FC2ブログ









多分日本一大きいホームセンターでわしも考えた

 コミケのサークル参加で必要な物の買い出し、及びわんたかのかじり系エサを求めてホームセンターへ行ってきました。
 
 ここはあまりにも大きすぎて、2Fが手芸や絵画の専門店が数件入っているようなコーナーがあり。
 ジグソーパズル、生地売り場、工作、PCに接続するペンタブレット、絵画、文房具、額、美術道具など、なんかもう恐ろしくカオスな規模の売り場でして。
 コミケのスペースで使える丁度良いサイズの布を購入しました。

 売り場内は時期的に子供が多く、夏休みの工作のネタを探しているようでした。

「今はこういうお店も通販も便利になって楽になったなー」
 なんてちょっとだけ思ったものの。
 でも頭の中の私は少し首を傾げます。

 私が子供の頃はホームセンターなどは無く、必要な物を買うためには近所の文房具屋さんにあるもので我慢しなければなりませんでした。
 それはそれで不便でしたが、逆に世間はその不便さにも寛容だった気がします。

 つまり、昔子供だった私ができなくても許されていたのに、現在ではできないと許されない事があるのでしょう。
 簡単に言えば、不可の前提条件に『知識やツールを駆使したか?』という項目が加わっているわけです。

 文房具屋さんで見つからないものはホームセンターやAmazonで探さないといけません。
 またある程度の調べ物はスマホで調べないといけません。

 ここのホームセンターには夏休みの工作に使える便利なキットが沢山ありますが、
「買って済ませる物ではなく、自分でなんとかするのが工作である」
 なんていう先生や親御さんがいらっしゃる場合は割と辛いでしょう。
 理系の大人がしっかり考えて作られた工作キットに負けないものを小学生に作らせるなんて、どれだけスパルタなのでしょう。

 そう考えると、今の小学生は我々の頃以上に大変だなと思うわけです。

「今の若者は我々の時代より……」
 なんておっしゃる方々も少なくありませんが、おそらく大抵の事は今の若者の方が効率的に学習しているので、先輩であるというアドバンテージでもない限り若者に負けちゃいますよ。

スポンサーサイト



[ 2019/08/04 16:32 ] 日記 | TB(0) | CM(0)