FC2ブログ









おもしろき鉄の旅

2019052401.jpg
うっかり鉄道(能町みね子)

 旅をしたり電車に乗ったりするのが好きな私は、他人の旅話&鉄道話も好きでして。
 今回読了した『うっかり鉄道(能町みね子)』も、その中の1冊でございます。

 確か深夜番組のコメンテーターとして出演されていたのを、
「おお、この方は私とは全然違う考え方をしていて興味深い」
 と思ったのが、能町さんを知ったきっかけでしたっけ。
 その後この方が出演されると、コメントを拝聴したり、週刊誌で同氏の名前を見つけると真っ先に読んだりしていました。
 この本もそんな謎の信頼感(?)で購入しております。

 私が今まで読んできた鉄道系の本は、全路線制覇とか、鉄道や駅舎の歴史とか、薀蓄が満載されているものばかりでしたが、能町さんの鉄道の旅はこれらと随分と趣の違うものでした。
 例えば北海道の駅舎にある琺瑯看板(ホーロー看板)にときめいてみたり、次の駅には歩いて行こうと思ったり、途中下車をしてオシャレなカフェに立ち寄ったり、廃墟のような駅舎を散策したり、線路をまたがないと入れない民家を見に行ったり。
 昔ながらのパン屋さんであんバターの挟まったコッペパン食べるとか、最高でしょう。
 解説に為に描かれている味わいのあるイラストも読みどころポイントです。

 ガチンコ鉄道ファンの楽しみ方よりも、私はどちらかといえば能町さん流の鉄道の楽しみ方に憧れちゃいますね。

スポンサーサイト



[ 2019/05/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)