FC2ブログ









二十歳十人十色

 明日は成人の日ですね。
 世間では成人式というイベントに参加する事や、成人の日そのものについての是非が問われたり問われなかったりしています。

 私自身、イベントはともかく成人の日というのはあった方が良いのではないかなと思います。
 成人式には行っても行かなくても、たいていの人はその時の思い出が残るからです。

 20歳の時の話を漠然とするより、
「成人式は出たんですか?」
 というテーマで、誰でも話すことができますでしょう?
 記憶にも残りやすいですし。

 私の場合は当時の日記が残ってました。
 こちらにアップしなおすのは面倒なので省きますが、大まかな話は書けます。

・スーツで市内の会場へ
・新成人が多くて会場に入れないので外で小学生時代からの友達と話す
・そのまま雪の中、歩いてガストへ移動し食事
・カラオケ行ったら満員なのであきらめて帰る


 とまあ私の成人の日はこんな感じでした。
 ブログも続けてみるものですね。

 成人してから年を経て改めて感じるのは、
「成人の日の正しい過ごし方というのは存在しない」
 という事です。

 結構多いんですよ。社長とか大物芸能人とかが、
「成人式は仕事していたなあ」
 っていう思い出話をされるパターン。

 最近は成人式にお金をかけた振り袖で参加するというニュースがテレビで流れているので、いかにもそれが普通であるような錯覚に陥りますが、そんな生活に余裕がある人ばかりではありません。お休みが取れない人もいるでしょうし、昨年のように詐欺にあって振り袖が着られなかったケースだって小規模クラスでは毎年存在しているでしょう。
 
 大人になるとそういうのも楽しい思い出になりますので、思い通りになった場合でもそうでない場合でも、あまり重く受け止めず、ご自身の新しいスタート地点ができたくらいの感覚で過ごせればよいのではないかなというのが、私の新成人へのメッセージです。
 
 私も、成人の日には今のような楽しい人生を送っているとは夢にも思ってませんでしたからね。
 
スポンサーサイト



[ 2019/01/13 21:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)