハンコを押してもらい、全部の書類を持って3番目に行ったJALカーゴの倉庫へ行き、改めて犬を受け取りました。
 もうRPGのおつかいシナリオを遊んでいるような気分ですよ。

 大きな貨物エリアで地図を見ながら歩き回るのは厳しいモノがありました。 
 暑いですし。結局2時間以上はココにいた計算になります。

 検疫所の綺麗なおねーさん(検疫官?)の検疫を受けた後に関税所に行きましたが、関税官の方が書類を見ながら頭をひねりました。
「犬を運ぶのに1400$って高すぎませんか?」
 とのこと。
 聞けば国際協定により、正規の値段は半分の650$だそうな。
「ちょっと関税が高くなりすぎるので運賃は650$くらいで良いですよ。」
 とても親切丁寧な方なのです。
 ペット(動物)の関税は『運賃+犬の代金』から計算される上、10円台は切り捨てられるので、たった1800円で済んでしまいました。

「ぼったくられたんでしょうか?」

 という質問に、

「うーん、もしかして他の諸費用が重なったのかもしれませんねぇ。」

 確かに運ばれて来た箱は木と金網で丈夫に出来たゲージでした。

「まあ、あまり公には出来ませんが・・・。」
 と関税官さんは付け加え、

「実験動物用の動物なんか金網でくくったようなゲージで運ばれるんですよ。コスト削減にね。魔王さんのワンちゃんはきっと丁寧に運ばれたんでしょう。」
 とにもかくにも無事に犬を引き取り、帰宅しました。
 まあ僕は初対面になったのですが、お互い『ナンダコイツハ・・・』的なお目見えとなりました。
 あと検疫所は動物や植物の検疫をしているせいか、ケモノ臭かったです。

 それにしても成田空港は本当に公共機関か? と思えるほどみなさん良い人ばかりでした。
 気が良いというか親切というか。入り口の検問の方もJALの方も検閲の方も関税官の方もみんな親切。
 日本の玄関を支える人達はみんな自分のお仕事を愛しているようです。

 帰ってきてからも安息の時はなく、そのまま動物病院へ。
 前の2匹の愛犬がお世話になった動物病院に行きました。
 来たばかりでどんな予防注射を打ったらいいか計画を立てに。さすがに今日打つ気はありません。
 その前に我が家に帰ってくるなり粗相をしまくった彼ですが、まあ初日なので許します。

「あーもうかなり疲れてますねぇ。」
 ルイ君を見るなり、お医者さんがそう言いました。

「検疫はどうしたんですか?」
 日本とオーストラリアは協定の関係で、オーストラリアで書類がキチンとそろっていれば、日本での検疫は数分で終わってしまうようになっています。ちなみに普通にペットを他の国から持ち込もうとすると、最低でも2週間、最高は数十日間の検疫期間が必要で、その間は当然成田か横浜の検疫所に隔離されます。

「昔は日本とオーストラリアの検疫は1年半が標準だったんですけどねぇ・・・。」
 多分、日本からオーストラリアへペットを送るのならば検疫期間は相当長いんでしょうね。オーストラリアって自分の国への持ち込みは厳しい癖に自分の国からの持ち出しは甘いんですよ。食べ物とかね。

「まあとにかく冬のオーストラリアから夏の日本へ運ばれてきたので相当弱ってます。とにもかくにも家で軽くエアコン付けて数週間休ませて下さい。フェラリアの薬を出しておきますので2週間後くらいに飲ませて下さい。各種ワクチンは1ヶ月後くらいから打ちましょう。」

 薬が出るまで外で待っていましたが、やはりお医者さんが、
「外は暑いでしょ。犬に毒だから病院の待合室で休ませなさい。おしっこしちゃう? でもまあそれくらいならいいですから。」
 とまた入れてくれる。お医者さんも親切なのです。

 病院帰りにドッグフードとペットのトイレセットを買い、帰宅。しかし姉がアレな性格なのでトイレのしつけが出来ておらず、これからしつける予定。
 で、今日一番疲れたのがルイ君本犬で二番目に疲れたのが母親ならば、三番目はウサギ達でありましょう。リビングにルイ君を放したら探検がてらウサギのゲージに近寄ったところ、エール(AILE)は鼻ピクピクの大緊張、ラヴィ(LaVie)はもうケージ内を走り回って大激怒&威嚇で、後ろ足をドンドン踏みならしておりました。ウサギは機嫌が悪いと後ろ足をドンドン踏みならす生き物で、実は意外と臆病だったり攻撃的だったりします。でもいきなり犬が来て驚いたでしょうね。我が家のリビングに来た犬はルイ君がはじめてなのですから。

 ・・・今日一日、疲れました。しかし本当の生活はこれからなんですよね。預かり犬とはいえ、苦労は耐え無そうです。

 眠いよー。

 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。

焼肉日記 1998年 9月30日

『センチメンタルジャーニー』を買ってしまいました。
 なんで買ったのかはわかりませんが、『ブレイズ&ブレイド』を見に行って、帰るときに持っていました。
 そろそろアニメを知っておかないと、と言われたので、友人からビデオを借りました。
 正直な話、焼肉はアニメを見た記憶がドラゴンボールZの再放送くらいなんですよ。
 後はネットで適当に見つけた口癖を真似するくらい・・・。
 ちなみに『センチ』のビデオはまだ見ていません。
 時間無いのでございますですわ。


 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。

焼肉日記 1998年 9月25日

 せっかく作ったコード表を印刷しに学校のコンピュータールームへ行ったんだけど、ほとんどのPCの調子が悪いようで印刷できなかったりゅん。焼肉がウイルス入れたから?
 それは冗談だとして、ウチの高校はいまだに『9821-BS』というヘナチョコ機を使っているんですわ。
 CPUは486。カッコイイっす。MS-DOSゲームをやるには。
 1台10万もあればペンテPCが買えるのに1年10000000円もかけて50台のパソコンを『レンタル』しているのですわ。まったく信じられませんでございますですわ。一太郎はバージョン4だし・・・。
 最近、ペンテ(ノーマル)200を3台入荷したものの生徒には使用禁止。
 何に使ってるんだ?古株教師のおかげでHPは開けないし・・・。(最初、焼肉も説得しようとしたのだすが、ハッカーをおそれて中止)
 この前来た2人の留学生(メリケンとおフランス)のメリケンの方が驚いてました。そりゃそうだ。BSなんて記号が付いてるPCはそうそうないからねぇ。


 この記事は旧サイト「サバのほね」の日記をFC2ブログ用に移植したものです。