FC2ブログ









現代ロシアの軍事戦略

2021073101x.jpg
現代ロシアの軍事戦略(小泉悠)

 軍事研究家、小泉悠さんの「現代ロシアの軍事戦略」を読了しました。
 たまたま聴いていたラジオのゲストで出演され、興味深い話をなさっていたのが購入のきっかけです。
 
 内容はタイトルの通り、ロシア軍のドクトリン(基本的な行動原則/戦闘教義)が解説されています。

 かつて世界の二大国家、東西の代表国と言えばアメリカとソ連でした。
 それが中国がアメリカに迫っていき、ソ連は解体。
 ロシアの現在のGDP(国内総生産)は11位で、カナダや韓国と同じような数値になっています。

 国内の経済力は軍事力に反映されるわけですから、当然アメリカのように豊富な戦力はありません。
 ですが効果的な作戦を展開し、クリミア地方をはじめ複数の領土を侵略しています。
 そんなロシアの強さの秘密はどこにあるのでしょう?

 そのロシアの戦闘力は「ハイブリッド戦争」と呼ばれる、複数のアプローチによる戦い方にありました。
 正規の軍事力はもちろん、ゲリラやパルチザンなどと言った非正規戦闘、サイバー戦や情報戦、時には核兵器の使用をチラつかせながら相手に銃を突きつける以外の手練手管を駆使し、
「ロシアと戦うのは損だから止めよう。」
 と思わせるように仕向けるのが、ロシアの軍事ドクトリンなのです。

 全部書くと長くなってしまうので、詳しくは本書をお読みいただければ良いとしまして。

 ……そりゃあこういう姿勢の国に、経済支援を手土産に北方領土返還を求めた安倍元総理は無謀にも程があります。
 結局沢山のお金をロシア側に提供し、四島ある北方領土のうち二島を諦めた二島返還論になり、それも頓挫してしまいました。
 交渉としては進展どころか後退です。 
 たしか熱狂的な支持者の中では無かったことにされているお話でしたっけ?

 筆者の小泉さんのような人材は、安倍元総理の周辺にはいなかったのでしょうか。
 こういう一筋縄ではいかない相手に、あまりにも無防備な外交だったのではないかと思うのですが。

スポンサーサイト



[ 2021/07/30 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

性病の知識

性病の知識
性病の知識(カエルのきもち)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本を紹介中。
 最終回となる8冊目は、カエルのきもちさんの「性病の知識」です。
 こちらは元々メイドカフェレポートなどをされておられ、私がメイドカフェへ通うきっかけともなったサークルさんですね。

 肝心の内容ですが、こちらはタイトルそのまま。
 可愛い漫画やイラストとともに、性病について真面目に語られています。
 私自身も物の本で読んでいましたが、それでも初めて知る情報も多く得るものがありました。

 私が中学高校の理事長とかだったら、これ図書館か各教室に置いておきますね。
 萌えイラストがきっかけでティーンエイジャーに性病を知ってもらう作戦は、アリだと思うなあ。

[ 2021/07/09 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

旅のトラブル Vol.1

旅のトラブル Vol.1
旅のトラブル Vol.1(安全に帰国する会)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本を紹介中。
 7冊目は、安全に帰国する会さんの「旅のトラブル Vol.1」です。
 なんだか気迫を感じるサークル名ですね。

 中身はタイトルの通り、旅のトラブルが書かれており、いつ、どこで、どんな等という基本的な情報から反省や対策まで。
 実用性は高く、初めて海外旅行をされる方に読んで欲しい一冊でした。
 旅行ガイドブックとセットで読まれても良いかもしれません。

 もちろん自身のトラブルに関しても注意もあるのですけれども、おそらくこの作品が最も伝えたいメッセージは、
「旅をするパートナーはよく選べ!」
 という事でしょう。
 
 とにかく作者さんのお友達がトラブルに遭われるのです。
 スマホをポケットに入れ続け注意しても聞かずに盗まれたり。

 二度目のパリ旅行では直前にケンカをして旅行当日から雰囲気の悪いお友達がトラブル続き。
 クレジットカードを落としたり財布をすられたり。
 雰囲気の悪い中でも注意をしていたのに聞かず財布を盗まれて、作者さんのお財布に頼るお友達。
 自分だったら見捨てて現地に置いてっちゃうかも。

 いやほんと、お疲れさまです。
 サークル名が決定される過程、よくわかりました。

[ 2021/07/08 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

アメリカ西海岸 Amtrak鉄道 20時間の旅

アメリカ西海岸 Amtrak鉄道 20時間の旅
アメリカ西海岸 Amtrak鉄道 20時間の旅 ポートランド → サンフランシスコ
(YELLOW LIGHTHOUSE)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本の紹介をしております。
 6冊目は、YELLOW LIGHTHOUSEさんの「アメリカ西海岸 Amtrak鉄道 20時間の旅」です。

 アメリカにはアムトラックという、日本でいう所のJRに近いような鉄道会社があります。
 筆者の内村かなこさんはそのCOAST STARLIGHTというアメリカ西海岸を走る長距離列車に乗られ、ポートランドからサンフランシスコまで向かわれました。
 本書ではその途中の物語が描かれておりますが、車内イベントのバリエーションの豊かな事。
 8ページに収められた漫画に座って食事をするだけの空間で起こるアメリカっぽさを感じられます。

 とりわけ、メインである食べ物の話が面白いです。
 長距離列車の中で食べるカップ麺は美味しいでしょうねえ。

[ 2021/07/07 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

TRAVEL TO Baltic States ~バルト三国 歴訪の旅~

TRAVEL TO Baltic States ~バルト三国 歴訪の旅~
TRAVEL TO Baltic States ~バルト三国 歴訪の旅~
(道草パレット)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本の紹介が続いています。
 5冊目は、道草パレットさんの「TRAVEL TO Baltic States ~バルト三国 歴訪の旅~」です。

 バルト三国といえばエストニア、ラトビア、リトアニア。
 ポーランドの北東側にあるバルト海に面した国々です。

 東欧エリアは「これだ!」というシンボル的なThe観光地が少なく観光慣れしていない国が多いのですが、街並みは美しくご飯は美味しく人々は優しいという、しみじみと良い国があるようなイメージがあります。
 本書で紹介されている国々も歴史を感じる建物ばかりで、
「ああ、こういう街並みを歩きたいんじゃあ。」
 と、コロナ禍も手伝って旅行力がわいてしまう素晴らしい土地ばかりでした。
 
 それにしても、旅行系サークルの方は相部屋形式の宿泊施設を使われる率が高いですね。

 私はもうビビリで、
「寝ている時は油断したい。」
 とホテルしか利用しないので、旅行系サークルの作家さん達の行動力と胆力に感嘆するばかりです。

[ 2021/07/06 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)