FC2ブログ









C97 同人誌紹介 No.5 中央アジアナン(ノン)コレクション その2

2020022501x.jpg
中央アジアナン(ノン)コレクション その2
(ソグディアナの月)

 2019年の冬コミ購入期が続いております。
 第五弾は中央アジアのナンを紹介するシリーズ「中央アジアナン(ノン)コレクション その2」です。

「ナン」というと日本ではインドで食べられている細長いパンのようなものをイメージされる方が多いですが、小麦粉を練って焼いたものというのは世界中に存在しています。
 中央アジアでもナン(ノン)というものがあり、直径30cm位の大きな丸いパン上のようなものが食べられています。
 作り方としては丸くした記事に金型で模様をつけて、窯で焼くものが一般的なようです。

 パート2にあたる本作の特集はウズベキスタンの古都サマルカンド。
 ザックリと大雑把に説明すると、中央アジアにある国で、東には中国が、西にはカスピ海が、北にはアフガニスタンが、南東はインド、南西にはイランがあります。
 気になる方は検索してみてください。

 以前に本書の前作にあたる「1」が気になり買ったところこれが面白く、冬コミでなんとか続編が手に入らないかと思っていたので、偶然とはいえ旅行系サークルで参加できたのは幸運でした。
 
 内容は18Pで全編フルカラー。
 イラストと写真で構成されており、街中で見かけたナンやナンを作る職人さんの写真が収録されています。
 土地の文化が分かる写真も含めて、異文化を知ることのできる楽しい一冊でした。

 サマルカンドのナンはかなり美味しく評判らしく、バザールではリアカーで運ぶ人もいるそうですね。
 食べてはみたいものの最寄のナンショップは埼玉県にしかない(しかも営業日は週に2日)ので、なかなかに厳しいです。

スポンサーサイト



[ 2020/02/25 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)