FC2ブログ









異世界出身長命種訳有侍女之事

サーラ・エイミーヒューズ

 今月序盤に紹介した藤姫に続き、今月は二人目の娘(≒新人メイド)が加わります。

 本日お披露目となったのは、サーラ・エイミーヒューズ。
 サイト始まって以来の、エルフのキャラクターです。

 エルフというのは、長命と長い耳が特徴的なファンタジー界に登場する架空の人種です。
 体型は昔はほっそりしたキャラクターが、最近ではグラマラスな体型が多い傾向で、今回は後者を選択。

サーラ・エイミーヒューズ デザイン画

 デザインを担当されたのは、西さえはさん。

 縦ロール、生足、オーバーニー、フリフリミニスカ、穴あき服、たわわちゃん。
 世間的に人気かつ、好きな要素を入れたらこのような女の子が誕生しました。

2018Summer_teamlufidnia.jpg
左から岩崎遥、渋沢光、川崎瑞穂

 藤姫に続いて今月にキャラクターが二人追加されたのは、実はこのキャラもいわくつきのキャラクターだからという理由です。

 以前にも書いたかもしれませんが、ルフィドニアの主役3人組(岩崎遥、渋沢光、川崎瑞穂)は元々4人組でした。
 幻となったキャラクターの名前はエイミー・ヒューズ。
 このメンバーは歴史的に富豪的な人物の名字を採用しており、4人目のエイミーのファミリーネームである「ヒューズ」も、歴史的な大富豪から拝借しました。
 サーラの金髪と縦ロールっぽいお嬢様髪型は、エイミーだった頃(?)の名残です。

 ところがこのエイミー。恋愛&お色気要素が高く少し弄び気味でした。
 美少女作品として誕生した時代ならまだしも、現在のノリはどちらかといえばどの娘をウケを狙う芸人肌ばかり。
 しかも遥の事がLOVEの方面で好きという、どうしても起用しにくいキャラだったのです。
 加えてメチャクチャお金持ちなので、この娘が加わるとメンバーからお金の問題が消えてしまいます。
 最近は少なくなりましたが、昔の深夜アニメには一定の割合でお金持ちの娘がおり財力や権力を駆使して海外旅行へ行ったりするお話があって、私はこれが好きではありませんでした。
 自分で金持ちの設定にしておいて何を言うのか!?って、エイミーには怒られそうですけれども。

 ただこのままだとちょっと罪悪感もあったので、藤姫と一緒のリ・デザインしてデビューさせてしまえと、こういうわけなのです。

 結局エルフっぽい名前をいくつかリストで作り、一番グラマラスな体型が似合いそうな名前の「サーラ」を採用。
 エイミー・ヒューズという本来の名前は合体させてそのままファミリーネームにしました。
 結果的に、神話の時代に神聖王国ルフィドニアを建国した6人の聖騎士のうち最後の1人の子孫という立場になったので、エイミーにはこれで勘弁してもらおうと思います。

 西さえはさん[HP][Twitter][ココナラ]
 りくらさん[ココナラ]

スポンサーサイト



[ 2021/03/31 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

大人であるなかれ

 オリンピックの演出家が、ある女性タレントさんの体型を侮辱する演出を考えていた事で非難され、降板しました。
 誰が誰に言ったかは大切ではないので、個人名は記載しません。

 降板が報道される際、言われた側の女性タレントが抗議をせずに静かにコメントをされた事が賞賛されました。
「さすが大人の対応だ。」
 という事です。
 
 当初は私も同じ感想を持っていたのですが、メディアで耳にしたあるジャーナリストの話でハッとしました。

「大人の対応をしてはいけない。」
 侮辱するような発言を言われてサラリと受け流すのは、一見すると大人の対応だが長い目で見るとプラスにはならない。
 
 仮にこれを賞賛してしまうと、今後国内で起こる他人への侮辱。
 更に言えばセクハラやパワハラなどに関しても、
「お前ら被害を叫んだりみんなで訴えるのはやめろ。大人の対応じゃないぞ!」
「あのタレントだって大人の対応をしたじゃないか!?」
 となってしまうのです。
 
 こういう問題に対して黙っていたり我慢する事が大人の対応として賞賛されてしまうと、本来必要である諸問題の訴えが出来なくなり、国全体で解決できるタイミングを逸してしまいます。日本でまだまだ減らないこれらの侮辱や差別や嫌がらせを少しでも改善させるためにも、大人の対応というよくわからない価値観を捨てて、社会全体に訴えるべきなのではないかなと思います。
(なお件の女性タレントさんは公式声明とはまた別の場所でしっかり抗議をされている事も書き記しておきます。)

[ 2021/03/30 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

令和に魔法騎士

 話は昨日の続きです。

 そんなこんなですっかり気落ちして秋葉原を歩いていますと、電気街側の裏道に入りました。
 このエリアは色々なメイドさんがチラシを配ってるエリアで、蔑称(侮蔑)の意味を込めてビラビラ通りなんて呼ばれてます。
 大体がカウンター式でキャストと対面し、時にはドリンクを飲ませてあげたりするお店です。

 私が利用するメイドカフェは基本的にごはんが美味しいお店ばかりなので、このチラシ配りをしている人がまったくおらず、いつもは背景の如く素通りするのですが。

 なんとその中に、「魔法騎士レイアース」の鳳凰寺風がチラシを配られてました。

 こういうお店のキャストさんの年代層は20代前半が主流。
 レイアースの連載が始まったのは1993年。
 どう考えても計算が合いません。
 これはよほどお好きなのでしょう。

 という事で、気がついたらフラフラとそのお店に入りました。

 お店は魔女をテーマにしたカフェ&バーで、秋葉原では有名な系列店。
 ぼったくられる事もなく、普通に過ごしてきました。
 鳳凰寺風以外はノーマスクというのにはたまげましたけどね。
(いつぞやぐでんぐでんに酔っぱらったキャストがシフトに入ってきたバニーガールカフェ&バーと同じです。)

 普段は魔女の制服があるのですがこの日はキャストさんの誕生日イベントで、みなさんコスプレをされていました。

 聞くところによると、衣装は手作りでした。
 市販のものは色合いが気に入らないので、3人分を記事から選んで色合いを合わせ手作りされたとの事。
 ああ、確かに帰宅して市販の衣装を調べると、生地の緑色度合いが薄いものばかりです。

 記念にピンチェキ(キャストだけを撮影するチェキサービス)を頼んだところ、すでに弓を持っていたりマスコットキャラのモコナを抱いているピンチェキを用意している準備の良さ。
 いやはや楽しい時間を過ごしました。

 それにしても、この令和になって秋葉原でレイアースのコスプレを見られたのは驚きです。
 平成の後半だって見かけませんでしたよ。

[ 2021/03/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Heavy atmosphere

2021032801.jpg

 今週、秋葉原駅(アトレ秋葉原)のラッピングは漫画「ゆるゆり」でした。

2021032802.jpg

 全体的にピンクな雰囲気のラッピングでした。

 
 ええと、それでは本編に入りましょう。
 その前に、私のレポート類のポリシーは下記の通りになってます。

・個人攻撃はしない
・悪いのは個人ではなく経営側
・事実は出来るだけ客観的に記録をする


 というわけで、今回は少し重いお話となります。

 昨日はいつも利用しているメイドリフレ屋さんへお邪魔しました。
 いつもはお世話になっているメイドさんを指名して利用するのですが、この日のこの時間帯には日頃お世話になっているメイドさんが誰一人いらっしゃらなかったので、フリーで予約をしました。

 初対面となるメイドさんと出会い、施術をする部屋へ案内されます。
 
 ここで今までのメイドさんはまず自己紹介をされます。
 そして希望のコースなどを聞いてくれます。

「はじめまして、○○です。本日はどのように致しますか?」
「肩が辛いので、肩を中心にお願いします。」

 という流れです。

 ところが今回のメイドさんは自己紹介もされず(名札も無いので最後までどなたかわかりませんでした。)。
 施術方法なども聞いてこず、一言も話をされないまま私の手に塗るであろうハンドクリームを容器から指で取り出されます。

「あの、今日は肩をお願いしたいのですが。施術の場所などのリクエストは無い感じですか?」

 するとメイドさんは、指で取り出したハンドクリームを容器に戻して、
「私の場合は本来ならハンドマッサージをしながら希望コースを聞くのですが、いらないなら結構です!」

 いや、有体にいれば地獄の30分でした。
 そこからメイドさんは施術に必要な指示しか話さない状態が最後まで続きました。

 辛い。
 空気が重い。

 無言で続けられる施術。
 静かなので両隣からはメイドさんとお客さんとの楽しい会話が聞こえます。
 私も日頃はこんな会話をしているのに。
 このリフレさんは好きなお店で毎回気持ちよく利用していていたので、これほど地獄の時間を過ごしたのは初めてです。

 そしてこういう時は、施術が強くて痛くても言い出せないのですよ。
 またクレーマー扱いされて機嫌を害されるのも怖くて。
(本来なら私の方がお客さんなので言うべきなのでしょうけれども)

 おかげさまで、帰宅後も右肩が少し痛いままでした。

 最終的に本案件は誰が一番悪いのかわかりませんが、

・お店側には、初対面のお客様への対応はどうなっているのか?
・本日担当されたメイドさんには、なぜ最初からご自身の進め方を説明されないのか?


 というのは気になる所ではあります。
 でもコレ支店の方でそっくりそのまま書けるだろうか。

[ 2021/03/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

二重墓参

2021032701.jpg

 先週悪天候で行けなかったお彼岸分の墓参を、天気が良い本日に済ませてきました。
 わが一族の墓は谷中にあるので、その後に上野恩賜公園の桜でも見に行こうかなと思い出発。
 
 ただ谷中は谷中でまた桜の名所でもあったので、こちらで見ているうちに満足してしまいました。
 結果的に上野公園の混雑の手助けをせず(?)になによりでしたなあ。

 この日は身内や親戚の伯母も墓参に行くことになっており、帰り際の日暮里駅でバッタリ会いました。
 死んだじーちゃんにとって、今日は随分賑やかな://blog-imgs-135.fc2.com/h/o/n/honkedoy/2021032701.jpg" alt="2021032701.jpg" border="0" width="507" height="380" />
 先週悪天候で行けなかったお彼岸分の墓参を、天気が良い本日に済ませてきました。
 わが一族の墓は谷中にあるので、その後に上野恩賜公園の桜でも見に行こうかなと思い出発。
 
 ただ谷中は谷中でまた桜の名所でもあったので、こちらで見ているうちに満足してしまいました。
 結果的に上野公園の混雑の手助けをせず(?)になによりでしたなあ。

 この日は身内や親戚の伯母も墓参に行くことになっており、帰り際の日暮里駅でバッタリ会いました。
 私がお線香をあげた30分後に別の身内が花をあげに行ったわけで、 死んだじーちゃんにとって今日は随分賑やかな遅めの彼岸となったことでしょう。

[ 2021/03/27 20:52 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

プリンセスメーカー 夢みる妖精 2話 サーラのプリンセス大作戦

2021032601x.jpg

 というわけで、198円で買ってきたゲーム「プリンセスメーカー ゆめみる妖精(PS版)」のプレイ体験記です。
 後々に調べたら、DC版とかSTEAM版もあって、そちらはイベントやエンディングが増えているらしいですね。
 そりゃあこのゲーム、リファインされるならもう少し色々と増やさないとねえ。

2021032604x.jpg

 というわけで無事にサーラが18歳を迎え、ゲーム最終日を迎えました。

2021032602x.jpg

 クッソまずいご飯を作ったり。
(料理教室の先生曰く、100点満点中の25点くらい。)

2021032603x.jpg

 父親が行商人から買ってきた、ふざけた猫のスーツなどを着せられたりしましたが。
 無事に武勇が最高値になり、どのライバルにも負けなしという強さになりました。

 イベントで王子っぽい人物にちょいちょい会いましたし、もしかしたら王子と結婚という線もアリでしょう。

 本命は勇者。
 対抗はゲームタイトルと同じく、プリンセスです。

2021032605x.jpg

 エンディングが始まりました。
 突然我が家にやってくる王様。
 これは期待が持てますよ。

「サーラ、そなたに頼みがあって参ったのじゃ。」

 お、ついに王子と結婚か? それとも戦士としてのスカウトか?

 実は余は高齢なので引退したい。
 だが王子をはじめ余の身内には良い人材がいない。
 そこでサーラに王位を譲りたいのだ。


2021032606x.jpg

 ……クイーン、か。

 プリンセスを飛び越えて、クイーンになってしまいました。
 王子の嫁ではなく、名実共にこの国のトップになってしまったわけです。

 なお、引退した騎士であるパパ(プレイヤー)は聖騎士としての現役復帰が決定。
「なに驚いた顔してるの? 娘が大変なんだから手伝ってくれないと。」
 ……というわけで、パパさんは娘から人材育成を任せられるのでした。

 料理をさせたら盛り付けが0点で、ダンスも絵画も音楽も評価の半分も点数がとれない位の娘だったので、よっぽど芸術分野に向いていないイメージがあったのですが、最後の追い込みに資金を全部使って色々な教室に通わせたのが良かったのかもしれませんね。

[ 2021/03/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

プリンセスメーカー 夢みる妖精 1話 膝に矢を受けたので

2021032501x.jpg

 インターネットのゲーム実況プレイで「プリンセスメーカー2」を遊んでいる配信者がいたので、久しぶりにプリメをプレイしたくなりました。
 ところが我が家にあった「プリンセスメーカー2」は、PC98版とWindows(95位の古いバージョン)しか無かったのですでに廃棄済。
 
 そこで先日の秋葉原散策時に立ち寄ったスーパーポテトさんで、続編(3作品目)にあたる「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」を救出してきました。
 価格は税込み198円。

 値段的に、買ったというよりも救ったという感じがしません?
 ケース割れで説明書が多少傷んでいたものの、CDそのものにはまったく問題がありませんでした。

2021032502x.jpg

 早速ゲームをプレイ。
 キャラクターの名前と血液型と生年月日。
 父親の生年月日と、父親の身分まで決められるのですね。

「2」の主人公は勇者だったから、今回も戦士系にしましょう。
 プリンセスメーカーなのですから、娘には勇者か、あるいは王子様と仲良くなってプリンセスになってもらいたいものです。

2021032503x.jpg

 基本ステータスはこんな感じとなります。
 武勇とモラルが高めなので、勇者向きではありますね。

2021032504x.jpg

 さしあたり農園や酒場でアルバイトをさせながら、剣術道場に通わせる日々。
 
2021032505x.jpg

 基本的にはパパを信頼している良い娘ではあるのですが、理不尽な事で悩みを抱えているらしく、

「胸が大きすぎてみんなの視線が気になるわ。」
「お尻が大きくて恥ずかしい。」

 と言い出し、ストレスがグンと増えるのは困りもの。
 ヒップの数字は変えていませんからね。



 中盤あたりまでやった感想としては、少しボリューム不足を感じます。
「プリンセスメーカー2」では年に1度の収穫祭でお料理や剣術の大会がありましたし、娘を武者修行に出すこともできました。
 また剣術道場では師匠がいない時に道場破りが来て、娘が戦うというイベントもありました。

 そういうイベントはかなり少なくなり(たまに模擬試合をする程度)、淡々と進んでるような感じです。

[ 2021/03/25 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

美浦日記

2021032401x.jpg
ウマ娘 プリティーダービー

 世間がすなるウマ娘といふものを、私もしてみむとてするなり。

 というわけでスマホゲームの「ウマ娘 プリティーダービー」を遊んでみました。
 インストール容量は3GB。
 Wifi経由でダウンロードしないと、スマホの契約的にヤバイ感じのやつですね。
 
2021032402x.jpg

 ざっと遊んでみたわかったゲームの内容は、
「ウマ娘を育ててレースで勝たせて、レース後のライブでセンターに立たせてあげよう!」
 というものらしいです。
 レースで勝つとその後のライブでセンターで歌えるので、どちらにせよ勝たせれば良い事になります。

 ちょっと複雑だけどゲームのシステムは面白いし、レースやライブは基本的に見ているだけなので楽しむ要素もあります。
 なんだ、結構良い作品じゃないか!

 キャラも可愛いし、学園理事長の声が水橋かおりさんだし。

2021032403x.jpg

 ……しかし、それらすべてのプラス要素が存在する作品をダメにするのが、我がスマホ。
 元々格安スマホ(本体の方が)なので性能がそれなりなので、アニメーションが恐ろしく重い。

 一番マシンパワーが必要なレース本編だけならまだしも、日常会話やガチャもカックンカックン。
 登場人物にグルコサミンを勧めたくなるくらい。

 とはいえ、このゲームの為に高いスペックのスマホを買うまでには至らないからなあ。

 ひとまずPC版が出るまで様子見となりそうです。

[ 2021/03/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Team S・L・S結成

2021032301x.jpg

 神姫センターへ行ってきました。
 武装神姫BCが遊べるゲームセンターの事を公式だと神姫センターというらしいので、それに合わせた感じで。
 
2021032302x.jpg

 おかげさまでイーアネイラ、エウクランテ、アーンヴァルMk.2と、アニメに登場する神姫達だけでチームを編成。
 レアリティの組み合わせも良く、これならいける!
 
2021032303x.jpg

 ……なんて思っていたら、オフラインのトレーニングバトルで2位になってしまいました。
 
 話によると2月の中旬にアップロードが行われ、CPUがやたらと強力&意地が悪くなったそうです。
 どれくらい強くなったかというと、それまではガチャで出たばかりのレアリティの低いカードでチームを作ってもダブルスコアで勝ててました。
 それが今回はいわゆるガチの編成なのに、2位。

 私くらいそれなりに遊んだ人ならまだしも、初心者が操作に慣れるために遊ぶことの多いオフライン対戦でこんなにCPUから集中攻撃されたら、ヘコむプレイヤーも出てくるのではないかなあ?

2021032304x.jpg

 それにしても休日に遊びに行ったのに、3人いる対戦相手のうちの2人がCPU。
 いつも自分だけしか遊んでいない事ばかりだし、筐体を置いているお店もそう多くないから、こんな感じになるのでしょうか。

 せめてアニメに登場したキャラをもっと出してくれれば。
 追加神姫、玄人向けのチョイスが多いのだよなあ。

 カードが一通りそろったら割とお手軽なゲームだと思うのだけど。

[ 2021/03/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

針金系ゲーム

2021032201x.jpg
CUTE HONEY(Lovely Games)

 STEAMのワーオッ!な低価格ゲームを購入しました。
「Cute honey」という、パズルゲームです。

2021032202x.jpg

 プレイ中の画面に表示されるのは、

・蛇口
・コップ
・ブロックなどの障害物


 プレイヤーに出来る事は、線を引いて針金のような物体を書く事。
 この線を書き終わると重力が働き、蛇口から水が出て一定数量がコップに入ればクリアというもの。
 パズルのジャンルは、物理演算系(そんな正式名称はありません)でしょうか。

 たとえばこちら。
 このまま重力が働くとコップはブロックに挟まって傾いてしまうので……、

2021032203x.jpg

 コップがまっすぐに立つ横の線。
 さらに用心して右に壁を書いたので、重力が発生してもコップは綺麗に立ち、水もしっかり入りました。

 これでステージクリア。
 1人につき数問が用意されており、30分位で全ステージがクリアできます。

2021032204x.jpg

 なおSTEAMにおけるアダルト方面の規約が少し緩くなった関係か、ご褒美のCGはまったくのドストレート。
 今までのゲームで存在していた解除パッチなども無くなったようで、見ているこちらがビビりました。

[ 2021/03/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2021年千葉県知事選挙

2021032101.jpg

 早朝出向いた投票所はガラガラで、入って1分も経たぬうちに投票所を後にしました。
 
 時勢から立候補者のポスターにはコロナに関連する単語が多く見受けられたものの、私の周辺に限っては投票へ行く人が少なかったようです。自分の意見が反映されるかもしれないイベントとしては、選挙ほど興味深いものはないとは思います。

 それにしても今日は風が強かったです。
 雨自体は小雨なのに、投票所を徒歩で往復しただけでズボンがビショビショ。
 これを書いている今も、外では風がうわんうわん叫んでおりますね。

 昨日は東北を大きな揺れが襲いましたし、コロナ禍は収まりませんし、花粉も出てきましたし。
 自然界にはもう少し手心を加えて頂きたい所存にございます。

[ 2021/03/21 20:22 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

体育会系(?)独特のノリ

「アニメキャラの〇年後を俳優で表現させたら面白くない?」
「アニメキャラの実写を海外の俳優に演じさせたら面白くない?」

 というのがそれなりに話題になったのは、CMを打ってるのが大企業だからだったり、資金力で著名な俳優を起用していたり、アイデアを出した人が有名だったからなだけで、有体に言えば割と元々からサムい表現ではないかなとは思います。

 日本でよくある、
「言ってる内容より言ってる人の方が大事だよね」
 のパターンのひとつでありましょう。
 いわば松下語録の親戚の親戚筋みたいなもので。

 そんな神輿に乗せられてワッショイワッショイされている人が、ふくよかな体型の女性タレントに豚の恰好をさせようなんて思って叩かれる事態に陥るのはある意味自然の流れでして、
「俺って面白いでしょ?」
 なんて常にギリギリの線を歩いていたつもりが、たまたま足を踏み外しただけなのではないかなと思うのです。

 この人も、毒舌を売りにするような人も、最近では炎上系インフルエンサーなんかも、尖っていくことで人気が上がっていくので、最後は尖り過ぎて自分を傷つけるかポキリと折れてしまうかで全員が全員穏便に終わる事なんてありません。
 かといってしっかりした事や真面目で正しい事を言い続けている人は長く続けられる代わりに誰にも知られないという事実もあって、世の中上手くいかないものです。

[ 2021/03/20 10:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

にしきや ショコラビーフカレー

2021031901x.jpg
ショコラビーフカレー(にしきや)

 バレンタインで頂いたカレーの試食レポートを更新中。
 三点目はチョコレートの入った、バレンタインらしいショコラビーフカレーです。

2021031902x.jpg

 中辛とありますが、どちらかといえば辛さは気持ちやや甘め。
 むしろそれを上回るビターテイストが特徴的です。

 我々が日頃食べているショコラ(カカオマス)は砂糖やミルクを足して甘く作られているチョコレートであって、単品だと割と香辛料の部類に入る食材なのですよね。

[ 2021/03/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

にしきや 牛すじカレー

2021033301x.jpg
牛すじカレー(にしきや)

 バレンタインで頂いたカレーの試食レポート第二弾。
 二点目は牛すじカレーです。

2021033302x.jpg

 皆さんには香りをお届けできないのが本当に残念なのですが、封を開けるとショウガの良い匂いがします。
 牛すじと言えば大阪風!……なのかどうかはわかりませんが、味付けのベースは味噌と生姜。
 ぼっかけに近いものがあるでしょうかね?

 味はもちろん美味しいです。
 前回のバターチキンも美味しかったですが、より好みに近いのはこちらでした。

[ 2021/03/18 09:04 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

にしきや バターチキンカレー

2021033201x.jpg

 バレンタインに『にしきや』のカレーセットを頂戴しました。
 
2021033202x.jpg
バターチキン(にしきや)

 今回はその中からもっとも入門編のように見えた(筆者の感想です)バターチキンカレーを食べてみる事に。

2021033203x.jpg

 こちらがにしきやさんのバターチキンカレー。

 カレーのタイプはインドカレーに近く、バターが入っているからかコクが深め。
 甘目に出来ており、おそらくお子様が食べても大丈夫そうです。
 スーパーで見かけるメーカー品のものより肉が大きく、ゴージャス感はなかなかのもの。 
 インドカレータイプのカレーが好きだけど辛いのは苦手、という方におススメしたいカレーでした。

 うめえですな。

【にしきや ホームページ】


[ 2021/03/17 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

アジアは白地図

2021031601x.jpg
日本人が誤解している東南アジア近現代史
(川島博之)

 もうちょっとアジアの歴史を知りたいなと思い手にした本を紹介します。
 川島博之さんの「日本人が誤解している東南アジア近現代史」 です。

 川島さんはベトナム最大の複合企業ビングループの首席経済顧問(出版時)をされておられる、アジアに詳しい作家さん。
 タイトルの通り、東南アジアの歴史や経済の現状、華僑についての歴史名が語られています。

 本書で主に紹介されている国は、ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ミャンマーなど。
「東南アジアとはどこぞや?」
 というレベルの私でも、わかりやすい文章で歴史と経済が学べます。

 先の大戦時の東南アジアエリアの歴史を学ぶために読んだのですけれども、現在クーデターで話題になっているミャンマーへの理解度が少し高まったように思います。歴史というものは連続しているものですので、国の成り立ちを知れば起きた出来事をより理解するのは至極当然なのかもしれません。

 本書を読了して得た感想は二つ。

 一つ目は、東南アジアというエリアにある国の興味深さ。
 あれは田中眞紀子さんの発言でしたか、
「アジアというエリアはたまたま色々な国が地理的に集まっただけの存在で、アジアなんていう地域は存在しない。」
 つまり色々な文化や思想がある国が存在するこのエリアを、たまたまアジアにあるからという理由で「アジア」という言葉でくくってしまうのは乱暴だという話をされておられました。
 いやまさに仰る通りで、色々な国があるのだなと最後まで飽きずに読めました。

 そして二つ目の感想。
 これはちょっと戦前の日本について特別な感情を抱かれている方は気分を害されるかもしれませんけれども、
「日本は先の大戦でアジアを開放した!なんて事は、絶対に海外で言わないで欲しい。」
 というもの。

 東南アジアエリアにある多くの国が大戦時に大変な時を過ごしていたのに、それらをご存じない方が「日本はアジアの開放を手助けしてスゴかった!」みたいな事を海外で言ってしまうと、有体に言うと日本の恥です。
 もちろんそういう国が全くないわけではありませんが、表紙の帯にも書かれている通りで国ごとに色々事情があって、乱暴に一括りにはできないのが本当の所ではないでしょうかね。

 ともあれ、歴史好きの方はもちろんコロナ終息後に東南アジアへ行かれたいなと思われている方にもオススメできる一冊です。

[ 2021/03/16 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

御当地出身侍女之事

Fujihime_maid01.jpg

 何年かぶりに当店に娘(看板娘)が加わりました。

 新メンバーの名前は「藤姫(ふじひめ)」と言います。

 彼女は、いわゆるいわくつきの女の子です。

 というのもですね、この娘は元々手賀沼に伝わる妖怪をテーマにしたキャラクターなのです。
 モデルとなった妖怪の名前は、そのまま「藤姫」。
 去年紹介した「柏・我孫子のむかし話」に掲載されていたお話で、多分表紙の女の子がその藤姫なのでしょう。

 詳細は過去のブログに書いてありますので省きますが、簡単に説明を。
 藤姫は我孫子五郎という豪族の娘で、手賀沼を挟んだ向かいの青年と結婚する予定だったのが、継母がそれを気に入らずに青年と謀殺し、藤姫を穴をあけた船に乗せてこちらも殺害。死ぬ前に気付いた藤姫が大蛇に化けて継母に仕返しをします。
 その後は偉いお坊さんが大きな鰻を召喚し、彼女を手賀沼に押さえつけたそうです。
 手賀沼の鰻は昭和時代(日本一汚い湖沼だった時代があったのです)にいなくなった為に地上界へ出られるようになり、たまたま近くにあったルフィドニアにやってきたようですね。

 色々なキャラクターがいる私の世界(主にルフィドニア界隈)でちょっとした村おこしと言うか妖怪おこしというか、
「こういう妖怪が手賀沼にいるんですよ!」
 という、地域振興を兼ねてデザインがなされました。
 私も地元ネタをかなり消費してますし、たまには恩返しもしないとなあと。

2021031501.jpg

 元のデザインはこちら。
 着物の模様は藤の花で現代風にアレンジして下はカット、さらにオーバーニーソックスをはかせています。
 いわゆる和メイドとか、そういう扱いがされるスタイルです。

 デザイン当初は私の中で大正時代のファッションがブームだったのと、手賀沼に鰻が沢山いた当時の年代を考慮して、大正時代の少女をベースにデザインしました。
 結った髪を両端にグルグル巻く「ラジオ巻」は、実際に大正時代に流行した髪型ですね。

 昨今の(ウケを狙うことの多い)娘達としては珍しく可愛い系に重点を置いた女の子となりました。
 お客様には優しく可愛がってくだされば幸いです。

 なお藤姫のキャラクターデザインはtaoru様。
 メイドさんバージョンは夏時計様。
 お二人がそれぞれ担当して下さいました。
 ありがとうございました。

taoru様


[ 2021/03/15 09:00 ] 看板娘資料 | TB(0) | CM(0)

真夜中のドア

2021033401x.jpg
真夜中のドア STAY WITH ME(Rainych)

 TVやラジオなど、どこかで聞いた曲が気になって購入する事がありますが、今回はその中の一曲を紹介。
 Rainych(レイニッチ)さんの「真夜中のドア STAY WITH ME」という楽曲です。
 
 Rainychさんはインドネシアの歌手で1979年に発表された松原みきさんの「真夜中のドア Stay With Me」をカバー。
 Youtubeを中心に世界規模でヒットしたそうです。


 歌声はもちろん、ご自身に縁のない日本の歌に興味を持って歌われるという好奇心と行動力も素晴らしいですね。

[ 2021/03/14 14:48 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

修羅の国 フリマアプリ

 怒号と万札、転売品が飛び交うと言われているフリマアプリを初めて利用しました。
 武装神姫のカードが何枚か欲しかったのですが、オークションよりフリマの方が種類が多くて安いという事が分かりまして。

 しかしフリマアプリと言うのは若者がキャッキャウフフ死に晒せ!と、元気よくやりとりされているという修羅の世界。
 こんなオジサンが入って石を投げられないだろうか?と不安に思うのは仕方のない事でしょう。

 ……あ、すいません。

 皆様のご想像通り、普通でした。
 色々と引っ張ってみようかとも思いましたが、水で薄めて薄めてこれくらいのお話ですので。

 自分がお客さん側というのもあるのでしょうけれども、売り手の人はとても丁寧に対応してくれて、発送もすぐに完了。
 あっという間に手元に届きました。

 オークションよりはるかに相場も安い上に、落札できるかどうかハラハラしながらいけない事も無いので精神衛生にもよろしいかと。

 でもまあ、これ500円位の案件だからこんなに落ち着いて利用できるのかな。
 高いレアグッズなどを買う方は、それなりにハラハラされるのかもしれませんね。

[ 2021/03/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Meow Way

 早朝6時前に愛犬を連れて散歩へ。
 この時間帯に車どころか人っ子一人通らない道を歩いていると、道の真ん中にゴミ袋がありました。
 
「ナゼこんなところに?」

 等と思いつつ進んでいったら、袋が急にわさわさ動き出したのでビックリ。
 白いゴミ袋だと思っていた物体の正体は、白く大きな野良猫でした。

 それにしても、なぜ道のど真ん中で寝ていたのだろう。
 地面は砂利と土が混ざり合って寝心地悪い上に、周囲は畑なので寒い朝に風が直撃しています。
 エサもなさそうですし、隠れる場所もありません。

 休憩場所としてはありえないこの場所でくつろいでいるのが、猫らしいといえば猫らしいのでしょうか。
 
 我々を見つけてその場を離れたこの猫は、少し離れたところから私を眺め続けるのでした。
 
[ 2021/03/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

数字で示される人生

 ここで書こうかどうか迷っていた事としまして。

 実は、お世話になっている方がコロナに感染し亡くなられました。
 元々病気がちな方だったのでコロナが日本に来てからは誰にも会わずに過ごされていたのですが、どうやら家族が会社経由で感染してしまったそうです。

 生前はいつも美味しいお菓子を持ってきてくださり、大変お世話になりました。
 コロナの感染者だったという事で葬儀は行われず、このご時世に家族全員でお宅を訪問する事もかないません。

 しかしながら故人の素晴らしさに関係なく、世間的に報道される情報は、
「コロナによる死亡者 1人」
 という少なくない死者数の1人にカウントされるだけで、ニュース番組で報道される数字のひとつにすぎません。
 翌朝の朝刊でお世話になった方が亡くなられたニュースを読みながら(もちろん匿名ですが)、心に穴が開きました。

 この少し関係していた側のむなしさに近いものは、3月11日に被災された方もお持ちでしょう。
「東日本大震災で死者は15,899人、行方不明者は2,529人発生しました。」
 当時メディアでは数字だけが淡々と報道されていましたが、この18,428人には家族がいて知り合いがいて多くの人生があり、とても数字だけで表現されるものではありません。

 テレビ番組やSNSで、
「コロナの死者は少ない。インフルエンザ以下だぞ。そんな事より経済を回せ!」
 などという人を見ると少し不快に思うのですが、よくよく思い出して考えると私もコロナ禍以前は先の震災で亡くなられた方を数字で見ていたように思います。

 自分で近い体験をしてようやく気がつくなんて、まだまだ自分も至らない点があるなと痛感する次第です。

[ 2021/03/11 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

マイ神姫が 可愛すぎて むせる

Install x Dream アン・ヒナ・アイネス・レーネ(CV:阿澄佳奈、茅原実里、水橋かおり、中島 愛)
Install x Dream アン、ヒナ、アイネス、レーネVer
(阿澄佳奈、茅原実里、水橋かおり、中島 愛)

 武装神姫の話が続いてるので、せっかくなので楽曲の紹介も。
 アニメが9年前の作品なのでPVがありませんが、アニメ版主題歌の「Install Dream」がとても良いのでオススメです。

 この作品は主要メンバーが全員歌が上手な上に、楽曲を手掛けた織田哲郎さんがまたスゴい方でして。
 ZARDさんや相川七瀬さん、TUBEさんといった豪華なアーティストの曲だけではなく、「踊るポンポコリン」などのアニメソングも制作。
 装甲騎兵ボトムズの主題歌「炎のさだめ」では作曲に加えご自身が歌われたりと、とにかく超一流のクリエイターさんなのです。

 ですから、できればフルコーラスで聞いて頂ければ最高です。
 損はさせません!

Install x Dream INES ver.
Install x Dream アイネスVer
(水橋かおり)

 私なんか、全員バージョンに加えて、好きな神姫であるアイネスのソロバージョンまで買っちゃいました。
 水橋かおりさんは綺麗な歌声に加えキャラクターの歌を維持されるのが非常に上手な方なので、声の引き出しの多さも含めて、オールラウンダーなのが凄いのです。
(演じられるキャラの体型と年齢に水橋さんほどバリエーションのある声優さんはそうはいませんよねえ。)

 というわけで、コナミさんは早々に武装神姫BCにもアルトアイネスを実装してください。

[ 2021/03/10 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ステゴロ💗マーメイド

2021030801x.jpg

 AC版ゲーム『武装神姫BC(バトルコンダクター)』を週にちょっとずつだけプレイ中。
 なかなか欲しいカードが出てこないので、オークションサイトでお目当てのSR(スーパーレア)版のイーアネイラを落札しました。

 数年ぶりのオークションサイトでのイーアネイラのお値段は送料を含めて810円。
 ガチャ4回やって出てくるカードではないので、かなりお得なお買い物です。
 どうも世間的に人気のあるゲームではない(?)らしく、相場はかなり安めのようですね。
(このキャラクターがもっと安く売っているケースも多く見られましたし。)

 現在のデッキは左から、

・ナース型神姫 ブライトフェザー(R)
・マーメイド型神姫 イーアネイラ(SR)
・猟兵型神姫 エーデルワイス(R)


 の合計7コストで構成中。
 このカード落札後さらにもう1枚SRの神姫を入手しているので、それが手元に届くまではこれでいきましょう。
 ちなみにレアリティが高いほど基本能力が高く、コストの高い強力な武器が装備できます。

 ……と、ここまでは上手く言っていたのですが、このゲームは準備時間が短い事でお馴染み。
 イーアネイラの武装をセッティングしている間に時間切れとなり、強制的に人間のプレイヤーとバトルとなりました。

 画面に表示されたのは、まったく武器を持っておらず明らかに素手でファイティングポーズをとるマーメイド型神姫。
 レアリティが高いほど強力な武器が装備できるという利点を全く生かせないままの初出撃となりました。

2021030802x.jpg

 そして1位を取ってしまうというね。
 対戦相手が慣れてないのが幸いし、最後まで素手でボコボコ殴ってました。
 でも、こういうのは他のプレイヤーでもあるのだろうなあ。

 武装神姫珍プレー好プレーみたいな番組があったら、選ばれたかもしれません。

2021030803x.jpg

 素手で良い結果だから、ガッツリ装備させたらさらに良い成績が!
 と、ここで欲が出るのが人情。
 続いて二戦連続で対戦。

2021030804x.jpg

 結果、2戦目は2位。

2021030805x.jpg

 3戦目は3位と、連戦するたびに結果は悪くなっていくのでした。
 ダッシュの使い方と接近戦偏重が次回の課題です。

 ただ個人的にはイーアネイラもエーデルワイスも、褒められるより恨み節を言われる方が可愛いかもしれない。

[ 2021/03/09 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

松楽さんへ行ってきました

2021030801.jpg

 秋葉原の松楽(しょうらく)というラーメン屋さんが、コロナ禍の影響で閉店される事になりました。
 昭和8年(1933年)に開店し、秋葉原の大通りで長年営業されていました。
 もちろん私が小学生の頃からあったお店ですが、初めて通ったのはあちらのレポートサイトが出来てからですね。

2021030802.jpg
ワンタンラーメン(800円)

 閉店が決まってからの初めての日曜日は、お店の外にまで行列が出来ていました。
「日頃からこういう行列ができていれば、閉店される事もなかっただろうなあ。」
 と、自戒の念を込めて記します。

 ただコロナ禍で出かける割合が半減したので、どうしても胃袋に余裕が無いのです。
 1回の訪問で記事が3本~4本のレポート分を作らないといけないので、ガッツリ食べられるお店はかなり疎遠になっています。 

 ワンタンラーメンは抜群に美味しいお店なんですよ。
 しょうゆをベースにした昔ながらの中華そばっていう感じで。

[ 2021/03/08 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

デパ地下におけるオーダーキャパシティ

2021030701.jpg

 上野の松坂屋の目立たないところに大量に放置されたパンダを横目に、ホワイトデーの買い出しに行ってきました。

 こういう時の買い出しに重宝するのがデパートの菓子エリア、通称デパ地下。
 お値段は張りますが美味しいお店が多く、当たりが多いのが特徴。

 そこでスペースを一周して良さそうなのに目星をつけ、買い物をしようとしたのですが。

 あのデパ地下の銘菓コーナーというのは各店舗のスペースが大きくないからか、基本的にはワンオペなのですね。
 そしてそういうお店はワンオペでも運営できるようなお客さんの入りなのでしょう。
 商品一つ一つ綺麗に手で包装されている間に別のお客さんが来ないレベルで。

 ところが今日はホワイトデー前では最後の休日。
 クッキーをもってレジに並んでいると、前のお客さんが商品を三つ持ってきて、
「これホワイトデーの放送してください。」
 
 あーこれは店員さん大変だなあ、などと思って様子を見ているうちに、ようやく包装が終わりそうに。

「あ、これも追加でお願いします。」
 お客さん、さらに商品を四個持ってきてドサリ。

「順番でご対応しますのでお待ちくださーい!」
 慌てる店員さん。
 いたたまれなくなり、そっと商品を戻してその場を去る私。

 結局は後で来ようと思ったものの、別のお店にもおいしそうなお菓子があったのでそちらにしました。

 これ、誰が何をすれば正解だったのでしょうね。
 前のお客さんは事前に電話で連絡すればよかったのか。
 私は最後まで待っていればよかったのか。
 お店側が最初から人員を増やすべきだったのか。

 この上記どれもが正しい選択なのかというと、私自身そんな感じではないような気もします。

[ 2021/03/07 18:06 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ワイルドなうまさ

2021033501x.jpg

 このコロナ禍でカンボジアの方は大変だそうです。
 カンボジアは収入の多くが観光業によるものだからというのもあるのでしょう。
 そこで国外在住のカンボジアの方が色々なアイデアで自身と本国の方を経済的に支えようという事になりました。

 そして頂いたのがこのカシューナッツ。
 カンボジアはカシューナッツが名物なので、コロナ禍の支援事業として色々な所でカンボジアのナッツが売られるようになったとか。
  
 美味しいかどうかは、この空のパッケージをご覧に頂ければおわかりいただけるでしょう。
 かなり美味しいですよ。
 ナッツを撮影するのを忘れて、パッケージだけ撮影する羽目になった位です。

 味はローストされたそのままで、調味料が使用されていない素のまま。
 私がいつもアメ横で購入しているナッツよりワイルドで味わい深いものでした。

 カンボジア好きな方はもちろん、木の実の自然な味がお好きな方にもオススメします。

 
[ 2021/03/06 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

番外編 オーディオコメンタリー

2021030501x.jpg

 今月の漫画は少し趣向を変えまして、新キャラクターの紹介漫画を公開致しました。

 今回追加されたキャラクター(ウェイトレス)は藤姫。
 実際に手賀沼に実在する妖怪です。
 妖怪なのに実在するという紹介の仕方もなんなのですが。
 去年の日記に少しだけ藤姫を書いた記事がありますので、気になる方はそちらもどうぞ。 

 話には続きがあり、妖怪になった藤姫はエラいお坊さんが召喚した鰻がその力を抑えつけた為に、現在は平和になっています。
 しかし藤姫の場合は、昭和に入り手賀沼が汚れて鰻が住めなくなった為に地上界に出てきたわけです。
 継母に復讐は果たせたし玲真達には世話になったので、恩返しにお店でメイドをしようという事なのでしょう。
  
 ちなみにこの話にはちょっと続きがありまして、実は玲真とやりとりをする場面があるのですが。
 それは同人誌での公開になるでしょうかね。
 令和に復活して急に砕けましたよ、藤姫。

 なお、今作は大ノ介さんが作画を担当くださいました。
 可愛い藤姫を描いてくださり、ありがとうございました。

[ 2021/03/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Call me HINA

 買い物の用事があって柏へ。
 相変わらず賑わっている街で、ゲームセンターもお店の並びはほとんど変わらず。
 とはいえ昔ながらのビデオゲームはまったくなくなり、ガンダムのゲームと音楽ゲーム、あとはカードを使ったゲームばかりになってました。
 
2021030401x.jpg

 こちらでは武装神姫をプレイ。
 今回はちょっと気持ちが乗ってしまい、神姫ガチャを10回(1000円!)回してしまいました。
 以前のデータも含めて、そのうちの6枚を出力。

 結果はレア2枚、ノーマル4枚。
(ブライトフェザーは前回出力済)

 以前にも話したように、神姫はまずガチャで出す事が必要で、その後にカードを印刷する事でレアリティが決定されます。
 レアリティは、N(ノーマル)、R(レア)、SR(スーパーレア)、UR(ウルトラレア)の4種類。
 しかも、どうも同じレアでも個体値みたいなのがあるらしく、同じレアリティ同士でも個体差がある様子。 
 さらに冗談みたいな話ですが、おっぱいのサイズも個体差がありSS~LLまでバリエーションがあるようです。

 エゲつない、エゲつないぞ、コナミ。

2021030402x.jpg

 まあでも1000円のガチャではアニメに登場しているストラーフ型も出たので(レアリティはまだわかりませんが)、PSP版のゲームでも使用していた神姫も出てきましたし、それなりに有益だったかな?

 シングル購入も検討しましょうかね。

[ 2021/03/04 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ダークツーリストのエース

2021030301x.jpg
世界の混沌を歩く ダークツーリスト(丸山ゴンザレス)

 負の遺産を巡る事を、一部の人はダークツーリストといいます。
 そういう意味では、本書の著者である丸山ゴンザレスさんはダークツーリスト界のトップエースのひとりでしょう。

 丸山さんのテーマは、
「○○は××らしいという情報が本当なのか、調べて見たい。」
 というもの。

 ドラッグ、難民、ブラックなビジネス。
 中には殺し屋にインタビューまでされており、インタビューに殺しの依頼の電話が来るというおっかないエピソードも。
(この時は安い報酬で別れた彼女を殺して欲しいという依頼で、断ってました。)

 中にはインタビューをした相手がしばらくしたのちに命を落とすという後日談もあり、命というものに対する色々な考えが自分の今までの経験とは全く違うものなのだなと、深く考えるきっかけをくれた作品だと言えます。

 この作品については詳しい話をここで書いてしまうと楽しみが半減してしまうので、どうもモヤモヤと遠回りした感想しか書けないので、是非皆様も手に取って下さい。
 旅好きの方の感性をガッチリつかんでくれる、面白い本ですので。

[ 2021/03/03 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

これにはさすがの魔王もガッカリ

 TBSで日曜日昼に放送されている「噂の東京マガジン」が3月で終了する事になりました。
 
 TBSの優秀な経営戦略陣によると、この番組は有力な消費者層に恵まれない。
 やや悪意を持って言い換えると、
「この番組の視聴者はお金を使わない年配者が多く、スポンサーに金を出してもらえる為のPRをしにくい。」
 らしく局側としては新しい空気を入れたいというのがその理由だったそうで、視聴率的には問題はないそうで。

 こういう流れについてはさすがになんとも……。

 ……という記事を書いている今まさに、番組は終了しないという放送が流れてきました。
 正式にはBS-TBSに移動するそうです。
(今日の記事は実際に番組を観ながら書いていました。)
 
 終了しない事が決定したわけですが、せっかく書いてる記事を消すのはなんかムカつくので今日はこれでおしまい。 

[ 2021/03/02 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)