FC2ブログ









新刊謝罪行脚之旅 Part.6 難波の中心で萌えたり撃ったり

2018011501.jpg

 池田から難波エリアの道頓堀に向かいました。
 傍らでは松竹芸能のウドントミカンさんが奉納漫才をされてます。
 さすがお笑いの街、大阪です。

 このカメラのレンズを下げると、外国人観光客の方が写ってしまいます。
 みなさん撮影するときにグリコのポーズをされるあたり、笑いに国境は無いのだなあとしみじみ思います。

 商売上手な大阪人気質だからか、多くのお店で英語や中国語、韓国語のメニュー表示があり、わかりやすく作られています。
 これは東京でも見習うべきポイントです。
 毎回店員さんが不慣れな英語で答えるよりよっぽど効率的ですからね。

2018011502.jpg

 ボーカロイドのGUMIを起用した大阪市交通局のポスター。
 大阪と京都は、いわゆる可愛い系イラストにあまりアレルギーがありません。
 
2018011503.jpg

 この見学店の看板は、本家には無許可でしょうな。

 見学店とは、マジックミラーの個室から教室的なエリアにいる女の子が見えるワーオッ!な業種で、通常の料金とは別にチケットを買うと、自分の前に女の子がやってきてダンスなどをします。
 この時に下着が見えてしまう事故や、パンツが貰えるサービスがあるらしく、
「本格的に裸になる仕事はイヤだけど、普通のバイトより儲けたい」
 という女の子に人気の仕事らしいです。

 見学店へ行った事の無いのにそんなに詳しい理由は、3年前に秋葉原にも同じ名前(経営者も同じ)のお店が出来まして。
 そちらはあっという間にお役所(公式サイト曰く保健所)から注意を受けて廃業されたのが物凄い印象に残っているんですよ。

2018011504.jpg

 道頓堀から日本橋まで歩き、めいどるちぇさんでランチを頂きます。
 チャージ料なしで、オムライス&ドリンク&チェキで1500円と言う、美味しい料理をお手軽に楽しめるメイドカフェの名店です。
 新刊でも紹介したのでここでも献本。
 勝手に紹介して怒られるかなと思っていたので、メイドさんが本文を撮影してツイッターで拡散してくださった事にちょっと感激してしまいました。

 ありがたい事ですね。

2018011505.jpg

 近くにあるCCOちゃ(こーちゃ)にも初訪問。
 ここは大阪初のメイドカフェだそうです。
 私も名店というのは知っていたのですけれども、経営時間と訪問時間が合わずに何年も行けずじまいでした。

 最近の秋葉原には無い、昔ながらのメイドカフェでした。

2018011506.jpg

 そして大阪最後の訪問地は、難波にあるストレス発散屋(?)のピアットトーラーさん。
 実はオーナーさんが私のツイッターのフォロワーで、何年もお世話になっている方なのです。
 
2018011507.jpg

 2回目となった今訪問では、射撃でストレス発散をさせていただきました。
 薄いプレートをエアガンで撃ちぬくと、面白いようにパンパン割れてすげえ面白いのですよ!

 大阪観光、特に道頓堀エリアを散策される方は、是非訪問候補に入れてみてください。


スポンサーサイト



[ 2018/01/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)