FC2ブログ









稀に良くある話

 ラジオなどでは特に気になる表現に「ほぼほぼ」という言葉があります。
 私が子供の頃には無かった言葉です。

 やや厳しい意見ですが、言葉を商売にしているパーソナリティが正しくない言葉を使う事はどうなのかな?と思うのと。
 さりとて言葉は移り変わるもので、正しい正しくないなんていう概念がそもそもないものだと思うのとで、私の心は揺れています。

 調べてみると、三省堂が2016年に生まれた新語として「ほぼほぼ」を紹介していました。
 私が子供の頃には無かった表現と言うのは間違いないようです。
 
 ところで、この表現、「ほぼ」に比べるとどれだけ「確実」という表現に近いのでしょう?
「ほぼ」と「ほぼほぼ」の差はどれくらいなのでしょう?

 というわけで、テキトーにイメージ化させてみました。

2018040601.jpg


 まったくない、だと0%。
 ほどんどない、だと25%前後。
 半々、だと50%前後。
 ほぼある、だと90%前後。
 ほぼほぼある、だと95%前後ではないかなあと思うのですが、どうでしょうね?

スポンサーサイト



[ 2018/04/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)