FC2ブログ









おいでよ アライグマ商店街

 秋は月見と動物の組み合わせが多いからか、会社で使っているカレンダーにタヌキのようなものが描かれています。

 なぜタヌキと断定できないのか。
 描かれているのがタヌキではないからです。

 月を見ているタヌキのようなもの。
 彼らの目の回りの黒い模様が左右でつながっています。
 さらに尻尾に輪っかのような模様が付いています。

 本物のタヌキは目の周りの黒い模様は左右でつながっていません。
 さに尾っぽの先は黒い部分がちょっとあるだけです。

「タヌキのようなもの」の目の周りの模様と尻尾の輪っかは、アライグマの特徴なんです。

 これが企業が販促で配る程度のカレンダーならともかく、タヌキを名乗る団体でも同じようなミスをしでかしています。
 みなさんも「たぬき商店街」とか「狸小路」とか、タヌキと言う単語が入る商店街名の名前を画像検索してみましょう。
 タヌキのような外見でアライグマの特徴を持った謎のクリーチャーが大量にヒットするはずです。
 


 と、ここまで書いてきてちょっと心配になってきた事がひとつ。
 うちの看板娘にも、キナコという狸の女の子がいたんでしたっけ。
 アライグマ系クリーチャーだったらどうしよう? 

2017101901.jpg

 あ、バッチリですね。
 目の模様はちゃんとタヌキです。
 西松屋さんの素敵なデザインに死角はありませんでした。 


スポンサーサイト



[ 2017/10/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)