FC2ブログ









思い通りにいかないのが体重なんて割り切りたくないから

 今年の抱負は「少しでも痩せたい」に決定しました。

 市民体育館通いを止めて随分経ってしまい、大食いしなくても少しずつ体重が増えてきました。
 まあでもわんぱくでもいいから逞しく育ってほしいって言うからねと、そのままにしておきました。

 それが今月ちょっと良い床屋でカットしてもらっている途中の己の姿を見て驚愕。
 これ絶対白馬に乗ってたりミサイルの発射実験する人じゃないですか。やだ~♪

 悪の米帝を打倒せんが為、偉大なる管理人は同志と共に大いなる減量作戦の実施を決意されたのです。

 と、ニュース番組でいつものおばちゃんが原稿を読む所まで、抱負にすることにしました。

 とはいえ無理な減量はしませんし、カフェレポートの趣味もあります。
 具体的には12月までにマイナス10kg以上。
 毎月体重をカウントして痩せていなければカフェ行くのを禁止するルールも作ろうと思います。

 支店の方で特に報告も無しに更新されていない週があれば、体重計を疑ってください。

スポンサーサイト



[ 2020/01/31 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

噴水事件を繰り返すな

 読みたい漫画の種類がだんだん増えてエラい事になってきたので、漫画喫茶へ。
 漫画の方は楽しみ、帰りにトイレを済ましに向かいました。

 ですが、この店のシャワー付きトイレが大きな災いの種だったのです。

 それっぽいボタンを押すとシャワーの部分が作動し、こちらの望んだ機能を発揮してくれたわけなのですが。

 なんと停止させる事が出来ません。

 この漫画喫茶。
 私の知る限りは15年以上営業している、秋葉原ではかなりの老舗でしてね。
 長年使われているのでボタンにプリントされていた機能表示がすべてすり減っていたのです。

 よくよく見ると、「シャワー」とか「停止」とかの表示が無く、すべて白いボタンと化していました。
 麻雀で例えると表示がすべてすり減って白牌になっているようなイメージです。

 ならば!と今度はコントロールのカバーを外して詳細設定ができる部分に何かないか見ようとしても、中のボタンで停止できそうなものはありません。
 さらに、これも長年使われているからでしょう、液晶モニターは完全に死んでおり、なんかよくわからないメモリが辛うじてみられる程度。

 お尻へのシャワー攻撃は3分間以上続いており、なんかもう今思い直しても文章にするのが情けない状態。

 さあどうする!?

 ここでコンセントを抜くのも可能でしたが、私は考えました。
 考えて「乾燥」っぽいボタンを見つけ、スイッチオン。

 これがTV番組だったら、「ティロティロリーン♪」って和やかなサウンドが流れるでしょう。
 
 なんとシャワーが停止し、乾燥機能が働きました。
 乾燥の風は一定時間で止まり、見事に個室を脱出。



 無事に帰れてよかった。



 そしてこんなしょうもない理由で漫画喫茶の利用料金が増えなくて良かった。

[ 2020/01/30 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

伝説になるか 怒られるか

 今月に入り、アニメは冬クールに入りました。
 半年だか9か月だかまったく観なかった私も今回は気になる作品があるので、視聴を始めました。

 その中でももっともどうかしている作品が、『異種族レビュアーズ』。
 
 前にも書いた通り原作は、
「色々な種族のいる世界の大人の世界」
 を題材にしたもので、ぶっちゃけると主人公たちが悪魔や猫娘など『非人間族』の風俗事情(こちらの世界ではサキュバス嬢と呼ばれている)をひたすら評価していくというもの。
 
「エルフのサキュバス嬢は見かけは若いけど長生きしすぎて加齢臭がする」とか「ゾンビのサキュバス嬢はなんか臭い」とか、そういうどうかしている作品なのです。

 で、これが今月からアニメ化しておりまして。
 作品はもちろん、OPもEDもひどい(褒め言葉)ものでした。

 元々がセクシー方面な作品なので多少テイストを緩めると思ったら、多分原作より色を強めて制作してます。

 なのでサキュバス嬢のたわわちゃんや桃太郎侍を隠すマークだらけ。
 おそらくはBDを買うとこの隠すマークが外れているバージョンが楽しめるのでしょう。

 自由に観られるPVもあるのですが、こちらに張り付けてしばらく考えて、止めました。
 上のリンクは周囲に誰もいない時にお楽しみ頂く事をオススメします。

[ 2020/01/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

長所短所

 外出先で時間の調整に困っていたところ、ブックオフを見つけたので立ち寄ってみました。

 何カ月ぶりだろう、ブックオフ。
 多分、令和初のブックオフだと思います。

 久しぶりに行ったブックオフは以前より本のディスプレイに凝っていて面白くなってました。
 時代劇コーナーがあり、普通の本屋さんより在庫も充実しています。

 そのかわり、105円コーナーが激減してお得感は減ってます。
 新書の210円コーナーみたいなのができていたので、割を食ったのでしょうか。
 それ以外の本は基本的に割高なので、Amazonには負けているかも? 
 漫画コーナーは利用していないのでどうなっているかはわかりません。

 新品中古に限らず、こういう書店の実店舗は自分の趣味に合わない(と思っていた)本に出会えるのが魅力です。
 ネットでの買い物だとどうしても自分の気になるキーワードでしか探すことができません。

 例えば私は歴史や料理が好きなので日本の料理史みたいな本が好きです。
 でもこの買い方だと「それ以外の食べ物の本」の存在を見落とします。

 今回ブックオフでは、イタリア人作家が書いた「世間で言われているイタリア料理は偽物ですよ」という本を購入しました。
 早速読んでいる限りでは面白いこの作品は、今までAmazonの検索でもオススメにも表示されてませんでした。

 実店舗もネットも長所短所があって、使い分けできると読書の楽しさが広がるような気がします。
 新しい出会いは実店舗で、気になったジャンルはネットで芋ほり式に調べていく、のような感じで。

[ 2020/01/28 08:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

どっこい生きてる時代劇

「最近は視聴率戦争で夕方に水戸黄門が放送されなくなった」

 この嘆き、半分正解ですが半分間違えています。

 確かに、時代劇は予算がかかるので新規に制作される事は無くなりました。
 現時点で新作を定期的に作っているのはNHKくらいしかありません。

 ですがもう観られなくなったわけでもなかったりします。

 こと時代劇の再放送については、BS方面が元気なんですよ。
 BS日テレ、BSTBS、BS朝日、BSフジと、主要チャンネルが惜しげもなく再放送をしてくれます。

 一度放送したものを放送しているだけなのに視聴率が見込めて視聴者の把握もしやすいですから、かなりの有料コンテンツなのでしょう。
 時代劇を一番作らなそうなBS日テレが再放送をしているくらいですから、よほどの事です。

 具体例を挙げると、

 BS日テレ……時代劇「松平右近事件帳
 BSTBS……水戸黄門
 BS朝日……暴れん坊将軍/必殺仕事人
 BSフジ……御家人斬九郎


 などなど、ご存じない方に説明しますと、どの番組も出し惜しみをしない本命を放送してくれている感じです。
 水戸黄門は夕方どころかご年配の夕食時間(18:30~19:30)に合わせて放送されており、地上波より待遇は上です。

 そして一番頑張っているのは「暴れん坊将軍」です。

 地上波のチャンネルでは早朝04:00頃から。
 BS朝日では夕方から。
 時代劇専門チャンネルでは昼や夜から。
 松平健さんが演じる上様は、早朝から夜まで暴れてくださってます。

 12シリーズ+スペシャル版が沢山出てますからね、暴れん坊将軍。
 チャンネル別に違うシリーズを放送しても余裕があるのでしょう。

 ただどのチャンネルでもCMが健康食品や葬儀会社、保険会社などで、私の世代はスポンサーの眼中にないようです。

[ 2020/01/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

御大尽の趣味

 私が最近観ているVTuberの番組があります。
 某妹をテーマにした作品で、よく自我が崩壊しているアレです。

 もちろん面白いことは面白いのです。
 先週から別の妹も入ってきて益々面白くなってきた、と思うのです。

 ただ維持費がとんでもない額です。
 来週からはどうなるかわならないものの、今週分の二人のトークを見るためには月額3000円以上のコースへの入会が必須でした。

 年間数千円のファンクラブならわかりますが、月額3000円なら年間で36000円です。
 さらにプレミアム動画を観るためには、月額10000円の課金が必要とのこと。
 すごいなあ、この価格設定。

 応援はしているので来月発売されるCDはちゃんと予約をしているものの、データのやり取りだけで毎月1万円の出費は躊躇います。
 それともかつてのお兄ちゃんお姉ちゃん達には端金なのかな?
 最近はスマホゲームのガチャで毎月万単位の出費も珍しくないそうですからねえ。

 放送中の投げ銭とかも本当にすごいんですよ。
 1000円とか5000円のアイテムがガンガン画面に放り込まれて。

 私は貧乏性なんだろうか。

[ 2020/01/26 21:13 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

負担万歳四分之一

 以前のPCで使用していたTV兼モニター)を廃棄する為に頑張りました。

 周知の通り、TVは家電リサイクル法があるためゴミの日には捨てられません。
 ネットで調べてみると、

・郵便局でリサイクル料金(TVだと3756円)を振り込む
・郵便局からもらえる支払い用紙をセットにして業者に持ち込むか回収をお願いする


 とあるので、平日のうちに郵便局へ行き料金を支払いました。

 そして今日、市役所のサイトで紹介されている最寄の引き取り委託業者へもっていったところ、
「うちは現金でしか扱っていません」
 とのこと。

 仕方がないので現金で払うと、6300円近くかかりました。
 リサイクル料と配送料みたいな内訳だったので、おそらく家に回収を依頼するのと同じ料金だと思います。 
 なんと、捨てる予定のTVの価格の4分の1です。
 
 この価格だけでもちょっとした税金ですが、さらに消費税もしっかりかかります。

 で、そうなると今度は郵便局で支払ったリサイクル料金の返金の処理をしないといけないのですが。
 なんと、ずっと「ただいま大変混みあっております」というままで、今日は一度も繋がらないという。

 別に私はやりませんし、もちろん他人に勧めることもありませんが。

 ……そりゃあ、池の水を抜いたらパソコンやらTVやら冷蔵庫やら出てきますよね。

[ 2020/01/25 20:36 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

数字の中に潜むもの

 香川県議会で「ネット・ゲーム依存症対策条例素案」という条例が検討されています。
 最初は「中学生以下の学生さんはスマートフォン等の使用を1日1時間以内にする」という内容で、後に対象が「ゲーム」のみとなりました。
 中学生以下の子供は夜9時以降のスマホの使用は禁止。それ以上の子供は夜10時まで。
 学校がお休みの日は制限時間が90分になり、保護者は終日ルールの順守を指導するというもの。

 スマホやゲームを長時間遊んでいる子供は成績が悪いという研究データを参考にし、ゲーム依存症を防ぐ意味もあって、本条例を検討しているそうです。

 今日は少し長くなりそうですが、ちょっと遠回りに付き合ってください。

 1990年代後半あたりから、日本でちょっとしたワインブームになりました。

 なんでもヨーロッパで毎晩ワインを飲んでいる人たちは健康的な生活を送れているという研究結果が出たそうで、
「ワインに含まれているポリフェノールが体に良いらしい」
 と、当時は日本中で大いに飲まれていた記憶があります。

 ワイン自体は美味しい文化でしょうから流行自体は喜ばしいものの、長生き及び健康的については今では疑問を持っている人がかなりいます。
 かくいう私もそうです。
 何故ならワインを毎晩飲める家の人が長生きなのは、ワインのおかげとは限らないからです。

 例えば毎晩ワインを飲める人はそれだけ生活が豊かで、飲めない人は貧しい生活を強いられているとしたらどうでしょう?
 毎夕食後にワインを飲めるほど裕福な人は健康診断も適切な医療も受けられるので、結果的にワインがあってもなくても長生きできるのでは?

「週に2回運動している人は、運動していない人より長生きという研究結果が発表されました!」

 毎週2回も運動できる余裕がある人は運動していない人より長生きされる事もあるでしょう。
 休みが取れるホワイト企業にいるとか、伴侶の収入があるからのんびり生活できるとか、誰かに家事や育児をお願いできるとか。
 これらの研究結果で喜ぶのはワイン業界かジム業界くらいで、国民にとって役に立つデータではなさそうです。
 
 話をゲームに戻しましょう。
 確かにゲームをずっとしている子供には成績が低いかもしれません。
 不登校になっている子供の中にはずっとゲームをしている人もいるでしょう。

 しかしながら、ゲームを取り上げられた子供がその分だけ勉強をするとは限りません。
 代わりにTVを見始めたら今度はTVを取り上げますか。
 それとも代わりに野球を始めたら野球を規制すべきでしょうか。

 この条例に関連して報道されていたニュースで紹介されていたゲームばかりしている不登校の中学生は、今でも担任に怒られる夢を見て苦しんでいるそうです。
 この中学生からゲームを取り上げたらすべて解決して不登校が解消されるのでしょうか。
 スマホやゲームがない時代から、不登校だった子供はたくさんいたのですよ。
 明らかに問題は別のところにあるでしょう。
 
 自分より年齢も身分もはるかに上の香川県の県会議員さんには悪いのですが、あまりにも短絡的ではありませんか?
 
 成績が落ちている子供には指導方法を変えてレベルに応じて教えてあげれば良いですし。
 ずっとゲームやスマホを捜査している子供には依存症の治療が必要かもしれませんし。
 学校でのいじめや教師の行き過ぎた指導はその都度注意、指導しなければいけませんし。
 自分のこれからの生き方を見失っている子供にはカウンセリング等で話を聞いてみないと今後の進路もわかりませんし。
 ストレスや病で疲れている子供には好きな事に触れられるようにして回復させないとどうしようもありませんし。
 
 これらの原因はどれも教育の失敗であって、ゲームをする子供に罪をかぶせるのはお門違いです。
 特にいじめや教師の指導による不登校のケースは、本来罰を受けるべきの加害者側が無罪放免で楽しく生活しているのに対し、不登校の子供だけが一方的にゲームを取り上げられるような形になっており、不公平この上ない話です。

 解決する為には予算がない人が足りないというのであれば、まず解決する為の問題提起をすべきです。

 子供たちに向き合う努力もせずに、
「色々問題があるかけど面倒くさいからとりあえずゲーム規制しておくか」
 くらいの条例ならやらないほうがマシというものです。

[ 2020/01/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

姿勢の良いアースノイド

 JRの首都圏エリアでガンダムのスタンプラリーが開催されています。
 対象の駅にモビルスーツや人物が割り振られ、スタンプを押して回ると数に応じて色々もらえる企画で、スタンプを押すためには駅を出る必要があり、JR的には「フリー切符の売り上げが増えたらなあ」というのもあるのでしょう。

 おらが村の中心都市であるアビコステーションでは、ファ・ユイリィというキャラクターを担当しています。
 アニメ版ガンダムとしては2作目となる「機動戦士Zガンダム」の主人公カミーユのガールフレンドです。

 そして隣の柏駅はなんと黒い三連星。
 初代「機動戦士ガンダム」に搭乗する、ガイア、オルテガ、マッシュのジオン軍のエースパイロット3人組で、作中で行われている一年戦争の緒戦では地球連邦軍の旗艦アナンケを撃沈し、連邦軍で一番偉いレビル将軍を捕えたスゴいメンバーです。
 三人とも腕の良いパイロットなので操縦するモビルスーツを自由にデコレーションできる権利があり、三人とも仲良く黒く塗っているので「黒い三連星」と呼ばれています。
 彼らが唯一不運だったのは、その後ガンダムに乗ったアムロ・レイを相手にしなければいけなかった事でしょうか。
 
 柏駅の場合は駅構内アナウンスで告知されており、
「ただいま、黒い三連星のガイア、マッシュ、オルテガが改札出口にて皆様をお待ち申し上げております」
 みたいな真面目な声で告知しているものだから、割と歴戦のおじさんパイロットが三人揃って背筋をピンと伸ばして改札口で待っているイメージが脳内にできてしまい、これが見事に私の笑いのツボにハマりました。
 
 せっかくだからスタンプを集めてみようかしら?

 ちなみにこれは余談ですが。
 北千住駅は「ララァ専用モビルアーマー」となってます。
 大ざっぱに言えばモビルアーマーとは「大抵はモビルスーツより大きくて足が無かったりする、決戦兵器」です。

 で、何故これだけ「ガンダム」みたいに固有名詞が付いてないかと言いますと、ララァのモビルアーマーは「エルメス」という名前だからです。
 アニメでもゲームでもエルメスはエルメスとして呼ばれていますが、現実社会ではフランスのファッションブランドで「Hermes(エルメス)」という企業がすでに存在するので、公共の場ではガンダムの公式側が配慮した表記になってます。

 たしかガンダムのプラモデルでも、「エルメス」は「ララァ専用モビルアーマー」になってた記憶があるなあ。
 

[ 2020/01/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

麒麟が来た

 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の放送がいよいよ始まりました。
 長谷川博己さんが主演で、戦国武将の明智光秀が主人公の作品です。

 久しぶりの戦国モノ&題材が明智光秀という事でワクワクしながら1話を視聴。

 ……良いですね。

 放送日が延期され待たされた分、楽しませてもらいました。
 光秀役の長谷川さんはもちろん、斎藤利政(斎藤道三)役の本木雅弘さん、松永久秀役の吉田鋼太郎さんなど、役者さんのチョイスも良い。

 さしあたり、来週以降も見続けることにします。
 今年は大河の時間が楽しみでありますなあ。

[ 2020/01/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

十二月十二少女物語

2020012101x.jpg

 サイトや同人誌の素材を制作していただいているたぬさんがシスタープリンセスのカレンダー(同人製)を頒布されたので、早速購入致しました。

 これがもうスゴイ可愛いんですよ!
 そしてシスプリは12人の妹が登場するので、ちょうど1年分のカレンダーにピッタリなのです。

 1月は花穂ちゃん(左のヘアバンドの壁紙の女の子)ですよ。
 好きな妹なので、部屋に置いてから見るたびにニヤニヤしちゃいます。 

 みなさんにオススメしたいのですが、元々冬コミのグッズの一環の為にあっという間に売り切れてしまったのが残念です。

[ 2020/01/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

早い者勝ち

 日本からランナウェイしたカルロス・ゴーン氏。
 彼を映画化する話が世界中で出ているようなのです。

 ……これ日本側で同じ事できませんかね?

 ストーリーは、家族で会社の金をジャバジャバ使ったゴーン氏が、使い込みがバレ逮捕を恐れて情けなく国外逃亡するという話。

 ゴーン氏が有罪なのか無罪なのかは裁判をしてみてないので何とも言えないのですが、本人は逃げてしまったので日本の映画会社を訴える事は出来ないでしょうし、彼らを逃がしてしまった日本側の溜飲が落ちないものかと。

 最初に映画を作ってしまったらその後はすべて二番煎じ。
 仮にゴーン氏が亡くなられた後の訃報等でも、
「ゴーン氏の逃亡劇は映画化もされました」
 みたいなVTRでは、まず一番最初に作られた映画が紹介されるはず。

 主演はローワン・アトキンソンさんで。

[ 2020/01/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

719GBの未練

 PCの移行の為に色々とデータを整理して分かったことが一つ。
 それは、わが欲望の大きさです。
 
 素敵なワーオッ!なDVDを買ったら、いつでもPCで観られるように取り込んだり。
 ワーオッ!な本が溜まってきたら業務用カッターとスキャナーを借りられるお店へ持ち込んでみたり。
 その他イラストやら写真やら諸々あってその合計は。

 719GBなり。

 ブルーレイディスクにすると30枚とかそれくらいでしょうかね。
 CGなんかはおそらくもう20年以上前の、1990年代のネット黎明期からの作品があると思います。

 もう見ない物もあるでしょう。
 多分ほとんど見てません。
 どこに何があるかわからないケースも珍しくないです。

 けれども消せない欲望の塊。
 210MBのHDDしかなかった頃の私が聞いたらなんて思うでしょう?

 でもなんか急に昔のCGとか見たくなる時があるかもしれないじゃないですか。

 いや見てないんですけどね。

[ 2020/01/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

さらばWindows7 PC乗り換え大作戦 延長戦

 一昨日紹介した新型外付けHDD(正確には中身ではなくHDDケース)がですね、なんと初期不良!
 そちらは連絡をして返金してもらえることになったものの、早くデータを復旧させたいので代わりのものを秋葉原へ買いに行きました。

2020011801.jpg

 アトレ秋葉原。
 現在のラッピングはディスガイア。
 ここのお客さんにファンはいらっしゃいます?

2020011802.jpg

 買い物の半分を済ませて、タコスブレイズさんへ。
 新メニューのホットサンドがめっさ美味い。

2020011803.jpg

 そういえば外神田にある古着専門だったモードオフに、中古のホビー製品を扱うホビーオフが合体し、リニューアルオープンしていました。
 どうやら今日開店だったらしいです。

2020011804.jpg

 規模の割に品ぞろえは良かったものの、価格のフォーマットがしっかりしているからかそれほど掘り出し物は無いような感じです。
 最近のフリーマーケットにも同じ事が言えますが、今はネットで相場がわかるのでぼったくり価格が無いかわりに掘り出し物も無いので、
「ネットで買おうとしていた物があれば、送料をプラスするより安いかも?」
 という感覚で見て回ると良いと思います。

 まあ私はもう大人ですしこういう所を見ても物欲なんてありませんからね。

2020011805.jpg

 ……ええ、タヌキのぬいぐるみなんて買っていません。
 UFOキャッチャーで取れる自信がなかったので手を出さなかったものが見つかったからと言って、衝動買いはしておりません。
 
 人生三度目位になるぬいぐるみの衝動買いくらい、許されるでしょう?

 価格は330円でした。

 掘り出し物でした。

 ちなみに人生二度目のぬいぐるみの衝動買いは4年前に大洗で購入したネコザメです。

 そして人生初のぬいぐるみの衝動買いは、さらに数年前に浜松町にあったポケモンセンターで購入したシャワーズです。

[ 2020/01/18 18:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

さらばWindows7 PC乗り換え大作戦 Part.2

2020011701.jpg

 ということで、PCは無事に入れ替えを行いました。

 9代目? 10代目?……となる愛機はツクモのG-GEAR 焼肉魔王カスタム。
 カスタム!ってカッコ良く表現してますけど、ストレージ部分を強化した程度です。

 創作もゲームもゆるく楽しむ為には、事務用PCにパーツを足すよりゲーム用PCに少し手をかけたタイプのほうが安上がりでした。

 ここしばらくでスマホもモニターも買い替えたので今回は節約志向。
 CPUやビデオボードを除けば、ほとんど前機と変わりません。

 あと陽の当たっている朝に撮影したら、なんかキラキラうざいですね。

2020011702.jpg

 壊れたモニターは普通の画面の隅に小さい画面を表示させる2画面表示の機能があったのですが、モニターの会社がもうこのタイプの製品を作っていなかったので、メインモニターの隣に7.5インチの小型モニターを設置。
 DVDも観られるタイプです。

 2画面同時表示だとそれなりに作業の邪魔でもあったので、意外に活躍しそうです。

2020011703.jpg

 キーボードは無精して無線タイプのものをチョイス。
 マウスとセットで1800円という破格のものを選びました。
 eスポーツでもやらないかぎり、これくらいで良いかなあと。

 ただ私の周囲には自分よりPCに詳しい人がいないので、知らないことは一人で淡々と調べるほかありません。

 モニターを確認した時にはTVが観られていたのに、30分後に何も出てこなくなり、
「何故だッ!」
 と思いつつ少しずつチェックしていったら、ただアンテナ線が抜けていただけとか。

 ただこの日記を書いている時点ではデータの移行がまだ3割くらいですし、モニター(TV)は音が安っぽいですし、外付HDDケースは不良品ですしで、まだまだ調整は必要です。

[ 2020/01/17 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

さらばWindows7 PC乗り換え大作戦 Part.1

 Windows7のサポートが今月14日で終了する事になったので、パソコンを買い替える事にしました。
 今使っているPCが壊れて交換するわけではないので、移設自体はとても簡単。
 移動させたいファイルを用意して、HDDを経由して新型PCに移動させればOK。

2020011601XX.jpg

 作戦としては、普段使っているバックアップ用の外付HDDを経由してデータの意向をすれば済む。



 ……はずでした。


 
2020011602XX.jpg

 まさか移設当日に2台あるHDDが揃って壊れるとは思わないでしょう?
 2台ですよ。
 5TB分ですよ。
 
 こちらに入っているデータはPCのバックアップが半分。
 残りの半分は収集癖が高じて溜めていたデータで、消えたら悲しいけど困らないレベルのもの。
 実際ここ何年かはこれらのデータを引き出すことはありませんでした。
 
 ただ実害が無いとはいえ大いに焦ったので、Amazonで急きょ新しいHDDを購入。
 そちらのディスクを経由してPCを移行する作戦に変更。

 そしてこの新型HDDをHDDケースに入れて接続する準備をしている間に、壊れたHDDの隣のウェットティッシュ置き場ふと見ると、なんとこの下にもHDDがあるではありませんか。

2020011603XX.jpg

 なんだこれ。
 
 2台発見したHDDは、

・HDDのバックアップのバックアップ
・HDDのバックアップのバックアップのバックアップ


 のふたつ。
 カエルとか子ガエルとか孫カエルとか、そういうレベルのHDDが3TBくらいありました。
 しばらくこちらは触っていないものの、バックアップを取っていた時代のデータ(壊れたHDDのデータの6割くらい)はこれで帰ってくると思われます。

 いや、別に私はバックアップフリークではありません。
 PCを変えるたびにこんな感じでデータを移設するので、前のPCのHDDを、
「壊れてないならバックアップ用に使おうかな?」
 と思って始めていた目論見が4台8TBのクレイジーなバックアップ環境になっていたようでした。

 もうPC使って四半世紀。
 9代目くらいになると、ヘンな習慣もできていくのです。
 データが消えて泣きそうになった事もありますし。

 思えば今回壊れた2台のHDDも、前のPCのHDDと、ふたつ前のPCあたりに買った「容量サイズがOSに適合しなくて放っておいたもの」なので、年季も入っていたんですよね。

[ 2020/01/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2020年 御年賀のイラストを頂きました

2020_nenga.jpg


 ルフィドニアのキャラクター、シンディをデザインしてくださった霧月悠衣様より、年賀状を頂きました。

 落ち着いた着物のお姉さんと可愛い鼠の組み合わせが可愛いですね。
 帯も華やかですし、新年から良い作品を見せて頂きました。

 霧月さん、素敵なイラストをありがとうございました。

 本年もよろしくお願い致します。

2020年 新年のお便り

2020nenga_hitomi.jpg

 tailfin様より、新年のお便りをいただきました。

 キャラクターはあちらの看板娘、ヒトミさん。
 毎年干支に因んだコスプレをされている彼女は、今年はネズミの格好です。
 穴の開いているチーズって、なんであんなに美味しそうなんでしょうね。

 素敵な年賀状をありがとうございました。

OBBAP蓄積記

 日記の更新タイミングの関係で少し前の話になりますが、正月はオババ様の所へ行ってきました。

 一緒にレストランでご飯を食べたり、補聴器のメンテナンスをしたりと。
 あ、技術料取ればよかったかな? 

 話を聞くとオババ様のいる施設は割とノリの良い場所らしく、新年用にお餅をついたり食べたりしたそうで。
 このエリアは農家の方も多いから、美味しいもち米を使ったのでしょう。

 偶然なのですが、この日は従姉妹や従姉妹の子、つまり曾孫も来ていました。

 こちら側の人間が言うのもなんですけど、こんなに子供や孫たちに愛されて、おばば様も幸せですよねえ。

[ 2020/01/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

令和二年のゲーム初め

2020011601x.jpg
魔神少女エピソード2 願いへの代価(INSIDE SYSTEM)

 2020年のゲーム初めは(ゲーム開き?)、INSIDE SYSTEMさんの「魔神少女エピソード2」を選びました。
 ニンテンドー3DS版とSTEAM版があり、私はSTEAM版をプレイ。
 価格は980円(3DS版は800円)です。

2020011602x.jpg

 一通りクリアして思ったのが、そのボリューム。
 前作からステージが増え、さらに楽しめるようになりました。

 クリンスィーも相変わらず可愛い。

2020011604x.jpg

 また価格も倍に(それでも980円!)になったからか、雑魚敵や背景の描き込み量が倍増。
 和風ステージではキツネやタヌキのウェイトレスが背景で歩いていたり、丼に入ったマーメイドが敵として出てきたり、とにかく可愛い。

 ゲーム内容そのものもいわゆる「ロックマン」と「グラディウス」を上手にアレンジしたと評価されているタイプの作品で、これも面白い。
 プレイすればするほどステージや敵の配置を覚えてクリアタイムが徐々に短縮できる、やりこみの面白さのあるゲームでした。
 お助けアイテムが充実しているので、前作より遊びやすくなっているかも。

 このシステムを継承して続編が出てほしいなあと思う位。
(魔神少女3は開発元とゲームシステムが変わったそうですので)

2020011603x.jpg

 うちの娘もかなりヤバい面子ですが、こちらも可愛い顔をしてヤバいキャラが多いのが特徴。
 酔っぱらってたり、テンション高かったりと、いわゆる萌えの反対に位置しそうな女の子が多く、それがまた魅力だったりします。



 主人公のジズーの方がむしろ悪役っぽいセリフや行動を好むというのもなんとも。

 アクション好きな方には前作同様、強くオススメする作品です。

[ 2020/01/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

足湯初め

2020011103.jpg

 コミケの新刊を納めに国立国会図書館へ。

 今日の警備はすこし緩やか気味。
 警察官の皆さんには寒い中お疲れ様ですと思いつつ、図書館への道を歩きます。

 写真は年に二回見る首相官邸。
 周囲の道に銀杏が落下していてくそうございますのは、総理のせいでも野党のせいでもありません。

2020011101.jpg

 国立国会図書館、の裏口。
 本を納める人は表からではなく、ここから入ります。

 今回の「魔王も覗いたポーランド」で6冊目となる納本。
 個人的には50年後100年後くらいの人がひょんな事で読んでくれると面白いかな。

2020011102.jpg

 帰りは地下鉄を利用して秋葉原へ。
 令和二年初のメイドリフレはフェリシーさんで。

 今回も相変わらずカチカチの肩だったそうです。
 リフレを受ける方は足湯を楽しみながら極楽気分なんですけれども。

 今年もお世話になります。

[ 2020/01/11 23:38 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

モグラがカッパに

2020011001x.jpg
陸軍潜水艦 潜航輸送艇マルゆの記録(土井全二郎)

 2020年最初の読書感想文。
 令和二年初の感想文は、土井全二郎さんの「陸軍潜水艦 潜航輸送艇マルゆの記録」です。

 時代は太平洋戦争(大東亜戦争)。

 我々が今知っている通り、陸軍は終始物資の不足に悩んでいました。
 戦車などの兵器はもちろん、弾丸も、燃料も、東南アジアをはじめとする遠征先ではそもそも兵隊さんが食べる食料も足りませんでした。

 この事態は陸軍もある程度知っており、物資の輸送作戦をしたい気持ちは山々だったらしいのですが。
 問題は物資の輸送の担当は海軍で、陸軍ではない事でした。
 船が無いと物資は運べませんから。

「敵国陸軍」「敵国海軍」と当時の日本軍では陸海軍の中が悪く、海軍は物資や人の輸送に消極的でした。
 基本的に海軍のスタンスは軍艦(戦艦とか空母ですね)を活用した艦隊戦を重視し、物資輸送で利用する安全な海路の確保、今でいうシーレーンについてはあまり大事に考えていませんでした。

 そんな環境でしたから、陸軍は海軍に気を使わずに自分達で物資を戦場に輸送する作戦を考えます。
 敵に気づかれずにこっそりと戦地へ向かい、食料等を送りたい。

 そこで思いついたのが、陸軍専用の潜水艦の開発です。
 海軍に内緒で民間の施設や研究者の協力を借り陸軍専用の潜水艦を作ってしまおうという、スゴイのだか無駄なのだか評価のしにくいプロジェクトを立ち上げました。

 建造された潜水艦の名称は三式潜航輸送艇。
 主にゆそう(輸送)の「ゆ」という文字を丸で囲んだ文字をとって「まるゆ」と呼ばれています。

 苦心の末それなりのものができたものの、速度は出ないしトイレも無い。
 あまりにも小さいので居住性は最悪で、輸送専門なので魚雷も積んでおらず、エンジンがすぐに故障するという、なかなかな有様。
 水中での速度がほとんど出ない為に水上を進んでいくという、コンセプト的に謎がいっぱいの潜水艦でした。

 しかも「海軍に内緒で」作られたので、海軍の人間はまるゆの存在を知りません。
 海軍の軍艦は国籍がわかるように旭日旗を付けているのですが、陸軍なので付けているのは日章旗(日の丸)。

 海軍から見たら海軍所属ではない日の丸をつけた潜水艦が隠れもせずに水上をスイスイ進んでいるわけです。
 それも日本の軍艦が多く存在する海域や港に。
 結果、味方である海軍の輸送船から体当たりを受けたり、軍艦から攻撃を受けたりと散々な目に遭いました。

 まるゆが登場した直後はアメリカ軍側で見つけても、
「潜水艦なのにずっと水上を進んでるし、旭日旗を付けてないしで、オトリか何かだろうか?」
 と怪しんで結局攻撃をしなかった記録も残ってます。
  
 その他の詳細な興味深いエピソードは本書を読んでいただくとして、もうちょっと海軍と仲良く出来なかったものでしょうかね。
 陸海軍が仲悪いのは多くの国でありえるお話(アメリカでも陸軍と空軍で言い争う事がある)ではありますが、海軍に頭を下げて尋ねに行ったら潜水艦のノウハウを教えてもらえるだろうにと、現代の日本人からすると不思議でなりません。

 昨日まで銃や大砲の操作をしていたような人達を集めて、
「今日から潜水艦の乗組員になる為の訓練をしろ」
 と命令された陸軍の軍人さんも、さぞ苦労された事でしょう。

 悲劇な部分に少し笑いが生まれる、不思議な秘密兵器のお話でした。 

[ 2020/01/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

回転率早すぎません?

 丸美屋の「家族の海苔茶漬け」というのが好きです。

 これは大袋で自由に量を調整できるので、某大手メーカーの小袋タイプのように、
「一袋じゃ足りないけど二袋にすると濃すぎる!」
 みたいな事が無いのです。
 体調が悪い時におかゆに入れても美味しいですし。
 
 で、買ってきて美味しかったのでまた買いに行ったら、無くなってるんです。
 スーパーにも100均ショップにもドンキにも無いんです。
 最初から置いてないのならともかく、前あったのに今は無いっていうパターンは悲しいです。

 これ、お茶漬け海苔以外でも結構あるんですよ。
 ちょっと良いなと思って次に買いに行ったら、もう無いの。
 今年は消臭グッズ、シャンプー、ルイボスティー、お茶漬け海苔、 犬用の蹄なども、リピート購入ができませんでした。

 そりゃあ自由競争ですし競争率が激しいのは重々承知です。
 重々承知ですよ。

 でも、見知らぬ銘柄を開拓するのには勇気がいるんです。
 せめて他のメーカーでも良いので、自由に使えるお茶漬け海苔を置いてくだされえい。

[ 2020/01/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

博多人倹約家説

 九州なのか福岡だけなのかわからない話として、
「鍋のシメにおける手持ちの汁について」
 というものがあります。

 九州の芸人さんが仰っていた事に、
「鍋を食べ終わってシメの雑炊に入るときに、各々のとんすいに入った汁を鍋に戻すのが普通」
 というのがあり、関東人の私は大いに驚きました。

 いくら気の知れた仲間達とはいえ一度自分のとんすいに入れた汁を鍋に戻すとはどういう事なのだろう、と思うのです。
「雑炊にすると汁が足りなくなるから戻す。これで同じ鍋の飯を食べたという結束が生まれる」

 いやいやいやいや。
 少なくとも関東の料理屋さんでお鍋の締めで雑炊なんかを作るとき、汁は足してくれますよ。

 どうなのでしょう。
 関東だけが変わっていて、他のエリアでは九州式(福岡式?)なのでしょうかね。

[ 2020/01/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

2020年お年賀 Rising dragon


 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い致します。

 それでは毎年恒例の年賀状紹介です。

 今回のキャラクターは、龍瑞麗(ロン・ルイリー)、
 竜王神ディバイン・バハムート(現在はリョーガ)に就く軍師兼補佐兼教育係を務めるキャラクターです。
 龍族のキャラクターという事で縁起が良いと思い、今回はルイリーを選びました。

 衣装については今回は干支を意識しませんでした。
 年賀企画は今回で13年目。
 昨年の亥年で一端干支を全回りしたので、さすがに二週目制覇はありえないと思い、あえて慣習を壊してみました。
 結果的に可愛い作品が生まれたので、思わぬ部分で良い選択となりましたね。
 
 年賀状のデザインは、たこくらげさんに担当していただきました。
 素敵な作品を描いていただき、ありがとうございました。

[ 2020/01/07 09:00 ] 美術館 年賀状 | TB(0) | CM(0)

本編4コマ9話 オーディオコメンタリー

2020010601.jpg

 れお太郎さんが制作を担当されている、ルフィドニア本編4コマが更新されました。
 こちらは「ゆるふぃどにあ」とは比べて、連続的なストーリー性を重視して作品が多めとなっています。

 1月という事で、今回のテーマは新年。
 欲望に忠実な妹二人と、どうにものんきな奥さんがいる中で、勇者兼カフェオーナーの玲真は今年も苦労しそうです。

 1コマ目から早々に美少女キャラとしては割と問題のある発言をしている次女の中学生、結菜。
 彼女の言動は当時の私に似せております。

 中学生の頃に私は、
「あー、蛇口をひねったら100円玉とかジャラジャラ出てこないかなあ」
 とか思っていましたので・・・・・・というか今でも思ってますので、彼女がゲスいのは私がゲスいからでしょう。

 むしろサイコキネシスが使えるのにお賽銭を拝借しないだけでも素直で良い子なのかもしれません。
 中学生男子は欲望に忠実なので、私がサイコキネシスを使えていたらお賽銭もらいまくりますし、UFOキャッチャーでも不正しまくりだったと思います。

[ 2020/01/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2020年の博詣

2020010501.jpg

 お正月に博物館や美術館へ行く事を、私は「初詣」ならぬ「博詣(はくもうで)」と言っています。
 言っていますというか、むしろ博物館側がそう言ってます。

 今年の博詣先は上野の国立西洋美術館。
 ちょうど特別展の「ハプスブルク展」が開催中でした。

 ハプスブルク家はどうやって説明すれば良いでしょうか。
 ローマ、スペイン、オーストリア、イタリア、ポルトガルなど、色々なエリアを支配していた一族で、多くの子供を産み周辺の貴族に嫁がせるなど、縁戚関係を強めて勢力を拡大した貴族です。
 女帝マリア・テレジアやその娘のマリー・アントワネット、ナポレオン・ボナパルトの後妻マリア・ルイーザあたりが有名です。
 
 1273年にルドルフ1世が神聖ローマ皇帝に即位してから第一次世界大戦で解体状態になるまで、600年以上影響力を持っていました。
 そもそも第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件で暗殺されたフランツ・フェルディナントもハプスブルクの一族でしたし。

 そのハプスブルク一族は巨大な領土と財力を持っていたので、ヨーロッパ中の良い美術品を買い集めたり、気に入った芸術家を援助して自分達を描かせていたり、良い鎧職人を探して自分が着る鎧を作らせたりと、芸術品(実用的な物も含めて)の蒐集をしていました。
「庶民に無料で見せて美術感覚を養わせてやろう」
 と思っていた人物もいたようです。

 一族が解体された後は各国がこれらの美術品を管理し、その中の何割かの作品が特別展に貸し出されたというわけです。

 私自身それほどハプスブルク一族に詳しくは無いのですが、とにかく良い芸術家を選んで作らせたものばかりで、作品の多くは見るだけで凄さがわかるものでした。甲冑なんかは鎧好きにはたまらない精巧な作りで「なんかすごい!」のオーラが漂ってました。

 また、ヨーロッパの当時のファッションの流行も時系列で知る事もできました。
 19世紀くらいから女性の貴族が急に細いコルセットを装着し始めたりだとか。 

 個人的には旧約聖書や新約聖書、ギリシャ神話の教養がもっとあればさらに楽しめたかなと思います。
 
 ちなみに今回はデジカメを忘れたため、写真はこれだけです。

2020010502.jpg

 そして今年初のスープカレーの写真もこれだけ。
 慣れないスマホでの撮影なので、ブレてるのに気がつきませんでした。

[ 2020/01/05 21:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

パン食に優しいお正月

 おらが村では元日からスーパーが開いており、駐車場は車でいっぱいでした。

 私が利用したのは2日目から。
 買い物かごを手にのんびり歩いていると、 

「テンション上がるー!」

 と叫んでいる子連れのお母さん。
 現場へ行ってみたところ、賞味期限が近いパンを安売りしてました。

 コッペパン 19円
 ホットドッグ 19円
 ランチパック 22円
 食パン 45円


 そりゃあワクワクもするだろうなあ、この価格帯だと。

 見ると賞味期限は当日限り。
 ここは期限が近い商品を安売りするお店なのですけれども、大抵はその安売りコーナーに置かれた時点で誰かに買われていきます。
 それがこの価格、つまり賞味期限が当日限りまで放置されているという事は、お正月はよほどパンが食べられないという事なのでしょう。

 明日の朝食までは大丈夫だろうと、いくつか保護してきました。

[ 2020/01/04 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2020年初詣 神田明神痛絵馬紀行 番外編

2020010301.jpg

 昨日の日記で、支店の方で紹介する予定だった絵馬の数々。
 今年はあちらだけではとても紹介しきれないほど多くの作品を撮影しましたので、こちらでも掲載致します。

2020010302.jpg


2020010303.jpg


2020010304.jpg


2020010305.jpg


2020010306.jpg


2020010307.jpg


2020010308.jpg


2020010309.jpg


2020010310.jpg


2020010311.jpg


2020010312.jpg


2020010313.jpg

 謎の組み合わせも……。

 支店の方でこの企画を初めて何年か経ちますと、長いこと撮影していますと常連さんの存在に気が付きます。
 継続は力なりではありませんが、毎年可愛い絵馬を奉納される継続力は凄いなあと、ちょっと感動しちゃいますね。

 なおせっかくなので支店の方のバックナンバーも貼り付けておきます。
 お正月でのんびりされる為のお役にたてれば幸いです。


【2020年神田明神痛絵馬紀行】

【2019年神田明神痛絵馬紀行 年末編】

【2019年初詣 神田明神痛絵馬紀行】

【2018年初詣 神田明神痛絵馬紀行】

【2017年初詣 神田明神痛絵馬紀行】

【2016年初詣 神田明神痛絵馬紀行】

【2015年初詣 神田明神痛絵馬紀行】

【2014年初詣 神田明神痛絵馬紀行】

【2013年初詣 神田明神痛絵馬紀行】

【2012年初詣(個別の絵馬特集はありません)】


[ 2020/01/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

雑煮 → タコス → 雑煮

2020010201.jpg

 秋葉原初め。
 ここ数年は1日でこなしていた成田山と神田明神のハシゴを、今日は二日に分けて行いました。

 そもそも普通の人は二日に分けるんですよ。

2020010202.jpg

 神田明神と言えば絵馬。
 アキバエリアにあるだけあって、可愛いイラストの描かれた絵馬が沢山納められています。
 良い仕事の縁があるようにと、漫画家さんの絵馬が多いのも特徴ですね。 

2020010203.jpg

 多くの絵馬は支店で紹介するとして、こちらはその中でもラブライブの絵馬を紹介しましょう。
 アニメ「ラブライブ」で東條希が巫女さんのバイトをしていた神社として登場するため、ラブライバー(ラブライブのファンの事)の絵馬も見かけます。

2020010204.jpg

 せっかくなので、今年は東條希が描かれたラブライブお守りを購入しました。
 イラストは3種類ほどあり、1つ800円。
 一般的なお守りと差額はほとんどなさそうです。

 神田明神には「ご注文はうさぎですか」のお守りもありますので、興味のある方は是非。

2020010205.jpg

 その後は今年初のメイドカフェ。
 ハニハニ秋葉原さんで毎年食べているお雑煮うどんを。

2020010206.jpg

 次はうちの菜々美を飾って頂いているタコズブレイズさんへ。
 こちらではコラボ商品のタコスをオーダー。

 さらに別のメイドカフェへ向かい、こちらでも雑煮をオーダー。
 我ながら雑煮のハシゴって、すごいなあ。

[ 2020/01/02 17:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)