FC2ブログ










悪魔娘の体育の秋

 久しぶりに、ケイティ・ラインロックのイメージイラストを制作していただきました。

20181130_katy_uniforms_s.jpg

 この娘が前回リアル等身で登場したのは、5年くらい前でしょうか?

 毎回自分設置したブーブークッションを踏んだり、道路に落書きして叱られたり、
「うろたえるな小娘ども!」
 で吹き飛ばされていたりと、散々な目に遭っていました。

 そもそもこの娘は、
「うちの娘でおっぱいの大きなキャラはみんな30代オーバーなので、若いおっぱいキャラを登場させよう!」
 という流れて登場したのに、その10歳児にしてナイスなボディを生かせないのはちょっとかわいそうだなあと。

 そこで小学生らしい、等身大バージョンのイラストが誕生することと相成りました。

 今回の作品は、真咲一砂さんに制作していただきました。

 年齢制限の必要なイラストではありませんが、おっぱいの大きな体操服の小学生が苦手な方もいらっしゃるでしょうから、閲覧に問題ない方のみ続きを押してご覧ください。
(なんで10歳児でスタイルが良いのかという理由は、過去に色々語っているので割愛します)

ブラウザーやアクセス手段によっては、最初から続きが出ている可能性があります。

スポンサーサイト



[ 2018/11/30 09:00 ] 看板娘資料 | TB(0) | CM(0)

コミケ参加します

2018112901.jpg

 コミックマーケット95(2019年冬コミ)に当選しました。

 31日(月)東K07b『オオバン書店』です。

 12月は毎週のように告知をします。
 少々やかましいかもしれませんが、何卒よろしくお願い致します。

 この日記収録なんですけどね。
 更新される頃には入稿できていればいいなあ。

[ 2018/11/29 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)

やさいサラダ味は何味なのか?

 21日にうまい棒の話をしたらうまい棒を食べたくなっちゃいまして。
 二木の菓子で30本入りを2種類買ってきました。
 味はサラミとやさいサラダ味で、60本で税込520円位だったかな?
 二木の菓子はまとめ買いすると少し安くなるのです。

 この年になって改めて考えたんですけど、うまい棒の「やさいサラダ味」って、いったい何の味だと思います?
 
 子供の頃はまだお菓子屋さんがあって、うまい棒は沢山の種類が並んでいました。
 ですから、まとめて買うときは第5候補位にやさいサラダ味が入っていたのです。
 でも何の味だったのかなあ?

 おせんべいのサラダ味というのはすでに判明しています。
 あれは野菜サラダではなく、サラダ油の事です。
 亀田製菓さんによると、おせんべいにサラダ油をまぶし、塩で味付けをしたものを洋風(オシャレ)にサラダせんべいといったのがはじまりだとか。

 ではうまい棒のやさいサラダ味は何の味なのか。
 実際に買ってみて、原材料をチェックします。

・ガーリックシーズニング
・キャベツエキスパウダー
・ポテト
・パセリ


 なるほど、ラインナップでなんとなく雰囲気はわかります。
 大人になって食べると『もろこし輪太郎』と『玉葱さん太郎』をブレンドしたような味がしますね。
 
 メンタイやチーズのようなストロングスタイルではないものの、後味が良くてなかなか美味しいです。

 惜しむらくは、今のお子さんがこれを食べられる機会がほとんどないという事。
 スーパーやコンビニでは売られてる数が限られており、色々な種類を1本ずつ買える環境が無いのは気の毒ですね。

[ 2018/11/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

電話衣替え

 私と言えば、ボロボロのスマホケースでおなじみですが。
 
 ようやく新しいスマホケースを買いました!

 今まで、日本ではメジャーではない会社のスマホなので秋葉原のショップでも全然見つからなかったのです。
 あきらめてネットショップをめぐり、ようやく入手。
 中国の業者から買ったので、届くまでに10日くらいかかりました。

 もちろん中身のスマホは全く変わらないので使い勝手とかはそのままです。

 880円で、
「スマホケース、ボロボロだねえ」
 って言われなくなるなら、安い買い物だとは思います。 
 
[ 2018/11/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編

2018112601.jpg
東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編
(下川裕治)

 色々な国の電車に乗られている、下川裕治さんさんの本をまた購入しました。

『東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編(下川裕治/双葉文庫)』

『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』という、同氏の書籍の続編となります。
 感想は似たようなものになるので、今回まとめて紹介します。

 書籍の内容は、タイトルの通り。
 東南アジアの全鉄道を制覇しよう!という本です。

 これの何がすごいかって、東南アジアを横断しよう!という内容ではないです。
 例えば日本であれば、鹿児島から北海道へ行くのではなく、日本全国の鉄道を全部乗りつぶそう!というのです。
 東海道線や常磐線などの主要路線だけでなく、東武亀戸線みたいな5駅くらいしかないような路線も。
 それをアジアでやろうというわけです。
 スゴい事だと思いませんか?

 あまりにスゴ過ぎて、単行本2冊目が終わってもまだエンディングではありません。
 
・戦争の影響で線路が途切れてる
・国の予算不足で途切れてる
・ちょいちょい運休期間が存在する

 などの理由で、ただ乗ればクリアできる旅ではなくなっているからです。
 運休期間のエリアをバスやタクシーで乗り継ぎ、安ホテルに泊まりながらも苦労して乗り潰していく。
 ものすごい旅だとは思うけれども、 自分だったらやらないだろうなあ。
 
 少しの時間を見つけては、LCCで東南アジアへ行き、ある路線を乗って戻ってきて、すぐ帰国。
 なんて苦行みたいな旅、大ざっぱな私にはとてもできません。

 読む分には面白いので、2冊まとめてオススメです。

[ 2018/11/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コミティア126

2018112502.jpg

 東京ビッグサイトで開催されていた同人誌即売会、コミティア126へ行ってきました。
 
 ここで簡単にコミティアの説明をしましょう。
 コミティアは創作系同人誌の即売会イベントです。

 コミケ(コミケット)ではありません。
 創作系同人活動がテーマなので、ラブライブとかプリキュアなどの原作があるものをテーマにした二次創作系同人は対象外となります。
 あくまでも完全オリジナルという事ですね。 
 
 実は最近同人イベントに一般参加をしていなかったのです。
 去年の冬コミも今年の夏コミもサークル参加だったので、のんびり会場を回りたいなということで、コミティアへ行ってきたのでございます。

2018112501.jpg

 スペースはコミケの4分の1。
 まったりとしたイベントなので、こうやって国際展示場を撮影していても誰の迷惑にもなりません。

 素晴らしい!

 ・・・・・・というか、コミケが人多すぎなのですけどね。


[ 2018/11/25 17:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

犬シェルター

 新しい家族を迎えるにあたり、捨て犬や保健所の犬を保護しているNPO法人の犬シェルターへ行ってきました。

 子犬から老犬まで幅広くいて、子犬は半分以上が人好き。成犬は半分くらいが人好きでした。
 大人の犬は過去に嫌なことがあったのか、犬好きである私相手にも尻尾をしまって吠える子も。
 もちろん私の股に顔を突っ込んで撫でろ撫でろと催促する犬もいて、思う存分撫でてあげました。

 結果的に今回の訪問で新しい家族が決まることはありませんでしたが、

・大きくなっても良い(小型犬にはこだわらない)
・血統にこだわらない
・何才か正確にわからなくても気にしない


 という方には、良い出会いを提供してくれる施設ではないかなと思います。
 私も散々犬と遊ばせてもらい、すっかり犬臭いです。

 それにしても、成犬や老犬はほとんど貰い手がいないようで、ちょっと気の毒ではあります。
 綱吉ではありませんけど、広いスペースで穏やかに寿命が迎えられるような施設があれば良いですね。

[ 2018/11/24 16:49 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ジョバジョバチャンス

2018112301.jpg

 たまには歩きたい。
 でもただ歩くだけではつまらないので、上野公園と不忍池を歩こう。
 せっかくだから動物を観ながら歩くか。

 という考えに至り、上野公園散歩中に上野動物園に入ってみることにしました。
 来年の干支は亥年ですから、イノシシの撮影もできればいいなと思いまして。
 ニホンイノシシは上野ではなく多摩動物園にいるので、この作戦は失敗してます。
 
 パンダ観られれば良いですかね。
 さすがに人気もひと段落したでしょうし、並ばずとも見られるでしょう?

2018112302.jpg

 パンダなんていなかった。

2018112303.jpg

 気を取り直してゾウのエリアへ。
 私が来た事で喜びのあまり、一頭のゾウがでっかいウンチをボットンボットン。
 その後はオシッコジャージャー。

 何度も見慣れているものの、相変わらずゾウの排泄は勢いがありますね。
 ゾウ好きとしては嫌いじゃないです。

 そしてそれ以上にコーフンしていたのが、外国から来られたであろう観光客の方々。
 ものすごく知的な女性が、後ろ向きでオシッコジャージャーしているゾウと記念写真をバシバシ撮ってます。
 横長のフレームで、左は嬉しそうな女性の顔、右はゾウのオシッコシーン。

 なにこの絵面!

2018112304.jpg

 そんな感じでぶらぶらと、90分ほど園内を歩きましたかね。
 正門から入って東園エリアをぐるりと回り、西園エリアまで移動。
 弁天門から園外へ出てそのまま秋葉原まで歩き、良い運動と気分転換になりました。

 今回は爬虫類との相性が良かったですね。
 ガラパゴスゾウガメなんか、ものすごく良い視線くれましたよ。
 外国から来たと思われるお客さんが口笛とかで注意を引いても、私に夢中でした。

 しかしこのタロウ君、上野動物園に来たのは1969年で推定80歳と超えているそうです。
 大先輩じゃないですか。

2018112305.jpg

 そしてハシビロコウは動かない。
 首はちょいちょい動かすけど、体は全く動かしません。
 魚を取って食べるので、待ち伏せするために動かないそうです。

 これを撮影して、さっきのタロウ君のいる爬虫類両生類館を見て回り、ここに戻ってきたときも、この写真と同じ場所にいました。



 それにしても、ケモノの匂いって私はそれほど嫌いじゃないようです。
 ちょっと動物園に来たなあと安心してしまうのは、本能によるものでしょうかね?

[ 2018/11/23 18:05 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

平成最後の紅白

 今年大晦日に開催される平成最後の紅白歌合戦。
 アニメ「ラブライブサンシャイン」の声優ユニット、Aqours(アクア)が出場することが決定しました。
 前作の「ラブライブ」のユニット、μ'sも2015年に紅白に出場しています。
 NHKのアニメでもないのに、NHKで放送されたり、声優ユニットが紅白に出たりと、NHKは非常に優しい感があります。

 白組では純烈さんやDA PUMPさんも出るんですよね。

 今年の紅白は面白くなりそうです。

[ 2018/11/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

味差別

 そう何度もアメ横やら二木の菓子やら行けるわけではないので、
「うまい棒でも食べたいな」
 なんて思うときには、近所のスーパーを利用します。

 私のうまい棒ランキングでは、

1位:サラミ味
2位:チーズ味
3位:メンタイ味


 となっております。
 とりわけサラミ味は飽きのこないうまさで、モグモグやっちまうグッドテイスティングスティックなわけですが。

 ・・・・・・サラミ味が無い。

 そうです、一番近くにあるスーパーには、チーズとメンタイとコーンポタージュしかないのです。
 それじゃあ次に近くにあるスーパーへ行くと、そこもチーズとメンタイとコーンポタージュ。

 両店舗とも同系列どころか、ご近所さんの顧客を奪い合っている関係です。

 ダイバーシティって言いますでしょう?
 サラミ味だってタコ焼き味だってシュガーラスク味(オススメ!)だってチョコだってあるじゃないですか。
 何も沢山ある味の中で、ライバル店同士で同じ味をそろえる必要はないのですよ。
 世の中多様化ですよ。

「うちはピザ味と納豆味は必ず売るけんのう」

 っていうお店があっても良いと思うのですが。

 ちなみに、やおきんの公式サイトのうまい棒売り上げランキングによると、
 1位はコンポタ、2位はチーズ、3位はメンタイだそうです。
 スーパーのお菓子担当が同じデータをもとに発注したのかしらん。

 やおきん公式サイト


[ 2018/11/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ゆるくないゆるキャライベント

 ゆるキャラグランプリで不正投票があったというニュースを耳にしました。
 とある自治体が市民の分のアカウントを作って、投票を代行していたそうです。
 1人1アカウントがルールであるので、代行はアウトでしょう。
 それがOKなら、市民全員のアカウントを作って毎日投票させてダントツトップにできるでしょう。

「ゆるキャラ」という単語は、みうらじゅんさんが考案された単語です。
 みうらさんは多彩な方で言葉での表現に長けておられ、過去にも「クソゲー」とか「マイブーム」など、今でも通じる言葉を多数生み出されています。
 そんなみうらさんがゆるキャラという単語を生み出された際に、
「地方の自治体が地域振興のために作ったキャラクター(と着ぐるみ)が面白い」
 というお話をされていましたが、ひこにゃんがヒットしてからは自治体が意図的にゆるキャラを作るようになりました。グランプリも徐々に力を入れる自治体が参加し、中には広告代理店に依頼してまでプロデュースをするような自治体も出てきたそうです。
 おらが市でも、2人(2体)くらいいますからね、ゆるキャラ。

 ゆるキャラというカテゴリを作ってしまうと着ぐるみ以外のキャラの出番が無くなってしまうのが、もったいないとは思います。
 それから自治体単位だと、設定が重複するキャラが増えてしまうとも思います。

 例えば手賀沼ひとつとってもいるんですよ。
 テガヌマンというご当地ヒーローが。
 バイクのヘルメットを改造したスーツを着て。
 テガヌマンを作ったのは我孫子市で、管轄は手賀沼の北側です。

 で、手賀沼の南側にもテガレンジャーという3人組のご当地ヒーローがいるんです。
 こちらの管轄は柏市の沼南地区。
 
 両ヒーローとも、汚れた手賀沼を綺麗にし自然を守る為に誕生しました。

 税金の無駄!
 なんて野暮なことは言わないけれども、似たようなヒーローが同じ沼を管轄分けして同じことやってるのはどうなのだろう?
 ヒーロー界も縦割り社会というか、お役所的なのでしょうか。
 
[ 2018/11/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

AY戦争

 仮に、ダメな方の新聞社を保守的な会社。
 良い方の新聞社を革新的な会社としましょう。

 我が家をはじめ、近所では保守的な新聞をとっている家庭が多くありました。
 配達の人も含め、非常に関係は良好でした。
 会社の方も顧客サービスが良く、別の会社からこちらに移る人もいたくらいです。

 ところが、この新聞の経営権を買収した次の経営者がケチをつけました。

 トイレットペーパー交換のサービスが終了、チケットプレゼントも終了し、不便な会員ポイント制へ移行。 
 ポイントで交換できる商品はあまり魅力を感じず、仮に頼んでもなかなか持ってこない。
 それ以外のサービスを中止し、営業方面に資金を費やすのはやめました。
 新しい経営者に嫌気が差して辞めたスタッフさんもいたようです。

 気が付いたら、結構な数のお客さんがこの新聞の購読をやめ、革新的な情報を提供する新聞社に乗り換えました。
 こちらは顧客サービスもきちんとしており博物館の無料券も良くくれるので、私もいつも助かっています。
 少なくとも、上の世代の方々は保守とか革新とかいう思想よりも、トイレットペーパーやチケットの方を選んだようですね。

 まあでも愛国云々言っているのにお客さんを大事にしない会社なら、見限られてしかるべきでしょう。

[ 2018/11/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

梅で竹を釣る

 セブンプレミアムの『種を取ったはちみつ風味の 甘い干し梅』がいたくお気に入りということで、おばば様に同じものを届けてきました。
 いたく気に入ってもらったのでついでに線香を上げながら話をしていたら、なんか色々あって14日に紹介した枕の代金をくれました。

 梅干し、200円もしないちっちゃなお菓子なんですけどね。
 海老で鯛を釣るというか、梅干しで竹枕を釣った感じです。

 それから、これを書いている間にご近所さんが美味しい箱入りの高級焼き芋を持ってくれました、
 たまたま体調を崩されたと聞いたので、先日アメ横の美味しい煎餅をお見舞いに渡したのですが、そのお礼だそうで。
 明らかにお礼の方が高級なので、米で芋を釣った感じです。

 日ごろお世話になっているからお礼のつもりだったのですが、お礼のお礼とはなんともありがたいお話。
 色々な人にお世話になって生かされているなあとしみじみ思います。

[ 2018/11/18 20:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

女帝

 インフルエンザの予防接種を受けてきました。
 場所はいつもの耳鼻科です。
 毎年接種時には何かしら言われる耳鼻科です。

 受付に誰もいないから診察券だけ出して、先生に接種の話をしたら会計時に、
「接種をご希望なら受付の時に言ってください!」
 とか怒られる耳鼻科です。

 今年は予約をして行ったのに、
「予約、されましたか?」
 と聞かれました。
 
 お釣りで出された千円札の枚数が足りませんでした。
 
 正しい枚数の千円札を受け取りエレベーターで降りながら薬を調べると、3週間分の薬のはずなのに10日分しか入ってませんでした。

 あわてて乗ってきたエレベーターにまた乗り、正しい分の薬とその分の会計。
 毎年3~4回くらい、薬の量が間違っています。

 院長夫人だから許されるんだろうなあとは思います。

 それにしてもレジがあるのに、なぜこの女帝は暗算で会計をされるのだろう?

[ 2018/11/17 14:12 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

言うは易し 末端は難し

 消費税が10%に上がるというニュースが流れています。
 救済措置として、自炊やテイクアウトなら軽減税率が働くとか、電子マネーだと軽減されるとか色々ありますが。

 その昔、接客業を体験した人間にとっては、
「それじゃあお前らやってみろ!」
 って、怒る人が出てきても不思議じゃないように思えるんですよ。

 接客業はただでさえオペレーションが高度化していて、10年前20年前とは随分と大変になってきています。
「コンビニバイトごときが・・・・・・」
 と、日頃コンビニをバカににしている想像力の無い人なんかは、おそらくコンビニの業務はまともにできないでしょう。

 普通に商品を扱うだけでも大変なのにさらに軽減税率の作業が増えるとか、もはや地獄ですよね。
 店長などの管理職だとおそらく手動では税率の計算が難しいでしょうから、専用のソフトを買わないといけないでしょうし。
 だからって人を増やします、商品の値段を上げます、は許されないわけでしょう。

 負担と人手不足を加速させてどうするんですか?

 官僚も政治家も、こういう接客業の研修を必修にしたらどうでしょう。
 みなさんが思いつきで簡単に言ってくれちゃう政策のおかげで、末端の人がいかに苦労するか。
 末端で苦労する人より、簡単に言う方がお給料も何倍も高いわけですから。

 政を司る方々には、せめて最低限の想像力を持っていただけたらなと思う今日この頃です。
 
[ 2018/11/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

私の肩でお眠りなさい

 年を取ってくると怒る頻度が下がっていくなあと感じます。

 昔は電車で座っていて、隣の人がウトウトしながら肩に寄りかかってくると、
「・・・・・・ん!」
 みたいな動作をして起こしてましたが、今はもう好きに寝させてます。

 先日は、おそらく上野動物園にお子さんを連れて行ったであろうパパさんが子供と抱いて私の左に座り、ウトウトと居眠り。
 私の肩に寄りかかってきましたが、
「お子さん面倒見てお疲れ様です。」
 という感じで、不問にしました。

 その後、若いお兄さんが私の右に座り、スマホゲームをやりながらウトウトと居眠りをし、私の肩へ。
 そしてなぜか私の脳内で流れる、ジュディ・オング!

 こんなオッサンの肩で良ければ、いくらでも使いなさい。

[ 2018/11/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ローテク健康法?

 自身の恥を暴露しますが、9月の末に肩凝りをこじらせて夜間診療を受けてきました。
 もう頭痛が酷くて、とにかく何かしら処置してほしいと思ったのです。
 CTスキャンで脳に異常がないことがわかったので、結局その日は頭痛薬を処方されておしまい。
 ドラマのロケ地になった病院だそうですが、具合悪い時にそんなもの知らないですよ。

 後日、市内にある肩凝り治療で評判の病院へ。
 ここは今まで肩こりに困って行った病院の中で、一番自分の体に合った治療を受けました。

 今まで多くのリフレ、飲み薬、貼り薬、電気マッサージ、温熱マッサージと受けてきて、一番自分にしっくり合うもの。
 それはなんと、竹を半分に切っただけの竹枕(硬枕/こうちん)でした。

2018110101.jpg

 価格は送料込みで3600円と、リフレ1回分に相当する料金です。
 これと2900円の肩凝りに良い枕をセットで使用します。

 竹枕といってもこの枕に乗せるのは頭ではなくて首。
 これに首を乗せると、首が本来の形になるため、ストレートネックが矯正されるとか。
 確かにこれを使うと首がよく伸びて気持ちが良いですね。

 さらに肩こりに良い枕は低反発の健康まくらで、頭の部分が少し窪んでいるもの。 
 西式健康法というのかな?
 
 柔らかい枕だと頭が沈み首の筋肉で頭を支えながら寝る事になり、疲れるもとになるとか。
 それがこの枕だと首を支えてくれるというわけです。
 
 プロ(?)の人は竹枕でも寝られるそうですが、そうでない人は10分くらい使うと随分違うと思います。
 もちろん個人差はあるでしょうから全員にはお勧めできませんが、肩こりに悩む方は試されてみてはいかがでしょう?

[ 2018/11/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

健全化なのか

 秋葉原から年齢制限が必要なメディア。
 ・・・・・・簡単に言えば、ワーオッ!なお店が次々を姿を消しています。

 先日も長年経営していたAVショップが閉店しました。

 PCソフトのショップは全滅。
 その他のワーオッ!なお店も軒並み閉店が続いています。
 アニメや漫画を扱うお店もすっかり閉店してしまいました。

 理由は、秋葉原エリアのテナント料が値上がりしているのと、売り上げの減少でしょうか。
 アマゾンやDMMなど、オンラインでコンテンツが溢れている時代、わざわざ秋葉原に来てDVDを買う人はいないのでしょう。
 残っているお店はアイドルやAV女優と生で会えるイベント等を実施しているようです。
 ネットでは味わえない体験をウリにしているようですね。

 これを健全化というと何とも言えないところです。
 そもそもアダルトコンテンツのお店が無くなるというのが健全かどうかというのもわかりませんし。

 現在美少女イラストや写真を看板にしているお店は、ガールズバー形式のお店やセクキャバ、学園系リフレなど。
 本屋やゲームショップ、普通のメイドカフェでは無罪なのではありますが、よそから来た「萌え絵けしからん!」な方々にこれらの区別はできないので、相変わらず我々ゲーマーは肩身の狭い思いをしています。
 
[ 2018/11/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ままもえ

 学生の息子が大好きなお母さんが親子でゲーム世界に転送され冒険をするという小説が人気で、今度アニメ化するそうです。
 
 漫画版を軽く流し読みをしたら、相当若い外見の天然系お母さんがすごく活躍してました。
 コレ、いわゆる『ママ萌え』物というやつでしょうか。

 ライトノベルの主な客層(と私が思っているだけの)ティーンエイジャーがこの属性にハマるかはともかく、ひょっとしたら我々アラサー&アラフォー男性向けにも作られているのではないでしょうかね、コレ。
 母性萌え的な物はあるのでしょうが、
「日本人はマザコンが多い」
 と評価するのはちょっと早計でしょう。

 ライトノベルはとにかく登場人物の年齢が若く、ヒロインの女の子は10代までがせいぜい。
 そもそも主人公がそれくらいの年齢なので、ヒロインが30代とかいう設定はありえません。

 ワーオッ!な美少女ゲームでも、主力は10代、せいぜい20代前半でしょう。
 もちろんワーオッ!な登場人物が30代40代のゲームもありますが、この年代になるとほとんどの作品が、
「奥さんを旦那から奪う!」
 系のドロドロしたシナリオばかり。

 それを考えると、若いお母さんが息子と仲良く冒険という設定は、現実であればともか全年齢くラノベとしてはいたってありえるかなと。

 ちなみに、いつぞやこの作品の割引イベントが開催された事がありました。
「お母さんといっしょに来たら割引」
 というもの。
 実際の母親じゃなくても、例えばアニメのフィギュアを持ってきて自分の母親と店員さんに紹介してもOKみたいなルールでした。

『命の母』でも持って行こうかなあと思っているうちにイベントが終わってしまいましたねえ。

[ 2018/11/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

かんとりー住まいる!

2018111101.jpg

 先月25日に、『コミック電撃だいおうじ Vol.62』が発売されました。

2018111102.jpg

 こちらにうちの遥のデザイナー、青空ねこさんが2話読みきりの作品を掲載されているのでご紹介。
 タイトルは『かんとりー住まいる!』
 とある理由で田舎に引っ越してきた女の子の物語です。

 可愛いキャラクターと先が気になる展開の作品です。
 ご興味のある方は、是非お読みください。
 
[ 2018/11/11 23:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

日本を変えた千の技術博

2018111001.jpg

 国立科学博物館で開催されている特別展「日本を変えた千の技術博」へ行ってきました。
 先週も上野に来たっけなあ。
 国立科学博物館の右手に、先週行った東京国立博物館があります。

 今回の特別展は明治150周年を記念して開催されました。
 内容としては、
「明治維新以降、外国人講師から教わっていた日本は、徐々に独自の技術を生み出していくのです」
 という感じのもの。

 明治時代からつい平成序盤のものが展示されているので、親子で行ったりすると昔の技術に関して語り合う事ができるかと思います。
「わしの時代はコレを使っていたのじゃよ」
 的な感じで。

 それでは、昔のテクノロジーについて語っていきましょう。

2018111002.jpg

 乾電池。
 明治時代には乾電池メーカーが存在したそうです。
 右の電池はたばこ箱サイズ、左はお弁当箱位。
 容量的にどれくらい長持ちしたのでしょうかね?

 実は明治時代ですでに電気自動車はありましたが、充電時間と走行距離がガソリン車と比べて不便すぎるので廃れたそうです。

2018111003.jpg

 ホーム洗濯機。
 中に水と洗剤を入れて、洗濯物を入れてグルグルまわします。
 電気は使わないけれど、Tシャツを5枚くらい入れたらもういっぱいいっぱいかも。

2018111004.jpg

 昭和18年に作られた、コマツ製の国産1号ブルドーザー。
 太平洋戦争中フィリピンで使用され、戦後はアメリカ軍に接収され海に廃棄されたものの、船の運航に邪魔だからと引き上げてみたらまだ動くので、オーストラリアの農家が使っていたそうです。
 昭和54年に帰国したらしいので、引き揚げ車としてはもっとも辛い思いをしたのでしょうね。 

2018111005.jpg

 電話のコーナー。
 左半分はさっぱりわかりません。

2018111006.jpg

 移動式電話ショルダーホン。今でいうケータイ。
 こんな大きな機械なのに、使わずに8時間待機するだけでバッテリーが切れます。
 平野ノラさんがネタで使っているので、ご存知の方もおられるでしょう。

 でも平野ノラさんのバブルネタはちょっとちぐはぐで、荻野目洋子さんの『ダンシングヒーロー』と『ショルダーホン』は1980年代。
『バブル』と『ボディコンスーツ』は1990年代で、かなり時代が違うんですよね。

2018111007.jpg

 昭和初期まで使用されていたエレベーター。
 平成初期。私が子供の頃は、まだ百貨店では手動のエレベーターが使われていました。 
 エレベーターガールがハンドルで各階に移動して、
「3F、婦人服売り場でございます」
 って案内していましたっけ。

 今でも手動なのかな?

2018111008.jpg

 昭和40年代に描かれた、2001年の百貨店。
 21世紀の百貨店は、どれだけ便利になっているのだろう!という未来予想図です。

 まさかインターネットが生まれて、Amazonが生まれて、百貨店が激減するなんて、想像しろという方が無理な話です。

2018111009.jpg

 それにしても、黒電話が記念撮影のモニュメントになるなんて。
 平成初期はまだ黒電話の家が結構あったけどなあ。

 平成は遠くなりにけり。

[ 2018/11/10 17:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

宜蘭駅の思い出

2018110901.jpg

 先月10月21日、台湾の宜蘭(イーラン)県で特急列車の脱線事故が発生。
 18人が亡くなる大惨事となりました。
 これを書いている現在(10月27日)の時点で、原因は運航の遅れを取り戻すために安全装置を解除してスピードを上げ過ぎたのが原因だと言われています。

 日本では人命尊重で「遅れても良い」「運休しても良い」という風潮ですし、そうでなくても基本は鉄道の遅れを問題視する国は少ないと思われますが、これは台湾のお国柄なのでしょうか。
 非常に残念な出来事でした。

 そしてこの宜蘭という地名。
 どこかで聞いたことがあると思いましたが、5年前に電車を乗り間違えて到着した駅でした。

 宜蘭駅と言えば「イーランへようこそ」という、日本語の看板を思い出します。
 太平洋戦争時には宜蘭飛行場があり、カミカゼ特攻部隊の出撃場所となっていました。 

2018110902.jpg


 正しい場所へ到着する電車を待っている間、宜蘭駅の駅員は親切に改札口を出たベンチを使わせてくださいました。
 画像右手のカラフルな看板は、たしかセブンイレブンじゃなかったかな?

2018110903.jpg

 こちらがやってきた電車の中からとった宜蘭駅の看板。
 中には古い車両もありますが、台湾には綺麗で乗り心地の良い電車が沢山あります。

 今回の事件を機に、台湾の鉄道界がより良い環境になる事を祈ってます。

[ 2018/11/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2シャイニー ≒ 1ヨーソロー

『ラブライブサンシャイン』のグッズを、ミニタオルやバスタオルなど普段使いできる分だけ買っていたら、小原鞠莉のものが増えてきました。
 Aqoursのメンバーでは特に推しキャラみたいなのがないので、プレミアショップで一番安いのを買っていたのが原因でしょう。

 検索してみたらわかりますが、小原鞠莉って結構可愛いんですよ。
 ですがユニット系アニメの宿命で、こういうグッズの中古市場では人気と品薄度がモロに出るのです。
 詳しい調査をしたわけではないものの、Aqoursだったら渡辺曜という女の子のグッズが一番高いように思えました。

 μ'sでは海未や真姫が割と高価だったかな?

 先日もフィギュアが並んでいたので眺めてみたら、鞠莉が1300円だか1400円だか。
 曜のフィギュアはたしか2700円くらい。
 もちろんフィギュアそのものの価値も考えなければいけないとは思うけれども、同じシリーズ、同じバージョンのフィギュアでここまでの価格差があるとは、キャラクターグッズ業界の厳しさを知りました。

 ちなみに、キャラクターの人気とキャラクターの魅力は必ずしも比例するものではありません。
 私の好きなμ'sの東條希も割と下位にいることが多かったんですよ。
 ティーンエイジャーがファンのメインであるラブライブシリーズには、のんたんの癒しの魅力が伝わりにくいのかも。

[ 2018/11/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

長くないと絶滅するからね

2018103001.jpg
増補 ゾウの鼻はなぜ長い: 知れば知るほど面白い 動物のふしぎ33(加藤由子)

 ここらで軽めのものを読もう!と思って読了した本を紹介します。

『増補 ゾウの鼻はなぜ長い: 知れば知るほど面白い 動物のふしぎ33(加藤由子)』

 タイトルで分かる通り、動物のトリビアが33個(トリビアの数え方は?)収録されている作品です。
 正直なところ、私は自身の中に驕り的な物があり、
「日頃動物園へ行きなれているから、すでに知っているものばかりかもしれない」
 的な感じで読み始めたところ、これが見事に裏切られ、気が付くと毎回「へぇ」ボタンを20回ずつ押していました。

 シカとウシの角の違いは?
 動物は汗をかくのか?
 動物の爪の役割って?


 とりわけ、爪の話が非常に面白かったです。
 ここで書いてしまうとネタバレになってしまうので、どの話も詳細に紹介できないのが残念ですね。

 作者の加藤さんは非常に読みやすい文章を書かれていらっしゃいますので、是非大人の方に読んでいただきたいです。
 動物の知識がほぼなくても、好奇心をお持ちの方なら楽しめると思います。

 お子さんがおられる方には特におすすめ。
 タイトルでも紹介されている、ゾウの鼻が長くなった理由を動物園で説明できれば、きっとお子さんの尊敬も得られるはず!
 



[ 2018/11/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

愛と勇気と10円と

2018110601.jpg

 千代田区外神田6丁目にあるアーツ千代田3331で、うまい棒クリエイターズ展が開催中。
 トーハクの帰りに立ち寄ってみることにしました。
(トーハクについての詳細は11月3日の日記をご覧ください)

2018110602.jpg

 入場無料。
 展示品はクリエイターによる、菓子「うまい棒」にちなんだ作品です。
 入場無料なのに、おみやげに限定うまい棒を1本もらえるという素晴らしい企画です。

 うまい棒、ご存じない方はいらっしゃらないですよね?
 念のため書いておくと、1979年から10円で販売されているスナック菓子です。

 主に小学生男子の経済感覚で度々引用され、
「うお、1億円あったらうまい棒1000万本買えるじゃん!」
 等と使用されていました。

 ・・・・・・若者諸君、昔は消費税というものが無かったのだよ。

2018110603.jpg

 最近はうまい棒にも「うまみちゃん」という看板娘が登場してます。
 うまい棒のパッケージに書かれている、うまえもんの妹だそうですが。
 似てないのにも程があります! 
 
 たまにうまみちゃんバージョンのうまい棒が販売されていますね。

2018110604.jpg

 謎のシチュエーションですが、可愛いです。
 どちらかといえば、うまえもんよりうまみちゃんの方が多く描かれているかな?

2018110605.jpg

 こちらは実際にうまい棒のデザインをされた方の作品(作者は非公開)
 昭和生まれとしては、こちらの方がなじみがあります。

2018110606.jpg

 展示品は撮影自由。
 等身大フィギュアの撮影スペースもあります。
 全部フィギュアの素材で作られている兄のうまえもんに比べて、うまみちゃんは本物のスカートや上着を着用しています。
 
 兄妹での待遇差が激しいですが、当サイトはお兄さんを応援してます。



 アニメーションバージョンでも、うまみちゃんは何かのアニメのヒロインみたいですしねえ。

[ 2018/11/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

本編4コマ3話 オーディオコメンタリー

2018110501.jpg

れお太郎さんが制作を担当してくださっている、ルフィドニア本編4コマが更新されました。
 3話となる今回は遥と光が初めて玲真に出会った時のお話です。
 
 相変わらず玲真のオーラの無さがわかる作品です。

 最近は異世界転生モノと言って、
「普通の人間が異世界に転生してものすごい力で大活躍して、さらにモテモテ!」
 みたいな話が人気ですが、うちの場合は、
「本来ものすごい力を持っているのにまったく活躍できず、さらにダメダメ!」
 っていう感じではありますが、これはこれでうちの子らしくて良いんじゃないかなと。

[ 2018/11/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

土鍋輸送隊

 伯父、伯母、母と、全員が出かけている為、おばば様のお昼を作りに行ってきました。
 日頃温かいものを食べる事が出来ないので、鍋焼きうどんを作ってあげようと、土鍋を持参しました。

 お昼の11時過ぎに行ったら朝ごはんを食べたばかりだというので、午後2時位になるとまた来るよと言いました。

 そうして午後2時にまた行ったら、なんかもう昼食済ませてました。

 土鍋を原付に積んで行ったり来たりの一日でした。


[ 2018/11/04 20:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

芸術百般

2018110301.jpg

 上野の東京国立博物館の無料券をもらったので、企画展『中国近代絵画の巨匠 斉白石』を観に行きました。
 日中平和友好条約締結40周年記念の特別企画で、通常の入場券で観られる企画展です。
 
2018110302.jpg

 斉白石(せいはくせき 1864年生~1957年没)は、中国の清の時代から中華人民共和国まで生きた中国の芸術家で、中国ではもっとも有名な近代画家として知られているそうです。
 それくらいの知識で行ってみたところ、絵だけではなく書や朱文印(ハンコに綺麗な文字を彫ったもの)など、多彩な作品に驚かされました。
 多くの地を旅し、沢山の芸術品を目にしたそうで、その幅広い芸術センスは中国で高く評価されている理由がわかります。

 と、これくらいしか書けないあたり、私の教養の限界です。
 中国の芸術界をご存知の方は、もっと楽しめる企画展なのでしょう。

 そんな名のある方の描く鴨の目がユーモラスだったので撮影。
 動物は鳥、虫、海老や蟹など、多くのものを題材にしています。 

2018110303.jpg

 かといえば今度は書のコーナー。
 明朝時代の文章が書かれています。
 元の人物をウィキペディアで調べても、日本語版がヒットしない人物でした。

 中国の芸術は奥が深いですね。

2018110304.jpg
長曽祢虎徹

 常設展で一番混んでいるのは、仏像と刀剣のコーナー。
 特に刀剣女子が増えたおかげで、刀剣コーナーが随分賑わうようになりました。
 昔は平日は空いていて撮影し放題だったのですよね。

 600円で観られるものとしてはこれほどのものは珍しいと思うので、今後も刀剣女子には是非とも楽しんでいただきたいです。

2018110305.jpg

 今回は瓦コーナーをちょっとじっくり見てみました。
 鬼瓦コーナーがあって色々見ていたのですが、鬼瓦って飛鳥時代、聖徳太子がいた頃からあるんですね。

 オードリー春日さんの「鬼瓦!」っていうネタ。
 おそらく春日さんが奈良時代とかにタイムスリップしても通じるギャグなんだろうなあ。


[ 2018/11/03 17:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

あと50円頑張りなはれ

 ドコモのCMでしたっけ。
 アニメ『一休さん』のテーマで1980円のコースを勧めてくるCM。

 今の若い人に『一休さん』の主題歌がわかるかどうかというツッコミもさることながら。

「あと50円、頑張る事はできなかったのかな?」

 という思いがあります。
 だって、いっきゅうさんですよ?
 1930円にした方が、ゴロも良いじゃないですか。

「いっきゅうさん♪」
「いっきゅうっぱ♪」

 だったら、「さん♪」の方が良いじゃん!って考えますが。

[ 2018/11/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

あちらの味方

 子供の頃、
「世の中にはお酒を飲んではいけない国があります」
 という話を学校で聞き、なんと世界には厳しい国があるのかと驚きました。

 それは私が大人になりお酒が飲めないことがわかっても、やはりお酒が好きな人には優しくあるべきだと思いました。

 ただ、酔っぱらいって本当に手におえないんですね。
 先週末から、ハロウィンの渋谷で酔っぱらいのコスプレイヤーが悪さをしている動画がネット流れてくるじゃないですか。
 中には軽トラックをひっくり返した人とかもいて、もうやりたい放題でしょう?

 あの人たち、お酒を飲んでなければ普通の人か、ひょっとしたら良い人だと思うのですよ。
 たまたま酔っぱらって徒党を組んだ結果ああなっただけで。 
 あ、だからといってまったく許される事ではありませんが。

 世の中でお酒が禁止されている国って、過去に偉い人が酔っぱらいのアホな行為を見て心を痛めたのではないかなあ?

 2000年前にも、きっといたと思いますよ。
 酔っぱらって馬車をひっくり返すようなバカな連中。

 お酒を飲んでバカな事をしている人を見れば、真面目な人なら飲酒を禁じるのもわかる気がします。

[ 2018/11/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)