FC2ブログ









棲み分け

 先日秋葉原での用事をこなす時に、約束時間までの予定が開いてしまいました。
 移動時間を除いても2時間近く空いており、秋葉原で時間を潰すには長すぎるので、秋葉原までの間の駅、三ノ輪で少しブラブラする事に。

 TVタックルか何かでやっていた明日のジョーのモデルの町を眺めようと歩いていた途中、後ろから女性を乗せた人力車が通り、吉原大門へ。

 すごいなあ。
 さすがに江戸時代ほどではないにせよ、ここは男性の為の遊郭(ソープランドですね)が集中する大通り。
 お店のスタッフと案内喫茶のおじさん達が客引きをしている中を、どんなつもりで通り過ぎて行ったのだろう。
 
 そして気が付くと、私は人力車の少し後ろから追いかける形で歩いてしまっていました。

 それにしても、千束という街は見れば見る程不思議な町ですね。
 遊郭を引き継いだ男性の為のお風呂屋さんがあれば、5000円札でお馴染みの樋口一葉記念館があって。
 どちらかといえば、住宅街の間にお風呂屋さんがあるようです。

 後で調べたら、赤線廃止以降は、
「新規で営業を始めるのは禁止。ただし前からあるお店を全部つぶすわけにもいかないので、そのまま or 改装して使用するのはOK。」
 という特例があるとか。

 驚いたのは、普通にお子さんを乗せた自転車が街中を走っている事でしょうか。
 対向車線がようやく通れそうな狭い道路を隔てて、片方は「総額〇〇円」と書いてあるソープランドがあり、もう片方では道路に小学生の女の子が座ってお友達を待っている光景なんかも見られました。
 そこらへん、新宿の歌舞伎町などとはちょっと違うようです。
 ここから歩いて三ノ輪、浅草、ちょっと頑張れば日暮里や南千住と、交通の便も良く、偏見さえなければ住むにはなかなか便利な所なのかも?

 このあたりは客引きのおにいさんなんかもいるので、カメラを出して撮影と言うわけにはいきませんね。

スポンサーサイト



[ 2015/12/03 15:49 ] 日記 | TB(0) | CM(0)