FC2ブログ










窓口の悲鳴

 今朝、7時ごろから急にTVが観られなくなりました。
 同時にネットも電話も使えなくなりました。
 利用しているCATV会社の方で設備に不具合があったらしく、すべてが一括してダウンしてしまったようです。

 そこで朝9時に対応が始まるというツイッターのアカウントへアクセスをし、対応を聞こうと思ったのですが。
 いわゆる自分の市から2つ3つ隣の市に渡っての大規模なトラブルだったらしく、会社のアカウントには恐ろしい数の問い合わせが寄せられていました。
 
「これ、9時に出社した窓口のスタッフさんは大変なんだろうなあ」
 と思い、私は何も言わずにそっとスマホのブラウザを閉じました。
 案の定、CATV会社のサポートアカウントは朝9時から謝罪のお返事を猛烈に、それこそ1~2分に1回のペースで返事をされていたようです。

 私がこの要望や苦情を言う人の中の1人に加わっても、早くトラブルが改善されるわけでなし、そう遠くないうちに直るだろうと判断。
 はたしてお昼前にはすっかり改善され、つながらなかった障害はクリアされました。

 結局、我々利用者は外から利用させてもらう身分であって、こういう時にはどうにもできないもの。
 怒鳴っても何をしても復旧までの時間が変わらないのであれば、下手に怒って疲れるのは面倒くさいなあと思うのです。

スポンサーサイト



[ 2019/03/16 17:03 ] 日記 | TB(0) | CM(2)