FC2ブログ









ようつべぁ 前編

 動画サイト「YouTube」の人気者。
 ストレートに言えばYouTubeで得た広告収入で食べていける人の事をYouTuber(ユーチューバー)と言います。

 そのYouTuber、少し前までは生身で出演していた方ばかりでしたが、最近は少し事情が変わり、バーチャルYouTuberの活躍が見られるようになりました。
 バーチャルYouTuberと言うのは、3Dの稼働型CGを用いたモデルに声をあて活躍しているユーチューバーの事です。
 3Dモデルを作る必要がある為に技術や初期費用が必要な反面、顔出しNGの方や世界観を大事にしたい場合に便利な手段でしょう。

 ミライアカリやキズナアイなど美少女CGと可愛い声の組み合わせが順当ですが、「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」のように、狐耳の可愛い少女なのに声が普通のオジサンみたいなパターンもあり、誰もが世知辛い世の中で人気を得ています。

 そんな中、私が好きなバーチャルYouTuberに輝夜月(かぐやるな)というキャラクターがいます。
 画像検索されると、たわわな女の子がヒットするはずです。
 私も画像から入ったら「ああすげえメロンちゃんだなー」くらいで、こんなにファンにならなかったはずです。

 それなのにハマった理由は、ファンの文章による紹介文。
「首絞めハム太郎」
「とっとこハム太郎が首を絞められた声をしてやがる」
 美少女キャラに、かつてこのような評価をされた事があるでしょうか?
 輝夜月の魅力は可愛さとかスタイルとかじゃなくて声なのね!
 ご本人もハム太郎のモノマネされているし。
  
 なんでしょう、TVに出たばかりでテンションで乗り切ろうとする若手芸人さんと似たようなエネルギーを感じますね。
 輝夜月さんの今後の活躍を期待します。

スポンサーサイト



[ 2018/01/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)