FC2ブログ









小学校高学年の道徳

2020051301x.jpg

 昨日に引き続き、今日も道徳の教科書のお話です。
 今回は小学校高学年(5年生&6年生)用。
 こちらも実際に使われた本物の教科書で、前の持ち主であろう女の子の名前がうっすらと書いてあります。

 内容は多少奇妙な宗教的な部分はありますが、概ね興味深いものばかりです。
「外国の人が日本で住むにあたり困っている事を探してみよう!」
 なんていう記事は、大人にも読ませてあげたいくらい。

 また低学年版と比べて、偉人伝が多いのも特徴。
 マザーテレサやヘレンケラー、「MOTTAINAI」のワンガリ・マータイさん等、チョイスも標準クラスと言っていいでしょう。

2020051302x.jpg

 ただし江戸しぐさを入れてしまっているのはいただけません。
 
前の日記でも書きましたが、江戸しぐさは芝三光氏(小林和雄)の創作、それも自身が理想とする倫理観を書いたようなものなので、
「江戸しぐさはどうして生まれたのでしょう?」
 なんていう見出しで嘘の歴史を書いてはいけないのです。

 江戸しぐさを伝授する江戸講が政府転覆を狙わないように、新政府軍は江戸っ子(江戸しぐさの伝承者)を滅ぼすために江戸っ子大虐殺を行いました。
 勝海舟は生き残った江戸っ子を救出し関東のあちこちに逃がしたのですが、今でもこれらの事実は隠蔽されています。


 こんなお話を聞いて信じちゃう人はそうそういないと思うのですが、なんと偉い人の中には疑問に思わない人もいて、教科書に掲載しちゃうのです。
 道徳教科書を作る人に歴史の専門家がいないのは不幸ですね。

 ちなみに芝三光氏は最後まで本当のことを言わずに亡くなってます。
 彼に限らず、偽史(作り物の歴史)の創設者はみんなあの世まで秘密をもっていってしまうので困ったものです。

スポンサーサイト



[ 2020/05/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)