FC2ブログ









痛めちまった悲しみに

 先週末、起きたらやたら腰が痛くて大変な事になっていました。

 騙し騙しやっつけて週明けに病院へ。
 腰痛の原因は坐骨神経痛でした。

 長くお世話になっている整形外科なので昔のレントゲンと見比べさせてもらったのですが、見事に背骨が濃縮されていました。

 クッションとか色々買わないといけないかなあ。

スポンサーサイト



[ 2020/06/30 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

速報!

 愛犬が、お手とお代わりをしました!

 推定年齢は1歳と9か月程度の愛犬。

 最初は全く行わず、
「用心深い個体はお手をしないからね。」
 なんて話をしていたのですが。

 週末の朝、何気なく催促したら簡単にやってのけました。
 偶然でも前足を手の平に乗せたら褒めるという行為を地道に続けていたことが、いきなり効果が表れました。

 今後お手を続けるか不明ですが、ひとまず速報をお伝えいたしました。

[ 2020/06/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

私設図書館

 多くの方に愛されるメイドカフェとして長年秋葉原で営業されていた私設図書館シャッツキステの閉店が決まりました。

 秋葉原事情にお詳しくない方向けに説明しますと、
「メイドカフェファンが歴史ある名店を4店挙げるとしたら、ほぼその4点に含まれるお店のうちのひとつ」
 で、私ならキュアメイドカフェ、メイリッシュ、@ほぉ~む、シャッツキステの4店舗を挙げます。

 店長の有井エリスさんはゾンビ作品にも精通されており、マツコの知らない世界にも出演されています。
 
 図書館のような店内で紅茶を飲みながら本を楽しむ、というお店だったのでコロナが存在する新しい生活スタイルには馴染めなかったのでしょうか。コロナ以前はオーナーさんが伴侶の海外出張に同行し秋葉原で働ける方が運営を引き継ぐという話をされていたようですが、もしかしたらこういう流れでは難しいと感じられたのかもしれません。
 
2017062005.jpg

 シャッツキステは「けものフレンズ」のアルパカのカフェのモデルとなったお店としても有名でした。
 アニメで大々的に有名になる前から作品展を開催していた経緯があるので、アニメスタッフも参考にしたのでしょう。

2017062007.jpg


2017062008.jpg

 上がアニメで登場するアルパカのカフェで、下がシャッツキステの店内。
 お客さんがいらっしゃったので撮影していない手前の部分まで、実は再現されています。
(アニメ版の窓のある方はキッチンやトイレがあるのでちょっと違いますけど)

 公式コメントによると、今後のメイドさんの次のステップが決まるまで可能な限りサポートされたいそうで、来年3月くらいをめどに閉店されるとか。気になる方、特にけものフレンズがお好きな方は今のうちに訪問される事をおススメ致します。

[ 2020/06/28 10:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

エコの時差

「欧米ではスーパーの袋なんて貰わずに、エコバッグ持参なんだよ!」
 なんていう話がもう何年も前からされていて、日本も徐々にそういう考えが浸透し始めました。

 資源の節約の為に使い捨ての袋を貰わずに、エコバックを用意しよう!

 そんな気持ちが政府に通じ、来月7月からスーパーのビニール袋の有料化が義務付けられました。

 やった、バンザイ! 
 これで日本も環境先進国家に一歩近づいた!

 一方、アメリカのスーパーの中にはエコバックの使用を禁止し、紙袋が使用されることになりました。
 新型コロナの感染を防ぐ為、スーパーのスタッフにはお客さんが持ってきた袋を触らないように、使い捨てに紙袋に入れて渡すの安全策をとっているそうです。

 日本もあと3ヶ月くらいしたら、
「ビニール袋をリサイクルすると感染の原因になるかも?」
 なんて言い出す方が出てくるのでしょうか。

[ 2020/06/27 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

独裁者の観戦

 プロ野球のペナントリーグが始まりました。

 私は現在特定のファンのチームはなく、作業用BGM代わりに中継を見ています。
 知らないチームの知らない選手の野球でも、野球好きには結構楽しめたりするのです。

 周知の通り、新型コロナ感染防止の為に現在野球は無観客で行われています。
 これだと球場で試合を生で楽しみ応援する楽しさは無く、野球本来の楽しみ方がなかなかできないご時勢です。

 ただTVで観ている側としては、これはこれでなかなか良いかも?なんて思ってます。

 まず応援が聞こえず解説も淡々と行われているので、野球に集中できます。
 次に、多分こちらが主なおすすめポイントですが、ボールの音がかなり聞こえるんですよ。
 
 プロ野球選手が試合をしているボールの音って、基本的に聞こえにくいものなのです。
 現地での応援の声やファールボールに注意を促す球場内の放送など、野球以外の音も多いので。
 
 それがボールを打つバットの音までちゃんと聞こえるのです。
 ここからは個人の感想ですが、ファールの音とヒットの音もなんか違うように感じます。

 ファールだと「カッ」で、大きいあたりだと「コッ!」あるいは「カン!」
 あくまでも個人の感想ですが、バットの良い所に当てたほうがボールもよく飛ぶのでしょう。 

 独裁国家に野球好きな支配者がいたら、こういう楽しみ方をする人もいるかもしれません。
「私の為に試合をせよ!」
 それをお茶の間の庶民にも疑似的に楽しみませてくれるのが現在の無観客試合なのです。

[ 2020/06/26 08:38 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

女子プロの予備知識ゼロで全女のDVDを観賞した結果

 いわゆる煽りタイトルですね。
 プロレスですからね。

 そんな、タイトル通りの事をしてみました。
 私が深夜まで起きられるようになった頃には放送機会が少なくなっていたせいで、昭和時代の女子プロとはほぼ無縁でした。
 初めて観た女子プロは東京女子プロレスなので割と最近ですね。

2020062401x.jpg
週プロDVD増刊:全女“超戦士”伝説1

 今回観賞したDVDはこちら。
 1990年に横浜文化体育館で開催された全日本女子プロレスのイベント「レッスルマリンピアード90」の様子が収録されています。
 全試合ではなく、ベストのようです。

 この時期はすでにダンプ松本さんは引退され、ジャガー横田さんやライオネス飛鳥さんは解説者になっていました。
 団体のスターはアジャ・コングさん、ブル中野さん、北斗晶さんや豊田真奈美さん等、私でも知っている方々です。

 収録されている四試合はどれも面白く、今観ても非常にレベルの高い物。
 アメリカのプロレス団体WWF(現在のWWE)は女子レスラーの事をディーヴァと呼び、お色気要素も兼ねて起用していた時代が長いので、1990年代ですでに良い試合を目指しているのは新鮮に思います。

 特に四戦目、ブル中野選手とアジャ・コング選手の金網ノーレフェリーデスマッチは、
「相手をダウンさせてリングの周りにある金網から出れば勝ち」
 という、反則無しのスペシャルルール。
 二人の極悪なレスラー(悪役同士が戦うメインイベントと言うのも斬新!)がハサミを持ったり鎖を持ったりとで死闘を繰り広げ、ブル選手が金網のてっぺんからギロチン・ドロップを決めるという、男子のプロレスでもなかなか見られない歴史に残る試合でした。

 お客さんの中に男性だけでなく女性の声援(後輩たちの声かけかな?)が聞こえたり、女子高生が制服姿で見に来ていたりと、当時の女子プロ人気がうかがえるイベントだったと思います。

 さらに豊田真奈美さんの太ももの魅力を語りたいところなれど我慢し、少し本道から離れた感想も書いておきましょう。
 
 なにしろ30年前のプロレスの試合です。
 今のように演出やマイクパフォーマンスも研究がされていません。
 ですから、全女と言う組織からはにじみ出る真面目さを感じてしまいます。

 試合前にアナウンサーがいるところへ呼ばれ、試合前の意気込みを聞くコーナーがあったり。
 引退した選手の解説は先輩がちゃんと技術論を述べるようだったり。

 もちろんレスラーなのですから口調はみんな悪いんですよ。
「オイコラ、テメエ、コノヤロー!」
 なんて、リングの中でも外でも叫んでいるのですから。

 でもタッグマッチ(二人一組で戦う試合)の勝者にインタビューすると、
「急場しのぎの連携が取れないチームで私たちに勝てるわけねえだろ!」
 とか、真面目なコメントをするのです。

「タッグマッチでは数秒なら待機選手がリングに入っても良いのだから、仲間がピンチの時は助けるべきだ!」
 そういうコメントの中に、女子レスラーの方々の誠実さがしみじみと表れるようでした。
 
 ちなみに悪役レスラーの中において、ひとり井上京子選手だけが、
「どちらかといえば正義はレスラー向きでは?」
 と素人の私が思うほどクリーンな言動と戦い方でしたが、DVD視聴後に調べたら当時彼氏がいたのが団体にバレて、ペナルティで悪役レスラーにさせられたそうです。AKBに先駆けて、全女は恋愛禁止令がリアルにあったのですね。

 なお井上さんは現在女子プロレスの団体代表の他、家庭環境に恵まれない子供たちに食事を提供される「こども食堂」の運営もされており、今も昔も素晴らしい方なのだなと感銘致します。

[ 2020/06/25 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2020年のブロードバンド時代

 3月くらいから、家庭で利用しているJCOMの回線が切れやすくなりました。

 キレる男と言う表現は、一昔前までは頭の切れる優秀な人物と言う誉め言葉でした。
 それが昨今は感情のコントロールが出来ない困った人物という事になり。
 この表現の変化とはまったく関係なく、現在は我が家のネット環境がキレやすくなっているのです。
 
 どれくらいキレるかというと、1日3回とか4回以上。
 キレやすい回線なのです。
 コロナ騒ぎの前は、遅いとはいえもっとマトモだったのですけれどもね。

 理由は全国的な自宅待機でしょう。
 今まで会社で会社の回線で仕事をされていたのが自宅での仕事が増える事により各々のプロバイダを利用する事になり、その中にJCOMの回線が含まれているのでしょう。
 家庭用プロバイダーは全国的な在宅勤務が想定されていないわけですから、当然混雑も切断もしますよ。
 
 仕方ないとはいえ、こういう日記の更新をしているうちにいきなり切断されたりするのは困ります。
 セキュリティなどの関係で、バックアップを取ってなければ送信エラーはイコールで全文章書き直しになるわけですし。

 かといって、こういうインフラの問題はサポートセンターに連絡してどうにかなるものでもなく。
 時給で雇われている弱い立場の人に怒鳴りつけたところで、責任者が回線を太くしなければ解決しませんから。

 台湾のメディアだったかな。
 日本がコロナ騒動でいつまでも在宅勤務が進まない理由に、
「日本ではネット環境が進んでおらず、在宅勤務が実現できる環境にない。」
 と評価しているのを読んで、思わずなるほどと頷いてしまいましたっけ。

 日本人がネットミーティングを一斉に始めたら、20年以上ほとんど変わってない物理的インフラの日本ではあっという間に回線がパンクしますからね。

[ 2020/06/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

誕生日アキバ散策2020 後編 ~Vtuberプレート~

2020062301.jpg

 日曜日のアキバ散策。
 最終回はブランクありつつも16年くらい通っているメイドカフェ、JAM AKIHABARAさんへ。

 メイドさんがケチャップでお絵かきをするという、いわゆる萌え萌えオムライスの元祖のお店の魂を継いでいる(元のお店はすでに閉店し、レシピを引き継いでいる)お店です。
 元のお店が秋葉原(千代田区外神田)ではなく湯島(文京区)にあったので、秋葉原エリアでも元祖なのかも?

 ここは誕生日の前後1週間の間、リクエストを受けて絵を描いてくれるバースデーケーキプレートを提供してくれます。
 ケーキプレートの料金は750円で、レギュラーメニューのケーキと同じ価格です。
 誕生日を証明するものがあれば予約の必要はなく、
「〇〇を描いてください!」
 とお願いすれば、ケーキとメイドさんのお誕生日の歌が楽しめます。

 私の場合は、

・カフェメイリッシュでは東條希(ラブライブ)で固定
・JAM秋葉原ではその時に好きなキャラクター

 という流れになっているので、今年は今ハマっている「Vtuber可憐(シスタープリンセス)」をリクエストしました。

2020062302.jpg

 こちらがバースデー仕様のケーキプレートです。
 メイドさん界には物凄い画才をお持ちの方がいて、こういうのをサッを描いて提供してくれるお店が結構あります。
 それにしても今年も上手な作品ですね。

 公共の場でニヤニヤが止まらなくなりそうなほど嬉しかったです。
 数分でチョコの絵を崩して食べるのがもったいない位。

[ 2020/06/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

誕生日アキバ散策2020 中編 ~岩本町ミラクルメイドストーリー~

2020062201.jpg

 誕生日散策のお話、3日連続のうちの2日目。
 この日のメインイベントである、フェリシーさんでのお誕生日コースのお話です。
 
 時間はフェリシーさんへ行く30分前。

 去年の夏コミ用に購入した携帯用扇風機がへたってきた上にモーターの音がうるさくなってきまして。
 フェリシーさんへ行く途中にあるヨドバシカメラの扇風機コーナーに寄ってました。

「携帯用扇風機、割と高いんだよなあ。どうしようかなあ。」
 と思い、ヨドバシを出てフェリシーさんへ。

 さて、フェリシーさんではお誕生日コースにメイドさんが選んだプレゼントを貰えます。
 今年もいつもお世話になっているメイドさんからこんなコメントとプレゼントがいただけました。


「私が重宝しているものですが、もしお気に召して頂ければ幸いです。」

 イイ年して大きな声を出してしまいました。
「メイドさん、もしかしてエスパーですか?」

 重宝もなにも、30分前にヨドバシで欲しがっていた物(携帯型扇風機)です。
 しかも、今私が使っているものよりはるかに良いものです。

 メイドリフレのお誕生日コースでもらえるものとして、こんなに豪華なものってありえるのでしょうか。
 料金は通常コースよりお安いんですよ。これに特別な紅茶やケーキ(コロナの関係上で今年はお持ち帰り用の焼き菓子)、大きなチェキ(写真)とお手紙がセットになっているわけですし。

 すごい!としか表現できない誕生日散策となりました。

[ 2020/06/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

誕生日アキバ散策2020 前編 ~復活にふさわしい人選~


 お誕生日を堪能する為、秋葉原へ。
 越境制限的なものがなくなったからか、この日は電車の中も割合人が乗ってました。

 広告主(ラッピング)を失っていたアトレ秋葉原も無事に復活。
 現在のラッピングはアイドルマスター SideMです。

 それほど長くプレイしていないのでエラソーに言える立場ではありませんが、私はこの作品がかなり好きでした。
 美少女が出てくる本家アイマスと違い20代の男性キャラが多く出ている上に、アイドル一筋で生きてきたメンバーはほぼおらず大体前職で社会にもまれているキャラばかりだったからです。

 苦労しているメンバーが多いこの「Side M」なら、ラッピングが復活後に初めて撮影する作品にふさわしいのではないでしょうか。

 特にアイマス勢としては、ジュピター初登場のイベントが不憫で不憫で・・・・・。

 みんな本当に頑張ったねえ。

[ 2020/06/21 22:41 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

シンディ後日談

 この日記が更新されている時期、ページのトップの部分にシンディのイラストが掲載されています。
 ものすごくスタイルの良い褐色のキャラクターの素敵なイラストです。

 先日、シンディのキャラクターデザイナーであり今回の作品を贈って下さった霧月悠衣さんから、実はこれが誕生日のプレゼントと言う話をお伺いしました。

 誕生月である6月に入ってから私はツイッターで、
「誕生日にはおっぱいが欲しい!」
 と、くだらない事を発言しました。

 私のアカウントはお客さんが多いわけでも注目されているわけでもなく、ツイートも完全にふざけたアホな発言で、
「バーカ!」
 という返事をフォロワーに頂ければそれで完結する内容だったのです。

 ところが、そのツイートをたまたま拝見された霧月さんがかなえて下さることになられたとか。
 その経緯も含めて、本当にありがたいお話だなあと感銘しております。

 生まれたときから今に至っても、多くの人に支えられ助けられている事を改めて実感します。

[ 2020/06/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

再放送万歳

 感染防止のため収録をする機会がまだまだ得られないからか、再放送が増えました。
 再放送と言うより過去の作品の中で面白い物を選んで編集したものが流されている、ですね。

 新作が見られないのは残念ですが、番組によっては私が観てなかった頃のバックナンバーが楽しめる点も捨てがたいもの。

 特にお得感があるのは、タモリ倶楽部ですね。
 私が子供の頃から放送されているので、バックナンバーはとても貴重です。

「もうずっと30分位、過去の空耳アワーを流してくれても良いのよ。」
 なんて思いながら過去の作品を楽しんでます。

[ 2020/06/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

爆破オチ

2020061801x.jpg

「fallout4」をクリアしました。
 誘拐された息子のいる組織をどうするか決めるまでがいわゆるメインシナリオで、前回の和解ルートとは反対に息子もろとも爆破する道を選びました。

 ストーリーに関してはもう何度も書いているので、今回は備忘録を兼ねて使用したMOD(追加プログラム)を紹介します。

2020061802x.jpg

「Personal Jetpack」

 個人で使用できるジェットパック。
 ジャンプの継続距離はAP(アクションポイント)に依存します。

 これがあるので、私はジェットパックが装備できるパワーアーマーがすっかり飾りになってます。

2020061803x.jpg

「0079 - 08th MS Team - Gundam Power Armor」
 
「機動戦士ガンダム 08小隊」に登場する陸戦型ガンダムや、ザクII等をモデルにしたパワーアーマーが使えるMOD。
 この時代のガンダムは地面をノッシノッシ走っていくタイプなので、同じ走り方をするパワーアーマーとは相性が良いです。

 そしてこの撮影後に燃料を入れっぱなしにしていたら、この街に来る行商が勝手に乗ってどこかへ行ってしまいました。
 二つくらい隣の町で見つけて取り返したものの、
「ガンダムシリーズはガンダムが盗まれるところから話が始まる事が多い」
 というお約束をこのゲーム内でも再現してしまいました。

2020061804x.jpg

「Whirligig Sentry」

 警備用及びレーダー用ドローンシステム。
 自動的に敵を見つけて迎撃するので治安維持用の人が足りない時に便利ですが、想像以上に遠くへ飛んで行ってしまい、居住地の入植者もそれにつられて遠くにいる敵へ攻撃しに行ってしまい、

「この居住地には入植者が10人いるはずなのに、誰もいない!」

 という事もしばしば。

 戦闘力は高く、待機時の音量と遠くまで頑張って警備に行ってしまう事に目をつぶれば頼れるシステムです。

2020061805x.jpg

 最近は防衛システムを頑張りすぎて、防衛時に防衛をしなくても済むようにはなってしまいました。

「敵が施設内に攻めてくるぞ!」
 みたいな緊張感のあるシナリオでも、敵の軍団が遠くからやって来れずに全滅するというね。

2020061806x.jpg

 そして、相変わらず街作りのセンスがございませんな。

 建物の周りに必要な施設を全部立てたら壁で覆うというもので、ほとんどどの拠点もこんな感じです。

[ 2020/06/18 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

荒野の母

2020061701x.jpg

 私が買うゲームは長く遊べるものが多く、外出自粛があと1ヶ月くらい続いてもやっていけそうなラインナップが揃っています。
 その中から、現在は核戦争から200年後の世界を描いたゲーム「fallout4」をまた引っ張り出して遊んでいます。

2020061702x.jpg

 今までは男性キャラでプレイしていたので、冷凍冬眠中に攫われる赤ちゃんは奥さんが持っていました。
 今回は女性キャラでのプレイなので、赤ちゃんを連れていく役割は旦那さんの方。
 
2020061703x.jpg
ミニガンか。面白くなってきた。

 女性キャラでプレイした感想は、どちらも大して変わらないというところです。
 プレイするのは私なので、私の感性のままに動いていくわけですからね。

 私がプレイしているので、当然ながら上の画像みたいにヤバい発言も普通にします。
 この発言から数分後、パワーアーマーに身を包んだ主人公がミニガン(ガトリングガン)片手に盗賊団を壊滅させていました。

 今回はシンディという、海外でもメジャーな名前にしたからか、戦前から使っていた家事ロボットが「ミスシンディ!」と声を出して読んでくれています。海外名の場合には、いくつかの名前が収録されているのかもしれませんね。
 
[ 2020/06/17 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

愛犬は歯が命

 愛犬の狂犬病やらフィラリアやらの処置で動物病院へ。
 健康診断をしてもらったところ、特に問題もなく健康。
 特に歯が白くて綺麗な点を褒められました。

 獣医さんのお話によると、好きなおやつである「蹄」が綺麗な歯を維持してくれているとの事。
「蹄は臭いですが、今後も続けてあげてください」
 とのコメントを賜りました。
 蹄、なんか牛舎の臭いがしますからね。

2020061601x.jpg

 なお我が愛犬の近況として、「座椅子に下半身を乗せ上半身は地べたに。顎を最大限上げてエビのように反って寝る」という珍妙なる寝方がブームらしいという事をお伝え致します。

 上の写真から、さらに顎を上にピンと伸ばす状態となり、見ている限りは辛そうです。
 本犬はリラックスしているようなので、それで良いなら良いのでしょう。 

 それから日本犬系雑種の特性で、この時期は抜け毛の多い季節。
 座椅子が毛でビッシリなので、抜け毛が落ち着いてコロコロ作戦をするまで人間としてはエンガチョしておきます。
 
2020061602x.jpg

 それにしても我が家の歴代愛犬は、
「また主人が変な事をしている。」
 という渋々面をよくしてくれますね。

[ 2020/06/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

メーカーは考えている

 ラジオ番組で、
「旦那が洗い物をすると、いつもスポンジの裏でなんでも擦ってしまい食器が心配だ。」
 というお悩み相談が流れていました。
 
「スポンジの裏は擦っても大丈夫な食器や調理器具に使うもので、それ以外は柔らかい部分で磨くべし。」
 と、お便りの送り手が言っていましたし、私自身もその通りだと頷きながら聞いていました。

 そこで番組が調べたところ食器洗い用スポンジと言うのは種類が色々あり、一概に言えるものではないそうです。

 曰く、硬い部分に研磨剤が入っている場合には、基本はやわらかい方で磨き、しつこい汚れには硬い方で磨く。
 研磨剤が入っていない場合には、基本はやわらかい方で洗剤を泡立て、硬い方で全部の食器や調理器具を磨く。

 スポンジによってバージョンが違うので、使う前には説明書きを読んでください、との事でした。

 食器洗いスポンジの柔らかい方が洗剤を泡立てる専門の箇所だったとは、この年までまったく知りませんでしたね。

[ 2020/06/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

苦虫を噛み続ける偉人

 今話題のお笑い芸人の不倫報道について、TVのコメンテーターが、
「性への欲求はスポーツなどで発散させる人もいるのですけど」
 みたいな話を聞きました。
 ながら観なので、詳細は不明ではありますが。

 よく「健全なる精神は健全なる身体に宿る」という発言をする人がいます。

 元の発言者である古代ローマのユウェナリスは、
「神様に地位や金や美貌を望む人が多いけど、これらは身の破滅になるから健全な肉体と精神を望む位が丁度良いのよ。」
 というノリであり「健全な体には健全な魂が宿る」と言ってないのですが、日本では誤訳が広まってます。

 大学生の集団暴行事件の首謀者は、多くが体育系もしくは体育会系のノリの団体であったりしますし。
 マッチョな人たちが「筋肉は裏切らない!」とコメントされているのを見かける度に、天国から渋い顔をして地上を除くユウェナリスをイメージしてしまうわけです。 

[ 2020/06/14 10:17 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

遠くへ行けない

「遠くへ行きたい」という旅番組がコロナ禍の影響で収録できなくなったからか、「遠くへ行けない」という小学生の冗談みたいな番組(コーナー)を放送していました。

 俳優の山崎樹範さん(管理人的には戦国鍋TVの熱演が好き)が全国各地の名所にお住まいの方に映像や名産を送ってもらい会話や調理をするという内容で、先週から前後編にわたり放送されており明日は後編が放送予定となっています。
 山崎さんのいるリビングと台所は各所にカメラが設置されているので、これなら確かに撮影スタッフも密集せずに済みます。

 多くの旅番組が放送休止になったり総集編になっている中、リアルタイムで収録を続けているのは興味深いですね。

[ 2020/06/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちょっとアレめな エースが通る

2020060801x.jpg
ゴール・オブ・ザ・デッド

 本日も自宅待機のお手伝いをしないであろう、フランス産のゾンビ映画を紹介。

 その名もゴール・オブ・ザ・デッド。
 なんとサッカーとゾンビを混ぜてしまった作品です。
 前半と後半に分かれており、メディアによっては1枚組だったりバラバラだったりします。
 
 舞台はフランスの田舎町、カペロング。
 ここで地元のサッカーチームとパリのプロチーム「オランピック・ドゥ・パリ(以後パリと略す)」が親善試合を行う事になりました。

 パリのベテラン選手サム・ロリにとって、ここは我が本拠地であり、カペロングのチームは自分のキャリアのスタート地点。
 故郷に錦を飾るつもりでやってきたところ、カペロングのサッカーチームを捨てた裏切り者という事で、大ブーイングを受ける事になります。

 カペロングのキャプテンであるジャノも、ロリが嫌いな一人です。
 今回の親善試合でパリのチームに勝ってやろうと気合を入れていたものの、医者である父親が良かれと思い外国から輸入したアヤシイ筋肉増強剤を注射すると、ジャノの体に異変が。

 ……そうです、ジャノはゾンビになっていたのです!

 とまあ、こんな感じです。
 
 ジャンルとしては、コメディ要素の多いゾンビ映画ですね。
 基本的に悪ふざけな部分が主体なので、それほど残虐性も高くありません。

 その理由のひとつは、ゾンビの感染方法。
 この作品のゾンビは相手に噛みつく場面がほぼなく、感染者の牛乳のような嘔吐物に触れると感染します。
 なので絵的には「口にポンプでも入ってるの?」という勢いの牛乳系嘔吐物を周囲の人にまき散らす場面がメインなのです。

 そして笑いを誘うシーンが細かく細かく挿入されており、ダメな登場人物ばかりの世界観でちょっと癒されます。
 バイオハザードの主人公みたいな人物がいないゾンビ映画ってこうなるのだろうなあと思う位、リアルと言えばリアルです。

 また地元のアマチュアサッカー以外に娯楽のない田舎町と言う、パリ以外のフランスの街の世界や文化感が楽しめるのは大きな収穫でした。サッカーが好きな国民性でも、すべてをサッカーに注ぐことに必ずしも賛成されているわけではないのだなと。

 楽しみ方のコツとしては、あまり楽しさを求めて観ない事です。
 TVを観ていたらたまたま流れてきた映画、くらいの姿勢だと楽しめるのではないでしょうか。
 私自身この作品は好きですが、こういうゆったりとしたゾンビ映画をハリウッドの大作と比べてはいけないかと。
 
[ 2020/06/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

刺激見たさ

2020061101x.jpg
海外クレイジー紀行(八雲星次)

 表紙からしてちょっとアレなおじさんが印象的な作品、「海外クレイジー紀行(八雲星次)」を読了しました。
 タイトル通り、海外のクレイジーな場所の体験談が書かれています。

 この作者は訪問先に負けない位クレイジーな方で、飲む、打つ、買うはもちろん、法律の線を割と軽く跨いじゃう方で、

・カイロでは登ってはいけないピラミッドに登り(違法)、警備兵にボコボコに殴られる。
・中国の安宿でマリファナパーティー(もちろん違法)に参加し、ハイになっているところに警察が乗り込んでくる。
・ラオスでマリファナを吸っていて逮捕され、警察に渡す賄賂の交渉をする。


 等々、地球の歩き方ではとても紹介できないような体験をされています。

 海外旅行に詳しくない私でもわかるほど、作者はかなり幸運の持ち主でしょう。
 飲む打つ買うの「打つ」は、この方の場合薬物なのでは?と思うほどかなりのアブナイ薬に手を出していても、現地で人命にかかわるトラブルに巻き込まれていない(≒殺されていない)のは強運と言って良いでしょう。旅先でディープな世界に顔を突っ込み命を落とすケースは、海外の体験談を読むとかなり存在しているようですし。
 
 それにしても違法行為もかなり多く必ずしも感心できない行動ばかりなのに、それでも読んでしまうのは何故でしょう。
 幼馴染の着替えに遭遇した時に礼儀として手で顔を覆うけれども、指の間からちょっと覗いちゃうような、そんな感じです。

 そんな淡い青春のような体験なんて一度もありませんが。

[ 2020/06/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

頑張るエリア拡大中

「〇〇頑張れ!」とか「元気出せ〇〇!」を初めて見たのは、1990年代。
 阪神淡路大震災の時に、イチローをはじめとしたオリックスブルーウェーブが「かんばろうKOBE」みたいなキャッチフレーズ(腕章でしたっけ?)を腕に付けて試合をしていたのが最初でしょうか。

 それから四半世紀以上を経た今。
 人に頑張りを求める掲示物が増えたこと増えたこと。

 爆発的に増えたのが、東日本大震災の時ですね。
 旅先、特に東日本エリアの町や村を歩いていると、
「がんばろう〇〇!」
 みたいなステッカーがいたるところに貼られています。

 パターン的には、その現地の方言で「頑張ろう」とか「頑張っぺ」とか。
 あ、「頑張っぺ!」と聞いてみなさんのご自宅の近くの話をされたと思うでしょう?
 でもこのステッカーは本当に沢山あって、例えば千葉県でも茨城県でもあるのでおそらく違います。
 うちの近所でも見かけます。そんな方言を使っている人、見た事ありませんけどね。

 その後は地震や台風や大雨が来るたびに数が増えていき、おそらくは今回のコロナ禍でも頑張らせる掲示物が生まれた事でしょう。
 TVを観る限り、今回は「元気を出せ!」みたいな呼びかけが多めでしょうかね?

 オリックスの選手の「がんばろうKOBE」がカッコ良かったのは、他ではみかけない励まし方法だったからで、みんなが真似しだしたらやかましい事この上ないです。

 そしてここが大事なことで、大震災にせよ大雨にせよコロナにせよ当事者はみなさん等しく被害者なのです。
 加害者がいない世界で、被害を受けた人に頑張る事を求めるには少し残酷ではありませんか?

 仮に車に轢かれて入院した貴方の病室に私が来て、
「車に轢かれたのは大変ですね。頑張ってください!」
 って言ってきたらウザくありません?
 
 それよりも壊れた家や道路などを直したり当面の生活費が支給された方が、言葉の励ましより元気が出ませんか?
 元々どの案件でも補償が薄い事は明白なんですから、被害者に頑張れと言うより、被害者を救済できる立場の人間が頑張らなければいけないはず。

 そこで今後は「金を出せ国会」とか「補償しろ政府」とかいうステッカーを作られてはいかがでしょう?
 その反対に補償がされたら「ありがとう政治家!(地元出身の国会議員でも可)」みたいなステッカーも用意して。

 政治家が街中でこういうのを見かけたら、少しは国会議員の方々もやる気になるかもしれませんよ?

[ 2020/06/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

小っちゃいって事は便利だねっ

2020060901x.jpg

 スカイリムを再プレイ。
 先日までゴツい男性キャラでプレイし無事にクリアしたので、今回は違うルートや生き方をしてみようと性別も変えてみました。

 追加した種族はエリーン。
 以前も使っていたキャラですね。

2020060902x.jpg

 ここ数年スカイリムで遊ばないうちにMOD(追加プログラムの事)業界やソフトそのものも色々と変わりました。
 可愛いキャラ、セクシーなキャラのMODもそれだけ増え、男女問わず美形キャラが好きな方には嬉しい環境となったです。

 ですがゲーム本体がバージョンで大きく分かれ、私の持つものは古いバージョンになりました。
 MODは新しいバージョンで遊べるものと、古いバージョン用途に別れ、入れられるものも限られるように。
 つまり、昔みたいに何を入れてもOKではなくなったので、動作確認を含め色々と煩雑になってしまっているのです。

 例えばグラマーな女性キャラを使用したい場合は昔なら、

・肌をきれいにするMOD
・顔エディット機能の拡張データ


 位で足りていたのが、

・バストを大きくするデータ
・骨格をそれに合わせるデータ
・バストの重力計算プログラム(歩くと胸が揺れる、等)
・髪型のデータ
・目のデータ
・声のデータ
・その他諸々

 
 年々綺麗になっていくのは歓迎なのですが、データが多いほどエラーやデータ同士の競合が増えるので、あまりMODを増やしたくないのが正直な所なのです。私の持っているスカイリムのバージョンですと、こういうデータを入れると登場人物全員がチョコレートプラネットの「T」のポーズのまま移動しているようになってしまいましたし。

 その点エリーンの場合は、

・エリーンのデータ
・エリーンの声のデータ
・エリーンと言う種族を増やすデータ
・エリーンという種族がNPCで登場するデータ


 をそのまま入れれば動作するので本当に楽でして。
 体系やスタイルが小さいキャラは、調整が楽なのでしょう。

 私自身に美的センスが無いので、相変わらずぬぼーっとした女の子しか作れませんけれども。

2020060903x.jpg

 今回初めて導入したエリーンのNPC(村人Aなど、主人公以外のキャラ)を増やすMODも正常に動作してくれています。
 デフォルトの兵士の数倍は強いので、戦争イベントなどで苦戦しますね。

2020060904x.jpg

 個人的に可愛いなと思ったのが、世界中を放浪している聖弓士ちゃん。
 聖弓士……何と読むのだろう。

 強い矢を売ってくれるので、暗殺者クエストの今回はかなり助かりました。

2020060905x.jpg

 ちなみに、内戦クエストでは毎回帝国ルートなので、今回は初めてウルフリック・ストームクリーク側に入隊してみました。
 今まで帝国軍への入隊希望を出していたソリチュードが、ウルフリック側だと最後に落とす城になり、今まで上司だった人物が最後に倒す敵になるので、色々と考えるものがあります。

 この作品の世界観を説明しようとすると日記3週間分くらいにはなりそうなので割愛しますが、どちらの陣営も民族と大陸の平和を求めて戦っているので、内戦でどちらが勝利しても爽快感のようなものが得られません。

[ 2020/06/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

一足早いばーすでい 2020

2020060800.jpg

 今年もバースデーサービスを楽しみに、カフェメイリッシュさんへ行ってきました。

 こちらは「シュタインズ・ゲート」という作品に登場するメイドカフェのモデルで、原作と同じく「世界がヤバイ」と書かれたオムライスが名物となっています。

2020060801.jpg

 そんな中、本日書かれた文字はこちら。
 新型コロナの影響でメイリッシュさんの運営も大変らしく、メイリがヤバイというハッシュタグでファンが応援をしている状態です。
 私も少しはお手伝いできればと、こちらのオムライスをオーダーしました。

2020060802.jpg

 そして今年のバースデープレートも、「ラブライブ」の東條希をリクエストしました。
 毎年違うメイドさんが描いてくださっているのですが、みなさん本当に上手で食べるのがもったいないですね。


[ 2020/06/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

疲労困憊の東京

2020060701.jpg

 自粛期間もあり、久しぶりの秋葉原。
 去年の今頃は戦車が置かれていた駅前のセガ(ゲームセンター)も、未だ休業中。

 ゲームセンターのいくつかは廃業し、よく通うメイドカフェにも退社をされるメイドさんが表れるようになりました。お店に貢献されたメイドさんは不祥事でもない限りお店側でアイドルのように卒業イベントをやってくれるのですが、時期が時期なので多くの方が公式ブログでの報告で済ませてしまっており、気の毒なお話です。

 打撃が大きいのがお土産屋さんで、電器製品などとは違って賞味期限が存在する為、営業再開と同時に休業中に期限が近付いてきたお土産を安売りされています。ああいうアイテムは原価率も高くお店側もそれほど利益が高くない為に、かなり厳しい事でしょう。

 これはアメ横も同じで、いつも利用している菓子店が軒並みお土産系のアイテムの取り扱いを一時的に取りやめ、やはり休業中に賞味期限が近付いてきたアイテムを安売りしてました。

 観光客が多い、つまり観光客に売り上げを頼っている秋葉原やアメ横は、かなり疲労困憊しているようです。

2020060702.jpg

 それにしても秋葉原駅のPOP。
 ソーシャルディスタンスはともかく、「金をかけずに済ませよう」という姿勢が露骨過ぎるのはいかがなものか。

 世界でも有数のサブカルチャーの聖地ですよ、秋葉原って。
 ニューヨークの駅の掲示板にいらすとやの素材で作ったポスターを貼るようなものですよ。

[ 2020/06/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ブレイカー麻婆豆腐

 麻婆豆腐を食べていたらミョーに新しい食感があり、舌で確認してみると奥歯のインレー(被せ物)でした。
 硬い食べ物でもなし、珍しい外れ方があるものです。

 早速歯科へ行き見てもらうと、待ち時間を含めて30分も経たずに修復完了。
 外れてから早めに来たので、調整がいらなかったとの事。
 治療が遅れると歯が膨張するんだかなんだかで、調整が必要になってしまうそうです。

 ついでに虫歯の検診もやってもらい、治療も検査も無事に終了。

 こう淡々と書いてますが、インレー無しの歯で食事をすると結構つらかったです。
 それをすっかり忘れてチョコレートを噛んだところ、甘味が刺激になって相当痛みましたので。
 よっぽど虫歯にでもなったのかと思ったくらいです。
(神経が過敏になっていただけで、虫歯ではありませんでした。)

[ 2020/06/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

支店4コマ45話 オーディオコメンタリー

年刊ゆるふぃどにあ 第45話 「映え」

 本店で公開された4コマ「ゆるふぃどにあ」の制作秘話、オーディオコメンタリーです。
「ゆるふぃどにあ」ではオムニバスでの面白さを重視した作品が制作されており、たぬさんが作画を担当してくださっています。

 今回はナイトプールのお話です。
 
 原作を作ったのは、多分2年か3年ほど前です。
 作画をしてもらったのが、昨年の春です。

 ゆるふぃどにあは建前的には年刊(年に1回の更新)、実質的には隔月(二ヶ月に1回の更新)なので、公開できる作品数に限りがあり、しかも夏をテーマにしたネタは6月と8月くらいしか扱えないので競争率も高く、なんだかんだで2020年の公開となりました。

 このネタを考えたときは「インスタ映え」という言葉が流行り、わざわざ夜に都心のホテルで開催されているプールイベントへ行くという人がかなりいたようです。ニュースでも放送されたナイトプールというやつです。

 それが2年も経たないうちに世界中で新型コロナウイルスが感染拡大しプールへ行けない日が来ることになるなんて、このネタを考えている時には夢にも思いませんでしたね。

*支店4コマの掲載期間は最長でも2か月間となっております

[ 2020/06/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

スタンドアロン式フォロワー

2020060404x.jpg

 スカイリム(Skyrim)を引っ張り出して、久々に遊んでいます。
 今回はスタンドアロン式のフォロワーMODについてのお話なのですが。

 少しアダルティな話題なので、問題の無い方だけ続きをお楽しみください。
 会社やリビングのPCだと恥ずかしい思いをするかもしれませんので。
[ 2020/06/04 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

四度目くらいのイスミールにかけた話

2020060301x.jpg

 多分3回目か4回目、4年ぶりくらいにスカイリム(Skyrim)をはじめました。
 久しぶりにこのオープニングを見たとき、ふと脳裏にポプテピピックの記憶が。

 長い事、処刑場に運ばれてませんでしたからね。
(この作品のシリーズはよくわからない理由で囚人になっているところからスタートするのです)

2020060303x.jpg

 キャラメイクはテキトーに行い、今回もオッサンにしました。
 戦闘中は一人称の映像ですし、可愛いキャラを導入するのが割とホネ。
 可愛い女の子は後でいれて、男性キャラ側として楽しむプレイにします。

2020060302x.jpg

 前回は無縁だったNPCの美化プログラム(MOD)を導入し、何割かの女性キャラは可愛くなってます。
 あとは気が向いた追加フォロワーを導入しつつ、ゲームを進めていきましょう。

 今回も魔術師大学に入学するコースかな。

[ 2020/06/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

球児に優しく

 アニメ「球詠」を引き続き視聴しています。
 ストーリーの関係でやや早足であるものの、元の漫画が面白い作品なのでアニメにしても面白いです。
 本作品について、ちょっと弁護させてもらっていいですか。
 
 この時期、多くのアニメやドラマが放送延期をしている中、未だ頑張っているこのアニメ。
(この日記が公開されるときにはストックが無くなり放送延期になっているかも?)

 作画が悪いとか、責めないであげてほしいなあと。

2020060201x.jpg

 ちなみに私の好きなキャラ、大村白菊はこの子です。

 相変わらず半ズボンで野球をしているので怪我が心配ですが、元剣道で全国1位をとったパワーは素晴らしく当たると飛ぶバッターなので、プロ向け(≒ファンが見ている分には面白い)な女の子ではあります。
 制作サイドも彼女の魅力が分かっており、スイングの描写が少年漫画に負けないほどスゴイカッコいいのです。

 あと何年か連載されたら多分「グワゴラガキーン!」とかいう打球音になるような才能の持ち主かと。

[ 2020/06/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

レンズの外で

 先日の話。
 いつものように愛犬の散歩をしていたら、散歩ルートで撮影が行われていました。

 おそらく個人ではなく法人で、話を聞く限り今回のコロナ騒動の話をコメントしていたように思えます。
 内容もまじめなもので、カメラとビデオカメラをセットで固定して撮影していました。
 私と愛犬は邪魔をしないように、撮影が終わるまで横に立っていました。

 どんな企業のものだか、どこ向けに作られた物かは知りません。

 ただ、世界中に出回っている明るい未来を求めるメッセージ動画の中のうちのどれかは、カメラの横で犬連れでボーッと突っ立っている男がいる事を考えると、ちょっと面白いです。

[ 2020/06/01 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)