FC2ブログ









令和二年のゲーム初め

2020011601x.jpg
魔神少女エピソード2 願いへの代価(INSIDE SYSTEM)

 2020年のゲーム初めは(ゲーム開き?)、INSIDE SYSTEMさんの「魔神少女エピソード2」を選びました。
 ニンテンドー3DS版とSTEAM版があり、私はSTEAM版をプレイ。
 価格は980円(3DS版は800円)です。

2020011602x.jpg

 一通りクリアして思ったのが、そのボリューム。
 前作からステージが増え、さらに楽しめるようになりました。

 クリンスィーも相変わらず可愛い。

2020011604x.jpg

 また価格も倍に(それでも980円!)になったからか、雑魚敵や背景の描き込み量が倍増。
 和風ステージではキツネやタヌキのウェイトレスが背景で歩いていたり、丼に入ったマーメイドが敵として出てきたり、とにかく可愛い。

 ゲーム内容そのものもいわゆる「ロックマン」と「グラディウス」を上手にアレンジしたと評価されているタイプの作品で、これも面白い。
 プレイすればするほどステージや敵の配置を覚えてクリアタイムが徐々に短縮できる、やりこみの面白さのあるゲームでした。
 お助けアイテムが充実しているので、前作より遊びやすくなっているかも。

 このシステムを継承して続編が出てほしいなあと思う位。
(魔神少女3は開発元とゲームシステムが変わったそうですので)

2020011603x.jpg

 うちの娘もかなりヤバい面子ですが、こちらも可愛い顔をしてヤバいキャラが多いのが特徴。
 酔っぱらってたり、テンション高かったりと、いわゆる萌えの反対に位置しそうな女の子が多く、それがまた魅力だったりします。



 主人公のジズーの方がむしろ悪役っぽいセリフや行動を好むというのもなんとも。

 アクション好きな方には前作同様、強くオススメする作品です。

スポンサーサイト



[ 2020/01/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)