FC2ブログ









サル騒動

 ちょっと前に茨城の取手市方面で猿の目撃情報がありました。
 筑波山からやってきた……にしては距離があり過ぎるので、他の所から来たのでしょうか。

 それから数日が経つと、今度はおらが市内で目撃情報が報告されました。
 川を渡るなり、橋を渡るなり(こちらが有力でしょう)して、利根川を越えたのでしょう。

 他人事のように話を聞いているうち、ついに町内での目撃情報が流れてきました。
 しかも我が家に来てもおかしくない距離です。
 うちには猿と相性の悪い犬がおりますのでそうそう家に入ってくるようなことは考えられませんが、猿に網戸を破られた話も聞き、猛暑なのに窓を閉める生活になるのかも?

スポンサーサイト



[ 2021/07/31 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

現代ロシアの軍事戦略

2021073101x.jpg
現代ロシアの軍事戦略(小泉悠)

 軍事研究家、小泉悠さんの「現代ロシアの軍事戦略」を読了しました。
 たまたま聴いていたラジオのゲストで出演され、興味深い話をなさっていたのが購入のきっかけです。
 
 内容はタイトルの通り、ロシア軍のドクトリン(基本的な行動原則/戦闘教義)が解説されています。

 かつて世界の二大国家、東西の代表国と言えばアメリカとソ連でした。
 それが中国がアメリカに迫っていき、ソ連は解体。
 ロシアの現在のGDP(国内総生産)は11位で、カナダや韓国と同じような数値になっています。

 国内の経済力は軍事力に反映されるわけですから、当然アメリカのように豊富な戦力はありません。
 ですが効果的な作戦を展開し、クリミア地方をはじめ複数の領土を侵略しています。
 そんなロシアの強さの秘密はどこにあるのでしょう?

 そのロシアの戦闘力は「ハイブリッド戦争」と呼ばれる、複数のアプローチによる戦い方にありました。
 正規の軍事力はもちろん、ゲリラやパルチザンなどと言った非正規戦闘、サイバー戦や情報戦、時には核兵器の使用をチラつかせながら相手に銃を突きつける以外の手練手管を駆使し、
「ロシアと戦うのは損だから止めよう。」
 と思わせるように仕向けるのが、ロシアの軍事ドクトリンなのです。

 全部書くと長くなってしまうので、詳しくは本書をお読みいただければ良いとしまして。

 ……そりゃあこういう姿勢の国に、経済支援を手土産に北方領土返還を求めた安倍元総理は無謀にも程があります。
 結局沢山のお金をロシア側に提供し、四島ある北方領土のうち二島を諦めた二島返還論になり、それも頓挫してしまいました。
 交渉としては進展どころか後退です。 
 たしか熱狂的な支持者の中では無かったことにされているお話でしたっけ?

 筆者の小泉さんのような人材は、安倍元総理の周辺にはいなかったのでしょうか。
 こういう一筋縄ではいかない相手に、あまりにも無防備な外交だったのではないかと思うのですが。

[ 2021/07/30 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

おいでませミカド国(辛口)

2021072801x.jpg
真女神転生4(アトラス)

 昨日に引き続き、今日も「真女神転生4」のお話を。
 今回は辛口で、ダメだった所だけ箇条書きしておきます。
 ツッコミ調の為に言葉が乱暴になります。

【チュートリアルが機能していない】
・すげえ難しいチュートリアルなんだけど!
・普通操作の練習とか習う段階なのに、なんで3回も4回も全滅するんだよ。

【戦闘が面倒くさい】
・3Dマップとなり敵のシンボルと触れる事で戦闘となるシステムは良いが、シンボルの動き方がみんな一緒。
・LV90代のパーティーにLV10前後の雑魚が襲い掛かってくるのってどういう事だよ!
・敵が出て来なくなる魔法が欲しかった。
・敵に斬りつけないと効果の無いエストマを俺は認めないからな!
・少し操作をミスすると敵が奇襲攻撃をしてきてそれだけで全滅の危機に達する事も!?

【薄い登場人物】
・仲間がみんなフラフラしてる。
・イザボー姉さんが空気。
・ヨナタンもワルターもいきなりラスボスで登場させるよりもう少し描写してあげても良かったと思うよ。
・NPCとして一番活躍していたであろうノゾミに顔グラフィックが用意されていないのは謎でした。
・ナバール君は本当にいきなりいなくなっちゃったね。

【画面が見にくい】
・2Dは「通れると思ったけど通れなかった」箇所が多すぎる。
・3Dは視線が固定されているので見にくい。
・「歩いて行くと道が出来てくる」演出はこの仕様でやっちゃダメだ!

【アンティクトンゲー】
・行動ポイントが決まっており、弱点を突けば減りにくく、反射や無効にされると行動ポイントがゼロになります。
・うん、前半は良いけど後半の仕様は問題があったね。
・どんな敵の弱点も付ける!みたいなキャラクターを作るのはまず無理なので、万能属性魔法を連発するのが最適解じゃない?
・そしてついでに敵のステータスも下げられる『アンティクトン』を連発するのが定石になるよね。
・そういえば敵も万能属性魔法を連発しているぞ。雑だなあ♪

【悪魔を愛してあげてください】
・力、技、魔、速、運のステータスがみんな同じの悪魔、どれだけ作ったんだよ。
・マサカド様ですら全ステータス79とかふざけてるのかーッ!
・前半に出てくる悪魔はHPもMPも少なめ、後半に出てくる悪魔はHPが高くMPが低いか、その逆ばかり。

【それは反則?】
・未来に行くならまだしも、過去というかパラレルワールドというか、あれをメガテンがやっちゃっていいものなのだろうか?
・赤玉はむしろ私が考えていた方の答えの方が怖くて正解の方が少しマイルドだったので特に問題なし。

【最強のダンジョン渋谷駅】
・難しいダンジョンは上野駅、銀座駅、池袋駅、新宿駅。全部ダンジョンではなく回復地点がある街です。
・ほとんどのダンジョンが同じようなパターン。ボスを倒すと変な結界を刀で斬ってスタート地点までショートカット。
・ひどい時には「まっすぐ進んでドアを開けてボスを倒すだけ」みたいなダンジョンもありました。

【薄いボリュームと単調なミッションと不親切なシステム】
・シナリオだけならあっという間に終わっちゃいそう。
・ミッションと言っても倒してくるか見つけてくるかの2パターンくらいしかないからなあ。
・次にどこへ行けばいいかよくわからない事もあるし。
・属性で3パターンのルートがあるのに調整も確認もよくわからなかったよ。

【あんただれ?】
・新規にデザインされた悪魔と金子一馬さん時代からのデザインの悪魔が共存している世界の違和感。
・新規デザインの悪魔は、多分女神転生よりもシューティングゲームに出たほうが自然かも?

 それからこちらは自分のミスとなりますが、
「真4Finalより先に遊ぶべきでした!」
『真4』のクリアデータがあれば『真4final』を少し楽に始められるんですって、奥さん。
 先にこちらをクリアすべきでしたわ。

 

 ちなみに、私の中でのメガテンランキングとしてはこんな感じです。

 1位:真女神転生1
 2位:女神転生2(途中で挫折してしまったけれど)
 3位:真女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY
 4位:真女神転生2
 5位:真女神転生 if
 6位:真女神転生4 final
 7位:真女神転生4


 *初代の女神転生と真女神転生3、儀典女神転生はほとんどやっていないので評価対象外
 *ゲームの性質が全く違うので魔神転生も対象外

[ 2021/07/29 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

おいでませミカド国 公を侮るなかれ

2021072801x.jpg
真女神転生4(アトラス)

 アトラスの「真女神転生4」をプレイ。
 携帯機は撮影がめんどくさいので、パッケージのみです。

 舞台は東のミカド国。
 ラグジュアリーズ(貴族)とカジュアリティーズ(労働者)が分かれて暮らしている世界です。
 
 主人公のフリンは一般市民(カジュアリティーズ)出身からエリート街道が約束されているサムライに任命されます。
 しかしそれに前後して世界が崩壊する夢を見たり、黒きサムライが人々を悪魔に変えさせる事件が起こったりと、フリンの周りには少しずつ異変が忍び寄ってきます。それらを解決すべくミカド国の修道院の命令により、フリンと仲間達はナラクを下りて汚れ人の住む東京へ向かうのでした。


 ゲームプレイ後の感想はネタバレとなりますのでって、まあ新しいゲームではないので良いですかね。

 それでまあ、先日クリアしました。
 単独のゲームとしては結構面白かったです。

 舞台が東京なので土地勘がある分、ウロウロするだけでも楽しいですし。
 逆にアレンジに関してはツッコミを入れながら進めてました。

「秋葉原がクレーターになる程の大きな爆発があるのに、なんで神田明神が無事なのだろう?」とか。
 神田明神から電気街のあるエリアって、通りが2つくらいしか隔てていませんからね。

 色々な街の人外ハンター商会で食べられる食事のレプリカの元ネタも、まあ「あれかな?」くらいわかります。

【上野の肉のナントカって店の名物コロッケ】
 肉の大山さんのやみつきコロッケ&やみつきメンチが元ネタ。
 立ち飲み居酒屋も併設しており、お手軽で美味しかったです。
 実はゴージャスバージョンのメンチもあります。

【銀座の人気ケーキショップの大きなシュークリーム】
 コージーコーナーのでしょうね。あれも美味しいです。
 チェーン展開されているので食べられた方も多いかも?

【原宿とは縁のない菓子】
 原宿ドックです。たまに冷凍食品で買うくらい好きです。
 母親や姉のタレントショップの付き添いで連れていかれましたっけ。

【新宿のフルーツパーラーのフルーツジュース】
 新宿タカノのフルーツパーラー。
 本物は1000円以上もザラですが、レプリカなのでお手軽です。

【霞が関の高名な芸術家が考案したすき焼き】
 これは魯山人風すき焼きかな? 美味しんぼにも出てた。

【新宿二丁目の釜飯とカマボコ】
 新宿二丁目はいわゆる「オカバー(ゲイバーという単語が出来る以前から)」が沢山あります。
 本当かどうか知りませんがそこの店員さんが以前テレビで、
「新宿二丁目の名物は釜飯なの。オカマだけにね!」
 とか仰っていたので、スタッフも同じ話を聞いていたのかも?

【池袋の爆弾風のタコ焼きのレプリカ】
 池袋に本店のあるばくだん焼本舗のばくだん焼きでしょうか。
 お店の前は何度か通った事はありますが、一度も食べてません。

 なんか細かいところをほじくるような感想ばかりが続きますが、基本的にニュートラルルートにおける人類の方針。
 つまり「人間の事は人間で決めよう!」という意志シリーズでも納得のいくものでした。
 主人公がミッションをこなして有名になっていくの、作業感はともかく人助けそのものは面白かったですしね。
 シリーズでもっとも気さくなマカサド様にも好感を持てましたし。

 ここからは余談です。
 このシリーズは神様や悪魔を倒していく作品なので、ゲームを作る時にはお祓いをしてもらうそうです。
(お祓いをしてもらっても原因不明のトラブルが起こるそうですが……)

 特にどの作品でも平将門が関わるお話なのでそのあたりはしっかりやっていたようです。
 しかし、なぜか「真女神転生4」ではお祓いをしませんでした。

 以下、ファミ通サイトでのお話を引用します。

Q:今回もお祓いはした?

 『女神転生』シリーズは、悪魔などを題材としているため、過去にはお祓い受けていた(原文ママ)そうだが、本作ではお祓いは受けていないとのこと。
 その理由として「せっかく取り憑いてくれた悪魔や悪霊がいなくなって、すごくキレイなソフトになってしまうので」(山井)。
 怪現象もドンと来い! という、オカルト上等な作品として開発陣も覚悟を決めているようだ。
『真・女神転生IV』開発者Q&Aステージで新情報も!?【ニコニコ超会議2】より引用)


 なお、このソフトが発売されてから約一か月後。
 アトラスの親会社であるインデックスは粉飾決算もあり破産。
 最終的には倒産してしまい、アトラスはセガの子会社となりました。

 ……だから、マサカド公にはちゃんと敬意を払わないといけないのですよ。

[ 2021/07/28 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

不要不急の質問

 東京オリンピックが始まり、メダルを獲得する日本代表も出てきました。

 今朝のテレビを見ていたら、昨日のスケートボードで金メダルを取った西矢楓さんと銅メダルを取った中山楓奈さんが出演。
 世界で1位になった方と3位になった方を早朝7時台に出演を依頼し何を聞くかと思ったら、アニメのあらいぐまラスカルの話。

「あれはアニメのあらいぐまラスカルのお話なのですか?」
「お二人がお互い負けないと思っている所は何処ですか?」

 あーあー、そんなの早朝からインタビューに協力して下さったお二人に聞く事じゃないぞ!

 なんといっても本番翌日の朝の7時。
 インタビューを受ける選手は放送センターへ6時台にはつかないといけないでしょう。
 逆算すると、準備を含めると5時台には起きないといけないかもしれません。

 早朝から出張ってもらって聞く話があらいぐまラスカルじゃないでしょう。
 そんな不要不急の質問なんて、リモートで選手村からちゃっちゃとやってもらって負担を減らしてあげようよ。
 13歳と16歳の選手なんですよ。
 私が中高生で朝っぱらから呼ばれてしょうもない質問されたら、よほどギャラが良くないと不貞腐れますよ。

 西矢選手も中山選手も、そんな質問にちゃんと答えられているのは本当に立派でした。
 テレビ局側はもうちょっと良い質問考えておけばいいのになあ。

[ 2021/07/27 20:42 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

なぜ遠回りをする!?

 今季のアニメ「ひぐらしのなく頃に卒」を視聴中。
 雛見沢村という寒村で起こる事件をテーマにした、なんかもう色々と派生作品が出て今では説明不可能な世界が舞台の物語です。

 これをしばらく観ているうちに、あれ?と思うことが。

 今回の主人公は北条沙都子という少女です。
 仲の良い古手梨花という少女に勧められ村を出てお嬢様進学校へ入学したものの、勉強嫌いの為に挫折。
 あれだけ仲の良かった梨花はあっさりと同級生の女の子達と仲良くなり、見捨てられた形の沙都子は復讐を企てます。

 偶然タイムリープ、つまりある決まった月日に戻れる力を得た沙都子は、あれこれと手を尽くして梨花が村から出る(≒お嬢様学校への進学)を諦めさせようとします。その為に何度も昭和58年の6月10日に戻り、今まで体験した「戻るまでに得た経験」を駆使してゲーム大会で圧勝したリ、日常の展開を読んだり、はたまた他の友達を不幸に巻き込んだりするわけですが。

 ……なぜ、その努力を勉強に向けないのだろう?

 これ、前のシーズンでもそう思った気がします。
 神経衰弱のゲーム大会でトランプの柄をすべて記憶するとか。
 金庫の開け方を記憶するとか。
 どの時間帯にどこへ行けば誰に会えるかとか。

 作中で彼女の年齢が公開されてないので中学生か高校生かイマイチわかりませんが。
 梨花と仲良くしたいなら学校の定期試験の内容を覚えて点数を取り続けたほうが楽じゃないのかなあ?
 逆に梨花に勉強を教えてあげるルートだって選べるでしょうに。

 タイムリープをする為には死ぬ必要がある為、元の時間に戻っている回数分トラックに突っ込んだり巨大な照明の落下地点にいたり、いわば自死を繰り返しているはず。
 その勇気と努力を勉強に向ければ、学校の試験で1位を取る事なんてそうそう難しくないはずなのになあ。

[ 2021/07/26 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コロナがあってもなくても同じ事かいていたような日記

 今の時期、適当にチャンネルを回しているとオリンピック特集や中継が流れてきますが。
 ……オリンピック会場、暑そう。

 コロナ禍があってもなくても熱中症で体調を崩される選手やボランティアが出てこないか心配です。
 マラソンとか大丈夫なのかな?
 北海道だって30度超えますぜ。

 ともあれ、みなさまご安全に。

 なお私は冷房がエラー表示となり、朝から(気温31度)メンテナンスで汗だくだくでした。
 よくよく考えれば当たり前なのですが、フィルター自動掃除機能があってもその汚れを受け取るダストボックスを定期的に掃除しないといけないのでした。
  無事にお手入れが終わり動いた後の冷房のありがたさといったら。 

[ 2021/07/25 11:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちまき食べ食べイカロスは

 京都好きの親戚からお土産を貰いました。
 もらったお土産を見る限りどうも祇園祭の保存会か何かに入っているらしく、それで私以上に上洛をしているようです。

2021072401x.jpg

 こちらが毎年もらう『粽(ちまき)』というお守りです。

 初めてもらった時の事。
 ちまきを送るからねと言われたので、ああ京都の銘菓か何かなと思いもらったこれの先端をバラしてしまいました。

 だって、ちまきっていったら食べ物じゃないですか?
 しかも餅が入っていてもおかしくない外見でしょう?
 なのに、何も入ってないんですよ!

 調べてみるとこのちまき(鉾巻/矛巻)なるお守り、素戔嗚命(スサノオノミコト)さんが作ったもののようです。
 素戔嗚命さんと言えば天照大神の弟であり首がいっぱいある八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を狩った事でお馴染み、元祖モンスターハンター的な日本神話のヒーローですが、この素戔嗚命さんが旅先で泊めてくれたご家庭にお礼として作ったのが始まりだそうです。

「この家は私がお世話になった蘇民将来さんの子孫の家であるぞ!」
 と書かれているお守りを飾れば災いを防ぐとか。
 
 初めてもらった時にバラしてしまった事で素戔嗚命さんに怒られるかな?
 と思いきや、ネットで調べてみると私と同じように間違えてバラしてしまう方が結構いて、特に祟りが起きた話も無いようなのでいまのところ安心はしております。

[ 2021/07/24 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

ハンドクラフト系格闘

2021072301x.jpg

 先日、秋葉原HEYさんで格闘ゲーム「大江戸ファイト」を発見。
 スト2ブーム時に誕生した、カネコ製の時代物格闘ゲームです。
 数年ぶりに遊んでみましたが割と操作を覚えており、ワンコインで半分くらいまで進みました。

 侍スピリッツのように歴史系と書かないのは、登場人物がみんな江戸っぽいからではありますが。
 本題はそちらではありません。

 久しぶりに遊んでみたこの大江戸ファイト。
 撮影環境が悪くて恐縮ですが、上の画面の右下にいる人物をご覧ください。
 オレンジ色の忍んでいない装束を身にまとったくのいち、霞(かすみ)。
 
 画像がぼやけてますが、それなりに可愛いですね。

2021072302x.jpg

 各キャラクターの必殺技が書かれている表です。
 こちらの霞、ちょっと別人っぽくありません?
 ドラゴンボールのベジータみたいに、前髪をガッツリ後ろに持って行ってしまって。

2021072303x.jpg

 そして肝心のゲーム本編ですが……アンタは誰!?
 この作品の登場人物はJAC(ジャパンアクションクラブ)という、アクション俳優やスタントマンが多く所属する事務所の方が起用されているようですが、この母性溢れる(?)霞のモデルが誰なのか、多くのファンの努力もむなしく未だに判明しておりません。

2021072304x.jpg

 そんな霞を軽く凌駕する河童の三平と地蔵の一休の存在。
 手作り感あふれる着ぐるみ(というのか?)は、本作の稼働期間(最寄りのゲーセンでもすぐに撤去されました)とは反比例して良い感じの魅力と味わいに溢れています。

2021072305x.jpg

 背景なんかの撮影は日光江戸村で実際に撮影されたものだそうですが、人間サイズの酒瓶などは明らかに合成されており、日本を勘違いした外国の人がオーナーをしている日本をテーマにしたテーマパークみたいです。
 よく江戸村も許可を出したものですね。

 ゲームそのものはそれなりに遊べるのですが、あまりにマニアック過ぎて秋葉原HEY以外で遊べるところを知りません。
 権利会社のカネコはもはや存在していないようですし、創業者も亡くなられており権利関係も不明。
 令和の人にこういうゲームを気軽に遊んでもらえる機会はないものでしょうかね。

[ 2021/07/23 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

実写版からカムバック

「るろうに剣心 北海道篇」の6巻を読了しました。
 前作(少年ジャンプで連載されていた作品)で逮捕されたはずの武田観柳が登場。
 相変わらず性格はねじ曲がってますが、当時と比べて大活躍してました。

 後書きでわかったのですが、和月先生は元々このキャラは前作でおしまいの予定だったそうです。
 それが実写版で演じられた香川照之さんの怪演(?)に惹かれて、また登場させることになったとか。
 まーたしかに香川さんの観柳、良い味出てましたからねえ。
 時間が経ってから連載が再開(続編含め)が出るというのは、こういうメリットがあるのですね。

 ただ二つだけいちゃもんを、

・表紙の久保田旭が活躍してねえじゃん!(表紙は観柳にすべきだった)
・悪役に威厳がない

  
 明治政府になってから時が経ち、左之助やその他のメンバーも世界に視点を移していく中、日本国内で最強の戦闘集団と言われてもどうもピンと来ないのですよ。同じように組織された志々雄とか、それらと比べると小規模だけどそれなりに組織立っていた雪代縁とかがすでに剣心達や明治政府に倒された中、似たような存在が出てきてもなあと。

 とはいえインフレをさせ過ぎるとドラゴンボールのベジータやフリーザみたいな敵を出さなきゃいけなくなるわけで、その辺の調整も難しいのではありますけれども。

[ 2021/07/22 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ひょっとして自分だけ?

 ドッキリ番組で男性芸人を驚かせるコーナーがあり、観ているうちにその内容に驚かされました。
 
 嘘の理由で男性芸人にシャワーを浴びさせ天井裏から驚かせる内容で、なんとこれが全裸にさせるスタイル。
 もちろんモザイクはかかっていますが、基本的には本人の許可なく撮影しています。

 これ、誰も観ていて心配しないのでしょうか?

 おかしいと思われない番組制作者は、試しに女性芸人でこの企画やってみてください。
 おっぱいと股間部分にモザイクを入れれば勝手に撮影をしても良いのですから。

「いや、それだと問題が……。」

 番組側からはこんな答えが来るでしょう。
 それならばなぜ男性芸人だけ盗撮が許されるのでしょう?

公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(略称「迷惑防止条例」)

【第5条】 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。

(1)(略)

(2) 次のいずれかに掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体
を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し
向け、若しくは設置すること。

イ 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいる
ような場所


警視庁「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(略称「迷惑防止条例」)」より引用


 問題は二点あります。

・番組企画で、通常衣服で隠されている下着又は身体を盗撮するというのは正当な理由なのか?
・なぜ女性の盗撮はNGなのに男性の盗撮はOKなのか?

 
「シャワー室の所有者からの許可があればOK!」になってしまうと、温泉やプール施設者に許可をもらった業者は正式に盗撮可能となってしまいますが、まずそれで無罪になる事は無いでしょう。
 また、芸能事務所公認ならアイドルの入浴場面を無断撮影してOKなんて事もないはず。

 次に「男性なら盗撮可能」であれば、性の価値における男女平等の原理に反します。 
 男性の性器はモザイクをかければOKで、女性は絶対にダメだと、女性の性の価値の方が大きい事になってしまいます。
 もちろん、そんな事があってはいけないはずなのですが。

 これが犯罪行為とかスキャンダルとかならまだしも、こういう行為が行われる番組を作っていたり出演している人がただゲラゲラ笑っているのは、冷静に見ている側としては結構恐怖です。
 もっとも番組側の演出(≒撮影されている側も実は知ってた)っていう可能性は無きにしも非ずなのでしょうけれども。
 
 国民と外国人の人権感覚が変わる国なんてなく、自国の人権を尊重する国は外国人の人権も尊重しますし、外国人の人権を尊重しない国は自国の人権も尊重しないケースがほとんどですが、後者である我が国の一面が垣間見れる出来事ではありました。


 仮にティーンエイジャーが模倣して弱い立場の同級生を盗撮したドッキリ動画をネットにアップするような事態になったら。

 ……いや、もうすでにそういう動画が出回っているかもしれないなあ。

[ 2021/07/21 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

日本人総人気海外演奏者子孫説

Fight of Gods
Fight of Gods(Digital Crafter)

 本日はSteamのサマーセールで購入したゲーム、「Fight of Gods」を紹介します。
 制作はDigital Crafterという台湾のゲームインディーズメーカーです。

 ジャンルは格闘ゲーム。
 世界の神様、仏様、精霊、聖人、偉人などが総出演し、殴る蹴るの暴行を繰り広げます。

 台湾のメーカーだからか、台湾、中国、日本の神様だけで1/3を占めています。

2021072002x.jpg

 他の格闘ゲームと比べると、まず最初に登場キャラクターの面々が飛びぬけています。
 イエス、ブッダ、ゼウス、サンタ、アテナ、モーセと、神話のキャラクターが総出演。
 基本的にみんな生身での出演ですが、なぜかブッダだけは仏像での登場です。

2021072003x.jpg

 イエスは磔にされた十字架をぶち破って登場。
 エデンステージで、アダムとイブに見守られながら戦います。
 私の中でのイエスは穏やかなイメージがある中、作中のイエスはかなりアグレッシブ。
 右の頬を殴らせた相手にカウンターをする姿勢で大暴れしてますね。

2021072004x.jpg

 やべえ枠……じゃなくて個性的枠のうちのひとり、サンタクロース。
 可愛い雪原ステージとクリスマスソングのアレンジBGMのレベルはかなり高め。
 でもネタが「ホッホッホ メリークリスマス」の一芸だけなので、出オチ感がなくはないです。

2021072005x.jpg

 超必殺技のソリで相手を轢くサンタ。
 子供が見たらトラウマになりそうですね。

2021072006x.jpg

 そして我らが日本からは二人が参戦。
 1人目は天照大御神。

「ワタシハ アマテラス オオカミデアル!」
 何と表現すればいいでしょう。
 海外の人気音楽グループの来日が決まって、めざましテレビに出演する時に披露した挨拶のような感じ。

 得意技は天羽々矢(アマノハバヤ)による遠距離攻撃。
 特殊技では八咫鏡(ヤタノカガミ)からレーザーを放ちます。

2021072007x.jpg

 日本代表の2人目は天照の弟、須佐之男(画像右)。
 
「かかってこい!」
 とカッコ良く叫ぶ爽快なキャラクターで、ゼウスやオーディンにも負けないパワフルな技を持ちます。
 彼が倒した八岐大蛇(ヤマタノオロチ)が横たわるステージもかなり作り込まれて、制作側に愛されてる印象です。
 
 ざっと遊んでみた感想としては、「割とちゃんとできてる!」 ですね。
 日本の格闘ゲームと比べると多少大雑把な作りですが、それでもみんなカッコ良く見せようという姿勢を作品から感じるので、トータルで遊んでみるとちゃんとできているんですよ。
 定価が1599円(今回はセールで959円でした)とかなりお安めなので、元は簡単に取れると思います。

 私もこれで推しメン……ではなく推し神を見つけないと。 

[ 2021/07/20 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

カレンダー業者泣かせの年

 今日は平日ですよ!
 ……という事に、最近気がつきました。
 具体的には先週に。

 オリンピックの関係で、今月の海の日と10月の体育の日を、開会式が行われる7月22日と23日に振り替えたようなのですが。
 それにしても突然の変更でしたね。

 延期が決まったのは去年の春だったのですから、もっと早く法律を決めておけばよかったのに。
 オリンピック(政府関係者ですが)はカレンダー業者さん泣かせですね。

 ……ああそういえば、あるブログの管理人も祝日だと思って日記を書いておらず、直前に気付いてやっつけで書いたそうです。

[ 2021/07/19 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

餅は餅屋

 日頃美味しい料理店さんでテイクアウトを利用しました。
 コロナ禍で座席も減っており会食も良くないということで、いつも美味しい料理を持ち帰ったわけです。

 ところが家で食べてみると、実際にお店で食べた時と美味しさが違ってビックリしました。
 
 温かいうちに食べたので、冷めているからというわけではありません。
 持ち帰る際の容器とか、そういう所から全体的に不慣れな印象を受けたのです。

 正直な話これならスーパーやコンビニの高価なお弁当を買った方がお手頃で、味もそちらの方が美味しかったと思います。
 コロッケを入れるようなプラスチックの使い捨てパックに入っていたというのも、食欲が減衰する要因になったのかも?

 よくよく考えると、スーパーやコンビニ、お弁当屋さん、ファストフード店というのはテイクアウトのプロなのです。
 冷めても美味しく、お手軽で、電子レンジで温めやすく、持ち運びやすく、食べやすい。
 テイクアウトのプロが特別な施設を用いて研究しているコンビニやスーパー相手に、昨日今日テイクアウトを始めた会社が太刀打ちできるはずはないのです。

「テイクアウトを始めたけど上手くいきません。」
 という飲食店の話をメディアで見聞きする度に、ちょっと複雑な思いとなります。

 お店を支えてあげたい反面、水滴や油でプラ容器が汚れている料理(おかず1品)を1000円近い価格で買い求めたいか?
 という質問に、現状ではなかなかYESをあげられない心境です。
 
[ 2021/07/18 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

なんくるないさー

2021071501x.jpg
Shantae and the Seven Sirens
(シャンティと7人のセイレーン)

「Shantae and the Seven Sirens(シャンティと7人のセイレーン)」を無事にクリアしました。 
 最後まで楽しく遊べました。

 あえて気になる点を挙げると同じ場所を何度も行き来させられる事と、魔法(≠ダンス)の出番があまり無かった事でしょうか。
 使ってバブルくらいでしたかね?
 ミサイルとかほとんど出番無かったです。

2021071502x.jpg

 シャンティ以外のハーフジーニーの中ではヴェラがお気に入り。
「なんくるないさー!」なキャラクターです。

 アメリカの作品なので翻訳は割とアバウトで誤訳すらあるのに、なぜかヴェラの琉球言葉と……、

2021071503x.jpg

 ……ザップルの関西弁は相当レベルが高いのは、もしかしたら詳しいスタッフさんがいるのかも?

2021071504x.jpg

 日本のアニメが好きな方々が作ったソフトということで、ボスは静止画で紹介できない魅力があります。
 それはもうjウネウネ動きます。
 ボスは誰一人同じ対処法は無く、前作と違って変身やダンスの魔法が非常に役に立ってくれます。

 難易度も低め(回復アイテムは現地上達でも余る位)なので、カジュアルに遊ばれる方にお勧めです。
(初見のプレイ時間はおおよそ8時間位です。)

2021071505x.jpg

 それにしても。
 お遊びの力の入れ具合が半端じゃないです、このゲーム。

 ゲーム後半時に手に入るアースクエイクのダンス(魔法)。
 隠し場所がある所で使うと、中から宝石(お金)と共に像が発掘されるのですが、これが同じものをまったくみないのです。

 ある場所では上の画像のような銅像。

2021071506x.jpg

 ある場所ではこんな銅像。

2021071507x.jpg

 また、ある場所ではこんな銅像。

2021071508x.jpg

 こんなのや。

2021071509x.jpg

 こんなの。

2021071510x.jpg

 こんな。

2021071511x.jpg

 こんな感じなのも。
 全部、違うデザインの像なんです。

 これらの象、別に物語上で大切な要素じゃないのですよ。
 小銭と共に発掘されるだけなので、「ゴゴゴゴ・・・・・・」って、下から(あるいは横から)1回出たらそれっきりなのですよ。

 こんなお遊び要素まで本気とは、なかなかやりおるな。

[ 2021/07/17 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ハーフジーニーが帰ってきたよ

2021071401x.jpg
Shantae and the Seven Sirens
(シャンティと7人のセイレーン)

 4年前に遊んだ「Shantae Half-Genie Hero」の続編、「Shantae and the Seven Sirens」を購入しました。
 ジーニー(精霊や魔人のような非人間種)の母親を持つハーフジーニーのシャンティが活躍するアクションゲームシリーズです。

2021071402x.jpg

 アメリカのゲームメーカーWayForwardの作品で、開発陣が日本のアニメを観て育った事もあり要所要所でジャパニメーションチックな演出がちりばめられています。
 オープニングムービーは「キルラキル」や「SSSS.GRIDMAN」を作った会社、トリガーが担当。
 可愛いシャンティがエネルギッシュに駆け抜けます。

2021071403x.jpg

 舞台はパラダイス島。
 シャンティを始め、世界中から集められたハーフジーニー達。
 本来は彼女達を保護し応援する為だったお祭りだったが、シャンティ以外のハーフジーニーが攫われてしまった。
 事件の裏に存在するのはシャンティたちの敵、7人のセイレーン。
 シャンティは無事に他のハーフジーニーを救う事が出来るのだろうか?


 というのが、小一時間ほど遊んでわかったストーリーです。 
 前作の日記でも紹介した敵も再登場し、なんだか懐かしいですね。

2021071404x.jpg

 ざっと遊んで感じたのは、前回より細かい部分で親切になったかな?というのと、アニメーションのヌルヌル度。
 パワーアップの方法に幅があり、お金を貯める以外にモンスターを倒すことで集められるカードで細かいスキル強化を行えます。
 またセーブ屋、ワープ屋、回復屋なども揃っており、難易度を含めて前回より遊びやすくなりました。

 アニメに関してはシャンティはもちろん敵や街の人まで突っ立っている事がなく、細かくアニメーションをしています。
 要所要所にショートアニメ(英語音声)が入っているので、世界観に深みが出たように思います。

 そういえばシャンティは任天堂の「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」にスピリットとして登場しています。
 昨今、日本人が知らない「世界で人気のあるゲーム」が増えてますね



[ 2021/07/16 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

今年もやってきたぜぇ

 ヤモリの画像を使うので、気にならない方は続きからお読みください。

[ 2021/07/15 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

見返すブーム

 可愛いイラストを交えた主にティーンエイジャー向けの物語、ライトノベルの流行が徐々に変わりつつあります。

 ちょっと前まではいわゆる「転生モノ」が文字通りナウなヤングにバカ受けでした。
 主人公はごく普通の日本人。
 それがトラックに轢かれて死んだ・・・・・・と思いきや、剣と魔法の世界へ転生。
 転生方法は、本人がそのまま移動したり、何か別の存在に生まれ変わったりします。
 一般人だった主人公は現代世界の知識や経験、はたまた特別に得た能力を駆使して転生先で大活躍。
 加えて大抵は美少女・美女にモテモテ!というのが、転生モノの定番です。

 そして現在は「復讐モノ」が大ブーム。
 主人公は悪い人ではないのに、ある団体や組織に切り捨てられ路頭に迷います。
 孤独になった主人公は努力や特別に得た能力(昨今のラノベのお約束)で、団体や組織にいた頃より大活躍。
 その後は数パターンあって、主人公を捨てた団体や組織を見返したり、はたまた復讐したりします。

 これらの特徴は、タイトルで内容が分かる作りなので読まなくてもわかるところ。
「冒険のパーティーで解雇された軟弱魔法使いの私は神様にもらったマッチョな体で勇者に。パーティの連中が謝りに来たけど許さないからな!」
 みたいなタイトルがライトノベルのランキングにズラリと並んでいるのです。

 そんな復讐モノをコミカライズした作品を、私も試しに読んでみました。
 その作品ではパーティのメンバーに酷使された主人公が、タイムスリップ。
 自分をこき使った連中に復讐をしかけるというお話です。
 
 これがまあ主人公が随分と感心できない性格でして。
 パーティの女の子達を騙したり力で屈服させたりして、暴行しているのですよ。
 嫌な連中だったら人生やり直した時に距離を置けばいいのに、わざわざまたそっちに行ってやり返すなんて。
 漫画やアニメにもなっているので、こういう展開が今の流行なのでしょうけれども。
 暴行シーンがあるとアニメでお色気シーンが表現できますでしょうし。

2021070901x.jpg

 その後何冊か読みましたが、私にはあまり合いませんでしたね。
 こういう作品には物語の中でちょくちょくゲームのステータス画面みたいなのが出てきまして。
 このおかげで主人公が自分の特技に気付くというのも演出面も、なんだかなあと。
 平成終盤に生まれて今がティーンエイジャーだったらハマっていたのかもしれませんけれども。
 
 ただ日本の現状を見ると、そういう作品が流行るのもわからなくもないのですよ。

 コロナ禍があるとはいえ世界中が経済成長している中で、日本だけ給与水準は下がりっぱなし。
 努力しても報われない世界、あるいは人が企業に切り捨てられる世界であれば復讐したい人がいてもおかしくありませんし、そういう作品が好かれるのもある程度は自然な流れなのかなと。

[ 2021/07/14 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

冷やしタコス麺とはなにか?

2021071301.jpg

 それでは先日の秋葉原散策の残りの要素をかけあしで。

 アトレ秋葉原ではアイマス系作品とコラボ中でした。
 すっかり知らないキャラばかりになってるなあ。
 磁気カードでキャラクターとユニットを管理していたとか言っても、今のプロデューサーさんは信じてくれなさそう。

2021071302.jpg

 秋葉原HEYでは二週間前にロケテストが実施されていた「戦刃アレスタ」のPOP(巨大タペストリー)。
 ロケテはできなかったので、これだけは撮影できてなによりでした。

2021071303.jpg

 遅めの朝食として、タコスブレイズさんへ。
「ひやしタコス麺」という謎の新メニューに挑戦しました。
 中身は冷やし中華にタコミートとチーズやアボカドを入れたような料理で、結構美味しかったです。

 これ、日系メキシコ人の間でブームです!とか言われても信じちゃいそう。

2021071304.jpg

 それから今回の秋葉原散策の目的の一つ、みのや菓子工房さん。
 日頃お世話になっている方がオーナーをされている、7月にオープンしたばかりのお店です。
 ビルの2Fと3Fで運営しており、ドリンクバー(1時間1100円)の料金を払えば2Fで買ったお菓子を3Fで楽しめます。
 どういうお客さんをターゲットにしたお店なのでしょうね。

 カマンベールチーズ美味しい!

[ 2021/07/13 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

木造っぽい思い出

2021071201.jpg

 アメ横で買物ついでに秋葉原へ行き、ついでに理容店(床屋)にも行こうと思って街を歩いていたら、電気街の大通りで理容店を発見しました。

 コロナ禍ではテナント激戦区だった秋葉原電気街大通りに、2階とは言え理容店があったとは!
 面白そうなのでこちらで髪を切ってもらうことに。

 場所が場所なので覚悟して訪問すると、なんと料金はフルサービスで1850円でした。
 散髪、シャンプー、顔そりが揃ってこの価格は、おそらく私の中での最安値です。

 そしてもうひとつの驚きは、私この理容店さんへ行った事があるのでした。
 髪切ってもらっている間に思い出しました。

 1990年代の中盤から終盤の間に来たことがあったのです。
 当時、地元の床屋が年々値上げをしており(最終的には4000円台前半くらいかな?)、試しに外出先で見つけた理容室を利用していた頃がありました。この頃の私は亀戸の祖父宅(≒生まれたところ)で泊まり、日曜日にもらったお小遣いで秋葉原に行くという事をしていたのでした。

 ぱっと見でわからなかった理由は、このビルは一度建て替えられていたからでしょう。
 私の中に以前の木造チックな古いビルのイメージがあったので、比較的新しい店内とマッチしなかったのです。

 店員さんも良い方でしたし大通りを見ながら髪を切ってもらうのも面白いので、機会があればまた利用したいですね。

[ 2021/07/12 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

名誉挽回

 先月だか先々月だか。
 秋葉原で雨が降ってきたのでキャンドゥで傘を買いお店を出たところ、3分も歩かずに雨が止んでしまいました。
 108円の安い傘とはいえ、これは元が取れていない感じ。

 そこで今日はこれをもって外出。
「東京は午後に雨が降るでしょう。」
 という予報を真に受けて持っていくと、秋葉原はド晴天。

「雨だというので傘持ってきたのに、めっちゃ晴れてますね~。」
 なんて話をしながら買い物を済ませて帰宅。

 ところが家の最寄り駅に着くころには空が真っ暗。
 強風と雷を交えて雨が降ってきました。
 街を歩く人が大変な目に遭ってる中、108円のビニール傘が思った以上に大活躍してくれました。

 贅沢を言えば買った時に活躍してもらいたかったですが、一応これで名誉挽回ということですね。
 
[ 2021/07/11 21:09 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

愛のシュプリーム!

 ついに始まりました、小林さんちのメイドラゴンS。

 1話を観た感想としては、しみじみ良かったです。
 オープニングもエンディングも、主題歌は最高ですし。
 私がイチオシの食いしん坊ドラゴンであるエルマも、相変わらず幸せそうにムシャムシャやってました。

 ところで、これを書いている時はまだ2話はやってないのですが。
 このイルルのエピソードは、アニメにおいても原作に準じて制作されるのでしょうかね?

 いや、原作はなかなか過激なシーンが多いですよ。
 イルルは人間に化ける能力が極めて低いので、そもそもスタイルのバランスがおかしいキャラですし。
 試しに画像検索をされてみれば、色々な部分が野性的である結果が出てくるでしょう。
 仲の良い知人の前で普通に胸をはだけちゃう常識感の無さは、どのようにアレンジされるのでしょう?

 というわけで、今期は楽しみが増えました。

[ 2021/07/10 10:27 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

性病の知識

性病の知識
性病の知識(カエルのきもち)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本を紹介中。
 最終回となる8冊目は、カエルのきもちさんの「性病の知識」です。
 こちらは元々メイドカフェレポートなどをされておられ、私がメイドカフェへ通うきっかけともなったサークルさんですね。

 肝心の内容ですが、こちらはタイトルそのまま。
 可愛い漫画やイラストとともに、性病について真面目に語られています。
 私自身も物の本で読んでいましたが、それでも初めて知る情報も多く得るものがありました。

 私が中学高校の理事長とかだったら、これ図書館か各教室に置いておきますね。
 萌えイラストがきっかけでティーンエイジャーに性病を知ってもらう作戦は、アリだと思うなあ。

[ 2021/07/09 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

旅のトラブル Vol.1

旅のトラブル Vol.1
旅のトラブル Vol.1(安全に帰国する会)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本を紹介中。
 7冊目は、安全に帰国する会さんの「旅のトラブル Vol.1」です。
 なんだか気迫を感じるサークル名ですね。

 中身はタイトルの通り、旅のトラブルが書かれており、いつ、どこで、どんな等という基本的な情報から反省や対策まで。
 実用性は高く、初めて海外旅行をされる方に読んで欲しい一冊でした。
 旅行ガイドブックとセットで読まれても良いかもしれません。

 もちろん自身のトラブルに関しても注意もあるのですけれども、おそらくこの作品が最も伝えたいメッセージは、
「旅をするパートナーはよく選べ!」
 という事でしょう。
 
 とにかく作者さんのお友達がトラブルに遭われるのです。
 スマホをポケットに入れ続け注意しても聞かずに盗まれたり。

 二度目のパリ旅行では直前にケンカをして旅行当日から雰囲気の悪いお友達がトラブル続き。
 クレジットカードを落としたり財布をすられたり。
 雰囲気の悪い中でも注意をしていたのに聞かず財布を盗まれて、作者さんのお財布に頼るお友達。
 自分だったら見捨てて現地に置いてっちゃうかも。

 いやほんと、お疲れさまです。
 サークル名が決定される過程、よくわかりました。

[ 2021/07/08 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

アメリカ西海岸 Amtrak鉄道 20時間の旅

アメリカ西海岸 Amtrak鉄道 20時間の旅
アメリカ西海岸 Amtrak鉄道 20時間の旅 ポートランド → サンフランシスコ
(YELLOW LIGHTHOUSE)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本の紹介をしております。
 6冊目は、YELLOW LIGHTHOUSEさんの「アメリカ西海岸 Amtrak鉄道 20時間の旅」です。

 アメリカにはアムトラックという、日本でいう所のJRに近いような鉄道会社があります。
 筆者の内村かなこさんはそのCOAST STARLIGHTというアメリカ西海岸を走る長距離列車に乗られ、ポートランドからサンフランシスコまで向かわれました。
 本書ではその途中の物語が描かれておりますが、車内イベントのバリエーションの豊かな事。
 8ページに収められた漫画に座って食事をするだけの空間で起こるアメリカっぽさを感じられます。

 とりわけ、メインである食べ物の話が面白いです。
 長距離列車の中で食べるカップ麺は美味しいでしょうねえ。

[ 2021/07/07 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

TRAVEL TO Baltic States ~バルト三国 歴訪の旅~

TRAVEL TO Baltic States ~バルト三国 歴訪の旅~
TRAVEL TO Baltic States ~バルト三国 歴訪の旅~
(道草パレット)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本の紹介が続いています。
 5冊目は、道草パレットさんの「TRAVEL TO Baltic States ~バルト三国 歴訪の旅~」です。

 バルト三国といえばエストニア、ラトビア、リトアニア。
 ポーランドの北東側にあるバルト海に面した国々です。

 東欧エリアは「これだ!」というシンボル的なThe観光地が少なく観光慣れしていない国が多いのですが、街並みは美しくご飯は美味しく人々は優しいという、しみじみと良い国があるようなイメージがあります。
 本書で紹介されている国々も歴史を感じる建物ばかりで、
「ああ、こういう街並みを歩きたいんじゃあ。」
 と、コロナ禍も手伝って旅行力がわいてしまう素晴らしい土地ばかりでした。
 
 それにしても、旅行系サークルの方は相部屋形式の宿泊施設を使われる率が高いですね。

 私はもうビビリで、
「寝ている時は油断したい。」
 とホテルしか利用しないので、旅行系サークルの作家さん達の行動力と胆力に感嘆するばかりです。

[ 2021/07/06 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)

本編4コマ16話 オーディオコメンタリー

ルフィドニア4コマ 第16話

 れお太郎さんが作画を担当くださっている、ルフィドニア本編4コマの第16話が更新されました。
 ルフィドニア本編4コマは遥を軸にして進んでいく連続的なストーリーをお届けしております。

 今回は、アヤが新車を買ったお話。
 日頃周囲に迷惑をかける彼女に、遥とさゆりの親子がちょっとお仕置きをするようなお話です。

 登場人物の三人はご先祖様が同じ(人間と竜の混血家系)なのに、アヤがドラゴン側の、さゆりと遥はドラグーン(対竜騎士)側の血が強く、主人公の玲真が師匠として頭が上がらないアヤ相手にも二人は割と平気でやり返せます。

 学校や職場で誰もが怖がっている人に、何故か普通に接する事の出来る穏やかな方がいて、
「あの人のいう事には不思議と聞いてるよね?」
 みたいな関係を見かけます。

 私も小学校時代には落ち着きのない子で、勝手知ったる先生は隣の席に適切な女子生徒を配置してました。
 乱暴者の私もこの女の子のいう事には逆らわないので、借りてきた猫のようにおとなしくなるのです。
 今でも不思議に頭の上がらなかった女子を3人くらい思い出せます。

 ルフィドニアにもそういう要素があるわけですね。

 ……となると、アヤのモデルは私自身なのかな?

[ 2021/07/05 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

さらばドッグミート

2021070401.jpg

 私の好きなゲームのひとつ「Fallout4」というゲームに、ドッグミートというキャラクターがいます。
 ジャーマンシェパードの彼は多くのプレイヤーにも愛され、冒険のお供に連れて歩かれました。

 そんなドッグミートにモデルがいる事が判明。
 そのモデルは、先日死んだそうです。


 ドッグミートのモデルは、ジャーマンシェパードのリバー。
 ゲーム中ではオスの犬でしたが、実際はメスでした。




 当初は純粋な軍用犬をデザインする予定が、最終的にこのリバーがモデルに選ばれたようです。
 画像を見比べてみると、そっくりですね。

 間違いなく彼女は世界中のVault 111生存者(主人公)に愛された存在だったでしょう。
 いままでありがとう。
 そして、お疲れさまでした。

[ 2021/07/04 10:43 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

成り上がり系女子 急増中

2021063101x.jpg

 ツイッターにて、貧乏から成り上がった多数の女性からフォローを頂きました。
 コロナ禍において多数経営をされ貧乏から脱出されるとは、なんと素晴らしい事でしょう。

 ……なんて、言うと思うかー!?

 詐欺アカウントだとわかりやすいにも程があるよ。
 ツイッターのプロフィールがコピペだとアカウントが削除されるから、少しずつ変えてるのがマジウケるー。

 資産が600億円あって18社経営しているのに月収100万円って安くない?
 1社あたり社長の収入が5万円ちょっとって、どんな業種よ。
 600億円そのまま銀行に預けて利息で生活したほうがよほど儲かるよ。

 それにしても、ツイッターやYoutubeで経営者を名乗る人が多いこと多いこと。
 その割にはテレビに出演する事もメディアでCMを観る事もないのは何でだろうなあ?

 私自身が日記のネタを手に入れて儲けたのは間違いありませんけれども。

[ 2021/07/03 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

みんなの旅行記ができるまで

みんなの旅行記ができるまで
みんなの旅行記ができるまで(十五堂)

 6月6日に開催された「コミティア」で購入した本の紹介が続いています。
 4冊目は、十五堂さんの「みんなの旅行記ができるまで」です。

 発起人である十五堂の山田さんはこのコロナ禍において、
「コロナで旅行が出来ないのなら、旅行しなくても書ける作品を作ったら良いのではないか?」
 という事で、旅行系サークルの方々に旅行記の書き方を広く募られていました。

 途中の経過を断定の過去形で表現したのは、私のツイッターアカウントにも拡散された募集案件が回ってきたからです。
 ただ私の場合は絵が描けないので作家さんとの調整の必要がありますし、たしかこの頃は別案件ですでに漫画を依頼していたので(先日のコミティアの新刊に収録されています)、参加は見送った記憶があります。

 そして旅行好きの猛者たちが24人集まりできたのが、この本なのです。

 内容としては文字通り、
「どうやって旅行記を作ってるか?」
 をテーマに、漫画や文章などで参加者たちが思い思いに表現されています。

 同じ創作系サークル主としては、読んでいて面白い話ばかりですね。
 とりわけ昨日紹介したぽ印ツアーさんのが愛聴されている作業中のラジオ番組。
「ジェーン・スーさんのファン(リスナー)がこんな身近に!」

「生活は踊る」も「たまむすび」も、面白いですよねえ。

[ 2021/07/02 09:00 ] 日記 本の感想 | TB(0) | CM(0)