FC2ブログ









マヤっぱり猫が好き

2017102101.jpg

 今日から、上野の国立科学博物館で古代アンデス文明展が開催となりました。

 ちょうどこの日に葉牡丹組のメンバーとウクライナの話をしながらロシア料理を食べる事になっており、
「良かったらみんなで見ないか?」
 で、早朝から私の道楽に付き合ってもらいました。

2017102102.jpg

 上野駅へ向かう間、予習用に買った本を読了。
 
2017102103.jpg

 アンデス文明を簡単に言えば、南米大陸のアンデス山脈に沿った周辺にできた文明です。
 色々な個所で文明が生まれ、ナスカでは地上絵が誕生し、頭蓋骨を開ける外科手術でさえも行われた形跡があるほどなのに、車輪や鉄の武器、そして言語と、我々には当たり前だと思われた技術がまったく発明されず、それらすべてをインカ帝国が統一して、最終的にはピサロが率いるたった168人のスペイン軍に滅ぼされました。

 5年前に開催されたインカ展と比べると滅ぼされた経緯はあっさりと書かれており、主に文明を歴史順に紹介されていたようです。

 金属を加工する文化がほとんど進化しなかったかわりに、陶器は非常に細かい模様の物を作っていました。
 上の写真(リャマだと思われる)のように、陶器も木器もデフォルメが上手で、ユーモラスに作られた物が多いようです。

 なお使用されていた言語はケチュア語で、日本ではコンドル、アルパカ、ピューマ。
 ナオト・インティ・ライミさんのインティ・ライミも「太陽の祭」というケチュア語です。

2017102104.jpg

 気になるのは、アンデス文明における猫好き度合。
 犬の展示品は1点しか見当たらなかったのに、猫およびネコ科の動物だけはやたらあります。
 アンデスの人は総じて猫派で、特にジャガーが好きだったようですね。

 ハロー、ジャガーです。
 インカ元気かーい?
 
 千葉県民は大爆笑。
 他県民にはさっぱりなギャグです。

2017102105.jpg

 これもネコ科が多め。
 手前から、ネコ、リャマ、ネコ科、ネコ科。
 生贄的な事もあり、お酒を入れる容器が多いようです。
 
2017102106.jpg

 印象に残ったのは、出口付近に展示されている「最後の晩餐」ですかね。
 南米普及用に作られており、キリストや弟子が食べている物が聖書とは違うのです。
 彼らが食べているのはジャガイモやトウガラシで、南米の信者が違和感を覚えないよう現地の食事を再現したそうで。

 南米ではキリストも「イモを我が肉である」って言ったのでしょうかね?

2017102107.jpg

 ・・・・・・そうして買ってしまったリャマの豆皿。

スポンサーサイト



[ 2017/10/21 22:27 ] 日記 | TB(0) | CM(0)