FC2ブログ









青春のレトロゲーム

 気がついたら、僕はゲームに囲まれた人生を送っていました。
 保育園に入る前からファミコンにはまり、両親の言うことを聞かなくてはファミコンを庭に投げられ、それでも懲りずにゲーム三昧。
 すぎやまこういち先生ではありませんが、ゲームというものを本質的に好きになる傾向にあるようです。
 テレビゲーム、ボードゲーム、手作りのパチンコ(コリントゲーム?)なども好きですし、野球、サッカー、プロレス等はやるほうも観るほうも好きです。

 そんななかで、私の人生の良き思い出となっている作品を3つあげろと言われれば、迷わずこの3つを選びます。
『モンスターメーカー』『サガシリーズ(GB版)』『オウガバトルシリーズ(SFC版)』

『モンスターメーカー』は、ゲーム人生二度目の「ヒロインに惚れてはじめた」ソフトです。
 ゲームボーイ雑誌に描かれた可愛くも凛々しいディアーネ姫に、私は二回目の一目ぼれをしてしまいました。
 ちなみにゲームの中での初恋は『マドゥーラの翼』のルシア嬢ですが、まあこの話は今度ゆっくり書くとしましょう。
 ゲームの中身はかなりしっかりできていて、ダンジョンのシステムや魔物との交渉がとても面白い作品でした。

 ゲームボーイの『サガ』シリーズも、実はいきなり買ったわけではなく、親戚が難しくて放棄したのを貰いうけ、ハマったくちです。
『サガ1』も『サガ2』も、そしてファンからは評判の悪い(?)『サガ3完結編』もとても面白かったですね。

 最後は『オウガバトル』シリーズ。
 これはテレビのCMを見て買うのを決意しました。
 美術館の絵画の中から出てくる勇者達。その行き先は平和へと続く・・・という内容のCMで、ビデオにとっておかなかったことが悔やまれる出来でした。
 もちろん、『伝説のオウガバトル』『タクティクスオウガ』とも、CMの出来に恥じぬ名作です。

 とはいっても、私は懐古主義でもなんでもなくて、とにかく面白いゲームさえあれば遊んでしまうので、外に出れば最新のネットワークゲーム「アイドルマスター」も遊びますし、やはり新作にあたる「ガンダムシード」も遊びます。
 ただ、上の作品はどれももう10年以上遊んでいるほど面白いというのは間違いないようです。
 どれだけ遊んでいるかといえば、昨日も「伝説のオウガバトル」を遊んだといえばおわかりでしょうか。

 ゲームが大好き、その中でも、「面白ければいつの作品でも大好き」な焼肉魔王であります。


 この記事はMixiの日記をFC2ブログ用に移植したものです。

スポンサーサイト



[ 2005/09/21 23:51 ] 旧サイト日記 Mixi | TB(0) | CM(0)