FC2ブログ









ずぶ濡れモンメカサイン会

 今日はちょっと予定が詰まっているので、外出先から戻ってきて日記を書ける時間がありません。
てなわけで、こういう日には色々な思い出話のストックを引っ張り出して書かせていただくことにします。

 僕が小学生の時のお話です。
 いつものように愛読していた「アスキーコミック(コミックビームの前身)」を読んでいたら、九月姫先生のサイン会の告知がされていました。
 場所はたしか池袋だか渋谷で、日にちは8月2日かそこらだったかと思います。西暦は1993年です。
 九月姫先生といえばモンスターメーカーで、モンスターメーカーといえば今でも僕の青春の作品となっている事は昨日の日記の通り。
 僕は友人を誘ってサイン会へ。

 しかし今サイン会がはじまるかという時になんとファンの行列を大雨が襲いました。
 イベント前には晴れていたので誰も傘を持っておらず、全員ぬれねずみ状態でサイン会が開始されました。
 サイン会自体は屋内で行われていたので、イベント会場に被害・・・というわけではありませんでしたが、九月姫先生はぬれねずみと化したファン一人一人に、
「大変だったでしょう。」
 などと声をかけてくださいました。僕はこういう光景を見ながら、「ああ、これがプロなんだなあ。」と小学生ながら感動した覚えがあります。

 そんな僕も大人になり、現在秋葉原に定期的に通う身分になり、それゆえ様々な芸能人をみかけますが、今思い出しても「有名人に会った!」という感動を一番印象付けているのはこのサイン会です。

 あ、そうそう。サイン会では買った本に名前をつけてサインをしてくれるという内容で、当然ながら小学生の僕は本名を書いていただいたわけですが、この名前はカッコイイ名前だとお褒めの言葉を頂いた思い出もあります。
 後にも先にも、自分の名前をカッコイイだといわれた事はこれっきりですねえ。


 この記事はMixiの日記をFC2ブログ用に移植したものです。

スポンサーサイト



[ 2005/09/22 01:12 ] 旧サイト日記 Mixi | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1148-dbf53491