FC2ブログ









発作的名古屋旅行 Vol.2 メイドカフェより安い宿

2017112601.jpg

 犬山市から名古屋市の大須へ。
 東京で例えると秋葉原と浅草を混ぜたような不思議な世界です。

2017112602.jpg

 たとえばこの万松寺ビル。
 ゲーマーズやコンセプトカフェがテナントで入っているサブカルチャー的なビルで、この奥、道路を挟んだ向こう側には万松寺ビルの親会社(建築主)の萬松寺があります。

 萬松寺は織田信長の父親、織田信秀の菩提寺でして。
 場所こそ変わっているものの、信長の野望のイベントでもお馴染み、
「織田信秀の葬儀にだらしない格好でやってきて、焼香時に抹香をぶちまけて帰る。」
 という出来事があったのも、この萬松寺。
 また、徳川家康も人質時代に少しだけ過ごしているという事で、由緒正しいお寺です。

 名古屋のお寺は経営上手なのでしょうか。
 信長も秀吉も商売が好きでしたしね。

2017112603.jpg

 大須での目的は、先日渋谷で開催されたロングメイドスカートイベントに出演されたメイドカフェへの訪問。
 今回名古屋へ来た理由も、こちらがメインです。

 この日に立ち寄ったお店は3軒。
 まずはM's Melodyさん。
「おかえりなさいませ、ご主人様。」
 の発祥の地を自称されています。

 これ、何も証拠がないので私も正式に断言はできませんが。
 メイドカフェ業界的には、概ね間違いではないとは言われています。

 支店でのちにレポートを発表しますが、大正解のお店でした。

2017112604.jpg

 2軒目に寄ったシークレットチェンバーさんも大当たり。

2017112605.jpg

 最後に寄った名古屋駅近くのパレットメイドカフェも良いお店でした。
 前回の名古屋訪問と違って、今回のカフェ巡りは大成功でした。

2017112606.jpg

 で、気になっていたこの日(25日)の宿につきまして。

 取れたんですよ。
 インドテイストな絵が沢山飾ってある、エレベーターの無いホステル(男性専用)です。

2017112607.jpg


 この日の宿のマイナス点
・エレベーターが無い(5Fとか6Fまで歩く)
・共同トイレで和式
・シャワーは共同(3人分をカーテンで分けて使用)
・部屋が狭い
・冷蔵庫や洗面所、湯沸かし器も共有
・エアコンの調整が出来ない
・壁が薄く、隣の人のオナラの音も聞こえる

 この日の宿のプラス点
・シャワーも洗面台もトイレもほぼ貸切
・テレビが付いてる
・バスタオルと歯ブラシがある
・名古屋駅から近い(パレットメイドカフェは歩いて5分以内)
・2500円!

 とにかく、もう2500円というメリットがすべてもデメリットを打ち消してくれた宿でした。

 正直、この宿が予約できたことが不思議でなりません。
 駅の周辺でもあるので、道路をいくつか隔てたホテルはどこも1万円オーバーですからね。
 布団も綺麗でしたし、次回名古屋へ来るならまたここを狙いたいものです。 

スポンサーサイト



[ 2017/11/26 23:18 ] 日記 | TB(0) | CM(2)