FC2ブログ









赤字のゲラルト

2019121001x.jpg

 冬コミの原稿が終わったので、久しぶりに「The Witcher 3: Wild Hunt」をプレイ。
 新刊のテーマがポーランドですから、原作の小説もゲームの開発もポーランドに関係のあるこのゲームは遊ぶにはピッタリです。
(会社の場所は新刊で紹介している動物園の斜め向かいのブロックですし!)

 前回遊んだ時とはキーボードだったのが、今回からはコントローラーに変更。
 アクションなどはキーボードよりはるかに操作しやすく、ゲラルト(主人公)の能力を引き出している……ような気がします。

 ただ相変わらずうちのゲラルトは、
「ウィッチャーは報酬無しで依頼を受ける事は無い」
 と言いつつ、ジジイとババアとガキ、あとは貧乏人に弱くて困ります。
 
 普通なら沢山の金貨がもらえる仕事なのに、
「娘の命を助けてくれてありがとう。結婚式のお金に用意していた金だが、娘の命に比べれば……」
 という貧しいお父さんのお金とか、受け取るの拒否しちゃうんですよ。

「それは娘の結婚資金としてとっておけ。結婚式で乾杯するときに俺の幸運を祈ってくれれば良いから」
 みたいな感じで。

 村で自分以外がみんな殺された少女からは手書きの似顔絵で、
「十分な報酬だ」
 とか言っちゃうゲラルト(操作してるのは私ですから)。
 その分、エラソーな衛兵とか貴族からはぼったくりますけど。

 おかげさまで嫌われている存在のはずのウィッチャーなのに、どこの村にも、
「俺はあんたがしてくれた事を忘れない」
「周りが何と言おうと、俺はお前を尊敬してる!」
 なんて応援してくれる人がいたりして、まあ貧乏な正義の味方も悪くないなとは思います。

スポンサーサイト



[ 2019/12/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)