FC2ブログ









Happy Halloween 2020

長谷川菜々美
長谷川菜々美 ハロウィンバージョン
(衣装は『バトルアスリーテス大運動会』より)

 10月はハロウィンです!
 今年もあちらではハロウィンイベント(といってもサイトのヘッダーが特別なだけですが)を開催しています。

 今年のモデルは長谷川菜々美。
 ウェイトレスの中では最も古い時期に誕生したキャラクターです。

 作画を担当されたのは今回初めてとなる、まろんさん。
 
 今年のテーマはリメイクされるアニメ作品。
 リメイクが決定した多くの候補の中で、今回は『バトルアスリーテス大運動会』の神崎あかりが選ばれました。
 あかりの衣装は何種類か(ブルマー、レオタードなど)ほどあるので、レオタードをチョイスしています。

 あくまでも中身は菜々美で髪型などを真似させているだけですが、作中の登場人物並に衣装がしっくりきてます。
 お互い1990年代のヒロイン。しかも体育会系で元気な女の子なので、通じるものがあるのかもしれませんね。

スポンサーサイト



[ 2020/10/31 09:00 ] 美術館 季節のお便り | TB(0) | CM(0)

2020年 ハロウィンのお便り

2020_halloween.jpg

 tailfin様より、ハロウィンのお便りをいただきました。

 モデルはオリジナルキャラクターのヒトミさん(左)と、レイベルさん(右)。
 ハロウィン仕様でヒトミさんはケモノ化、レイベルさんは悪魔化されています。
 
 どちらも素敵ですが、ヒトミさんのケモノ化バージョンは特にツボです。
 今後シリーズ化されませんかね、このヒトミさん。

 今年も素晴らしいハロウィンのお便りをありがとうございました。

贈り物は難しい

 中部地方にお住まいの方で、定期的に焼きそばを送って下さる方がいました。
 B級グルメとして有名なご当地焼きそばで、なんか色々と送ってくれるタイミングで同梱してくださいます。

 頂くことで生まれる難点はふたつ。

 ひとつは、要冷蔵の物を常温便で送って来られる事。
 現地の人が購入されるであろう麺だけのものなので、お土産用の日持ちがするものでは無く食べきるのが大変です。

 そしてもひとつは、味付け手段がこちらには無い事です。
 お土産用ではなく、調味料付のものでもなく、麺だけのものが6個くらい入った状態で送られてくるので、自宅で現地の味を再現する事はできません。
 仕方なくソースで味付けはしますが、麺が独特なのでボソボソしたソース焼きそばになってしまいます。

 その方は色々あってもう送ってくることはなくなりそうですが、人に物を送るのは難しいですね。 

[ 2020/10/30 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

祭のあと

 ヤマザキ秋のわくわくプレゼントキャンペーン。
 なんだかんだとポイントを貯めて、7口分の応募をしました。

 親族とはヤマザキ・フジバン同盟を締結。
 食パンはフジパン製を買い、ポイントをあちらへ。
 その他の菓子パンや中華まんはヤマザキ製を買い、ポイントをこちらへ。
 お菓子セットが欲しい私と、エコバッグが欲しい家族との軍事同盟を結んでの大作戦です。

 そして燃え尽きました。

 冷静に考えてみるとですね、この祭に参加するのには予算がかかります。
「タダでこのビッグウェーブに乗れると思うなよ!」
 なのです。

 1口ごとにハガキで応募するので、かかる予算は63円。
「うそ、つい最近まで50円位だと思ってた!」
 という所からまずスタートします。
  
 今回の祭で当たるものは、5000円のクオカードかお菓子の詰め合わせ。
 仮に10口応募してお菓子セットが当たったとしましょう。
 10口分の切手代は630円。

 手間暇をかける事を考慮したら、そのお金で好きなお菓子を買った方が良くない?
 全部外れる事もあるわけですし。
 
 などと、この秋のビッグフェスティバルにおいて冷静に金感情をしたら負けになるのだと思います。

[ 2020/10/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

男軍の裏切り者

 SNSで多発している趣味に関する夫婦喧嘩を聞いた時、最初は旦那様の味方でした。

「まだ組み立ててないプラモデルを妻に捨てられた!」

 なんというかわいそうな事を。
 いくら伴侶であっても、男の趣味を否定してはいけません。


 これがその時にイメージした趣味の品の保管場所です。
 別に邪魔なわけでもないし少しくらい趣味のスペースを残してあげたらいいのに、なんて思ってました。

 ところが、これが奥様側の話を聞くとどうも事情が違うようです。
 SNSなどで反論されている奥様方の『旦那様が占有されている趣味のスペース』はこんな感じです。

2020102802x.jpg

 これでもまだ私は旦那様側を贔屓しており、下手をすると部屋にも趣味の品がいっぱいで、なんとか片付けてとお願いしても聞かれないそうです。

 うん、これは旦那様が悪い。
 毎日使う廊下が積みプラモであふれていたら、そりゃあ邪魔だし危ないです。

「二人の共有スペースに趣味のアイテムを放置しないでください!」
 という奥様側のご意見には、まったくもってその通りとしか言えません。
 仮にこれで戦争が起こったら、私は男軍を裏切ると思います。

 やはり、ケンカや争いというものはお互いの話を聞かないとわからないものです。

[ 2020/10/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

帝国軍人 ~公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる~

帝国軍人 ~公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる~
帝国軍人 ~公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる~
(戸高一成 大木毅)

『帝国軍人 ~公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる~』という本を読了しました。

 戸高さんは海軍史の研究家で、大和ミュージアムの館長。
 大木さんも海軍史を研究されており、小説も書かれていらっしゃいます。
 このお二人が海軍史について、研究時の思い出の話を込めて書かれている本です。

 オーラルヒストリーとはなんぞや?

 と思われる方も少なくないと思います。
 実は私もわかりませんでした。
 史料(歴史研究に使用する記録や資料の事)を重視する史学界においても、時には史料ではわからない歴史があります。

 例えば歴史の人物が毒殺される事件が起こります。
 犯人が見つかる事は稀です。
 下手をすると毒殺された事すら知られないケースもあります。

 それは何故かと言うと、犯人は自分の犯行を記録に残さないからです。

 6月25日 今日は主君の長男の朝食に毒を入れて殺した
 
 なんて、日記に記録するような事はしません。
 暗殺などもそうでしょう。

 そういう部分を知るのは、関係者に話を聞くのが効果的です。

 仮に毒殺事件について調理関係者に聞き取りをしていて、
「そういえば、その日は普段台所にいないはずの田中様がいらっしゃいましたな。」
 という話する人が多かったとして、その田中さんがその後出世したり敵勢力に寝返ったりした史料を見つけた場合、
「田中さんが黒幕なんじゃないの?」
 という説ができるわけです。

 このお二人は戦前の海軍史についてこのような聞き取り調査をされており、山本五十六の参謀や戦艦大和の艦長経験者クラスの旧海軍軍人からも体験談を聞かれています。

 私も色々と海軍関連の本を読んだ事がありますが、それでも初めて知る話ばかりで良い収穫となった一冊でした。

 とりわけ強く共感したのは、戦史についての定評のある入門書が存在しないというお話。
 大学教授が薄給かつ多忙となり歴史の専門家が腰を据えて作った本が出にくくなっている一方で、特定のイデオロギーを持つ人物が都合の良い部分をつまみぐいしたような本が世に出回っているため、これから戦争の事を調べようとしてもなかなか良い資料に恵まれないという作者のご指摘は、まさしくその通りだと強く頷きました。

 書店へ行っても戦史コーナーには刺激的なタイトルで煽っている本が多いですからね。

 ここからは少し暗い話になるので、先の大戦について明るいイメージをお持ちの方には続きは読み飛ばしてください。

[ 2020/10/27 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

オバケ達の自粛劇

 この日記を書いている時はまだ発表されていないようですが、今年のハロウィンはどうするのでしょう?
 メイドカフェなどはマスクで接客を続けられているのでハロウィンイベントはできるでしょうが、例えば毎年恒例の渋谷駅周辺は人が集まるのでしょうか。

 でも何人か渋谷まで行っちゃうんだろうなあ。

 そしてテレビ局が、
「えーと現在はですね、ポツリポツリとコスプレ姿が見られます。」
 なんて中継しちゃうのだろうなあ。

 ハロウィン期間は渋谷の中継をしないとか、放送局全体で協定を結んだりはできないのでしょうかね。

 テレビに映るかもしれないからハロウィン行く人もいると思いますよ。
 そういう人にとって、相手にされないっていうのはかなり辛い事かと。

[ 2020/10/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

メイド投げ放題とオーバーキルと

 昨日の秋葉原訪問で紹介しきれなかった写真をもう少しだけ。

2020102501.jpg

 10月21日はアニメ『ラブライブ』の絢瀬絵里のお誕生日だったので、24日もセガ秋葉原でお祝いムード。
 絢瀬絵里のグッズが取れるクレーンマシーンなどを設置して大盛り上がりでした。

2015072606.jpg
絢瀬絵里

 アニメが終わってもう5年も経つのに、まだまだ人気ですねえ。

2020102502.jpg

 秋葉原で知らない間に出来ていた看板。
 もちろんダーツだからそういう売り文句なのでしょうが。
 私の中では柔道着を着たガタイの良いお客さんがメイドさんを次々と放り投げていくイメージしか浮かびませんでした。

2016110306.jpg

 秋葉原の大通りには「メイド飲み放題」とか「ドラキュラ飲み放題」みたいな看板もあります。
 おそらく飲み放題システムのメイドカフェなのでしょう。
 若い女の子達とお話をするお店は私の管轄外なので行った事はありませんが、言葉って難しいなあと思った次第。

2020102503.jpg

 そしてクイズマジックアカデミー(QMA)は、初の全国大会でボッコボコにやられました。
 4人中4位で、1位との得点差はなんと3倍!
 
 その原因がわかったのは帰宅後に撮影したゲーム画面を見てから。
 私だけが新人魔法使いで、あとは紅玉賢者、黄金賢者、大白金賢者だったのです。

 このゲームは、沢山プレイをして何度も良い成績を収めると位が上がります。
 最初はひよっこ魔法使いから始まり、最終段階は賢者で、賢者の中でもレベルが色々とあります。

 レベルを100段階の数字で表しますと、

 新人魔法使いの私は4くらい。
 3位の黄金賢者は80くらい。
 2位の大白銀賢者は78くらい。
 優勝された紅玉賢者は、100段階なのにおそらく100を超えています。

 コナミは何故こんなマッチングをした?

 これを野球に例えると、
「みなさん、バットとミットの使い方はわかりましたね。それじゃあ練習試合にメジャーリーガーと試合をしましょう!」
 てな感じです。

 どうりで問題は難しすぎるしやった事のない形式のクイズも多かったわけだ。
 このゲームはプレイヤーのレベルで問題の難易度が変わるので、彼らの平均レベルで戦わされていたのですからね。

 全国大会何て二度とやるかバーロー!

[ 2020/10/25 10:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

にこにこ案件

2020102401.jpg

 カフェメイリッシュでお世話になっているメイドさんが誕生日という事で、応援しに行ってきました。 
 応援と言っても誕生日限定メニュー(少しお値段高め&おまけのラミカード付)を食べるだけですけれども。

 メイドさん、それも美女の方のお誕生日メニューというと可愛い料理かと思いきや、なんとネギ塩カルビ丼。
 日頃からガッツリとした料理やお酒、おつまみなどの画像をアップされているので、らしいといえばらしいチョイスです。

 お客さんの中には自前で発泡酒の感を持参し、メイドさんに持たせチェキ(小型のインスタントカメラ)を撮影している光景も。
 みなさん思い思いに楽しまれていたので、その場にいた私も気分良く過ごせました。

2020102402.jpg

 その後は先週に色々あったキュアメイドカフェさんへ。

 こちらは朝から整理券を配っており、午前11時前に行った私は午後1時過ぎのものをいただきました。
 ほとんどがその時間までに待てないのか時間に合わせていくとかなり空いており、10分も待っていなかった記憶です。

 上から目線で恐縮ですが、やれば出来るじゃないですかー!

2020102403.jpg

 そういうわけで先週の仇を今週に討った形となった、『ひぐらしのなく頃に』のコラボカフェ。
 レナの鉈をイメージしたケーキプレートでしたっけ?

 ラブライブの聖地でもあるこのお店も年内中に移転が決まりましたし、秋葉原は相変わらず変化し続けています。

[ 2020/10/24 22:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ラノベお兄ちゃんはラミアがお好き

 今日は本の感想を書く前に、少し前段階でちょっと説明させてください。

 私が毎週観ているシスタープリンセス(Vtuber可憐)に、以前『ラノベお兄ちゃん(ラノベ作家お兄ちゃんだったかな?)』というハンドルネームでお便りを出された方がいらっしゃいました。

 妹をテーマにしているこの番組では、お便りの差出人はお兄ちゃんおよびお姉ちゃんと呼ばれます。
 たとえ、20年近く前の作品で私を含めた多くの視聴者はシスプリの声優さんより年下であっても。

 それはともかく、作家さんの活動歴を調べてみたら本日紹介する作品にたどり着きました。

 タイトルは『モンスター娘のお医者さん』。
 なんと前のクールで見続けていたアニメの原作者さんでした。
 ラノベお兄ちゃんこと折口良乃さんは、シスタープリンセスがきっかけでオタクになられたそうです。

2020102301x.jpg
モンスター娘のお医者さん(折口良乃)

 舞台は人間と魔族が仲良く暮らす街リンド・ヴルム。
 主人公のグレン・リトバイトはリンド・ヴルムで魔族専門の医者を診る診療所を経営しています。
 当然魔族専門の診療所ですから関わる患者さんも魔族、いわゆるモンスター娘ばかり。

 助手であり薬師はラミア(半蛇人)のサーフェンティット。
 闘技場の戦士であり輸送会社の一人娘、ケンタウロス(半馬人)のティサリア。
 得意の歌声で大家族の家系を支える、マーメイド(半魚人)のルララ。
 施政者のボディガードをする戦闘のプロ、フレッシュゴーレム(ゾンビ&ゴーレム)の苦無(クナイ)。

 お医者さんの物語なのでメインは彼女達と医療に関するドラマとなっています。

 医療パートは実際の獣医の資料を参考にされていると思われるくらいにしっかりしたもの。
 ただ読んでいて恥ずかしくなる(アニメ版は家族で観る内容ではないような…)部分もあるので、そういう読者サービスへの好みにより、オススメできるかどうかが変わると思います。
 私は大好物ですけれども。
 
 アニメ版を観てから原作版を読むと劇中で描写が足りない部分までしっかり書かれており、大変読みごたえがありました。
 確かに1話毎の描写が丁寧なので、これをアニメ化するならカットする部分も多かったのかも?と思います。

 特に歴史や街の作り、種族毎の経済活動など世界観の描写が楽しいですね。
 架空の世界の架空の設定は、私自身も作るのでとても興味があります。

 私がラノベを読みまくっていた時代と比べて想像以上に厚みのあるお話で、文学も日々進化しているのだなと感じる次第。
 これをライトノベルとするのはちょっと気が引けます。
 ミドルノベル、もしくはライトヘビーくらいの扱いが必要な、良い作品です。



 以降、少しぶっちゃけた話をします。

 ゲームなどで見たモンスター娘が可愛いと思うの、ちょっとわかります。
 私もモンスターメーカーのハーピーあたりから気になりはじめましたし。
 女神転生などでも沢山出てきましたねえ。

 そしてさらにぶっちゃけると、アニメ版のブリドカットセーラ恵美さんの熱演も含めてティサリアさんが可愛いです。 
 ぜひとも仲良くなりたい次第ですが、日本とリンド・ヴルムが国交を結ぶのはいつの日になるのでしょう。

[ 2020/10/23 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

お部屋の芳香剤 コンビニの香り

 今年も山崎製パンの『ヤマザキ 秋のわくわくプレゼントキャンペーン』のポイントをせっせこせっせこ貯めてます。

 今秋のプレゼントはクオカードとお菓子の詰め合わせの二種類。
 山崎はお菓子を沢山扱っている(東ハトや不二家なども傘下)ので、お菓子がギッシリ入った箱を見てみたい要素込みでお菓子の方を重点的に応募しています。

 対象商品は100円以下の商品なら1点、100円から200円位までは2点、400円位なら4点。3点は見た記憶はありません。
 応募に必要なポイントは1口6ポイントなので、例えばランチパックなら3点買えば1口応募が出来ます。

 日頃は山崎の団子(3本入100円)を時代劇を観ながら食べるのを無常の喜びとしているので、主なポイントは1点のシール。
 加えてたまに周辺の方からもらうポイントはちょっとしたボーナス感があります。

 そんな中、身内から中華まんのポイントを貰いました。
 こちらは4つ入りで大きく値段もパンより高いので、ポイントは4点。
 早速袋を貰い、ハサミでポイントを切って台紙に貼り付けました。

 そんな事をすっかり忘れて本を読んでいると、なんか良い匂いがしてきます。
 なんだろう、この冬のコンビニのカウンター当たりの香り。

 これは……中華まんだ!
 ポイントの部分をカットして放置していた中華まんの袋から、美味しそうなかほりがするのです。
 
 すでに中身もなく、生地のかけらがのこっているわけでもないに、部屋に香る中華まんフレグランス。
 人は死して名を残すと言いますが、中華まんは食されてなお良い香りを残してくれたのでした。

 そしてまた食べたくなる肉まん!

[ 2020/10/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ざんねんないきもの事典

2020102001x.jpg
ざんねんないきもの事典(今泉忠明)

 そういえば今までなぜ読んでなかったのだろう?という本「ざんねんないきもの事典(今泉忠明)」を読了しました。

 本書はタイトルそのまま、色々な動物が進化の過程で得た不思議な、どちらかといえば残念と言うより面白い方面での能力が紹介されています。
 例を挙げると、

・カツオは興奮すると縞の模様が変わる
・タカアシガニは足が高すぎて脱皮に失敗して死ぬ事がある
・クラゲは口と肛門が一緒


 等々。
 
 私が好きだったお話はチベットモンキーのブリッジングと言う性質でしょうか。
 オス同士が喧嘩をしてエキサイトしすぎると片方のオスが群れから子供を連れてきて、お互いその子供を見ているうちに和やかになり最後は二人で子供を高く持ち上げてあやしてあげるという、微笑ましい習性です。
 何の罪もない子供に暴力をふるうホモ・サピエンスにも見習ってほしい所ではあります。
 
 イラストも豊富でわかりやすいですし、漢字のフリガナもついているので小学生でも読めるでしょう。
 動物好きな大人から、これから動物の世界を知るようなお子様まで、広く楽しめる本だと思います。

[ 2020/10/21 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

謎の空中階段

 18日の秋葉原訪問で拾ったネタをもう少し。

2020102001.jpg

 アトレ秋葉原、現在のラッピングはアニメ『五等分の花嫁』でした。
 うちのお客様でファンの方がいらっしゃるかな?

2020102002.jpg

『クイズマジックアカデミー 輝望の刻(QMA)』は今回も優勝
 珍しく予選から決勝までずっと1位通過でした。

 それにしても相変わらずこの学園の先生は谷間を強調した衣装を着られておる。
 この世界はバストが大きくないと生きていけないのだろうか?

2020102003.jpg

 そして今回、というか毎回通るたびに気になる秋葉原の空中階段。

2020102004.jpg

 階段を追っていくと上の階に繋がっているようですが、何故2階の部分で途切れているのかが謎です。

「避難階段を作ろうと思ったけど土地のスペースがありませんでした。途切れた部分からは各自飛び降りてね♪」
 という事なのでしょうかね?

[ 2020/10/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ワンホビギャラリー 2020 Autumn

2020101901.jpg

 昨日の秋葉原訪問の際に、フィギュアの展示イベント『ワンホビG』に立ち寄ってみました。
 入場無料で最新のフィギュアを見学できるイベントです。
 こういうイベントは宣伝も兼ねているので撮影が可能である事も多く、いつも楽しませていただいてます。

2020101902.jpg

 こういうイベントに必ず登場するのが、初音ミクとすーぱーそに子。
 今回の初音ミクは矢吹健太朗先生(To LOVEる等)とのコラボ商品。
 
 ちゃんとショートパンツもはいてますが、撮影角度と作家さんを考慮すると凄くセクシーに想像しちゃいそうですね。

2020101903.jpg

 アニメ『鬼滅の刃』から竈門炭治郎。
 予定価格は9545円とお高めですが、細部がしっかり作られていますね。
 安いフィギュアと違い、可動部分もあるのかも?

2020101904.jpg

 新幹線がロボットになるアニメ、シンカリオン。
 お子様の間でドクターイエロー(新幹線の路線を点検する新幹線)が人気とは聞いておりましたが。
 こんなカッコ良くなっちゃうとは、プラレールしかなかった我々の世代としては羨ましい限り。

2020101905.jpg

 ちょっと私の好みに付き合っていただきましょう。
 趣味その1は、真ゲッター1。
 アニメ『ゲッターロボ』の続編的な作品です。

 ちょっと悪役っぽい顔が特徴ですね。
 もっとも乗ってる人も開発している人も悪役っぽい顔(正義の味方なのに!)なので、カッコ良ければOKということで。

『HEAT』や『STORM』もロボットアニメ作品屈指の名曲で……。
 ああ取り乱しました。次にいきましょう。

2020101906.jpg

 趣味の作品の二つ目は、ゲーム『女神転生』シリーズから、じゃあくフロスト。
 可愛い外見ですが、ゲームでは割と頼もしい仲間になってくれます。 

2020101907.jpg

 そして一番綺麗に撮影できたフィギュアは『ご注文はうさぎですか』のココア。
 コミック雑誌きららのキャラクターが登場するゲーム『きららファンタジア』の戦士バージョンだそうです。

 いつまで経ってもセンスが上達しない私にしては、奇跡の一枚になった気がします。

 ちなみにこちらのココアは定価15273円で、販売予定日は2021年の9月。
 フィギュアは販売日がかなり先でも予約の関係で早めに情報が公開される事が多いですが、それでも気の長いお話です。

 素人目でも作りが良いのはわかるので、ファンにとって損はしないお買い物となるでしょうね。

[ 2020/10/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

激おこ案件

 元祖メイドカフェのキュアメイドカフェへ行ってきましたが、入れませんでした。

 時系列で説明します。
 今日はアニメ『ひぐらしのなく頃に』のコラボイベントでした。
 私は通常メニューを利用したいと思い、開店20分くらい前にお店の前を通過しました。

 キュアメイドカフェはビルの6階にあり、1階のガチャガチャ専門店からエレベーターまたは非常階段で行きます。
 このガチャガチャ専門店を通らないとお店へは行けません。

 20分前にガチャガチャ店の目の前を通った時はメイドさんが立っており、
「このあたりで待たないでください。お店の周辺で待たれている方は列の最後になります!」
 と叫んでいるので、開店直後まで他で時間を潰していました。

 さて、開店時間になりました。
 お店の前まで戻ってきた時にちょうどタイミングよく11時になったので、そのままエレベーターを使って6階へ。
 私と同じエレベーターで向かったお客さんは二人。
 階段を利用されている方は誰もいません。
 つまり、どうあっても3人目までにお店に入れます。

 そして6階に行ったら、非常階段の2Fまで行列ができているではありませんか。

 みなさん、こうなっている理由はわかります?
 私はわかりません。

 この人たちはルール違反されているのに、ルールを守った私はこのペースだと2時間から3時間は待たないといけない状態です。
 他の予定もあるので、開店まで散々待たされた挙句にそのまま利用せず帰りました。

 もちろん怒りはしますが、ちょっとだけ儲けたかなとも思います。
 これだけで支店の方の記事が一本書けるなあ、なんて。

 半分職業病に近いものを感じますが、でも怒って良い案件ですよね。

*以下は2020年10月20日追記分です

 キュアメイドカフェさんに問い合わせたところ、原因は案内をされた店員さんによる手違いだという事が分かりました。
 よって事件(?)は無事に解決しました。
 お騒がせ致しました。

[ 2020/10/18 21:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

498,000円分の欲望

 先月、浅草の合羽橋へ行った時の気分の高揚がまだ続いてます。
 いわゆる、「使わないけど、あの調理器具欲しい欲しい病」です。

 今の心の中でのブームは、中華料理屋さんの金属製のお玉。

 さして使わないでしょうし仮に買ったとしても家庭用のフライパンでガンガンやって良いかすらよくわかりませんが、
「お玉で調味料を入れながら炒飯を作っているんだもんね!」
 っていう構図に憧れるのですよ!

 それから、最近チェーン店で使われているような『全自動炒飯作り機』も欲しいですね。
 49万円くらいする、なかなかお高い調理器具だったのですけれども。

 台所でぐわんぐわん回っていてくれたら、なんか頼もしくなりません?

 コロナ化対策で50万円支給する、みたいな話があれば買ってしまうかも。

[ 2020/10/17 17:34 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

戦乙女型旬逃し

2020101601x.jpg
武装神姫

 昨日話した通り、ここ最近は『武装神姫』というゲームをプレイしていました。
 その後ゲームが一通り終わり、アニメ版があると聞いたのでアニメ版を視聴。
 これが私にとっての大当たりな作品でした。

 武装神姫は神姫(しんき)と呼ばれる、15cmほどの人間をサポートする少女型の機械が存在する世界。
 アニメ版主人公は4機(4人)の可愛い神姫を持つ高校生のマスターで、マスターと神姫との可愛い日常生活が。

 ……送られることはありませんでした。
 
 本作の感想を一言で言うと「ハイレベルな声優さんが登場するハイクレイジーなお話」で、基本的に主人公がいない時間帯や場所で物語が進んできます。
 その中にはレースがあったり、地下帝国があったり、とても日常クラスとは言えないものばかり。
 それでいて後半のシリアスパートもきちんとできており、BD・DVD版のみで観られる13話は素晴らしい最終回でした。

 割合的には爆笑が5、感動が3、ほのぼのが2くらいですね。
 制作陣と出演者に恵まれ、愛されている作品だと思います。

2020101602x.jpg
アルトアイネス(画像はゲーム版)

 神姫達の中でもっとも好きなのはアイネス(アルトアイネス型/声:水橋かおりさん)。
 妹ポジションながら他の神姫達が非常識過ぎて、終始ツッコミ役に回る彼女は可愛かった(&気の毒)です。

 全面的に楽しめた本作であえて残念だった点はふたつだけ。

 ひとつ目は、この作品を知ったのが遅すぎた事。
 7年前の作品なので、楽しくてもイベントも終わっていれば新製品も何もないので、楽しみを共感する人はおらず。
 加えて神姫達もプレミアがついているものがあり、気軽に買えそうなものがありませんでした。
 元々武装を着脱できる高度な作りなので、定価も高いのかもしれませんが。

 そしてふたつ目は昨日紹介したイーアネイラ型の外見がアニメ用に修正(バスト部分)がかかり、チューブトップの水着に貝殻という組み合わせになった事です。
 やっぱりおっぱい好きなんじゃねえか!

2020101603x.jpg
マリー・セレス(右側&画像はゲーム版)

 ちなみにVtuber可憐などでお馴染みの桑谷夏子さんファンには、ご本人が声を当てているマリー・セレスをオススメ。
 アニメ版でもゲーム版でも登場します。

 テキストを読んでいただければわかりますが、なんというか、別のドールを連想させる毒舌キャラでした。
 パーツを分解したら茶髪のドールが出てきそうです。

[ 2020/10/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

バストサイズは役割に非ず

「ラブライブでは誰が好きですか?」
 μ'sでは東條希が、Aqoursでは松浦果南が好きです。
「のんたんとか、スタイル良いですからね~。」

2019121301x.jpg
東條希


 そうなんだけど、そうじゃないのです。
 
 私が好きなキャラクターの性格や属性は「アホ」「食いしん坊」「おっとり」「包容力や母性のある」「年上」など。
 そのうち後半3つ(おっとり、包容力、年上)の要素を持つキャラは、どの作品でもグラマーなケースが多いのです。

 例えば先日まで遊んでいた「武装神姫」という作品で、イーアネイラという癒し属性のあるお姉さんキャラなのですが。

2020103301.jpg
イーアネイラ

 この娘もお約束通り「オッパイノオーキナキャラ!」でした。

 何というかこういう性格のキャラクターのフィギュアや画像を集めていると、どうしてもおっぱいの大きなキャラばかりになってしまうのが納得できないと言いますか。

 先月からおっぱいおっぱいと、管理人の品性を疑うような話ばかりで申し訳ないのですけれども。
 どの世界でも大体おっとりキャラ、年上キャラ、母性キャラばかりが巨乳パートを占め過ぎているのです。

 これは何故なのでしょう。
 例えばマザーテレサが生前に巨乳を生かしたグラビアを出していたようなエピソードはないはずなのに。

 そもそもキャラクターが嫌いな理由が「バストのサイズ」なんて言う事、あります?
 仮に東條希のバストが今より小さくてもやはり好きだったと思いますし、逆に希が今よりスタイルが良くなっても性格が変わってしまえば魅力も薄れます。
 アニメの人気女性キャラのランキング上位の要素はスタイルよりも性格や本編での活躍が大きいですよ。




 以下余談(公開前に追記しました)です。
  
 その後調べたところ、イーアネイラは水中戦闘用の機体で豊かなバストは浮力調整機能である事が判明しました。
 つまり大きなおっぱいは取り外し可能のパーツのひとつで、機能的に必要だったサイズのようです。

 それにしても、先月と今月とでやたらと品性を疑われる内容の日記ばかり書いてますね。

[ 2020/10/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

その人が好き ~野暮点 Part.2~

 昨日、TV番組についての日記を書いていたら別の怒りが湧いてきたので今日も続けます。

 ここ数年のTV番組は番組内容以外のサイドの部分で色々とお楽しみ要素が追加されていて、アニメ番組ならじゃんけんとか、バラエティ番組なら勝者とか、飽きさせないようにする工夫が盛りだくさんです。
 ただそれが全部素晴らしいかと言うとそうでもなく、むしろ邪魔だという要素もあります。

 野球中継で使用されているAI機能です。

「最新のAI機能で次のベストな配球(≒投げる位置)を予想します!」
 もちろんTV局も面白くさせようという気持ちがあってやっているのはわかります。

 問題なのは、野球中継には実況と解説(元プロ野球選手)がいる事です。

 実況「○○さん、ピッチャーは次はどこへ投げるでしょうかね」
 解説「私ならバッターのストライクゾーンから外して遠い所に投げます。」
 実況「そうですか。番組のAIはバッターに近い方に投げると予想しました。」

 実況「おおっと、ピッチャーはバッターに近い方に投げました。」

 これ、誰が得する企画なのでしょう。

 実況のアナウンサーがやたらとAIの話をして、解説側がメンツをつぶされた形で、視聴者もリアクションに困ります。
 AIがベストな配球予想をするなら解説に聞く必要は無いし、解説が配球の説明をするならAIは不要です。

 でも実況とAIしかいない野球中継番組であれば、私は迷わず副音声で無音のバージョンを観ると思います。

 AIと比べて完全ではなくても、知る人物が見られる方が支持される事って結構あると思いますよ。
 建前的には仮想の存在であるVtuber(バーチャルユーチューバー)だって、トーク力の有無で人気差もありますし。

[ 2020/10/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

野暮点

 デジタル化が進み、新聞が無くてもチューナーを使ええばTV番組の情報がわかる時代となりました。
 とはいえデジタル化、大衆化に合わないコンテンツも存在します。

 日曜夕方に放送されている「笑点」です。
 ……あ、いや、あの視聴者たちで座布団をあげたりとったりする機能などは面白いのであのままで良いです。
 放送内容も面白いので良いですよ。
 タイムマシーン3号さんをもっと呼んでください。

 ダメなのは番組情報です。

「三遊亭小遊三の下ネタが今週も炸裂!」
「ついに座布団10枚到達。いったい誰が!?」

 別にお笑いの世界に上下はないとは思っていますが、笑点にそういう告知内容って合います?
 二つ目に至ってはネタバレじゃねえか!とまで思ってしまいます。
 
 日本テレビだから、エンタの神様的なノリで放送内容を考えちゃうのかなあ。

[ 2020/10/13 12:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

謎の独立国家 ソマリランド

2020101201.jpg
謎の独立国家ソマリランド(高野秀行)

 最近は良い本に巡り合い続けて、感想の競争率が高い気がします。
 本日紹介する「謎の独立国家ソマリランド(高野秀行)」は、その中でも今年のベスト3に入る位に面白い本でした。

 本文に入る前に、高野秀行さんの事を少し紹介します。

 一言で言えば、高野さんは冒険家です。
 川口浩探検隊シリーズに憧れ早稲田大学では冒険部に入ったところ、
「あれヤラセだぞ!」
 と先輩に言われ傷心。
 しかしながら冒険心は失わず、学生時代には幻獣ムベンベを探しにコンゴへ旅に出たのを皮切りに、誰も観た事のない物をひたすら探して世界中を回られています。
 最近は納豆を探しにアフリカへ行かれていますね。

 ああ! 私自身が高野さんのファンなのでついつい饒舌になってしまいました。
 それでは本編のお話を致します。

2020101202.jpg
ソマリア(Google Mapより引用)

 今回筆者が向かった国はソマリアといって、アフリカ大陸のいわゆるツノの部分にあたります。

 地図を見るとこのエリアは「ソマリア」となっています。
 しかし実際にはこの国には大きく分けると、

・ソマリランド
・プントランド
・南部ソマリア


 という3つの政府が存在しており、国連から承認されていなくてもなんとかやっている様子。
 この中で特にソマリランドと言う独立国家は本当に謎過ぎる国家で、国内での紛争が絶えないソマリアにおいて平和主義であり、民主国家が保たれているとか。
 筆者の高野さんはこの不思議な国が気になり、

「それじゃあ実際に行ってみないと!」
 と出かけていった、というのがこの本の内容となります。

 ここから、少しだけネタバレを。
 
 ソマリランドは事前情報の通り、それなりに平和な国でした。
 ソマリアは国の中で氏族同士の争いが続いていたのですが、ソマリランドでは争いの連鎖を止めるために長老同士で話し合い、武器を放棄。選挙で選ばれた議員の院と氏族達の長老達の二院にわかれ、ソマリランドなりの民主主義が機能していました。
 国内で流通する紙幣までも存在していたのですから、下手な正規国家よりもよっぽど安定しているのでしょう。

 お隣の政府プントランドは海賊国家であり海上自衛隊が参加したソマリアの海賊対策のある意味黒幕ですし、南部ソマリアは血で血を洗うリアル『北斗の拳』状態なのに、何故この国だけが平和なのか。
 ソマリア各地を巡り多くの人々に話をひたすら聞いてまわる筆者の真摯な姿勢は、日本のマスコミにも参考にしていただきたいところではありました。

 あとがきを含めると570Pを越えるボリュームで読みごたえも抜群。なめらかな文章で非常に読みやすく、これ一冊でちょっとしたソマリア通になれるほどの情報量が収録されており、
「自分のデータベースには無い、まっさらな分野の知識を得たい!」
 と言う方には強くオススメできる一冊です。

[ 2020/10/12 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

巨人を侮るなかれ

 あ、今日は野球の話じゃないっす。
 漫画の話っす。

 数年前、漫画『進撃の巨人』がブームになった時、一度通しで全部読んだ事があります。
 その時は単行本が10巻くらい出ていたので、そこまでは知っていました。

 当時の感想は「冒頭は面白いのに、10巻くらいになるとダラダラしはじめたなあ。」というものでした。

 それが二か月前あたりに放送されたアメトークの進撃の巨人特集で、当時の作者も同じ事を思ったことが判明。
 それではと、先日まとめて最新刊の32巻まで通読しました。

 再通読したところ、12巻あたりからまた面白くなってました。
 
 巨人の誕生やその背景がどんどん明らかになり、
「こ、こんな世界だったのかー!」
 と思いながら最新刊まで読み進めてしまいました。

 発表されたのが2年前以上の話になるのでいまさらネタバレでもないのですが、サシャが死んだのだけは非常に残念でした。
 どの作品でも食いしん坊キャラは最後まで残ってほしいものです。

[ 2020/10/11 20:34 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

はるなつあふゆ

 驚くべきことに、この日記はヒートテックを着た人間が更新しています。
 何が驚きなのかと言うと、先週の日記はTシャツを着た人間が更新していたからという事実にです。
 
 なんだここ数日の冷え込みは。
 本気で羽毛布団の出番を検討しちゃいましたよ。
 冬物の準備だってできていませんし、雨が続いてるから夏物を選択してから片付ける事もできません。

 あれ、子供の頃は
「日本は四季のある国です。
 って教わったはずですよ。

 暖かく草萌える春。
 太陽がさんさんと降り注ぐ暑い夏。
 おだやかな気候が続く秋。
 大地を雪が覆う冬。

 しかし今年は秋が死ににけり。

[ 2020/10/10 20:35 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

楽しい理科

 本日は写真を交えつつヤモリの話をしますので、苦手な方は今日の日記を飛ばしてください。

[ 2020/10/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Vシネマ視聴デビュー

 劇場での公開予定がなく、ビデオショップなどを経由して販売・レンタルされる作品の事をVシネマ等と言います。
 主に極道だったりポルノだったりするので私の人生には縁のないジャンルだったのですが、最近自宅待機で衛星放送(という表現は今するのかな?)で竹内力さんの「ミナミの帝王」にすっかりハマってしまいました。

「ミナミの帝王」は主人公はミナミ(大阪市難波エリア付近)で高利貸をする萬田銀次郎が主人公の漫画で、Vシネマでは実写ドラマ版とが制作されています。
 萬田銀次郎が提示する金利はトイチ、つまり10日に1割というメチャクチャな設定です。

 でもこの作品の面白いのは、この萬田銀次郎の人間味なのです。

 時代劇あたりではこういう高利貸は基本悪人なのですが、この銀ちゃんが牙を向くのは借金を踏み倒そうとする人や、騙したり陥れたりする人だけ。真面目に生きてきたのに騙される人に対しては、民法と手練手管で助けてくれたりするわけです。中には相手から一銭も受け取らない時もあるくらい。

 こういうの、ダークヒーローとでも言うのでしょうかね。
 原作の負けない魅力をお持ちの竹内力さんのカッコ良さは、なるほど業界で人気がある理由がわかります。

 感覚的には水戸黄門で助さん格さんが悪い奴らを懲らしめる時の快感さがあるのですが、これも勧善懲悪なのでしょうかね?

[ 2020/10/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

小を以って大に事える

 とあるTV番組で娯楽施設の人員削減問題が特集放送されている中、SNSでは、
「仕方ない、それが経営と言うものだから。」
 という、経営者側の目線の発言が多いのが印象的でした。

 労働者は経営者ではないのでも、
「同じ仕事量なら同じ給料を!」
 と言っても良い立場ですし、それが経営者側の意見とぶつかって最終的な妥協点を見つけるはずなのに、労働者側の中に経営者の味方をする人が多いのを見ると、労働組合が作りにくい世の中になるわけだなと思います。

 有給や育児休暇が取りにくい環境も、多分ここから来ているのでしょう。
 本来労働者側が、
「有給取らせろ! 育児休暇取らせろ!」
 と言うべきところを、労働者側の何割かが経営者側にすり寄って、
「いや経営が大変なんだから自重しろ!」
 なんて言ってたら、取れる休暇もとれなくなりますよね。

「ボーナスカットの件も俺の会社では貰えないから貰えるだけでありがたいと思え!」
 じゃなくて、
「満額払え、そして俺の会社でも欲しい!」
 位のワガママを言っても許されるのではないでしょうかね。

 ちなみにいくら労働者側が経営者の立場で物を考えたとしても、労働者側にとって何の得にもならないと思います。
「あなたは経営者目線で物事が見られているな!」
 という理由で待遇が上がった例は聞いたことがありませんし。

[ 2020/10/07 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

濡れ衣

2020093301x.jpg

 ここしばらく、ネットが何度も切断されてきました。

 最初はプロバイダーをけちょんけちょんに貶していたのですが、
「もしや自分に責任があるのでは?」
 とふと思い、新しい無線LANルーターを新調。

 結果的に、プロバイダーは無罪でした。

 ルーターを新調したら切断が無くなりました。
 速度は数値の上では1割程度の上昇ですが、切断が無くなったので体感では5割増しくらいになっています。

 思えば、今まで使っていたルーターは10年選手のものでした。
 こういうのは5年くらいで買い替えるのがベストらしいんですよね。
 あまり古いとセキュリティ面でも不安があるでしょうし。

 みなさんも自宅のwifiがつながりにくい事があったら、ルーターを疑ってみてください。

[ 2020/10/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

支店4コマ47話 オーディオコメンタリー

2020100501.jpg

 本店で公開された4コマ「ゆるふぃどにあ」の制作秘話、オーディオコメンタリーです。
「ゆるふぃどにあ」ではオムニバスの作品が制作されており、毎回可愛い作画をたぬさんが担当してくださっています。

 今回はルフィドニア4コマの名物、
「初出演のラジオ番組でなんとか目立とうと元気だけでやりきろうとしている若手お笑い芸人」
 みたいなノリの、オチもなく勢いで乗り切ろうとしているお話です。

 世の中、タヌキを名乗ったタヌキでないものが多いので、色々なツッコミに使えそうな1コマにもなってます。

 基本フィクションですが、4コマ目に関しては私が実際に出演したコントの最後をテーマにしてます。
 小学生時代のクラス会で行われた、列車の移動販売のスタッフが車内の揺れの為に何度も水をお客さんにぶっかけるという、今思えば他愛もないお話なのですが、下にシートを敷いて本物の水をぶっかけるという演出にクラスメイト達がざわめきました。

 どちらかといえば、ドン引きの方で。

 結局、何度も水をかけてくる販売スタッフをお客さんがボコボコにしてしまい、そこにお巡りさんが登場。
「やべえ、ポリ公だ!」
 といって逃げる場面で終わるという。

 ……あれ、冷静に文章に起こしてみると面白い部分が何もないコントですね!

 そのコントでは私は運転手と警察の役を兼任しました。
 まだまだ私の表現力が世間に認められていなかった頃のお話です。

*支店4コマの掲載期間は最長でも2か月間となっております

[ 2020/10/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ありがたき本丸生活

2020103201.jpg

「刀剣乱舞」を引退しました。

 ファンの方に弁解をさせてもらいますと、ゲームはものすごく面白かったのです。
 元々歴史が好きですし、博物館にも行くので日本刀も好きですし。

 ただ、このゲームはゴールが無いのが辛い所でして。
 いつまで経っても終わらない戦いを続けるのは、古いゲーマーにとってはなかなか厳しいのです。
 次のゲームも始められませんし。

 そこで、初心者の壁と言われているらしい2-4をクリアしたところで引退という事に相成りました。
 他の方はゲームを楽しまれているので、卒業ではなく引退です。

 肝心の2-4に関しては、思った以上にスムーズに進みました。
 レベリングと攻略情報をしっかり把握していたのが勝因でしょうか。
 こういう点は、提督時代の経験が生きたのかもしれません。

 こんな楽しい作品を遊ばせてもらい、DMMさんに対してはありがたき幸せでございまする。

[ 2020/10/04 09:28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

勇者の帰還

 いよいよ本日からリメイク版アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の放送が始まりました。
 ツイッターの知り合いの方は同世代が多いので、ツイートがほとんど『ダイ大』関連になっていましたね。

 感想はですね、面白かったです!

 まず声優陣に恵まれています。
 アニメ作品は下手をすると新人さんのデビュー舞台みたいなケースもありますが、こちらは主要メンバーがアニメファンの間でも評価の高い面々ばかり。

 それからアニメーションが非常に綺麗で、私が子供の頃のアニメ版に比べると原作よりでした。
 ドラクエのモンスターがヌルヌル動いているのを観られた時点で、ファンとしては元が取れた感じでしょう。

 ストーリーも途中の編成は変えているものの、概ね原作を踏襲していてこれもよし。
 ネタバレ要素の部分を語ると、ニセ勇者との戦いは今回のリメイク版の方が自然だったと思います。
 ファンの間ではちょっとセクシーな部分が無いとのご指摘もありますが、こちらに関しては少なくとも今回は物語のテンポが良くなったので省略して良かったかなと。これは好き嫌いが分かれるかもしれません。

 あとは私が大好きなキャラ、ポップがどれだけ輝いてくれるかが楽しみです。
 アニメ版は原作のどのへんまでやるのですかねえ。
 ポップの活躍が涙なしでは見られなくなるのは、中盤以降なのですよ。

 みなさんもポップを見守ってやってください。

 臆病で弱っちいただの人間だけど、良い奴なんです!

[ 2020/10/03 20:27 ] 日記 | TB(0) | CM(0)