FC2ブログ









C95新刊 開発話 Part.2 同人誌お馴染みの

2018121400.jpg

 コミケの新刊に関する話をこまごまと。 のパート2です。
 今回は新刊『めどい通信』に収録されている、サブ的な企画について紹介いたします。

2018121402.jpg

 サブ企画その1、萌え萌えオムライスクロスレビュー。
 タイトルの元ネタ先でもおなじみのクロスレビュー企画をオムライスでやってみました。
 秋葉原編と地方編で15店舗のオムライスが紹介されています。

 意味ねえ、くだらねえコーナーとしてお楽しみください。

2018121401.jpg

 サブ企画その2、メイドカフェ魔王の辞典。
 昔の同人誌でよく見かけた、用語集です。

 私の好きな作家のひとりに、アンブローズ・ビアスという人がおりまして。
 同氏の著者『悪魔の辞典』の私なりのバージョンとなります。
 
 この作家を一言で説明すると、毒舌の天才です。
 ただ毒舌というのはセンスが必要であり、世の自称毒舌家は大抵は悪態家または悪口屋です。
 私も毒舌の才が無いと思われるので、笑いに舵を大きくきってます。
 なので、メイドさんの悪口はひとつもありません。
(経営者や悪いお客さんの悪口は書いているかも?)
 こちらは6ページだけの内容となります。
 
 なお、今回はよりお客さんに楽しんでもらう目的を強めたので、「引き算の美学」で本を作りました。
 C94まではあれもこれもと追加して、ページ数は増えるばかりでした。
 それが本作ではテーマとコーナーを決めて、それ以外は極力増やさずに作っています。

 コラムなども完全にページ調整用で、コラム単体で何ページも続かないようにしています。
 また文字だけのページが極力続かないように、多くをカットしております。
 
 そうでもしないと、たぶん90ページを超えたかもしれませんので・・・・・・。

 
スポンサーサイト



[ 2018/12/14 09:00 ] オオバン書店 | TB(0) | CM(0)