FC2ブログ









世界に笑われても

 今年は鰻があまり獲れず、価格が高くなるそうです。
 水産庁は特に漁業制限を強化するような事もせず、持続可能な水産業に務めるそうです。
 もしかしたらウナギは我々の世代で食べられなくなってしまうかもなあと、ニュース記事を読んで思いました。
 
 人が生物を絶滅させることのむなしさは過去の歴史で知る事が出来るのに、当事者は基本的に事なかれ主義で過ごす事が多いようです。

 特に日本は話し合いが大事な国。
 禁漁にするとウナギ業者が困るし争いの原因にもなる、何より業者の意見も聞かないと!と宗教的じみた「みんなの意見を聞く」倫理感の為に、何かを禁止にする決断を避けがちです。

2018021301.jpg
大英博物館資料 リョコウバトの剥製(20世紀に絶滅)

 かなりブレていますが、こちらがリョコウバトの剥製です。
 昨年の日記ではブレが酷くて紹介しませんでした。

 リョコウバトは北米に生息していた、おそらくは世界に存在する鳥類の中で最も数が多い(50億羽)と言われていた鳥でした。
 それが乱獲であっという間に絶滅しました。
 アメリカは狩りを禁止にして保護しようしたものの、ハンター側に自然動物保護の概念がありませんでした。

「減ってるなら、最後にごっそり捕まえて儲けよう!」

 欧米、とりわけアメリカ人の中に自然動物保護精神を持つ方が多いのはこの理由があると思います。
 我々のご先祖様は大きな過ちをした。だから我々の世代でそれを繰り返してはならない。
 そんなアメリカの人々が、

「今年は鰻が不漁ですので、今のうちに確保しておきましょう!」
「今年はカニの収穫量が少な目、安いうちに沢山確保しておきました!」

 なんてPRしている日本の漁業界を見ていたら、そりゃあ歴史を学ばない野蛮な人達だって思うのは当然のお話。

「欧米の人はキリスト教史観で、クジラは食べてはダメって言うくせに牛は食うじゃないか!」

 違います。
 クジラは再生産システムが出来ておらず繁殖力が低い生物だからダメで、牛は養殖システムが完全に出来上がってるから良いのです。

「クジラを獲る事で小魚の減少も防げる。逆にクジラが増えすぎて他の魚も減っているじゃないか!」

 そもそも日本人は小魚も獲りすぎているので、そちらにも手を出すべきじゃないのです。
 クジラが増えて小魚が減れば、今度はクジラも減ってきますし、それによって小魚の量も回復するのですから、人間が手を加えなければ自然環境が上手に調整してくれるのですよ。我々日本人はクジラも小魚も乱獲するからおかしくなるのです。

「ウナギの量は減っていない。中国人が沢山食べるようになったから高くなったのだ」
 グリーンピースが2013年に作成した資料『国内大手スーパーマーケットにおける絶滅危惧種および乱獲されているウナギの調達方針について』によると、日本は世界の2%足らずの人口で世界中で生息する70%の鰻を食べてしまってるそうです。
 一番食べている人達が改善しないといけない責任を、最近食べ始めた人に押しつけてどうします?
 鰻の量は実際に減っており、日本のシラスウナギでも足りないから西洋のシラスウナギを獲り始め、ヨーロッパに怒られたから今度はアフリカ等の別の国のシラスウナギを獲っているわけで。本当に数が維持できているならずっとニホンウナギだけでもやっていけるでしょうに。

 これは何の本で読んだっけかなあ。
 鰻を絶滅させないようにするためには、実は鰻を禁漁にしなくても良いそうです。
 鰻屋さんとカウンタータイプのお寿司屋さんあたりで扱い、お給料日とかに贅沢して食べる地位であれば、禁漁も不要で絶滅の心配も無いとか。
 
 ウナギの稚魚であるシラスウナギの減少に拍車をかけたのは、回転寿司とスーパーです。
 また、江戸時代に無理やり作った土用の丑の日にみんなで食べるというナンセンス(鰻が売れないから始めただけの話ですから)な風習をいまだに続けている我々もウナギ現象の共犯者でしょう。

 世界に誇る日本のなんちゃらって日頃言っている人が見て見ぬふりをする日本人の恥ずかしい所。
 世間に対して影響力のまったくない個人サイトの日記で、少しでも知って頂ければ幸いです。



 以下、余談ですが。
 あの日本人の魚介類における天然モノ信仰、なんとかならないものですかね。
 北大路魯山人や「美味しんぼ」の価値観からそろそろ抜け出しませんか?

 北欧あたりの最先端の漁業は、もう漁師さんがいないんですよ。
 博士号を持ってるような専門の方が厳しい試験に合格して、大きい養殖センターで働いています。
 自然環境に影響を与えない状態で美味しくて安全な魚を再生産できる環境なので環境保護団体からの評価も高く、
「大人になったら漁業に携わりたい!」
 っていう子供もいるくらいだそうですよ。
 
スポンサーサイト



[ 2018/02/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)