FC2ブログ









新・世界の日本人ジョーク集

2020043001x.jpg
新・世界の日本人ジョーク集(早坂 隆)

 今回は気楽に読める本を紹介しましょう。

 早坂隆の「新・世界の日本人ジョーク集」という作品。
 内容はタイトルの通り、世界で語られている日本が登場するジョークを集めた一冊となっています。

 世界の人の日本への評価として。
 
 良いものとしては、
・勤勉
・親切
・ロボット王国
・良い車を作る
・アニメやゲームに強い
・スモウ
・サムライ
・酒(sake)が美味しい
・商売大好き

 悪いものとしては
・英語が苦手
・アメリカにべったり
・みんなで行動するのが大好き
・部屋が狭い
・政治家はあまり優秀ではない
 
 あたりでしょうか。
 本書を読む限り、それほど日本を馬鹿にする笑いは少ないようです。
 実際に日本(安倍総理)がジョークに登場しても、オチはアメリカ(トランプ大統領)やロシア(プーチン大統領)に譲っていますし。

 マイルドなジョークの例を要約してひとつ紹介しますと。

 トランプ大統領、安倍総理、プーチン大統領の3人がリゾート地でのんびりしていると妖精が現れました。
「日頃頑張っている皆さんにご褒美です。プールを望む物で満たしてあげます.」

 そこでプーチン大統領は「ウォッカ!」と叫びながら飛び込み、ウォッカのプールを泳いで楽しみました。
 次に安倍総理は「サケ!」と叫びながら飛び込み、酒のプールを泳いで楽しみました。
 それを見たトランプ大統領は何かを言おうとしたのですがコケてしまい、「クソ!」と言いながらプールに飛び込みました。


 アメリカ、中国、ロシアと、周囲に濃いキャラ(国)があるので、我が国の首長は控えめになりがちなのでしょう。
 こういうもので世界を知るのもアリなのかもしれません。

 あえて欠点を挙げると、引用元がまったく書かれてないのが唯一のマイナスです。
 どこで披露されたジョークなのかがわからないので、もしかしたら筆者が全部自身で作られた可能性もあるわけでして。

スポンサーサイト



[ 2020/04/30 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

塞翁が犬

 コロナ騒ぎで世の中が沈んでいる中、我が愛犬にとっては非常に幸せな日々が続いてます。
 主人が家にいて遊べる時間が増えただけではなく、散歩の回数が増えたからでしょう。

 運動不足を解消するために歩く際、せっかくなので愛犬も連れて行こうという事になりまして。
 結果、愛犬の散歩回数が通常の倍近くになってます。

 外出の用事が無ければ一日中パジャマ姿のだらしない人間が愛犬の散歩や近所へ外出する時にはそこそこだらけた衣装に着替えるので、最近はスーパーへ行く為の着替えでも、
「また散歩いける、また散歩いける!」
 と耳を後ろに下げてとびかかってくるので、ちょっと罪悪感はあります。

 ただ大変な反面、愛犬がいる生活で良かったです。
 この子がいなければ、もっと色々とギスギスしているかもしれませんからね。
 
[ 2020/04/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

乾き衣確認仕様

 前の日記に、
「廃墟で見つけたファミコンカセットで遊んだ」
 みたいな事を書いた記憶があります。

 多分、20世紀の日記のお話です。
 友人宅から盗んだかもしれないという話も書きました。
 そしてその後、それらが自分が夢うつつのままに作った記憶であるという事も書きました。
 
 よく読む作家さんの本やラジオのパーソナリティも、子供の頃覚えのない犯罪をした記憶があるそうなので、私もそうなのでしょう。
 大人になって答え合わせをしたら、ありえない状況だという事が分かりましたし。
 そもそも友人宅なのだから廃墟ではありませんからね。
  
 前に何度か書いたので詳しくは省きますが、記憶にある情報はこんな感じです。

・記憶の情報は白黒
・駅の向こうにある友人宅
・深い森を徒歩または自転車でずっと進んでいく
・テラスのある別荘のような友人宅


 別荘のような建物がドットのような記憶なので、おそらくファミコンのゲームの建物がそれだったのでしょう。
 そもそも私の友人の家は全員が駅の手前側なので、ありえない話なんですけれどもね。

 でもやっぱり不安じゃないですか。
 そこで当時の地図を見つけて、駅の向こう側を調べてみたのです。

 結果は、森すらもありませんでした。
 改めて無罪でした。

 多分、当時遊んでいた「サラダの国のトマト姫」とかの森が夢に出てきたんだろうなあと、今になって思います。

[ 2020/04/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

昭和天皇のお食事

2020042701x.jpg
昭和天皇のお食事(渡辺誠)

 今日は基本的に読む人を選ばずに楽しめる本として、渡辺誠さんの「昭和天皇のお食事」を紹介致します。

 筆者の渡辺誠(1948~2003)さんは皇室の調理スタッフをされていた料理人さんです。
 正式には宮内庁管理部大膳課厨司で、西洋料理の専門家として昭和天皇、平成天皇(現上皇)、それから当時皇太子であられた今上陛下(令和天皇)と、三代にわたり活躍されていました。

 天皇の食事と書くと、ゴージャスなイメージを持たれる方が多いかと思われます。

 確かに御料牧場の野菜など素材自体は厳選されてはいるようですが、例えば昭和天皇の朝食はオートミールとコーンフレークの1日毎のローテーションだったり、おやつは皮付きのサツマイモ(それも昔の水気の多い品種)だったり、鯖やブロッコリーなどが多く提供されたりと、非常に庶民的と言うか、おそらくは国民の方が豪華な食事をしているかのようなラインナップ。
 戦時中の食糧不足を気にされ戦時中はイモなどを、終戦後も白米ではなく麦飯を召し上がられていたようです。
 
 著者の渡辺さんはプリンスホテルでシェフをされていたのでその時点でもかなりのスゴイ人なのですが、皇室の独特の世界ではミスもあったそうですね。

 お皿に盛り付ける物はすべて食べられるもの、という大膳のしきたりを知らずに葉が付いたままの柏餅を出してしまったり。
 はたまた皮付きのふかし芋を好まれる昭和天皇の好みを知らずに、皮を全部向いたものを出してしまったり。 
「これは美味しくない。」 
 と仰せになった昭和天皇から返されたお皿に、柏餅の葉の葉脈だけが綺麗に残されているのを見て凍り付いたそうです。

「女官もいるのだから、誰か食べ方を教えてあげれば良いのに。」
 なんて言うのは簡単ですけど、女官や主膳(しゅぜん/皇室の調理スタッフ)が皇室の人物に対して直答することは禁止されており、陛下自身から直接質問を頂かなければ、たとえ間違った食べ方をされていても何も言えないシステムなのです。

 こうやって見てみると、子供の頃に憧れた皇室の生活。特に食事に関しては想像以上に大変なことが分かります。

 そりゃあフランス料理の食べる機会が多いからキャビアやらフォアグラもお召し上がりになられるのでしょうけれども、それは自分食べたい時に食べられるのが嬉しいのであって、公務として食べなければいけないのはそれはそれでご苦労が多い身分ではないでしょうかね。


[ 2020/04/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

調理の逆順

 スーパーへ買い出しに行ったところ、以前とは少し在庫状況が変わっていました。
 
 以前はカップラーメンがすっからかんでした。
 それが今は袋麺のコーナーがかなり減っており、カップ麺の方はかなり在庫があるようです。

 またパスタの乾麺はほぼ絶滅。
 レトルトソースもかなり売れていました。

 冷凍パスタのコーナーは、カルボナーラを覗いて売り切れてました。
 他にはナポリタンが1点のみ。
 おらが村の人達には好かれていないようです、カルボナーラ。

 冷凍麺は辛い物&高い物以外は売り切れ。
 冷凍系のスイーツコーナーもほぼ空で、私の好きな大判焼きも無くなっていました。

 最近の変化では、ホットケーキの類が全滅していました。
 ホットケーキやパンケーキを家で焼こうという人が増えたのでしょう。

 麺類にせよホットケーキにせよ、徐々に手間のかかる原材料方面に移行しているのでしょうか。
 メーカー製のホットケーキを再現するのは難しいですが、パンケーキなら小麦粉とベーキングパウダーなどで作れます。

 となると、次に売り切れるのは小麦粉になるのかもしれません。

[ 2020/04/26 20:28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

おじさんは心配です

 今期は「球詠(たまよみ)」という、硬式野球部で活躍する女子高生をテーマにしたアニメを見てます。
 中学時代、「キャッチャーが取れないから」という事で自分の得意な変化球を投げられずに試合に負けてしまった詠深(よみ)が、高校に入り幼馴染で名捕手の珠姫(たまき)と再会。不祥事で退部者が続出し廃部寸前だった野球部に入り、仲間たちと全国大会を目指そうというストーリーです。

 なかなかに青春を感じる作品で、楽しく観ています。
 こういう作品は試合もじっくりと表現して欲しいので1クールで終わらせるのはもったいないですね。
 原作も結構単行本が出ているようですし。
 
 エンディングでメンバー全員がタピオカドリンクを片手に登場する点だけは不思議ですけど。
 この動画を作っている時にスタッフの間でタピオカドリンクブームが来ていたのかな?

 それからリアリティという部分で気になったのが、女の子たちのユニフォーム。
 いわゆるシュートパンツに膝上までのスパッツで、それ以外は生足なんですよ。

 私自身も女子の硬式野球の試合を見た事があるのですが、男子と同じく下はしっかり長ズボンをはいています。
 スライディングやダイビングキャッチもするので、膝は守らないといけないわけですからね。
 2話では実際に膝をすりむいてますし。

 おじさんとしては、彼女たちの怪我が怖くてヒヤヒヤしてます。

[ 2020/04/25 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

10万円で何をしたい?

 今回の新型コロナの外出自粛の関係で、1人10万円が給付されるそうです。
 今日の日記はそれが貰える事が確定したという前提で、またこの10万円を割合自由に使える方向けの内容です。

 みなさん、給付される10万円は何に使われます?

 ゲーム機でも家具でも洋服でも、なんでも使える現ナマの10万円。
 この時期、旅行はまだまだ行けなさそうです。

 こんなすぐに形になる物を買うのも勿論良いですが、思い出に残るものも結構手に入るんですよ。

 例えばツイッターなどで使用するアイコン。
 好きな作家さんにお願いすると、10万円もあれば20点くらいは余裕で描いてくださいます。
 実際はもっと安い方も多いので、数パターン描いてもらえば長く使えるでしょう。

 大きなイラストなら枚数は減りますが、それでも数点描いてもらえるはず。
 好きなアニメのキャラ(個人観賞なら著作権的にも問題ありません)でも、自分の考えたキャラでもOK。
 ワーオッ!なシチュエーションも可能ですし、作品を使って世界で1つだけのタペストリーも作れるでしょう。

 自分史を作るというのも面白そうですね。
 編集の手間を除くと、A5サイズ&100ページ(原稿用紙200枚分超)の作品なら10部くらい刷っても15000円前後。
 配るのはもちろん、日本が滅びない限り永久に保存される国立国会図書館に自分の本を収める事も可能です。
 面倒な編集は、残りの8万円で編集をする方を募集すれば割合なんとかなると思います。
 このプランはご年配の方にオススメ。 

 芸能事務所とか声優の事務所がプランを考えても面白そうです。
「好きな声優が貴方の為に目覚ましボイスを作ります!」とか。
 イケメンボイスで起きる朝、みたいなのも良いですね。

 声優はどうかわかりませんが、芸能事務所によっては結婚式用にビデオメッセージを作ってくれるサービスがあります。
 とあるサイトでは、8万円もあれば若い方なら大体知っている芸人さんが作ってくれるとか。
「二人の門出を祝福して、あの○○さんからメッセージを頂きました!」
 なんていう演出は、余興としても面白そうですね。

 堅実に使いたい方もいれば、パーッと景気よく使って日本の経済を回したい方もいるはず。
 企業も面白そうな使い方が出来る10万円コースのPRを始められれば良いのにと思います。

[ 2020/04/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

撮影難度はSSS

2020040701x.jpg
目でみることば 有頂天(おかべ たかし)

 面白い本を読了したので、皆様にも紹介致します。

「目でみることば 有頂天(おかべ たかし)」
 書籍と言うより、写真集に文章を足したような本をイメージして頂ければ良いでしょうか。

 本書を一言で説明すると「慣用句を撮影してみた」というものです。

 わかりやすいのが、この表紙。
 寝ているふりをする事を「狸寝入り」と言いますが、これじゃ実際にタヌキが寝ている姿を撮影した写真です。

 例えば「司令塔」と言う単語があります。
 サッカーなどでチームのメンバーに指示をする立場の選手の事を司令塔と言いますよね。
 では、そもそも司令塔ってなんでしょう?

 正解は「昔の軍艦で艦長が指示をする施設」です。
 で、本書では実際の司令塔として、戦艦三笠で東郷平八郎が利用していた司令塔の写真があるわけです。

 他には「青田買い」とか「杏仁豆腐」とか「千鳥足」とか「追分」とか、物の名前から慣用句まで、割と自由に紹介されており、言葉の意味はもちろん、よく撮れている写真だけをパラパラ見ても面白い内容となっています。

 ちなみに、3冊目となるこの本で「撮影できなかった言葉」は何だと思います?

 正解は「目白押し」です。

 30年野鳥を見ている人でも2回くらいしか見た事がない!というレベルのレア度が高く、今回はコラムとして他のカメラマンさんが撮影した目白押しの写真を紹介されています。

 一読者として、いつかこのシリーズで目白押しが正式に紹介される。
 つまり撮影に成功される日を心待ちにしています。 

[ 2020/04/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

メンテナン歯

 先日歯科に行った際に、
「虫歯はありませんが歯石が溜まっているので削りましょう!」
 と言われ、削ってもらいました。

 2年ぶりのデンタルケア。
 あまり痛くはないものの(歯石の密集地はそれなりに痛いかな?)超音波スケールの音は何度聞いても慣れません。

 なんだかんだで歯石除去は無事に終わり、舌で歯の凸凹がわかるくらいになりました。
 
 このブログをお読みの方、是非定期的に歯科に行って歯石除去をお願いしてみてください。
 2000円ちょっとでやってもらえますし、歯茎の腫れも減って良い事ばかりです。

 想像以上にあるんですよ、歯石。

[ 2020/04/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

パンはパンでも食べたくないパン

2020023001x.jpg
I am Bread(Bossa Studios)

 5年位前におかしなヤギ体験ゲーム「Goat Simulator」 を紹介しましたが、今回それを大きく上回るゲームを遊びました。
 その名も「I AM BREAD」。

 直訳すると、私はパンです。

 もはや生物ですらありません。 

2020023002x.jpg

 ゲームの内容としては、パンになって色々なミッションをクリアするというもの。

 RB、RT、LB、LTという左右の4つのボタンを上手に使って自機であるパンを進めていきます。
 パンの四隅はそれぞれのボタンに対応しており、基本的には前の二か所をホールドし、スティックキーで勢いをつけ前転するように進んでいきます。

2020023003x.jpg

 壁を上る場合も基本的には同じです。
 それぞれに力を入れて掴む(≒何かに掴める)と、このようにつかんだ箇所が黄色くなるので、壁を前転するようにペッタンペッタンと上ります。
 掴める時間には制限があるので、スピーディにパンを操作するのがコツです。

 なんでしょうね、パンを操作するっていう日本語。

 夜中に食パンが壁を上ってたら大人でも泣きますよ。

2020023004x.jpg

 ステージ1はトーストになるのが目標。
 地面に落ちたり蟻にたかられると可食性が下がり、0になるとゲームオーバーになるので、

・地面に落ちたら急いで壁に上る
・テーブルの椅子を倒して橋代わりにして先に進む


 の2パターンの経路を選びます。
 あちらにも3秒ルールがあるのでしょう。
 切られたパンが意志をもってペッタンペッタン動き出したら、トラウマどころではありませんが。

 ただどうかしている設定の割には、パズル性とアクション性のバランスの良いなかなか面白いゲームである事は間違いないです。
 PS4やXBOXでも遊べるそうなので、気になる方は是非。

2020023005x.jpg

 おまけとして、ヤギモードという狂ったゲームも収録されていました。
 ヤギであっても操作の仕方はパンと同じなので、やはり前足二本を地面に固定して前転するように進んでいきます。

 家具を壊すたびにポイントが入るのですが、狂った物理法則で進んでいくヤギは何が何だか。
 
[ 2020/04/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ノーレリ

「アナと雪の女王」の元ネタになった、アンデルセンの「雪の女王」を読んでみました。
 元々子供でも読める作品なのでページにしたら読み切りの短めの小説くらい。
 簡単に読み終えました。

 読了後、話があまりにも違うのが驚きでした。

 ストーリーは、雪の女王に連れ去られたカイという少年を、仲良しの少女ゲルダが助けに行くという物語。
 物語ですから、道中のゲルダには多くの困難が待ち受けています。

 アナ雪ファンから入った人間としては、
「レリゴーするかな? するかな?」
 と思って最後まで読みましたが、最後までレリゴーしませんでした。

 マネーの虎風に言うと、ノーレリゴーでフィニッシュです

 物語そのものは面白かったものの、
「アナと雪の女王の原作です。」
 として紹介すると、両作品のあまりにも違いに困惑すると思います。

 ディズニー側がこの作品を原作と言わなかったら、普通の人は気づかないほどに別作品でしょう。
 続編が出せるほどにボリュームある脚本に仕上げたディズニー陣営はさすがです。

 ちなみに「雪の女王」は、図書館であればまずどこにでも置いてあると思います。
 気になる方は是非。

[ 2020/04/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

休日買い出し

 ショッピングモールに買い出しへ行ったら、鬼のように混んでいました。

 このご時勢、衣料品店などやってないお店も結構あるんですよ。
 靴屋は営業していたりして、いまいち基準はわかりませんけれども。

 だからでしょうか。
 食料品を買い込む人たちの気合の入り方といったら。
 お店によっては入場制限もしているくらいです。

 コストコはイートインスペースが撤去され、ホットドッグの仕上げをするコーナーが1か所しか用意されていませんでした。
 ここも会員の付き添いは1名のみという制限がされているものの、お子様は対象外という事でやはり店内はお子様で賑やかです。

[ 2020/04/19 14:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

学習しない企業

 週末、映画の「ロボコップ2(1990年)」を観ました。

 アレックス・マーフィー巡査が悪者に殺され、オムニ社が残った生体部分を機械の体に移植。
 ロボコップとなりデトロイトの平和の為に活躍するという映画の続編です。

 暗い所もありながら笑い(かなりブラックな)も見受けられ、当時ライバル的な作品だった「バットマン」や「ターミネーター」とはまた違った魅力のある作品でした。

 大人になってからマトモに観た記憶がなかったのでじっくり観賞して思いました。
 オムニ社はなぜ何度も間違いを犯すのでしょう?

「ロボコップ」にはオムニ社製のED-209という警官ロボットが登場しました。
 役員会か何かでこのロボットのお披露目会が行われたとき、誤作動して役員をハチの巣にしました。
 お披露目会でガトリングガンの実弾を装填しているアホな人がどこにいるのでしょう?

「ロボコップ2」では、ロボコップの新バージョンとしてロボコップ2の試作が登場。
 これも試験段階で故障し、研究者の体や腕を打ち抜いた上に自分の頭を撃って故障。
 試作品のバージョン2では 自分自身で頭をもぎ取って壊れました。

 その後に完成したのが、軍事用兵器のようないかつい形のロボコップ2。
 そしてこれをマスコミに発表した時も暴走し、機関銃片手に大暴れ。
 多くの死者を出しました。

 実弾を装填した試作品を何故こうもお披露目するのでしょう。
 人的被害に反してほとんど処分がされていないのも、オムニ社が巨大な企業だったからでしょうか。

「ロボコップ3」ではこのオムニ社がカネミツという日本の企業に買収されているのですが、そりゃあ買収もされるだろうなあと、大人になって見直すと納得しますね。

 この「日本に買収された」という設定も、今では懐かしいです。最近の若者は、1990年代前半位までの日本はとにかく景気が良くてアメリカの企業や物件を買い漁っていた、という話を聞いても信じられないでしょう。

[ 2020/04/18 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

豆ブーム終わる

 早かったですねぇ、ブーム終焉。

 この日記の平日版は基本書き溜めなので実際はもっと期間が長かったのですが、それでも早かった。

 私の胃の中で行われた緊急対策会議の結果、
「豆ダメ絶対!」
 という判断がなされたらしく、スーパーに行っても豆菓子売り場がスルーされる事態となっています。

 問題なのは買い置き分です。
 袋いっぱいのミックスナッツといか豆と。

 お菓子というのはガッツリ買い置きするのではなく、マメにコツコツとその都度購入しないといけないのですね。

 ・・・・・・ここ、笑う所ですよ。

[ 2020/04/17 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

限られた時間の味

 焼き鳥を扱うお肉屋さんを長い事利用してます。
 安くて美味しく、リピーター歴はこのサイトの運営年よりはるかに長いです。

 ただ最近は扱っていない日も出てきたようです。
 ご夫婦も体調を崩され、入院されている事もあるとか。

 お子様やお孫さんは継ぐ予定は無い為、ご夫婦が止められたら滅びる味なのでしょう。
 とはいえ私がどうこうできるわけではないので、できるだけ味わっておかないとなあと思います。

[ 2020/04/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

おじさんの境界を見つけた話

 人生で初めて青汁を買いました。
 ドンキで。
 安かったから。

 こういうのを飲まなきゃいけないと思って買ってしまう。

 おじさんと呼ばれる境目の一つではないかなと思う今日この頃です。


[ 2020/04/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

煮る派 煮ない派

 夕飯の余り物のコロッケを甘辛く煮て朝食に出したら旦那さんに驚かれたという話が、ラジオで流れてきました。
 旦那さんの過程ではコロッケを甘辛く煮るという文化が無かったから、ありえないと言われたそうです。

 この件について番組で意見を集めたら、煮る派と煮ない派で分かれて多くの意見が送られてきたとか。

 番組だと北関東にそういう文化が多く、千葉や東京ではないとの事。
 他にも天ぷらも甘辛く煮るとか、我が家では砂糖醤油を使うとか、色々とパターンがありました。
 本で紹介される類の料理ではないので、正式なレシピというのは無いのでしょう。

 東京出身のわが一族は普通に煮る派です。
 親に教わったわけではありませんが、私は麺つゆを薄めて使ってます。
 煮る物はコロッケや天ぷらなどテキトーに。

 簡易天丼みたいでご飯のおかずにはピッタリなんですけど、割と我が家だけのグルメに近いものかもしれませんねえ。

 ちなみに、甘さを求める方は砂糖も良いですが、みりんやお酒をちょっと入れたりすると良い感じです。
 また甘めすれば冷たいから揚げもいけます。
 唐揚げを甘く煮る場合には、白ごまなんかをかけると美味しいですよ。

[ 2020/04/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

豆ブーム来る

 奥さん、豆ブームですよ。

 今の一文をみのもんたさんの声で脳内再生できる方は、かなりのツワモノだと思っていただいて構いません。

 なんか、豆が急に美味しくなってくる時期ってあるじゃないですか。
 今がその時のようなのです。

 二木の菓子でもあれほど買っていた甘味方面を全く買わず、ミックスナッツの類ばかりガシガシとカゴに入れてます。
 最初は殻付きタイプ。
 もっと量を食べたいと、ナッツの詰め合わせ。
 大袋タイプ。
 徐々に色々な豆が消費されています。

 最近では味付きの衣で包んであげられた豆、いわゆる「いか豆」の類も買い込むようになりました。
 
 スポーツ中継観ながらでも食べられますし、読書しながらでも食べられますし、PC作業中やゲーム中も食べられますし。
 私の中の豆ブーム、しばらく続きそうです。

[ 2020/04/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

少ない事より正しい事

 我が国の偉い方の中にはどうしても数が少ないという事に価値を感じてしまう方がいらっしゃるようです。
 待機児童ゼロとか、イジメゼロとか、残業ゼロとか。

 どう調べても最終的にゼロになったなら良いのですが、ゼロである事が目標になったり評価対象になってしまうと面倒なことになります。

 例えば「待機児童ゼロ」ならできるだけゼロにカウントしたいので、保育園を諦めて退職した人はノーカウントとか。
 イジメゼロであれば、先月遺書を書いて自殺した○○学校の生徒はイジメと自殺の決定的な因果関係が見られないので自殺ではないとか。
 残業ゼロは、社員に定時にカードをきらせて後は自発的な残業だからセーフとか。

 本来ならば待機児童が出来る原因や見直さなきゃいけない無駄な業務を見直すきっかけになるはずが、問題を認識しない事で問題そのものを無くしてしまう(見て見ぬふりで過ごす)という負のパターンが、割と色々な所で見受けられます。

 私はビビりなので、今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のデータも本当にキチンとカウントしているかなと不安でして。

 何分、前科のある国ですので、
「感染して亡くなったこの患者さんは、〇〇〇で亡くなったから死者にカウントしてない」
 なんていうケースもあるのではないかなと。

 病院に来ないようにしている以上、患者さんの数も正式にわからない部分もありますし。

 やっぱりこういうのは日頃行政がきちんと管理しているかどうかで、信頼度の高低が決まるように思えます。

「一ヶ月の自粛要請を!」
 というのも、臆病者な私は他国の例もあるのでどうせ5月に自粛要請が延長されるだろうと思ってますし。

[ 2020/04/12 21:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

それは急ぎなの?

 世の中の流れが不要不急の外出を控えるようになっております。
 こんな時期に用事も無いのに外出するのは確かに危険ではあると思います。

 でも必要な用事なら仕方がない。
 仕事とか買い出しとか病院とか、色々ありますからね。

 と言うのが、おそらくみなさんの割と共通した認識だと思います。
 
 さて、ここで皆さんにお尋ねしたいのですけど。

「見てください。渋谷は誰もいません!」
「原宿、人がガラガラです!」
「上野公園はさすがに人がいませんね~!」

 テレビ局のコレって必要な行動なの?
 都内には局が所有している遠隔カメラもあるし、ライブカメラもあるじゃないですか。

 しかも各局どころか番組毎にスタッフ派遣して撮影しに行っているでしょう?
 ひとつのテレビ局で朝から夜までに4つのニュース番組で紹介するとして、みんなバラバラだったりします。
 撮影班は一人ではないので、その都度複数のスタッフが同行するわけです。

 すでに芸能人にも新型コロナウイルスの患者や死者も出ている中、彼らは外出をする若者を責める事が出来るのかなと。

[ 2020/04/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

あの頃 僕らはみんな間違えていた

 色々と調べたい事をリスト化しておき、図書館へ行く度にまとめて調べるという事をしております。

 最近の「調べたい事」は、古い地図。
 といっても江戸とか戦前とかではなく、20年30年という割と近い過去の資料です。

 この時代はインターネットが発達していなかった為、どこに何があったのかをデジタル上で調べる事はできません。
 そこで思い出の場所についていろいろと調べてみたわけなのです。

 特に気になったのは、私が子供の頃通っていたゲームが遊べた所。
 レンタルビデオ店の一角に設けられたゲームコーナーは1回50円と格安で、友達とよく通ってました。

 時代的には「ストリートファイター2ダッシュ」から「ヴァンパイア」くらいまで。
「ヴァンパイアハンター」以降は中学校の近くのゲーセンに通っていたので、年数的には2年弱のお付き合いでした。

「JR行こうぜ!」

 みんなでJRと言っていたこのお店。
 本当の名前は「UR」でした。

 長い事あったイメージのあるこのお店は、おそらく5~6年のうちに閉店してしまったようです。
 ゲームコーナーはいつも人がいっぱいいたけど、ビデオコーナーを利用している人はほとんど見ませんでしたからね。

 タイムマシンがあったら、この時代の街を歩いて関係者さんにと話を聞いてみたいものです。

[ 2020/04/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

不要不急

「不要不急の外出は避けてください。」
 などと言われている昨今。
 うっすらと意味は分かるものの、それじゃあ不要不急じゃない事を何と言うのでしょうか。

 必要火急?

 調べてみたら不要不急には反対の意味、いわゆる対義語はありませんでした。
 そもそも慣用句としては存在していない言葉だからでしょう。

 ただし「不要不急」という言葉が実際に使われた記録はあります。
 戦前に指定された「不要不急線」という用語です。

 先の第二次世界大戦時。
 資源に乏しい日本は徐々に武器を作る原料が無くなったので、
「あまり無くても困らない機関車の路線を潰して、レールなどを没収しよう!」
 という事に。
 主に観光や行楽用に使われる路線が廃止され、線路のレール等が回収され兵器の原料になりました。

 なんで私が知ってるかと言うと、かつて通学途中にあったトンネルがその「不要不急線」の名残だった事があるんですよ。
「なんでこんな所にトンネルがあるのだろう?」
 と不思議に思っていたのを大人になってから調べたところ、「成宗電気軌道」の存在を知ったのです。

 成田山新勝寺から東勝寺(宗吾霊堂)を結ぶ鉄道だったので、
「戦争中に参拝なんてけしからん!」
 になったのでしょう。

 今回の新型コロナの件で「不要不急」という言葉を初めて使った人は、この「不要不急線」から持ってきたのでしょうかね。

[ 2020/04/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ナンカチガウ感

2020033601.jpg
霊幻道士Q 大蛇道士の出現

 たまには変わったホラー(コメディ・ホラー)でも観ようと思い、「霊幻道士Q」という作品を借りてきました。
 いわゆる、キョンシーモノです。

 この映画を観られる方も少ないでしょうから、今日はネタバレします。

 平成生まれの方には馴染みが無いであろう、キョンシー。
 昭和世代は映画やTVで放送されたり、ゲーム「ヴァンパイア」のレイレイ等のキョンシーキャラに多く触れていたのです。

 日本でヒットしたキョンシーシリーズは二作品あります。

 まずはキョンシーを世間に広めた霊幻道士。
 主人公はラム・チェンイン演じる渋いチェン道士(ハオ道士)。
 香港で作られた映画です。
 
 次に、霊幻道士の世界観を参考に作られた幽幻道士。
 主人公はシャドウ・リュウ演じるテンテン。
 可愛いテンテンと明るい世界観で、日本ではこちらの方が知名度は高いかも。
 こちらは台湾の映画です。

 この「霊幻道士Q」は「霊幻道士」シリーズの監督が2018年に制作し、当時チェン道士の弟子役だったチン・シュウホウがハオ道士を演じるという、ファンとしてはかなり期待できる組み合わせ。当時のファンとしてはワクワクしながら視聴しました。


 なんていうか、惜しい作品でした。

 
 ええとですね、キョンシーがほとんど出てこないんですよ。
 敵は大蛇道士というタイあたりの術使いで、彼らが中国でキョンシーを操るのですが、それだけ。
 メインは双方の術やアクションでの戦いで、CGが多く、いわゆるワイヤーアクションも少なめでした。

 ラスボスはおじいさんとマッチョのお兄さん。
 冒頭で出てきた蛇女(美人!)の方がよっぽど絵になってました。


 それから、なんか色々と雑です。


 シナリオの途中で女の子が誘拐され、叔母が一人でやって来ないと女の子を殺すという脅迫状が届きます。
 そこで叔母が一人で行き(悪の組織に輿で運ばれて)、道士は密かに愛犬を放って叔母の行き先を調べるのですが。





2020033602.jpg

 犬、近くない?
 叔母を運ぶ犯人達は街中からずっと後をつけてくる犬に気付いてないようなのですが、森の中でコレはわかるだろ!

 世界観が19世紀から20世紀くらいの中国なのに、なぜゴールデン・レトリーバーなのかも謎。
 ペットタレントの都合かしらん。

 とはいえ、この手の香港系コメディ・ホラーは残酷要素もお色気要素も少なく、お子様が観ても安心な内容ではあります。
「香港型ゾンビランド低予算版」を観るという姿勢なら楽しめる……かな?

 私としては、中華屋さんに行ったらカレーしか置いておらず、不味くもないけど飛び上がる程美味しくもない感じです。

[ 2020/04/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ドンドン事態宣言

 関東エリアでは新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発動。
 特に強制力がないとはいえ、世の中の勢いは下がり気味です。
 外出好きな私ですら、週末は3週間ほどどこへも行っておりません。
 
 そんな暗い世間において、ミョーに超ご機嫌なヤツがいます。

 我が愛犬です。

「なんか知らないけど土日はアタイと遊んでくれる!」
 という、なんとも希望に満ちた顔で私を見てくるのが分かります。

 運動不足や肩こり解消用に柔軟体操をしていると、ボールを持ってきて目の前で落としたり、吠えたり、跳んできます。
 キリが無いので無視を決め込むと、足元にボールを何度も落とすのでその度にドンドン鳴るという。

 話を聞く限り自宅待機や出勤停止をされている愛犬家も多いので、どうやら全国的に犬の機嫌が良いそうです。
 平日は夕方まで会えなかったのにランチや休憩時に居間で休む生活リズムになった結果、愛犬に喜ばれているとか。
 物事はわからないものですね。

 猫を飼われている家はどうなのでしょう?

[ 2020/04/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

いつもおなじみの

 入稿追い込みシーズンになりましたので、しばらく更新をお休みします。
 よろしくおねげえします。

 相変わらず拍手やコメントが無いのでどれだけの方が読まれているのかまったく把握しておりませんが。
 FC2日記サイトのランキングだと上位1%より上位にいるので、いきなり止めると不安になる方もいるでしょうからご報告をば。

 ちなみにコミケが開催される場合には入稿で疲れているので休みます。
 コミケが開催されない場合にもふてくされるので休みます。

*以下3月29日追記
 
 この日記を書いたのは3月中旬でした。
 その後にコミケの中止が決定したので多分通常通りの更新になると思います。

[ 2020/04/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

支店4コマ43話 オーディオコメンタリー

年刊ゆるふぃどにあ 第43話 「おいしくなあれ♪」

 本店で更新されている4コマ「ゆるふぃどにあ」の制作秘話、オーディオコメンタリーのお時間です。
「ゆるふぃどにあ」ではオムニバスでの面白さを重視した作品が制作されており、たぬさんが作画を担当してくださっています。
 
 ここで何度も書いている通り、今回の主役を務めた結菜は女子中学生にして生粋の死霊術師(ネクロマンサー)です。

 ネクロマンサーをご存じない方に簡単に説明しますと、
「動物や人間の死体や魂を呪文を使って動かす」
 という能力を持ちゾンビやスケルトン、いわゆるアンデッドを操るという、ファンタジー作品では悪役の定番職業です。
 勇者の妹が真逆の属性持ちというのは、おかしな家族ではあります。

 彼女の性格は中学生時代の私にかなり似ております。
 仮に私が中学生時代にネクロマンサーであったとしたら、やはり何かしたくなるのが人情ではないかなとは思います。

 だって自分の力で死体が動き出すんですよ。
 夕飯にお刺身が出たら、お頭の部分をゾンビ化とかさせたくありません?

 彼女の場合、地上でナンバーワンのアンデッド退治ができる兄がいるわけですし。
 お墓へ行って人間の死者を出してこないだけ、まだマシかと。

 ところで、こういうファンタジーの世界で思春期を迎える少年少女は、ファンタジーな能力で非行に走らないのでしょうか?
 中学生時代の私が仮に空を飛べたら女湯を上空から覗こうと考えるでしょうし、女の子ならジャニーズアイドルの神宮ライブを上からタダ見しようとも考えると思うのですが。
 
*支店4コマの掲載期間は最長でも2か月間となっております

[ 2020/04/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

息が吸える事のありがたさ

 新型コロナウイルスに感染された方が、その恐ろしさを動画で広めるケースが多く見受けられます。
 多くが呼吸器系にダメージを負い、人工呼吸器を付けながら動画を撮影している方もいるようです。

 過去、私は喘息持ちでした。
 何故か大人になったら治りましたが(小児喘息らしいです)、それはもう苦しいものでした。

 みなさん、ここでちょっと深呼吸をしてみてください。
 肺一杯に空気を吸ってください。

 吸われました?

 この話にお付き合いいただけた方の肺の中には、いっぱいの酸素(空気ですね)が入っていると思います。
 全力で吸ってもその半分しか空気が取り入れられなくなるのが、喘息で発生する呼吸器障害です。

 だから喘息になると運動が出来ません。
 この状態でも酸素が全身にいきわたらないので、運動なんかしたらさらに酸素が不足します。
 酸素が足りなくなると吐き気になり吐きます。

 問題なのは、人はいつか寝なければならないわけで、この状態で横になると吸える酸素がさらに減ります。
 背中を上げられる稼働式のベッドを使うか、壁にもたれて座ったままでじゃないと寝られません。
 思い出してもかなり辛いもので、新型コロナの呼吸器障害の話を目にするたびに自分の肺をギュッと掴まれる思いがします。


 でも医学的に見れば私の苦しさは人工呼吸器を必要としない、「軽症」にあたるわけでして。


 看病をしてくれていたうちのオババ様が、
「代われるものなら代わってやりたい」
 と言ってましたが、これよりもさらに酷い状態に自分がなってしまう。
 自分ならともかく、家族や友人にうつしてしまう事を考えるとのんきには過ごせないなと、深く感じます。
 
[ 2020/04/04 14:22 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ポイント無加算中

 新型コロナウイルスの影響で、オババ様が利用している施設では面会自粛中。
 2月前半以来、しばらく会えていません。

 BP(ババアポイント)がしばらく加算できないので、どうしたものかとは思うものの。

 でも仮に施設内で感染が広まった時に疑われるのもなんだしなあ。

[ 2020/04/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

知らないDom*教えてDom

 子供の頃、ダイエーで買い物をすると敷地内(地下や出入り口に隣接してあった)のドムドムバーガーへ行くのが楽しみでした。
 元々ダイエーの創設者中内功氏がマクドナルドを日本で営業したいと思い米マクドナルドと協議したものの、交渉がうまくいかず破綻。そこで独自に研究や開発をし誕生したのがドムドムハンバーガーです。

 現在はダイエーそのものが減ってきた事もあり、私が通っていたお店を含めほとんどのドムドムが閉店。
 関東でも10店舗ほどしか残っていません。

2020040201.jpg

 そんな貴重な「関東の10店舗」のうち、一番行きやすい野田運河プラザ館店へ行くことにしました。
 最寄り駅は東武野田線の運河駅。

 他に観光する場所もなく、こういう目的が無ければ利用する事の無い駅です。

2020040202.jpg

「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」という漫画の聖地なので、公共の掲示物でもキャラクターが活躍してますね。

2020040203.jpg

 運河プラザ館というのはデパートなどではなく、宗教施設「霊波之光」の敷地内にあるそうです。
 ドムドムの公式サイトには「信徒以外の利用はできません」みたいな事は書かれていないので、私でも大丈夫なのでしょう。

2020040204.jpg

 ここにはかつて江戸川と利根川をつなげた利根運河があり、駅名の由来となっています。
 そこをこえると東京理科大学があり、運河プラザ館はさらに先にあります。

2020040205.jpg

 宗教施設「霊波之光」の入り口です。
 挨拶をする、という教えがあるそうで、建物までの間に色々な方と挨拶をしました。
 
 特に信徒ではない私も問題なく利用できるようです。 

2020040206.jpg

 建物内は神聖な場所なので撮影は禁止なので、お持ち帰りのハンバーガーを撮影しました。

 こちらのドムドムの営業時間は10:00から16:00時とかなり短め。
 また場所を知らない方も多い事もあるからか、お客さんは私一人でした。

 売り上げ的な部分ではかなり厳しいと思われるので、もしかしたら施設側の依頼で営業されているお店なのかもしれません。

 ハンバーガーもポテトも以前より美味しくなっている印象なので、また日本中に支店が増えたりしませんかね。

[ 2020/04/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

砂の繁栄

 昨年の秋にファミコンイベントでお邪魔した、フライハイカフェ
 こちらが、昨日の3月31日に閉店されました。

2020040101.jpg

 また、支店で先週紹介したばかりのメイドカフェSeven Seasさんも3月31日で閉店。
 どちらも3月31日に、突然閉店の告知をされました。

 どちらも残念なニュースなのですが、特にSeven Seasさんに至っては今年の2月にオープンしたばかり。
 コーヒーもオムライスも美味しく、これから通おうと楽しみにしていたところでした。
「たむき」のメイドさんも感じが良い方でしたし。

 どちらのお店も、新型コロナの影響で客足が激減したとのお話です。

 3月の途中から自粛要請だけで、私の知る限りでもすでに3軒の店(ゲームセンターチェーン店含む)が無くなりました。
 4月も自粛ムードが続くのであれば、今後も閉店は後を絶たないでしょう。
 
 外から見ると賑やかな秋葉原ですが、実は多くの経営者が年々高くなる賃料や人件費とデフレ不況の板挟みになって苦労されており、近づいてみると砂上の楼閣で薄い氷の上を歩くようなギリギリの状態で頑張られているケースが多いのです。

[ 2020/04/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)