FC2ブログ









支店4コマ41話 オーディオコメンタリー

年刊ゆるふぃどにあ 第41話 「大晦日」

 本店で更新されている4コマ「ゆるふぃどにあ」の制作秘話、オーディオコメンタリーのお時間です。
「ゆるふぃどにあ」ではオムニバスでの面白さを重視した作品が制作されており、たぬさんが作画を担当してくださっています。

 今回のお話は大晦日がテーマなので、公開を少し遅らせました。
 
 4コマを作るときの入り方というか導入というのがありまして、素人の私が作るときは、

・ストーリーが思いついた
・オチを思いついた
・セリフを思いついた

 
 のどれかで、今作は三番目の「セリフから入った」 パターンです。

「残念、○○でした♪」というセリフと「鬼ですかあんた」というセリフを何としても使ってみたいなと思い、ストーリーは後から考えました。

 前者はまどマギの二次創作セリフで、後者は確か子供の頃に読んでいたドラクエ4コマだったと思います。
 資料が手元にないので確認はできませんけれども。

 話は急に変わりまして。

 私が子供の頃、漫画に出てくる、人に迷惑をかけるキャラが大嫌いでした。
 他人の気持ちを大して考えたないキャラも嫌いでした。

 特に「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男とか、「らんま1/2」という作品に出てくる八宝斎(はっぽうさい)みたいなキャラは大嫌いで、何故こんなキャラを出すのだろうとまで思ってました。

 アマチュアながら漫画の原作を作る立場になって、そんな「大嫌いなキャラ」がいかに役立つ事がわかるようになるとは。

 常識人だけでメンバーを組むとどうしても大きな動きが出来なくなるので、こういう平穏をかき乱す人材は本当に貴重なんですよ。
「ゲゲゲの鬼太郎」だって鬼太郎とおやじさんとねこ娘だけなら事件は何も起こらずに終わってしまうでしょう。

 今回もヨゴレを任せられるにはアヤしかいませんでした。
 ドラゴンと人間のハーフなので人間の常識が欠けていますし、何より強いので基本やりたい放題ですからね。

 アヤと、ヨゴレが得意な結菜。元タヌキなのでいまいちな娘であるキナコの3人は重宝してます。


*支店4コマの掲載期間は最長でも2か月間となっております

スポンサーサイト



[ 2019/12/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)