FC2ブログ









愛する家族と健康に

 厚生労働省によると、飼い犬の狂犬病接種率は平成27年度の時点で71.8%。
 以前はほぼ99%に近い接種率を記録していたのですが、年々下がり続けているようです。
 理由は飼い犬についての知識が無い事や、ワクチンに関してネガティブなイメージを持っているからと言われています。
 狂犬病予防法という法律で、犬には狂犬病ワクチンと飼い犬登録が義務化されているのですが。

 猫のワクチンもそうですが、これら予防注射は犬や猫が元気に暮らす為のシステムです。
 可愛い家族が長生きできるように、キチンと摂取してもらいたいものです。

 狂犬病が発症した時の致死率は100%、人間にも感染、発病したら必ず死ぬ病気です。
 コウモリやイタチや猫などからでも感染する事を考えると、ワクチン代が高いとか面倒くさいでは済まないお話ではあると思います。

スポンサーサイト



[ 2017/08/18 09:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://honkedoy.blog.fc2.com/tb.php/1286-bdc874fb