FC2ブログ









旧正月万歳シリーズ Part.2 ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル~

2019022601.jpg
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会~オールスタースペシャル~

 2月上旬にSteamで実施された旧正月セールで購入した作品を紹介。
 本日は『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル~』です。
 昭和生まれのファミコン世代には懐かしい、くにおくん大運動会のリメイクですね。

 当時、くにお君関連の作品は海外では『River City』シリーズとして発売され、くにおやりきも欧米風にアレンジされていたそうです。

2019022602.jpg

 話の前に、少しだけストーリーをおさらいしましょう。
 知的系不良で御曹司の藤堂とくにおに恨みを持っている山田が手を組んで、運動会を主催する事になりました。
 表向きは各高校の交流でしたが、実は冷峰学園の生徒会長であった藤堂はこれを機会に周囲の学校の不良を叩き潰してやろうと考えていたのです。

 ファミコン時代はこんな感じです。
 山田の話をすると長くなるので割愛します。

 上の画像はファミコン版熱血行進曲の画像です。
 正式タイトルやストーリーを知らなくても遊んだことのある方も多いと思います。
 当時としては珍しい、4人同時対戦のできる名作でした。

2019022610.jpg

 それがテクノスジャパンがゲーム開発部門を閉鎖したのち、アークシステムワークスが正式にリメイクを発売しました。
 リメイク版はドッジボール部や時代劇、熱血硬派くにお君などのシリーズ作品からチームが参戦。
 ファミコン時代には4チームだったのが、最高24チームを超える大世帯となりました。

 こちらはクロスカントリーの民家ステージ。
 相変わらずおじさんとおばさんのいる居間を走り抜けます。
 まだ黒電話なんですね。

2019022603.jpg

 種目はファミコンと同じく4種。
・クロスカントリー(街中をかけぬけていく)
・障害部屋(様々な障害物をクリアしていく)
・玉割り競争(玉を殴って割ったら勝ち)
・勝ち抜き格闘(乱闘)


 ゲームモードは3種、
・熱血高校に所属して優勝を目指すシングルモード
・自由な組み合わせで遊ぶフリーモード
・通信対戦モード


 クロスカントリーや障害部屋は各チームの応援団がスタート地点とゴール地点にいて応援してくれるので、気合が入ります。
 この画像だと、紫の恐山商業高校はイタコのできる応援ガール&幽霊ポーズの応援団や、黄緑の秋葉高校は男性声優おたくの応援ガール&オタ芸を披露する応援団が特徴的です。 

2019022604.jpg

 もう全体的に悪意を感じるテイストですが、まあくにおくんシリーズですからね。

2019022605.jpg

 歴代のキャラについても、紹介文が割と黒いです。

 例えばこの桃園さんはファミコン時代から熱血高校の応援ガールなのですが、
「あざとすぎて自分を好きだと勘違いする男子多数」
 的な事が書かれています。

2019022606.jpg

 今回は女の子チームもあり、割と強敵です。
 熱血硬派くにおくんの名ボスとして知られているみすずも、チームを率いて参戦しています。

2019022607.jpg

 みんな腋を締めたデフォルメイラストなのに、みすずさんだけ2倍の大きさです。

2019022608.jpg

 この作品の魅力の一つに、キャラクターとチームが作れるクリエイトモードがあります。
 女の子キャラは作れないので、うちの男性キャラでチームを編成。
 データが改造されているので個人用ですけど。

 応援ガールは各チームの子に加え、コラボキャラとしてすーぱーそに子などもいるので、そに子好きは採用されると良いでしょう。

2019022609.jpg

 応援団は、彼女が所属するバンド『第一宇宙速度』と北村マネージャーが抜擢。
 奥にいるのはそに子に憧れているぽっちゃりした女の子、すーぱーぽちゃ子でしょうか?
 みんなドット絵が良く出来ていて可愛いですね。

 こんな感じで楽しいところといくつか書きましたが、気になるところも記載しておきましょう。

・動きがスピーディーではない
・オリジナル版のようにジャンプが調整できない
・りゅういち&りゅうじに強い隠し必殺技がプラスされさらにバランスが悪くなった
・シングルモードが難しい
・オンライン対戦は人数が少ないので期待しない方が良い
・チームや必殺技のアンロック系が面倒くさい
・個人賞の得点比率が高すぎる為に各競技で1を狙う意味が見いだせない
(全競技を1位で突破しても、個人賞1つか2つで簡単に抜かれてしまう)


 もっとも、マイナス点を考慮しても十分に遊べるゲームではあると思います。
 かつての仲間でまた集まって遊ぶというのもアリではないでしょうか?

 なお本作品の価格は1980円。
 旧正月セールで、280円位で購入しています。

スポンサーサイト



[ 2019/02/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)