FC2ブログ









コンカフェめぐり突貫の旅 Part.3 ゾーン突入

2019040801fix.jpg

 旅行1日目の夜。
 今夜のメインスポットへ向かいます。
 
 夜の大阪。
 治安は悪くはありませんが自転車のマナーが悪く、逆走併走信号無視とやりたい放題でビックリですね。

2019040802fix.jpg

 心斎橋ビッグステップにあるピンボール専門のアミューズメント施設、THE SILVER BALL PLANETさんです。

2019040803fix.jpg

 私の世代ではリアルタイムでピンボールが遊べる事ができなかったので、一度思いっきり遊んでみたいと思ってました。
 たしか秋葉原にも無いんですよね、こういうお店。

2019040804fix.jpg

 作品はインディジョーンズやバットマンなどの映画原作にしたものから、ビートルズやエルトン・ジョンなどのアーティストを題材にしたものまで様々。
 価格は1ゲーム(ボール3個)で100円。
 1ゲーム10円、50円、4ゲーム100円などの台もあり、かなり割安に遊べます。
 私の場合は単純な台を遊びたかったので、安い台で随分楽しめました。

2019040805fix.jpg

 店内はどことなく、古き良きアメリカって感じがします。
 ビンコーラ、コンカフェでお腹がタップタップになってなければ飲みたかったのですが。

 あっちの人、プレイボーイ好きだよねえ。

2019040806fix.jpg

 ココに来て初めて知ったのですけれども、アメリカのピンボール業界っていうのは今でも新作出しているんですね。
 この「デッドプール」とか、「ウォーキングデッド」の台が並んでいて、液晶モニターなどデジタル部分が随分強化されています。
 
2019040807fix.jpg

 そんな中、一番印象に残ったのがコレ。
『スーパーマリオ マッシュルームワールド』
 登場人物やアイテムなどは「スーパーマリオ3」で、BGMは「スーパーマリオワールド」という不思議な組み合わせの作品で、土管に落ちたボールが別の土管から出てくるなど、マリオらしい作品となっています。
 1992年に製造されたピンボールのようです。

 当たり前ですがマリオもピーチも英語で喋ってます。

2019040808fix.jpg

 それで、これがまあ私の技術にドハマりしたのか。
 いわゆるゾーンみたいなものに入ってしまったらしく、全然終わらないんです。

 ルイージ召喚的な演出で、ボールが2個に増える。
 ガンガン得点を稼ぐ。
 何かのアクシデントでボールが1つ無くなる。
 またルイージが召喚されてボールが2個になる。

 で、もう全然終わらないんです。
 1時間くらいこのお店で遊んだ中、20分以上はこのマリオの台です。
 テキトーに遊んでもガンガン追加のボールが出てきて、100円の元もすっかりとれました。 

 PCもスマホも良いけれど、こういうアナログなゲームも別の面白さがありますねえ。

 これは余談なのですが、マリオの台でゲームオーバーになった後に、
「Mario says "Say no to drugs!!"
(マリオは麻薬のノーと言う)」
 というメッセージが出てきます。

 アメリカのマリオは少年の犯罪防止にも熱心だったんですねえ。 

スポンサーサイト



[ 2019/04/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)